おから ダイエットメニュー。 「おからパウダーダイエット」の方法を管理栄養士が伝授。痩せホルモンが増える?効果は?注意点は?

おからダイエットの効果。正しい方法で無理なく痩せる! | 女性の美学

おから ダイエットメニュー

おからダイエットとは? おからダイエットとは、 毎日の食事の中におからを取り入れるダイエットです。 おからは大豆から豆腐を作る過程でできるもので、食物繊維が豊富であり、カロリーは、同量のご飯と比べると31パーセントも少なく、ご飯におからを混ぜるだけで簡単にカロリーカットできます。 また、おからは腹持ちがよく、水分を含むとおからに含まれる食物繊維がお腹の中で膨らむため、少量でも満腹感を得ることができ、食べ過ぎを防ぐことができます。 食事の最初におからを食べるだけで、お腹が膨らみ、自然にその後の食事の量も減らすことができます。 おからは、豆腐コーナーに売っている生のおからでもいいですし、乾燥おからやおからパウダーを使えば、日持ちがして便利です。 冷凍保存をすればより長持ちします。 おからの取り入れ方 おからを普段の食事に混ぜたり、かけたりするだけでもかさ増しになり、満腹感を得ることができます。 最近では、目の細かいおからパウダーも多く出回っていて、おかずやごはんにふりかけのようにかけて簡単に摂取することができます。 また、いつもの料理のパン粉や小麦粉を使う部分をおからパウダーに置き換えるだけで、腹持ちがよく、カロリーカットの料理が出来上がります。 ハンバーグやナゲット、蒸しパンやクッキーなど、アレンジは多様にできるので、メニューに困ったときは、ネットで検索してみると、レシピがたくさん紹介されており、飽きがこないダイエットを続けることができます。 参考サイト おからダイエットの効果 おからには、不溶性食物繊維が含まれており、水を含むと膨張する性質をもっており、少量で満腹感を得ることができ、結果食事の量を減らすことができるので、簡単にカロリーカットをすることができます。 また、不溶性食物繊維が水分を含んで腸内で膨張し、便のかさを増すことによって、腸を刺激してお通じを活発にしてくれるので、ぽっこりお腹を解消することができます。 スポンサーリンク おからダイエットの口コミでの評価 簡単なので続けやすい、便通がよくなったとの口コミが多いです。 そのままかけて食べたり、クッキーやサラダを作ったり、とみなさん、ご自分が続けやすく、食べたいものを作って楽しく続けていらっしゃいます。 おからダイエットは年齢を問わず、始めやすく続けやすいようですね。 また、効果もしっかり現れており、ぽっこりお腹がスッキリした、1ヶ月で体重が2キロ減った、等嬉しい声もたくさん聞こえます。 おからダイエットの体験談 私は身長156センチ、ダイエットを始めた時は体重56キロでした。 便秘というわけでもないのですが、お腹はぽっこりしていました。 食べることが大好きで、食べないダイエットは1週間も続かず、ダイエットをすると反動でまた食べ過ぎてしまい体重が増加する、といった悪循環を繰り返していました。 そんな中、テレビでおからダイエットを目にして、おからパウダーを注文してみました。 おからというとぱさぱさしたものを想像していたのですが、キメがとても細かく、小麦粉のようでした。 おからのおいしい食べ方 最初はおからをふりかけのようにておかずにかけて、沢山の水と一緒に食べていました。 味噌汁に入れるとかす汁のようでおいしかったのですが、おからは思ったよりも、口の中の水分を吸い取るので、もそもそとして飲み込みにくく、汁物以外の料理は私には継続が難しいように感じられました。 そこで、ネットでレシピ検索して、ありとあらゆるおいしそうなレシピを作ってみました。 おからは、卯の花でしか食べたことがなく、食べにくいものと思っていましたが、鶏むね肉で作ったチキンナゲットは、ちゃんとジャンクなナゲットになり、おいしく、家族にも好評でした。 おから蒸しパンは、小麦粉の代わりにおからを使い、砂糖の代わりにエリスリトールを使いましたので、甘くておいしいのに血糖値の急上昇を防ぎ、しかもカロリー大幅カットでしたので、小腹が空いたときに安心して食べられお腹も膨らみ、大満足でした。 その他、クッキーやハンバーグ、おから餅など、様々なレシピを試しましたが、どれもおいしいものばかりでした。 おからを肉や小麦粉の代わりに使うことで、カロリーを通常よりも減らすことができ、食物繊維により、血糖値の急上昇を避けることができるので、おいしいのに安心して食べることができました。 おから料理を食べるときには、水分をたくさんとることを心掛けました。 そして、おやつを食べたくなった時や、がっつり食べたい夕食時には、特におから料理を多く食べるようにしました。 私のおからダイエットの効果 おからダイエットを始めて、1週間後には1キロ体重が落ちていました。 そして、ダイエットの効果を高めるために、腹筋とウォーキングといった軽い運動も取り入れながらおからダイエットを続けていると、その後ゆるやかに体重が減っていき、 半年後には6キロの減量に成功しました。 お腹まわりはとてもすっきりし、少しくびれがみられるようになりました。 体重が減った後、安心して全くおからを食べないでいると、体重も食べた分だけ増量してしまったので、再びおからを摂取し、軽い運動をする生活を継続していると、その後激しいリバウンドもなく、お腹の調子もよく、理想体重をキープできています。 関連記事 おからダイエットのメリット・デメリット おからダイエットのメリット 空腹を我慢したり、食べたい物を食べない、といった辛い思いをしなくても、ダイエットに取り組むことができます。 また、レシピが豊富にあるので、自分にあったアレンジをすることができ、好きなおから料理を作って、 いつもの食事に置き換えて食べるだけで、楽しく簡単に減量することができます。 おからは、安く手に入るので、コストパフォーマンスにも優れています。 苦になることが少ないので、長く続けることができ、リバウンドしにくい体づくりを長期的なスパンで実践できます。 おからは大豆でできているので、食べることによって筋肉の元となる良質な植物性たんぱく質を摂取することができ、痩せやすい体づくりをつくることができます。 また、おからには女性に嬉しい成分、大豆イソフラボンも含まれています。 おからダイエットのデメリット いくらおからがヘルシーだからといっても、おからにもカロリーがあります。 おからを食べているからといって、他の食事も変わらない量を食べていると、もちろんカロリーオーバーになり太ります。 また、ダイエットにいいからといって食べ過ぎるのもよくありません。 おからの不溶性食物繊維は確かに便通をよくしてくれますが、食べ過ぎは下痢を引き起こすこともあります。 1日の上限は50グラムにとどめましょう。 おからは腸内の水分を吸い取るため、水分をしっかりととりながら摂取しないと、腸の流れが悪くなり、便秘を引き起こしてしまうことがあります。 まとめ おからダイエット成功のポイントは、 おから料理を他の料理を食べる前に、沢山の水分と共に摂取することです。 おからダイエットは安く簡単に始めることができ、豊富なおから料理メニューを食べることによって、ダイエットにありがちな辛い思いをせずに、楽しくおいしく続けることができます。 体にも心にもおいしいおからダイエット、あなたも始めてみませんか。

次の

美味しく食べてマイナス8キロ!おからダイエットの簡単レシピ60選

おから ダイエットメニュー

おからはダイエットに効果的! 卯の花などのお総菜でおなじみの「おから」。 このおからがダイエットに効果的だとご存知でしたか?最近では、ニッチェの近藤さんや元木大介さんがおからダイエットに成功したことでも話題になり、そんなおからのダイエット効果について調べてみました! おからダイエットのやり方・アレンジレシピ・ビフォーアフター写真などぜひチェックしてみてくださいね。 おからに含まれる成分とダイエット効果 それではまず、おからに含まれるダイエットに効果的な成分について紹介します。 食物繊維(便秘を予防。 糖の吸収を穏やかにする)• カルシウム(筋肉の収縮をコントロールする)• サポニン(血管に付いた脂肪を落としやすくする)• 大豆レシチン(コレステロール値を低下させる)• 大豆ペプチド(基礎代謝を上げる。 脂肪を燃やす)• 大豆イソフラボン(ホルモンバランスを整える)• ビタミンB群(肌を健康に保つ) 特に注目なのが、食物繊維です。 おからに含まれるのは「不溶性食物繊維」で、胃や腸で水分を吸って膨張する性質があります。 便秘解消のほか、満腹感が得やすくなるという効果も期待できるのだとか。 これだけの成分が含まれているのですから、ダイエットにいい結果を与えてくれそうですよね! おからダイエットの3つのやり方を紹介 ヤセレポライターが実践した内容を分析したところ、おからダイエットの方法は、主に以下の3パターンがあることがわかりました。 ドライおからに水が浸透すれば、すでに生おからに変化しているので、驚くほど簡単で便利です。 by 虹 彩子 いろいろな使い方をしたいという人は、おからパウダーを常備しておくといいかもしれませんね! 生おからとおからパウダーを比較!コスパや栄養価は? それぞれの特徴を踏まえて、生おからとおからパウダー、どちらを選べば良いのか悩みますよね。 気になる栄養やコストの面から比較してみました。 4kcal たんぱく質 6. 1g 21. 5g 4. 3g 脂質 3. 6g 13. 7g 2. 7g 糖質 2. 3g 6. 6g 1. 3g 食物繊維 11. 5g 48g 9. 6g 価格 15円 100円 20円 おからパウダーは生おからを乾燥させているので、栄養がぎゅっと凝縮されています。 そのため、同じ100gあたりで見るとカロリーや栄養価は高め。 しかし、パウダーから生おからに戻したものは、生おからに比べて45kcalほど低くなっています。 糖質や脂質も低めですよね。 by そらね空音ちゃん おからパウダーをそのまま使用する場合は少し割高ですが、パウダーから生おからに戻すことでコストを抑えられます。 ネット通販などでお得な商品を選べば、少しでも安く手に入れることができそうですね。 おからダイエットの効果は?実践者8人の結果を分析 おからダイエットの方法やおからの種類を見たところで、気になるダイエット効果を見てみましょう!実践者8人の声をまとめてみました。 減量効果はいつから? おからダイエットをメインにおこなったライターは8人。 そのうち6人が減量に成功しています。 おかずに活用しただけという人でも、2週間で1〜2kgの減量効果が得られています。 6ヶ月続けた人の中には5kg以上減量できた人もおり、長期間続けることで、減量幅が大きくなるとも言えそうです。 おからダイエットで効果を出したい場合は、まずは1か月は継続してみましょう! ダイエット前は血色が悪く紫がかった肌の色でしたが、明るく綺麗になりました。 体重だけでなく、内側からも綺麗になれたのかなと実感しています。 効率アップ!おからダイエット成功のポイント3つ ヤセレポライターの結果から、おからダイエットは減量しやすいと言えます。 次のポイント3つを試すことで、さらにダイエットの効率がアップ!成功のポイントをご紹介します。 おからダイエットで「痩せない」「失敗した」という方のほとんどは、「満腹感を得られず、食事量が変わらなかった」という原因があるようです。 2週間目からは意識的に、食事中に麦茶やほうじ茶などで水分を極力多く摂るように心がけたところ、すぐに効果が現れ始めて便秘がなくなり、毎日スムーズにお通じがくるようになりました。 by 虹 彩子 水分を摂らないでおからを食べたら、口の中がモサモサしてしまいそうですよね。 美味しくおからを食べるためにも、飲み物を用意しておきましょう。 おからダイエットに失敗したという方の口コミでも、「飽きる」という声が多数。 おからダイエットを成功させるためには、飽きずにおいしく食べられるおから料理レシピを見つけるのがカギとなりそう。 ヤセレポライターも楽しみながら、おからレシピを編み出していました。 おからの量を調節すると、入っていることがわからないほど普段通りの仕上がりになります。 by 晴太 おから感が少なくなるように工夫したり、普段の料理におからをうまく取り入れたりしましょう。 次の章では、おからレシピを紹介するので参考にしてみてください! 簡単おいしい!おすすめおからダイエットレシピ4選 それでは、おからダイエットを飽きずに続けられるアレンジレシピをご紹介します!簡単で普段の食事に取り入れやすく、子どもも大人も家族みんなでおいしく食べられそうなものを集めました。 朝食や間食に作っていた人が何人かいました。 30gのおからパウダーで、1日に必要な分の食物繊維を補うことができます。 30gというと、結構な量があるので、初めての方は少しずつ試してみるといいですよ。 by 美優 まずは、生おからに換算して50gとなる10gを目安として摂取するようにしましょう。 それよりも多い量を摂るなら、水分をいつもより多く摂る・水溶性食物繊維を多く含む食品も食べるなどの工夫が必要です。 実は、イソフラボンは女性に嬉しい効果がある一方で、摂り過ぎてしまうと逆にPMSの症状が重くなったり、月経不順になったりする危険性があるのです。 イソフラボンの1日の摂取上限量は、70~75mgとされています。 主な大豆製品のイソフラボン含有量は以下の通りです。 食材 イソフラボン含有量 生おから(50g) 7. 5mg 豆腐(1丁・300g) 60mg 豆乳(200ml) 50mg 納豆(1パック・50g) 35mg こうして見ると、意外と1日に摂取できる大豆製品の量は少ないです。 おからのみで上限を超えることはまずないと思いますが、普段から豆腐をよく食べる方や豆乳を飲んでいる方は、摂取上限量を超えないように注意してくださいね。 以上、おからダイエットに挑戦したヤセレポライター8人の方法や結果を分析しました。 レシピなどに工夫は必要ですが、栄養豊富なおからは健康にもダイエットにも良い効果がありそうですね。 注意点を守りながら、おからを使って健康的にダイエットを行いましょう!.

次の

おからダイエットの効果と方法、注意点を徹底解説!

おから ダイエットメニュー

失敗しないおからダイエットのやり方と効果!注意点は? 一昔前、テレビや雑誌の節約料理レシピを見ると、必ずといっていいほど掲載されていたのが、 おからです。 おからは、大豆を煮てすり潰して濾したカスなのですが、いつもの料理に混ぜることで簡単にボリュームをかさ増しすることができると、主婦を中心に大人気となりました。 しかし最近は、おからは節約料理の食材から、ダイエットに向いている食材としてイメージが変わりつつあります。 とは言え、おからは大豆が原料ということで、何となく体によいことはわかるのですが、なぜダイエットによいのか不思議ですよね。 そこで今回は、 口コミで話題となっている おからダイエットの やり方やその 効果をご紹介したいと思います。 おからを使ったダイエット向きのレシピも載せているので、是非参考にしてみて下さい。 おからダイエットとは?気になるカロリーは? おからダイエットとは、 毎日の食事におからを加えることで、ダイエットに有効な成分を摂取し、効率よく痩せることができるダイエット方法です。 おからには、炭水化物が多く含まれていますが、炭水化物とは糖質と食物繊維の総称を指し、おからの場合はその殆どが食物繊維のため、実はご飯と比べても低カロリーの食材です。 例えば、ご飯100gでカロリーは168㎉ほどになりますが、 おからは100gあたり111㎉と、約30%もカロリーを抑えることができます。 そのため、食事におからを混ぜることで簡単にカロリーダウンをすることができます。 おからダイエットの効果やメリット おからダイエットは、おからを使った料理を食べるダイエット方法で、おからのみを食べる置き換えダイエット方法とは異なります。 置き換えダイエットは、摂取カロリーを大幅に減らすことができる分、空腹によるストレスを感じやすくダイエットの失敗やリバウンドが起こりやすいと言われていますが、 おからダイエットは、おから以外の食事も摂るため、無理せずに続けられるダイエットと言われています。 おからには、食物繊維がたっぷりと含まれているため、腸内環境を整える働きがあるだけではなく、おからに含まれる糖質には腸内の善玉菌を増やすと言われているオリゴ糖が含まれていることから、便秘の解消に効果があります。 また、おからに含まれる食物繊維は水に溶けない性質を持っている不溶性食物繊維なので、水分を吸収して膨らむことから少量でも満腹を感じやすくなり、食べ過ぎを防ぐことができます。 さらに、おからの原料である大豆は、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれており、生理痛をやわらげたり、肌の調子を整えてくれる効果も期待できます。 成功するおからダイエットのやり方 おからを使った料理といえば卯の花が思い浮かびますが、おから自体には味がないため、実は様々な料理に加えて使うことができます。 一日に50g程度の摂取を目安にして、できれば3食取り入れてみましょう。 おからを使った料理を食べる順番などは特に決められていないようですが、 食事の最初の方に食べることで満腹感を得て、自然と食事の量を減らすことができます。 ただし、これまでの食事にプラスしておから料理を食べてしまうと、その分のカロリーが上乗せさせてしまうため、全体のカロリーは変えないように、おからのカロリー分は他の料理の量を調整する必要があります。 乾燥おから(おからパウダー)ダイエットのやり方 ダイエットに詳しい方なら、おからがダイエットに向いている食品だということは知っていると思います。 おからは食物繊維が多いので、お腹いっぱい食べたい時や腸の調子を整えるのに役立ちますよね。 しかし、生おからは日持ちしないため、買ってきたその日に食べ切る必要があります。 毎日必ず買い物に行くという人なら問題ありませんが、そうではない人は生おからを使ったダイエットは難しいと言えますよね。 そのような方に朗報と言えるのが、生おからを乾燥させた乾燥おから( おからパウダー)です。 乾燥おからダイエットのやり方は、通常の生おからを使ったダイエットと同じで、基本的にはお肉の代わりにおからを入れてかさ増しすることで摂取カロリーを抑えることができます。 また、パウダー状のメリットを生かし、袋からそのままサラダにかけたり、味噌汁に入れたり、納豆などに混ぜるだけで気軽に食物繊維を摂ることができます。 中でもお通じが悪い人にお勧めなのが、ヨーグルトに乾燥おからとオリゴ糖を加えて摂る方法。 ヨーグルトの乳酸菌、乾燥おからの食物繊維に、善玉菌のエサとなるオリゴ糖をプラスすることで腸内環境を整える効果が期待できます。 おからダイエットの注意点 よりダイエット効果を高めるためにはおからの摂取量を増やせばいいと、一日に50g以上食べてしまうのは控えるようにして下さい。 おからに含まれる不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して便のかさを増すことで腸壁を刺激して、お通じを活発にする働きがある一方、食べ過ぎると便が硬くなり過ぎて返って便秘になったり、おならが増える、下痢をするなどお腹を壊してしまう恐れがあります。 また、おからは油分も含みやすい性質を持っているため、油やマヨネーズを使って調理をする場合は、必要以上に使わないように注意しましょう。 おからダイエットの痩せた口コミは? おからダイエットに挑戦した方の口コミで、最も多く聞かれたのが 「お通じがよくなった」というもの。 ダイエットというと、どうしても食べる量を制限してしまいがちになるのですが、実はこれが便秘を引き起こす原因になることも。 しかし、おからダイエットでは食べる量を極端に減らすわけではないので、便秘になってしまう方は少ないと言われています。 また、満腹感がしっかりとある上でダイエットができるので、継続しやすく、ダイエットのつらさを感じにくいというのもおからダイエット経験者の共通口コミで、毎日気軽に続けていたところ「一ヶ月半で4. 5kg減」「2ヶ月で8kg減」と、体重の変化がはっきりと現れたという方もいらっしゃいます。 おからダイエットおすすめレシピ おからと一口にいっても、生おからやおからパウダーなど、用途に合わせて様々にあります。 ここでは、おからを使ったダイエットに最適なレシピをご紹介します。 参考URL: おからダイエットで痩せない場合の原因と対処法 おからダイエットで痩せない場合、原因はおからの食べ方にあると考えられます。 おからはヘルシーなイメージが強いですが、実は100gあたり110㎉ほどあり、低カロリーとは言えません。 ただし、これは生おからのカロリーであり、乾燥したおからはこの半分程度のカロリーとなります。 そのため、 とにかくカロリーを減らしたいと思っている人は生おからよりも乾燥おからを使った方が手っ取り早く摂取カロリーを抑えることができます。 また、おからは油の吸収がよいため、炒め物や揚げ物調理に向きません。 同様にマヨネーズなどの油分も吸いやすいので、おからコロッケやおからポテトサラダなどを作った場合、一見するとおからの分カロリーを抑えているように思えても、実際には脂質が多く摂取カロリーが高くなってしまうことがあります。 このようなことから、おからをダイエットに使う時には油分を避けるようにするのがよいでしょう。 おからの効能や栄養効果 おからと言えば、美容や健康、ダイエットにもよい食品として、一般にも広く知れ渡っていますよね。 しかし、おからの一体何がよいのかまではよくわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこでここでは、おからの効能や栄養効果についてご紹介したいと思います。 美肌効果 おからの原料となる大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることがわかっており、肌の調子を整える効果が期待できます。 便秘解消 おからには多くの食物繊維が含まれており、その量は食物繊維が多い食物の代名詞的な存在と言えるごぼうの約2倍となっています。 食物繊維は腸内環境を整える働きがあるため、便秘解消に役立つと言われています。 筋肉を増やす おからにはたんぱく質が豊富に含まれています。 たんぱく質は筋肉の元となるため、おからを摂取することで筋肉を増やす働きがあると言われています。 筋肉が増えると基礎代謝が上がり、痩せやすい体を作ることができると言われています。 生活習慣病の予防や改善 おからに含まれる大豆サポニンには、細胞を酸化させる原因となる活性酸素を除去する働きがあると言われています。 また、食物繊維は食事の際の血糖値の上昇を防ぐため、糖尿病の予防に効果があると言われています。 このようなことから、おからには生活習慣病の予防や改善効果があると言われています。 歯や骨を丈夫にする おからには、歯や骨の原料となるカルシウムが多く含まれており、歯や骨を丈夫にする効果が期待できると言われています。 おからダイエットの効果的なやり方と口コミやレシピ!のまとめ おからは、スーパーなどで手軽に手に入れることのできる食材ですから、ダイエットを続ける上でも有利と言えます。 ただし、生のおからは日持ちがしないため、毎日料理をするのが面倒という方は、日持ちのする乾燥おからやおからパウダーを購入するのがよいでしょう。 さらに、それすらも面倒という場合は、おからクッキーを利用してみるのがよいかも知れません。 おからは、ダイエットによいだけではなく女性にとっては嬉しい効果も期待できるため、是非今日からおからを使ったレシピでおからダイエットを始めてみましょう。

次の