駿台 解答 速報 2020。 2020年度東大国語(文系)解答速報の比較と解説まとめ

2020年度東大国語(文系)解答速報の比較と解説まとめ

駿台 解答 速報 2020

そうじゃの。 受験生にとっては、今後の人生を左右されるものともいえる入試じゃからな。 信用できるかどうかは非常に大切なことじゃの。 しかし、 初めての受験では、どこの解答が信用できるかなんてなかなかわからんのじゃ。 だからわしらは、そんな受験生のために、 この予備校を見ておけば間違いないというものを選んでまとめておるんじゃ。 諸君是非参考にしてくれたまえ。 健闘を祈っておるぞ。 予備校の規模、経験共に信頼のおける解答を作成してくれる予備校をチョイスしているので参考にしてみてください。 河合塾解答速報 代々木ゼミナールの解答速報 駿台の解答速報 東進の解答速報 増田塾の解答速報 一口に解答速報と言っても、各予備校でそれぞれ特色を出しながら作成しておるんじゃよ。 特徴をまとめてみたので、特に自分に参考になりそうな予備校の解答速報を参考にするのじゃ。 河合塾解答速報の特徴とは? 皆さんご存知の河合塾。 今もお世話になっている人も多いのではないでしょうか?学校法人でもあり、その信頼性はかなり高いものがあります。 予備校が実施している模試の中では、河合塾が群を抜いて信頼性が高く、問題にも定評があります。 作問をしているからこその視点で信頼性の高い解答をつくることができるとも言えますね。 河合塾が出しているのはどこの解答? 河合塾が解答を作成する大学は 国立大学・私立大学共に、難関大学に限られています。 以下がラインナップです。 国立大学 私立大学 代々木ゼミナール解答速報の特徴とは? 数年前に規模を縮小したとは言っても、一流の先生が残っている予備校です。 解答を作成する大学を絞っていることもあり、また学校法人でもあり信頼性の高い解答を作成しています。 代ゼミが出しているのはどこの解答? 河合に引き続き、 国立大学も私立大学も、難関大学に絞って解答速報を作成しています。 国立大学 私立大学 駿台の解答速報の特徴とは? 河合塾、代々木ゼミナール、駿台は、かつてより3大予備校と言われ以上の3つの予備校でシェアを独占していました。 その中でも特に駿台は、理系と国立に強い予備校と言われています。 講師陣も派手さはないですが実力は揃いです。 こちらも学校法人として運営しており信頼性の面でも非常に高いものがあります。 駿台が出しているのはどこの解答? 駿台も、 河合塾、代々木ゼミナールと大きくは変わらないラインナップとなっています。 国立大学 私立大学 東進解答速報の特徴とは? 東進と言えば、「今でしょ」の林先生で有名ですね。 上場系の教育系企業では売り上げ1位の実力を持っています。 各大学の解答速報については、かなり老舗で多くのノウハウを持っていると言えます。 こういったところからもそれなりに高い信頼性があると言えます。 また、東進の解答速報は網羅性も高いものがあります。 東進が出しているのはどこの解答? 東進の掲載予定の大学は以下の通りです。 私立大学 SKJ・GMARCH・関関同立 日本大学・北里・昭和・東邦・近畿・東京慈恵医科大・自治医科大・日本医・順天 国立大学 東京・京都・北海道・東北・名古屋・大阪・九州・一橋・東京工業・お茶の水・金沢・埼玉・首都・信州・千葉・筑波・東京医科歯科・新潟・横浜国立・大阪・大阪府立・神戸・静岡・奈良女子・三重・岡山・広島・熊本 東進の解答速報を利用する際の注意点! 東進の解答速報は網羅性も高く、利点も多いですが、注意してほしい点が3点あります。 注意すべき点としては、 ・解答が作成されるかどうかが確実ではない ・学部によって解答が作成される科目がまちまち ・解答に赤本との解答とズレがある割合が多い などが挙げられます。 多くの解答を作成してくれているので文句は言えませんが、注意はした方が良いでしょう。 それぞれ簡単に解説します。 これは、問題が集まらないリスクを考えて発表日を遅く設定していると思われます。 予定を出しておいて発表できないとなると、クレームに発展する恐れがありますからね。 ですが利用する側から考えると、 いつ発表されるかがわからないので、期待は禁物です。 どうしても気になる大学、学部があるのなら随時確認が必要となるでしょう。 学部によって解答が作成される科目がまちまち 多くの大学、学部の解答を作成してもらえるのは非常にありがたいですが、ついつい欲張りになってしまい、「なんでこの科目は出してないんだ!」とがっかりしてしまうことがあります。 国語は出てるけど、英語がないとか、選択科目は数学のみしか出ていないなど、 科目がかなりまちまちになっています。 ですので、過度な期待をかけすぎない方が良いでしょう。 「出してくれてありがとう」という気持ちで利用するのが精神衛生上良さそうです。 解答に赤本との解答とズレがある割合が多い この点は正直年度と科目によってかなり動きがありますので、一概には言えませんが、 東進が出した解答を後日赤本と照合して確認すると、結構なズレが合ったりします。 解答速報はあくまで速報ですので、全ての問題を正解として出せる物ではありません。 以上が東進を利用する際の注意点となります。 増田塾の解答速報の特徴とは? 増田塾とは、私立文系専門の予備校です。 マイナーな予備校ですが、解答速報には力を入れている予備校となっています。 マイナーと言いましたが、何気に全国40校舎以上ありました 東進ほどではありませんが、それなりに多くの大学の解答を出しているので、私立かつ文型の大学を受験する人で解答速報に興味がある人は外せない予備校といえるでしょう。 また、ゲリラ的に試験会場でその日試験の解答を配布しているところもあります。 実際に試験を受けている?ようです。 増田塾が出しているのはどこの解答? 増田塾の解答速報では、 国立と理系は一切ありません。 私文型の人向けの解答速報を出している予備校と言えます。 増田塾が解答を作成している大学は、結構ばらけているので直接HPで確認してもらいたいのですが、大体以下のような感じです。 増田塾のメリットとしては、解説が出ているものも多く、復習もかなりしやすくなっているので、解答速報としては優秀かと思います。 ほんとにあってんのかよ!?という解答速報の間違いについての見解 急にどうしたんじゃ、そんなカッカするものでないぞ。 各社解答を作成していますが、 本当にその解答あってるの?という疑問について解説しましょう。 まず、そもそもの考え方として、世の中にあふれている大学入試の解答には、いろいろなものがありますが、その中での位置づけから、 より信頼性の高いものを選択すること 答え合わせだけを考えるのではなく、どうやって次の試験につなげるか? という2つの考え方が重要になるでしょう。 5つの予備校を上げてきましたが、名前を出してリスクを負って解答を出しているところと、掲示版など匿名でなんのリスクもなく解答について言及しているものとでは、どちらのほうに信頼がおけるか、言わなくてもわかりますよね。 また、個人と企業という点を考えれば、各予備校は生徒を集めるための広告として解答速報を公開しています。 つまり、間違った解答を乗せることでどれだけマイナスになるかもわかっているハズです。 何人もの講師を集めて解答を作成しているというのは業界では結構普通に聞く話です。 ではなぜこの解答間違ってる!という意見が出るのか これも少し考えればわかるかと思いますが、難関大学と言われる大学に合格できる人は全受験生の中で数パーセントです。 地歴など調べればわかる問題であれば、ある程度であれば調べて解答が出せるものも多くなります、一方で、国語や英語に関してはそうもいきませんよね。 さらにいえば、大学の入試問題は 大半の人が間違えるように作られています、つまり、掲示版やSNSなどで 匿名A「この問題絶対解答間違ってる」 匿名B「そうそう!私もAと同じ解答えらびました!」 匿名C「まじか、おれも怪しいと思ったんだ」 問題の難易度が上がれば上がるほど、不正解を選択する人が増えます。 つまり、 議論が起こる問題については、多くの人が選択している解答ほど誤りである可能性が高いということです。 こういうところから、一喜一憂してしまいメンタルのバランスを崩すのはもったいないので、 どうやって次の入試につなげるかという考え方が重要になるのです。 結局は、あなたが上手に活用できなければ、あなたの今後の入試に活かすことはできないですよね。 解答速報を、その場限りの自分の出来具合を知りたいという理由だけで使用するというのは、あまりプラスになりません。 それよりも、解答速報を入試の復習に利用し、今後の試験で同様もしくは、類似の問題が出題されたときの対応力を高めることに利用すべきだと思います。 英語・選択科目を中心に利用しよう さきほども少し言及しましたが、予備校各社でも、解答速報を見ていると、特に国語と、英語の解釈の問題で解答が分かれることが非常に多いです。 つまり、国語についてはプロが解いても解答が割れることが、英語と選択科目に比べて多いということが言えます。 ですので、調べれば答えがわかるようなものを中心に復習に役立てるべきでしょう。 残された時間は、これまで以上に貴重です。 分からないものに時間を掛けるのではなく、自分が知っているハズ、もしくは理解できるレベルの問題でどれだけ取りこぼしを減らすことができるかが、今後のカギとなります。 残りの入試に向けて、時間を無駄にしてしまわないように、戦略的に入試を進めていきましょう。

次の

【大学受験2020】駿台、主要大学入試解答速報の掲載開始

駿台 解答 速報 2020

駿台予備学校は2020年2月6日、「2020年度 主要大学入試解答速報」の掲載を開始した。 一部の私立大学の解答や分析を公開しているほか、主要な国公立大学の2次(個別)試験について2月25日以降は前期日程、3月13日以降は後期日程の解答例などを順次掲載していく。 「2020年度 主要大学入試解答速報」は、主要大学の2020年度入試について、駿台予備学校の実力講師が設問ごとに徹底分析したもの。 解答例と分析シートを掲載するほか、問題は毎日新聞のWebサイトにリンクして公開している。 2月7日午前10時現在、掲載中なのは同志社大学。 全学部日程理系の「物理」「化学」「生物」について、解答例、分析シート、問題を載せている。 分析シートでは、設問ごとの特徴や難易度、前年度と比べた難易度や分量、合格への学習対策などをまとめている。 私立大学は今後、慶應義塾大学と早稲田大学も掲載予定。 国公立大学の前期日程は2月25日以降、後期日程は3月13日以降に順次掲載を予定している。 国公立大学の掲載予定(2月7日午前10時現在)は、前期日程は東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、一橋大学、千葉大学、東京工業大学、東京医科歯科大学(医学科)、筑波大学、浜松医科大学(医学科)、名古屋大学、大阪大学、大阪市立大学、神戸大学、広島大学、九州大学の16校。 後期日程は神戸大学の1校。 《奥山直美》.

次の

2020年解答速報

駿台 解答 速報 2020

東大の理科は4科目から2科目を選ぶ形式だが、化学はもっとも多くの人が受験する科目である。 しかし理科2科目を合計150分で解かねばならない、という時間的に厳しい制約があり、多くの受験生にとって、落ち着いて取り組む時間的猶予はほとんどないだろう。 そのため受験生は自分が受けるもう1つの科目と相談しながら、問題の難易度を見極め、時間配分を決めて効率よく問題を解いていくことが必要である。 ここでは、2020年度の東大化学の予備校3社 河合・駿台・代ゼミ の解答速報を比較し、効率よく問題を解いていくポイント やこれからの勉強をしていく人にとってのコツを解説のまとめとして述べていく。 この記事を読んで2020年度の東大化学についておさえていこう。 全体の総評 まず設問の形式としては、3年連続で第1問が有機化学、第2問が理論・無機化学、第3問が理論化学となった。 このことから、多くの計算が必要な理論化学の分野において計算過程を解答に残してほしい、という大学からのメッセージともとることができる。 計算問題において計算過程も解答に入れるという訓練もこれから勉強を進めていく人は行うと良いだろう。 また、問題のテーマもオーソドックスな設定の問題や基本的な問題が多く見られた昨年までとは異なり、東大らしい難易度の高い問題も見られた。 そのため難易度としては易化傾向が続いていた近年と比べては難化した。 全設問数としては31題となり、昨年の32題より1題減少した 以下に、各大問の出題分野と難易度を記す。 とはいっても、まずは教科書レベルの知識をみにつけ、有機に関する基礎知識が広くあることが得点のための最低条件として挙げられる。 有機化合物の合成に関する問題は、東大やその他の難関国公立大学では頻出の問題である。 有機化学は、学校の授業の進度によっては、問題演習を積むことが難しいという人もいるかもしれない。 とはいえ、このタイプの問題は典型的で頻出の問題も多く、演習を繰り返し行うことで、得点が見込める分野である。 ぜひとも東大を目指す理系受験生は、有機化学の対策に時間をしっかりとるべきである。 また、実戦形式で過去問を解いた後は解ききれなかった問題を時間を気にせずに解きなおしてみることも良い勉強になるだろう。 ここ最近の有機の問題に典型的な出題が多いことをふまえると、過去問から1つでも多くのことを吸収しようという姿勢が合格 への近道になると言えるからだ。 エの論述はやや高尚な知識を持っていることが必要であったが、他は容易であった。 東大頻出のテーマである。 問クで見慣れないイオンの形があったが、そこまで難易度は高くはない。 無機化学の分野は、覚える反応式、元素の性質がやや多くて煩雑だが、一度正確に覚えてしまえば、そのまま問題を解くことができるお得な分野である。 今年も教科書的な知識で解ける問題が見られた。 こうした基本的な知識をつけたうえで、さらに化学で点を取りたいということであれば計算問題の対策にも手を付けていこう。 計算問題は最初こそ時間がかかったり、計算ミスも多いかもしれない。 しかし、問題集や過去問の典型的な問題で演習を積み重ねれば、正確性も解く速度も上げることができる。 計算問題を得意にできれば、ほかの受験生に有意に差をつけることができるようになるのでぜひ頑張ってほしい。 物質収支と電気的中性条件の式を立てた経験がないと難しいかもしれないが、東大を目指す受験生ならばこの手の問題は一度は経験しておくことが望ましい。 誘導にうまく乗れるかどうかが鍵である。 難易度は標準とした。 東大では火山に関する問題が時折出題される。 火山に加え、海洋、大気、岩石の素性に関する問題もよく出題されるので、この ような分野の問題演習をしっかりと積んでおこう。 全体的に難しいわけではないが、けいさんがやや煩雑である。 難易度は標準とした。 東大入試の理論化学は先述したとおり数年前までは第1問に配置されていた。 これは数年前に東大受験をした筆者の私見であるが、当時の第1問の問題は今年や昨年の問題よりも立式や計算そのものが大変な問題が多かったと感じる。 東大の化学は解ききれない、と思う所以は第1問の理論化学にあると感じ、受験でもほとんど時間をかけずに解けるところだけを拾った。 各予備校の解答速報の比較 分量については河合塾がやや増加、駿台が増加、代ゼミは同程度とした。 難易度については河合塾はやや難、駿台、代ゼミは難化したと発表した。 河合塾は例年と比較してもまだやさしいと評価した。 駿台は『東大らしい難易度の高い問題が見られた』、代ゼミは『時間不足に陥りやすい構成であった』との旨の分析を行った。 駿台は「高校化学の範囲を超えている」と評価し、これによりやや難としたと思われる。 駿台は経験がないと難しいであろうと評した。 まとめ 以上が2020年度の東大化学の解説である。 今年度の問題は典型的な問題も一部出題されたものの、高校範囲を逸脱するようなかつての東大らしい問題が出題された。 応用力が問われる問題が解けるようになることも重要であるが、まずは基礎的な問題を解けるようになることこそ、化学の力がついた証拠であり、こうした力のある学生を東京大学は求めている。 基本的な問題で知識を定着させ、その上で応用問題で訓練をすることが東大合格への近道と言えるのだ。 このことを踏まえて、これから受験を予定している人は、基本事項をしっかりとおさえつ、問題の演習を繰り返し行ってもらいたい。

次の