あんた たち いく わ よ。 BBA「自分達は4人で来ている。あんたたちが今座った2席は、後から来る私たちの連れも座る席だ。今から荷物を置いて確保しようとしていたところだ。だからどっか行け!」

ティーナ・カリーナ あんた 歌詞

あんた たち いく わ よ

娘と一緒にバレエの公演を見に行った。 結構有名な人が出るとかで長蛇の列。 漸く開場。 早足でホールに向かう客達 自由席だった。 ちょうど良い列 1列8人掛け があって、その列の右端から1席目と2席目が空いていたので 娘と自分の二人分の席を確保し座った途端、3席目に座り4席目にバッグを置いていた60~70代位の老婆が 『どけ!』 私たち『?』 きつい方言で喚く老婆。 要約すると 自分達は4人で来ている。 あんたたちが今座った2席は、後から来る私たちの連れも 座る席だ。 今から荷物を置いて確保しようとしていたところだ。 だからどっか行け! ということらしい。 吃驚した娘が立ち上がった直後に、老婆がその席にパンフレットを 押し込み『ほら!取ってるだろう!お前も 私が座っている席のこと どけ!』と叫んだ時は 物凄く腹が立った。 しかし言い返そうとした瞬間あることに気付いた私は娘を促し、運良く空いていた同じ列の 左端2席に移動。 『何であんな風に言われて引き下がるの?私たち悪くないのに』と釈然としない娘に 『大丈夫。 あともう少ししたら、ものすごーく楽しいことおきるから』と私。 開演時間が迫りどんどん埋まっていく座席。 2人連れできた人達が仕方なくばらばらに座る光景もちらほら。 続きです。 やっと4人揃ったらしく喋り続ける老婆たち。 さっきのいざこざも話題に出てた。 『年長者には向うから譲るべき。 声がでかいから良く聞こえた そこへ見回りにきたスタッフが老婆たちに 『そこ、関係者席なので移動お願いします』 老婆たち『は?!』 座席の後ろの貼り紙が見えてなかったらしい。 私はあの時見えたけど。 さっきの老婆『じゃああそこ と、同じ列に座る私たちの席を指差して はどうなのよ!!』 関係者『1席目から6席目が関係者席で、あちらの2席のみ一般席ですので』 悪態ついたものの結局4人はばらばらに。 その直後、なんか後ろから視線を感じるので 振り返ったら、さっきの老婆が凄い顔で睨んでいた。 なので、満面の笑みで首を45度に傾け、顔のすぐ横で手のひらを小刻みに動かして 昔のアイドルのように手を振ってあげた。 夫からは『お前が性悪』と呼ばれます。

次の

BBA「自分達は4人で来ている。あんたたちが今座った2席は、後から来る私たちの連れも座る席だ。今から荷物を置いて確保しようとしていたところだ。だからどっか行け!」

あんた たち いく わ よ

いい人はみんな結婚してしまっているような気がします。 このまま独身でも良いかなとも思い始めていますが、友人たちの結婚ラッシュもあり焦ってしまいます。 戦いに勝ち抜いた強いオスをみんなでシェアして、飽きてきた頃にはまた別の強いオスが現れて、戦いを始めるの。 キャーッ、私たちのために争わないでぇ!なんて叫びながらも、勝った方についていくわ。 中にはもいるみたいだけど、ほとんどは子孫を残さずに一生を終えるわね。 そういったオスたちが暮らしている場所は悲しみの丘とも呼ばれているわ。 でも、戦いに勝ち抜いたオスは幸せで、悲しみの丘で暮らすオスは不幸なのかっていうと、そうでもない気がするのよ。 ハーレムを抱えるオスはいつも新しい挑戦者に狙われて、本当にストレスの多い生活を送っているわよ。 悲しみの丘のオスは子孫は残せないけど、仲間同士で平和に暮らしているわ。 それはそれで楽しそうだと思わない? そういえば悲しみの丘にはもいるみたいね。 あんたたち人間が作ってるアダルトビデオやと一緒じゃない。 まあオスなんて「興奮して射精=繁殖」みたいな単純なプログラムで書かれてるから、放出先がペンギンだろうとだろうと、任務完了した気になっちゃうのかしらね。 そういえばあいつら、ペンギンの可憐さを私たちオットセイのメスにも求めてくるんだけど、さすがに無茶言わないでほしいわね。 もしかして人間さんも同じだったりする?もしアダルトビデオの行為を真似したがる男や二次元美少女キャラのご都合な性格を生身の女にも求めてくる男がいたら傑作よね(笑)まあでも、あんたが心の中で求めている男性像も理想を凝縮したフィクションの世界かもしれないわよ。 さて、一夫一妻ルールの人間さんは、繁殖のために男も女も戦う必要がでてくるわね。 複数の女で上位の男をシェアできない以上、争奪戦はかなり激しいものになるだろうし、同様にメスの悲しみの丘だって存在するでしょうね。 というわけで、いい男の獲得戦争に命をかけるか、それ以外の男にするか、あきらめて他の楽しみを見つけるか、もう選ぶしかないと思うわよ。 ところで、人間さんてよく異性の獲得競争に負けることを「余る」「売れ残る」なんてネガティブな表現をするけど、一夫一妻なら片方の性別が余ればもう片方の性別も同じ数だけ余るのよ。 だから余るって言い方はおかしくない?繁殖しない男女で悲しみの丘で仲良く暮らすのもいいじゃないの。 仕事仲間や趣味仲間・・・男女のつながりは繁殖目的だけじゃないでしょ? <追記> さんの婚活事情もあんたたちに似てるんじゃない? 昔、(熱帯魚)を飼ってたんだけど、オスとメスを同じ数ずつ水槽に入れても全員がつがいになるわけじゃないんだよね。 好みの異性が見つからなければ独身を選ぶの。 人間と一緒だわ。 飼育本にも複数匹を水槽に入れて自然に恋愛が始まるのを待て、と書いてあった。

次の

誘っていくわよ、あんたたち!!

あんた たち いく わ よ

みんなとZoom飲み とっても新鮮で楽しかった。 前からこういうアプリはあったものの、コロナの影響でこのサービスが流行り出したのは確かです。 これを機にこれから先はこれが当たり前の世の中になっていく。 たとえば昨日であれば「 今日大雨でこっちに来るの大変だからオンラインでやりましょうか。 」みたいな感じでね。 もちろん会った方が楽しいけど、元々SNSだってそうだったもんね。 リアルだ!電話だ!とか言ってた人、もういないと思うけど笑 今は当たり前のように使ってる。 今回のことは緊急事態だけど、こうやって人間は強くなっていくし、環境に合わせていくんだよね。 そして結果的にそっちの方が生産性が上がる事に気づく。 近々みんなが楽しめてみんなで参加できるオンライン飲み会を開催しようと思います。 TANPANLABの会員になる人、なりたい人、なろうと思ってる人を招待して、みんなで飲もう!そう決めた! KADOKAWAさんの打ち合わせ 今回の件で、今まで優しく大らかな発信をしてた人達の本性があらわになる。 結局そういう人はそういう人だったということ。 フリしてたということ。 気持ちはわかるけど。 つぶやかなくたって今の状況はメディア見れば分かる。 共感してもらいたいなら直接LINEしたら?そう思う。 だからボクはこれからもブログでもSNSでもラジオでも本でもライブ配信でもオンライン飲みでも、ぜーんぶ明るい事を書いて話して描いて喋って、みんなが少しでもアイツの事を忘れて、楽しんでくれるようにしますので! アイツの暗いニュースはメディアにやらせとけ。 別にあんたたちがつぶやかなくたってみんな見てる。 不安を煽るな。 一番恐ろしいのは恐怖だ。 もっともっと楽しい事考えて生きていこう。 迷ってもいい。 それは仕方ないことだ。 でもブレちゃダメ。 あなたはもともと今誰の為に、何の為に仕事をしてたのか。 発信をしていたのか。 を今一度考えよう。 そしたら自ずと答えは出るはず。 え? まさかまだボクの処女作を買ってないの? マジかよ!そんなことってあるのかよ! そんな人にリンク貼ってるね! おうち時間が多いあなたにボクの本をオススメします。

次の