スノボー レンタル付き。 宿泊付きでスノボー行くならレンタル無料のスキーツアーがおすすめの理由|トリッパー

手ぶらでラクラク スキー・スノボ特集

スノボー レンタル付き

レンタル付きの日帰りスキーツアーなら、現地まで手ぶらで行って、手ぶらで帰ってこられるので、本当に気楽ですよね。 でも、実際に日帰りスキーツアーを利用したことがない人には、「本当に手ぶらでいいのかな?」「もしかしたら現地で何か必要とされるものが出てくるかも!?…」。 と不安になるのも事実。 そこで今回は、手ぶらでスキーに行けるかを検証、時間別行動別にシミュレーションで紹介したいと思います。 <日帰りスキーツアー>の流れ 1.バス出発から目的地到着まで 一例として、夜発の日帰りスキーツアーの流れを見ていきます。 まずはネットで予約を済ませ、出発日が来たら、時間に遅れないように集合場所へ。 そこで乗車券と、レンタルの引換券、そしてリフト引換券を貰い、バスの出発を待ちます。 大体、21〜22時くらいに出発することになりますが、目的地までは長いです。 さっさと眠り、体力温存しましょう。 さあ次に目を開けると、もうゲレンデに到着しています。 ただ、到着時間が早すぎてまだレンタルショップも開店していないことが多いので、しばらくどこかで時間を潰さなければなりません。 多くの日帰りスキーツアーでは、そのための施設が設けられているので、遠慮なく使わせてもらいましょう。 待ち時間を利用して朝食を食べてしまい、ゲレンデで遊ぶための体力も養うのも一つの手です。 といっても、身体を動かす前なので、がっつり食べるのはよくないですよ。 食欲が出ないという場合には、スティックタイプ、ゼリータイプの栄養食品で済ますのもアリ。 2.いよいよスキー、スノボー開始! レンタルショップの開店時間がやってきたら、引換券を持って、スキーセット・ボードセット、またウェアと小物を貸してもらいます。 当然、貸出料はすでに支払済みのツアー料金に含まれているので、ここで追加が発生することはありません。 ただし小物がレンタルできないツアーも多い(事前に問い合わせても良いかもしれません…)ので、その場合には自分で揃えて持っていくことを忘れてはいけません。 グローブ、ゴーグルなどは、現地調達すると結構高くつきますよ。 さて、今度は同じようにリフト券売り場に行って引換券を提示し、チケットを受け取ります。 もちろんこれもツアー料金に含まれています。 これで準備は万端!さっそく滑りましょう。 朝早くからゲレンデにやってきた甲斐があって、滑る時間はたくさんあります。 少し疲れてきた頃には、もうお昼になっています。 昼食を食べたら、また活力が湧いてくるので、飽きるまで滑ってしまいましょう。 3.滞在時間終了 帰宅まで 夕方になって、そろそろバスの集合時間が近付いたら、早めにレンタルを返却する準備をします。 はじめての場合は少し手間取るかと思われるので、30分くらい前に切り上げた方がいいかもしれません。 返却が済めば、あとはバスに乗るだけ。。 終了です。 途中、パーキングでの休憩を何度か挟み、バスは大体22時〜23時に到着します。 結論:<必要なのは最低限のお金と着替えだけ> 実際、このように「手ぶらで日帰りスキーツアー」は、確かに実現可能でした。 最低限必要とされるのは、現地でちょっとした飲み食いに使うお金くらいのものでしょう。 しかし、より現実的なことを考えれば、やはり多少の準備は必要です。 たとえば汗を掻いたときのための着替え、そしてどうしても濡れることが避けられない靴下や下着の替えは必須ですね。 肌着が汗で濡れたまま着替えずにいると風邪をひくので、注意してください。 上で紹介した日帰りスキーツアーの流れはあくまでも一例です。 実際には、レンタルの内容にはツアーごとに違いがあります。 「一式貸してもらえる」と思っていたら、「ボードセットだけ」ということもあるので、どこからどこまで借りられるかは、事前によく確かめておきましょう。

次の

【公式】オリオンツアー2020

スノボー レンタル付き

スノボー板(ボードとブーツセット)のレンタルの相場は? スノボをするのにどうしても必要になってくるもの。 それはもちろん、スノボ板です。 絶対必要でありながら、大きさがかさばることや金額の面から初心者にとってはややハードルの高いモノでもあります。 レンタルショップでは、ボードとブーツのセットでレンタルを行っているところがほとんどで、この基本セットをおさえておけばあとは小物やウェアなどそろえやすいものばかり。 ですが、その基本セットのレンタルは、スキー場によってかなり金額の差があります。 下記のように、2,000円~6,000円と開きがあるので、あらかじめ自分の行きたいスキー場のレンタル金額や相場を知っておかないと、現地で支払いの際にびっくりすることになってしまいそうです。 群馬県 スキー場 ボードレンタル料金(ボード+ブーツ) 4,500円 4,500円 4,500円 4,500円 3,500円 3,500円 5,000円 3,500円 3,000円 3,500円 パルコールつま恋リゾート 4,700円 新潟県 スキー場 ボードレンタル料金(ボード+ブーツ) 4,200円 4,200円 4,000円 5,000円 5,000円 4,000円 4,000円 4,000円 6,000円 4,300円 4,000円 4,200円 4,200円 6,200円 長野県 スキー場 ボードレンタル料金(ボード+ブーツ) 4,500円 4,500円 4,400円 3,800円~ 5,800円 2,500円~ 3,000円 2,000円 3,800円 黒姫高原スノーパーク 3,600円 3,800円 4,750円 3,000円 3,800円 4,000円 5,000円 4,000円 4,500円 4,000円 3,000円 3,500円 3,500円 4,500円 3,500円 4,000円 スノボーセットを安く借りる方法は? 上記では各スキー場で、個人でレンタルをした場合の金額をまとめました。 しかし、もっと安く借りる方法はないのでしょうか。 実は、スキーツアーではレンタルがかなりオトクなプライスで利用できちゃうんです。 500円などワンコインで借りられたり、宿泊プランなら無料でレンタルできる場合も珍しくありません。 スキー市場では、ブランドレンタルが無料で選べたり、女性用のウェアにおしゃれでカワイイ最新モデルをそろえたりといった、満足度の高いレンタル付きツアーを提供しています。 ここでは、そんな スキーツアーでのレンタル料金をまとめてみました。

次の

「レンタル付き日帰りスキーツアー」本当に手ぶらでいいの?

スノボー レンタル付き

おとな カービングスキー 148〜177cm ブーツ 22. 5〜28. 5cm ストック スノーボード 138〜158cm ソフトブーツ 23. 0〜28. 0cm 男女兼用 S,M,L,LL 手袋・帽子・ゴーグルは含みません スキーボード 〜100cm以下 ブーツ 22. 5cm〜28. 5cm こども スキー 110cm〜 ブーツ 18. 0cm〜 ストック スノーボード 108cm〜 ソフトブーツ 19. 0cm〜 ボード兼用 120cm〜 手袋・帽子・ゴーグルは含みません• 写真の用具は一例です。 デザインの指定はできません。 上記のサイズ以外をご希望の場合はお問い合わせください。

次の