じゃがいも 煮 っ 転がし。 いくら煮てもなかなか煮えないじゃがいもってありますよね?

いくら煮てもなかなか煮えないじゃがいもってありますよね?

じゃがいも 煮 っ 転がし

じゃがいもの煮物を作るのは簡単なようで案外難しい!ホクホクした食感は楽しみたいけれど、あまり長く加熱しても煮崩れてしまう。 といった困った経験はありませんか?じゃがいもと言ってもたくさんの品種があるので、どんな料理に使うのかで品種を選ぶ事が大切です。 今回は煮物に向いたじゃがいもの品種をご紹介します。 じゃがいもの種類を分けると煮崩れしにくいものと、潰しやすいものに分かれます。 煮崩れしないものは細長い形、潰れやすいものは丸い形の品種が多いです。 <メークイン> スーパーなどで比較的手に入りやすい品種。 細長い形で芽やくぼみが少ないため、皮が剥ぎやすいのが特徴。 加熱することでなめらかな食感になります。 煮崩れしにくいのでカレーやシチューなどの静かに味を染み込ませる料理に向いています。 <インカのめざめ> 小ぶりな卵の形が特徴。 皮むき後の変色が少ないので、調理後も綺麗な色合いになります。 栗やナッツに似た濃厚な甘みを持ち、塩を掛けるだけでもおいしくいただけます。 煮崩れしにくいので、煮物やフライドポテトに向きます。 <インカのひとみ> インカのめざめの親戚。 形、味、食感は似ていますが、全体的に皮は赤、芽の周りが黄褐色のまだら模様が特徴です。 果肉は黄色で、加熱するとより色鮮やかになります。 冷めても固くならないため、肉じゃがなどの煮物に入れると食をそそります。 <きたあかり> 近年とても人気のある品種です。 ほくほく感があり、サラダや煮物、カレーなど幅広く料理に使えます。 果肉は黄色、火のとおりが早く短時間で料理ができあがります。 ビタミンCの含有率は圧倒的で、とてもヘルシーなジャガイモです。 <ニシユタカ> 春と秋に「新じゃが」として流通されることが多い品種です。 種イモがホームセンターや種苗屋さんでよく出回ります。 小さい卵の形をしています。 全体的に皮が薄く、果肉も淡黄色。 甘みがあって煮崩れしないので、煮込み料理に適しています。 <ホッカイコガネ> フライドポテト用に作られた品種。 品質や味がよいため、北海黄金・黄金メーク・コスモメークなどの名前で青果用としても出回っています。 長い楕円形で、揚げた際に茶色になりにくいのが特徴。 果肉は淡黄色。 煮くずれしにくく、煮物に最適です。

次の

新じゃがいもの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

じゃがいも 煮 っ 転がし

新じゃがいもの準備 皮ごと食べるこの新じゃがの煮物は 春の時期に出回る『小つぶの新じゃが』で作るのがおすすめ。 小粒のほうが新じゃがらしい皮の風味をしっかり楽しめます。 下ごしらえは、土を洗い流すだけでOKですが、大きさがバラバラな場合は大きいものだけを半分に切り、火通りの時間を合わせるようにします。 鍋の大きさは、 芋が重ならず、ちょうど入る大きさのものがよいです。 鍋が大きすぎると煮汁がまわらず火が通りづらいですし、鍋が小さすぎても芋が重なって火通りに差が出てしまいます。 下の写真では一度鍋に芋を入れてみましたが、芋を取り出し、 はじめにAの調味料をすべて合わせて溶かし混ぜます。 新じゃがの煮物のレシピ/作り方 鍋を火にかける前に、芋を重ならないように広げ入れます。 はじめの煮汁は 煮汁から芋が顔を少しだけ出している状態です。 煮るときに落し蓋をして煮汁を対流させて、芋全体に火を通すわけです。 鍋を中火にかけ、沸いたら火を少し弱めて落し蓋をします。 常にじゃがいもの間から泡がぶくぶく沸いてくる強さを保ちつつ、12〜13分を目安に炊きます。 ここで一度竹串を刺してみて、新じゃがの火どおりを確認します。 いちばん大きな芋の中央に串がすっと通れば、蓋をはずしてさらに煮汁を煮詰めます。 (煮汁の残り加減によって、数分炊いた後に)煮汁が煮詰まってくるとバチバチと少し音がしてくるので、火加減を弱火にしてしっかり煮汁を煮詰め、鍋を軽くふって芋全体に煮汁をからめます。 煮汁にとろみがついて、しっかり芋にからめば完成。 器に盛り付けるときは、鍋に残った煮汁も上からかけるとよいです。 この煮物の仕上がりは、皮のまわりには濃い煮汁がからみ、箸で切ってみると中は味がしみ込まず、食べると芋の味がしっかり感じられます!•

次の

いくら煮てもなかなか煮えないじゃがいもってありますよね?

じゃがいも 煮 っ 転がし

一袋購入した中の一個だけとか2個だけとかなら「ハズレ」じゃないんでしょうか。 他の方も書いてあるように流通やお店、自宅での保管の家庭で変質したというか…。 水分が変に抜けたとか、光に当たって老化したとか。 また、自然のものですから、当然全く均質なものができるわけじゃないですし。 サトイモにもそういう芋ありますよね。 ほかのものはしっかりやわらかい。 火が通っていないはずはないのに、固くて芯があって…。 鹿児島の農家出身の父は「ガシ芋」と呼んでいました。 サトイモの煮つけを口に入れて 「うわっ!これはガシ芋やった。 あちゃー」みたいに。 あと、にんじんでも野菜でもそうですけど ぐつぐつとあんまり煮込むよりも ある程度加熱したら蓋をして「むらす」ほうがしっかりやわらかくなりますよ。 ANo. 4です、補足有難うございます。 原因は補足いただいた「2.煮る温度は沸騰してからは、その沸騰状態を保つ感じで中火よりやや弱めにして煮ました。 」です。 科学的な正しい表現ではありませんが簡単に言うと、でん粉の細胞同士の結合が固くなってなってしまい「ホクホク」感が無くなります。 これが固くなった原因です。 結論は、火力をもっと強くして沸騰状態で短時間に茹で上げてください。 どこのおでん屋さんのおでん鍋の中も少しグツグツ言っている程度です。 決して沸騰させていません。

次の