舌 の ふち が でこぼこ。 舌の周りに歯のあとがつく

ガタガタ!ボコボコ!舌のふちに歯型がつく7つの原因と対処法

舌 の ふち が でこぼこ

舌の状態をチェックすることは体調不良や病気の発見に繋がる 体の不調はさまざまな場所に現れます。 中でも舌の状態は、虫歯や歯周病といった口の中の不調だけでなく、全身疾患やストレスが現れることもあり、舌の変化を見逃すことはできません。 もっともわかりやすいのは、舌苔(ぜったい)の状態です。 舌苔とは舌の上につく苔状のもので、一般的には白色から薄い黄色をしています。 この舌苔が舌全体にまで広がっていたり、逆にまったくなくなったり、色が濃くなったり、黒色など色の変色が見られたりする場合は、口腔内や体の不調が考えられます。 舌のふちに歯型がついてしまうのも同じで、特に今まで歯型がなかったのに急に現れたという場合は、体調に変化が現れている可能性があると思ってよいでしょう。 舌のふちに歯型がつく7つの原因とその対処法 それでは、舌のふちに歯型がついてしまう原因と、それぞれの対処法についてご紹介します。 噛みしめグセがある 寝ているときを含め、人は安静にしているとき、上下の歯の間に少しすき間が空いています。 しかし、中には普段からずっと歯を噛みしめているというクセがついている人がいるのです。 ずっと歯を噛みしめた状態が続いているため、舌のふちに歯型がついてしまうというわけです。 噛みしめグセは、普段ストレスを感じている人に多いといわれています。 まずは噛みしめるクセを治すことが大切です。 テレビやスマホを見ているときなど、口を使っていないときには歯を噛みしめないように意識し、噛みしめていることに気づいたら、口を閉じたまま少し歯を開けるようにしましょう。 寝ているときに歯ぎしりをしているようなら、歯科医院でマウスピースを作ってもらうのもオススメです。 舌がん 口腔内に現れるがんの一種で、舌に歯型がつく以外にも、舌の表面が変色したり、出血したりする症状が現れます。 また歯型だと思っていたものが腫れのように大きくなり、コブのようになるという特徴もあります。 舌がんを放置してしまうと、リンパ節から肺や肝臓といった別の臓器に転移してしまう可能性もあるので、早期発見が重要となります。 まず口腔外科などを受診して、舌がんかどうかを診断してもらいます。 舌や口腔内への刺激が舌がんと関係しているといわれているので、喫煙や飲酒を避け、舌ピアスをしている場合は外しておくとよいでしょう。 治療では、手術や投薬、放射線による治療が用いられます。 舌のエクササイズで歯型がつくのを防ごう 加齢や、舌を使わないことによる低位舌は、舌に歯型がついてしまう原因のひとつです。 病気やむくみ、噛みしめグセがないのに歯型がつくという場合は、まずは舌を支える筋肉を鍛えてみましょう。 すぐに取り入れることができる、舌のエクササイズをご紹介します。 右上の奥歯から左上の奥歯へ、左上の奥歯から右上の奥歯へと往復します。 左から右、右から左へと舌を移動させるときは、それぞれ5秒くらいの時間をかけてゆっくりと動かします。 なぞり始めるのは、上下左右のどこからでも、自分のやりやすいほうからで構いません。 筋肉が衰えていると、舌の根元がかなり疲れるので、無理をしない程度におこないましょう。 舌の筋肉が鍛えられて歯型がつきにくくなるだけでなく、小顔効果も期待できるエクササイズです。 テレビを見ながら、お風呂やトイレタイムに、いつでもできるエクササイズなので、ぜひ取り入れてみてください。 舌のふちに歯型がついていることは見た目が悪くなってしまうだけでなく、全身疾患や舌のがんが隠されていることもあります。 舌のエクササイズやダイエットで改善が見られない場合は、なるべく早く歯科医院などで相談するようにしてくださいね。

次の

舌に歯型が付くと口臭が発生する。舌のでこぼこの直し方はこうすればいい!

舌 の ふち が でこぼこ

キラーさん、こんにちは。 舌は日頃鏡でじっくりと見る機会が少ないため、いざ自分の舌を見てみると、驚くこともあると思います。 舌の奥側面には、葉状乳頭といわれる部分があり、これがヒダ状にボコボコと見られることがあります。 また、キラーさんもお書きの通り、の圧痕が付きやすい部位でもあります。 加えて、が舌の左右両方の側面に生じることは、通常ありません。 さらに、既に等の診察でにかかられているようですが、舌に病的な問題があれば、その際に指摘されているはずです。 以上より、キラーさんの現在の状況は、病的なものではない可能性は高いと思われます。 ただ、写真からは正確な状況は分かりませんし、この場で「問題ない」と断言できるものではありません。 この辺りが、インターネット医療相談の難しいところでもあります。 ご不安であれば、やはり医療機関にて医師から直接「問題ない」と説明を受けられてください。

次の

舌を見れば健康状態が分かる!「危険舌」5つのタイプ

舌 の ふち が でこぼこ

舌が痛いと不快です。 口内炎が一つできてもお話をする時、食事の時など痛くて不愉快な顔になってしまいます。 痛みが毎日続きますと舌癌ではないかと心配になります。 大口をあけて鏡に映った舌を見ますと赤いぼつぼつが奥にみえます。 いつからあったかしら、たけしも、ヒポクラテスも舌は全身の鏡だって 言っていた。 心配が心配をよびます。 更に痛みは増してきます。 舌のかたちと舌の痛みについて記載します。 舌には凸凹があります。 大口をあけて鏡をみますと舌の表面、舌背(ぜっぱい)がみえます。 舌には溝があり、細かい点があります。 この点は茸状乳頭、糸状乳頭です。 更に大口を開けて舌の奥をみますと、ドーム型の膨らみがみられます。 有郭乳頭で7から12個ぐらい並んでいます。 舌側縁の奥には一見ポリープのような凸凹があります。 これが葉状乳頭です(図1)。 口の中が気になって、鏡を見た時、これらをみつけますといつのまにか、舌癌になってしまったような気になります。 もちろん舌の奥に癌が発生しない事はありませんが、このふくらみは乳頭で味覚を感じる味蕾(みらい)です。 他の粘膜と同様の色で潰瘍や硬結がなければ心配はありません。 もし、鏡を見て毎日悩んでいるようでしたら受診してください。 この赤く膨らんだ乳頭をみて、がんになったと思って悩んでいますと、後記する舌痛症の症状、口腔違和感、疼痛を感じる様になりますので、もし、心配なら受診してください。 疑わしい所見が認められましたら細胞の検査、超音波検査などを行います。 粘膜の変化が認められずに舌尖部(舌の先端)や舌縁(舌の側縁)がヒリヒリ、ピリピリ痛いものを舌痛症といいます。 粘膜の変化が伴う舌の疾患としては、口内炎、舌癌、粘膜が角化性変化をおこす白板症(はくばんしょう)、扁平紅色苔癬(へんぺいこうしょくたいせん)などの疾患もありますので、口腔内を診察することは大事です。 舌痛症はさまざまな誘因で起こります。 舌痛症の主な誘因 1. 薬剤性や加齢によって口腔乾燥が起こりますと口腔内細菌のバランスが崩れて常在菌の口腔カンジダ(真菌)が増加し疼痛の誘因になります。 (潤いのない赤い舌) 2. 味覚障害などを伴う際は微量元素の亜鉛が足りない事が誘因になります。 3. 鉄欠乏性貧血などが誘因となることがあります。 4. 50-60代の女性の場合、更年期のホルモン変調が誘因のことがあります。 5. 日常生活におけるストレス、舌癌ではないかと心配している事などが誘因 となることがあります。 舌痛症の治療 疼痛の主な原因を口腔細菌のバランス、血液検査などで検査します。 舌痛症は前記したように様々な誘因がありますので、がんでは無いことがわかっただけで痛みが消失するような方から、含嗽剤、精神安定剤の服用までそれぞれの誘因に応じた治療が必要な方までおられます。 舌に限らず、口腔の疼痛が持続する疾患は口腔癌、粘膜のあれ、下顎骨骨髄炎、顎関節症などさまざまなことがあります。 口腔不快症状があるようでしたら、かかりつけ歯科医でご相談になるか、口腔外科の受診をお勧めいたします。 神奈川県歯科医師会・秦野伊勢原歯科医師会 会員 金子 明寛.

次の