ナイシトール z 420 錠。 【楽天市場】【第2類医薬品】<大容量!>小林製薬 ナイシトールZa 420錠 錠剤【赤のナイシトール】:エナジードラッグ

シボヘールとナイシトールどっちがいい?効果や口コミを比較した結果・・・|シボヘール激安購入ガイドdt84

ナイシトール z 420 錠

「ナイシトールとシボヘールって何が違うの?」 「ナイシトールとシボヘール、どっちを飲めば痩せられる?」 このような疑問をお持ちではありませんか? ナイシトールもシボヘールも脂肪を分解・燃焼する効果がある商品です。 ナイシトールは医薬品で、シボヘールはダイエット補助食品なのですが、 それぞれの商品がどう違うのか、詳しくわからないという方が非常に多いのではないでしょうか。 そこで当ページでは、 ナイシトールとシボヘールを実際の効果や口コミ、価格や安全面などから徹底的に比較し、それぞれの商品がおすすめな方をご紹介しています。 そして、この記事を読む事で、自分がどちらの商品に向いているかわかっていただけます。 薬やサプリを飲んで、効果的に痩せたい!とお考えの方は、商品選びの参考に是非お読みください。 2つの商品を比較する為に、まずはそれぞれの商品について詳しく知っていきましょう。 ナイシトール商品詳細 ナイシトールは、小林製薬から発売されている防風通聖散を主成分とする医薬品(漢方)です。 防風通聖散は18種類の生薬から作られる漢方で、お腹にたまった余分な脂肪の代謝を高めて分解し、便と一緒に体内の脂を排出する効果があります。 ナイシトールには、病院で処方される医療用の防風通聖散と同量の生薬量が配合されています。 そのため効果が高く、購入した方からは「お腹が周りの脂肪が落ちた」と好評の商品です。 ナイシトールの製品ラインナップには、次の3種類があります。 ナイシトールZ 有効成分 防風通聖散エキス 1日分の服用量に含まれる有効成分の量 5000mg 用量・価格 105錠(7日分):2,268円 315錠(21日分):6,480円 420錠(28日分):8,100円 ナイシトールG 有効成分 防風通聖散エキス 1日分の服用量に含まれる有効成分の量 3100mg 用量・価格 84錠(7日分):1,566円 168錠(14日分):3,024円 336錠(28日分):5,616円 ナイシトール85 有効成分 防風通聖散エキス 1日分の服用量に含まれる有効成分の量 2500mg 用量・価格 50錠(5日分):972円 140錠(14日分):2,484円 280錠(28日分):4,860円 ナイシトールの3種類の違いは、有効成分の量です。 3種類の中でも 「ナイシトールZ」が一番高い効果が見込めますが、 有効成分量が多いため、効果が強すぎて体に合わなかったり、副作用が起きたりする場合があります。 服用する際には、自分の体に合わせたものを飲むようにしましょう。 シボヘール商品詳細 シボヘールは、ハーブ健康本舗から発売されているダイエットサポートサプリメントで、葛の花由来イソフラボンを主成分としています。 葛の花由来イソフラボンには、内臓脂肪と皮下脂肪の分解・燃焼をサポートして減らす作用があるため、 体重やウエスト周りを現象させる効果が期待できます。 身体に取り込んでから燃焼されずに余ったエネルギーは、中性脂肪に合成され体内へ蓄積されます。 しかし、葛の花由来イソフラボンは中性脂肪の合成抑制を助けるほか、体脂肪を燃焼しやすい状態(脂肪酸)へ分解してくれるため、内臓脂肪と皮下脂肪を減らすサポートができるのです。 シボヘールの商品概要は以下の通りです。 効果も緩やかなので、ダイエットサプリを試したことが無い方でも気軽に始められます。 医薬品と機能性表示食品の最も大きな違いは、 「効果が公的機関に認定されているかどうか」という点です。 医薬品は臨床試験を行い、厚生労働省に提出したデータが認定されて初めて販売できます。 一方、機能性食品は、企業が独自の実験でその食品の機能性の科学的根拠を実証し、消費者庁に届け出ているものです。 実験で効果が実証されているものの、公的機関から機能性について認可を受けているわけではありません。 しかし、公的に認可が下りているからと言って、ナイシトールの方が良い商品だとは一概には言い切れません。 公的に認可が必要な成分を扱っているということは、それだけ効果が高く、その分リスクを伴う成分を配合しているということです。 どちらにもメリットとデメリットがあるので、その点を理解して商品を選ぶ必要があります。 ナイシトールZとシボヘールの違いは?商品を徹底比較! ここからは、ナイシトールZとシボヘールの効果、安全性、価格をそれぞれ比較していきます。 どちらの方が効く?効果・口コミを比較 ナイシトールZとシボヘールに含まれる有効成分を比較すると、 ナイシトールの方が高い効果が期待できます。 ナイシトールZに含まれる「防風通聖散」は、内臓脂肪の分解・燃焼効果が認められています。 一方、シボヘールに含まれる「葛の花サプリメント」は、脂肪の燃焼を助ける効果なので、ナイシトールよりも比較的効果は緩やかです。 しかし、体質によっても効果の出方は違うため、絶対的にナイシトールZが効くとも言い切れないのです。 次にそれぞれを飲んだ方の口コミを見てみましょう。 ナイシトールZの口コミ 「1ヶ月分を飲んでも効果が現れなかったのですが、我慢してもう1ヶ月続けてみました。 体重には全く変化がないので今は飲んでいません。 」(30代・男性) 以上の様に、それぞれの商品で「効いた」と言う方もいれば、「効果がなかった」という方もいます。 また、ナイシトールに至っては、「効きすぎて体調を崩した」という方もいます。 薬やサプリの効果には個人差があり、結局はその人の体質によると言えるため、 両方気になっているという方は、効果が緩いシボヘールから順番に試していくと良いでしょう。 副作用はある?安全性を比較 次に、それぞれの商品の副作用について、比較してみましょう。 ナイシトールの副作用 ナイシトールは医薬品なので、以下のような副作用が起こることがあります。 皮膚の発疹や発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢、腹痛、めまい、頭痛• まれに間質性肺炎、偽アルドステロン症、ミオパチー、肝機能障害 しかし、副作用が出るかどうかは個人の体質や体調にもよります。 また、 常用している薬があると、飲み合わせによる相互作用を起こす可能性があるため、担当の医師や薬剤師などの専門家に相談をするようにしましょう。 シボヘールの副作用 シボヘールは機能性表示食品であり、副作用はありません。 シボヘールの口コミには、飲みだしてから下痢になったというものがあったりしますが、これは体調や体質、食べ合わせなど、様々な要因が考えられ、シボヘールの副作用だとは考えづらいです。 そのため、基本的にはシボヘールを飲むことで他の症状が発症すると言った心配はないので、安心して飲むことができます。 しかし、ナイシトールとシボヘール、どちらにしても、安全に飲むためには用法・用量を守ることが大切です。 薬やサプリメントは、飲み方や量を間違えると、身体に悪い影響を与える原因となります。 多く飲めば効果が増すということはありませんので、各商品が推奨する用法・用量を守って飲むようにしましょう。 続けやすさは?費用・コスパを比較 ナイシトールZとシボヘールのコスパを比較すると、シボヘールの方が断然安くなります。 以下は、それぞれの価格から1日分のコストを計算したものです。 ナイシトールとシボヘールどちらがおすすめ? ナイシトールもシボヘールも脂肪を分解・燃焼する効果を持ちますが、それぞれの特徴を考えると、おすすめできる人が変わってきます。 ここからは、どちらを買うか悩んでいるという方に、商品ごとにおすすめする人をご紹介します。 ナイシトールがおすすめな人 ナイシトールをおすすめしたい人は、次の通りです。 食べ過ぎや飲み過ぎによる肥満症• 便秘でお腹がポッコリしている• 他の薬で副作用が起きたことがない ナイシトールの主成分である防風通聖散には、体内の余分なエネルギーを外に出す効果があると言われます。 そのため、 食べ過ぎや飲み過ぎによるエネルギー過剰で肥満になっている方におすすめです。 また、ナイシトールには便秘改善効果もあるので、便秘によるポッコリお腹に悩んでいる方にも効果があります。 ただし、副作用が起こる可能性があるため、他の薬で副作用を経験したことがある方は、服用を避けるか、医師・薬剤師に相談の上、服用しましょう。 シボヘールがおすすめな人 シボヘールをおすすめしたい人は、次の通りです。 年齢を重ねるにつれて太りやすくなった• 薬の副作用が心配• できるだけ安く、手軽に試してみたい シボヘールには中性脂肪の生成を抑え、体脂肪を燃焼させる効果があります。 人は加齢と共に代謝が落ちるため、体内には中性脂肪が蓄積されていきます。 そのため、 年をとって太りやすくなった方におすすめです。 また、副作用がないので、薬の副作用が心配な方でも、安心して飲むことができます。 さらに、ナイシトールより価格が安いため、手軽に試したいみたい方にもピッタリです。 飲むだけじゃ痩せない!運動・食事制限も並行しましょう ここまで、ナイシトールとシボヘールを比較してきましたが、いかがでしたか? 当ページで内容を参考に、ご自身に合った商品を選んでくださいね。 また、ナイシトールにもシボヘールにも脂肪を減少させる効果はありますが、飲むだけで痩せというわけではありません。 痩せる為には、適度な運動や食事制限も並行する必要があります。 まず、食べ過ぎ・飲み過ぎが原因の方は、バランスのとれた食事で脂肪の元を減らしましょう。 そして、運動により脂肪の燃焼をする時にはじめて、ナイシトールやシボヘールが脂肪を減らすサポートができるのです。 以上の様に、薬やダイエットサポート食品で効果的に痩せたい場合には、アイテムの役割を理解することが大切です。 ナイシトールとシボヘール、どちらを飲むにしても、正しい用法・用量で健康的な身体を目指してください。 どちらもダイエットを補助する商品として人気があります。 では、両者の違いはどこにあるのでしょうか? また、効果にも違いがあるのでしょうか? シボヘール 成分 還元パラチノース、葛の花抽出物、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素 分類 機能性表示食品 価格 2,980円(税別) 容量 120粒 1日の服用目安量 1日4粒 約30日分 販売元 株式会社ハーブ健康本舗 ナイシトール 成分 防風通聖散料乾燥エキス 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)は18種類の生薬によって作られた漢方薬のこと。 分類 漢方薬 価格 ナイシトール85a(パウチ50錠)900円 ナイシトールG(パウチ84錠)1,450円 ナイシトールZ(パウチ105錠)2,100円 容量 ナイシトール85aはパウチ50錠、140錠、280錠の3種類 ナイシトールGはパウチ84錠、168錠、336錠の3種類 ナイシトールZはパウチ105錠、315錠、420錠の3種類 1日の服用目安量 ナイシトール85aは1回5錠で1日2回 ナイシトールGは1回4錠で1日3回 ナイシトールZは1回5錠で1日3回 販売元 小林製薬 シボヘールとナイシトールの最も大きな違いは、 シボヘールが機能性表示食品、ナイシトールは漢方薬という点です。 効果に違いはあるの? シボヘールの効果としては、お腹周りや内臓脂肪、皮下脂肪やウエスト、体重の減少が挙げられます。 こういった効果は、12週間の摂取による臨床実験で確認され、平均値としてお腹周りの脂肪が20? 、内臓脂肪が8? 、皮下脂肪が13? 減少したほか、ウエストがマイナス0. 9cm、体重がマイナス1. 1kgが減少したというデータがあります。 一方のナイシトールにもお腹の脂肪を落とす効果があるとされ、肥満症であったり、肥満や高血圧によって起こる肩こりやのぼせ、むくみや便秘に効果が期待できます。 その他にも蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹や皮ふ炎、ニキビなどの吹き出物にも効果が期待できます。 このように、どちらも脂肪を減らす効果が期待できますが、 ナイシトールではその他にも様々な症状の改善が期待できます。 コスパが良いのはどっち? ナイシトールの中でも最も高い効果が期待できるのがナイシトールZです。 このナイシトールZの420錠は、税込み8,100円で販売されています。 ナイシトールZの服用の目安量は1回5錠で1日3回となっているので、1日で15錠服用することになり、この量を毎日摂取すると420錠が28日分ということになります。 一方、シボヘールは定期購入をすると税込みで2,808円で購入できます。 服用目安量は1日4粒、1袋120粒入りなので30日分です。 1日当たりではナイシトールが約289円、シボヘールが約93円となり、服用できる日数や料金から見てもシボヘールの方がかなりコスパが良いことが分かります。 飲んでいる人の口コミを比較すると? 価格で比較をすればシボヘールの方がお得なのですが、どちらが本当に効果を実感できるのかという点が気になる人も多いことでしょう。 いくら価格が安くても、効果が実感しにくいのでは意味がありません。 この効果を比較するにはどちらも試してみるしかないのですが、両方試すには時間も費用もかかります。 そこでおすすめなのが口コミを参考にすることです。 口コミを参考にすることで、シボヘールやナイシトールのメリット、デメリットも確認できます。 実際に利用した人の声なら信頼ができ、比較するには最適です。 口コミで自分に合った商品を選びましょう。 シボヘールの口コミ・評判 シボヘールには、「体重が減った」という良い口コミと「特に変化がなかった」という悪い口コミの両方があります。 そういった口コミや効果については、で詳しく解説しています。 気になる方はチェックしてみてください。 ナイシトールの口コミ・評判 ナイシトールの良い口コミとしては、「ひどい便秘が解消された」、「3ヶ月ほどでマイナス1. 5kg」、「飲み始めて半年間は1ヶ月ごとに3〜4kgの減量に成功」、「4ヶ月で115kgが90kgになった」といったような声があります。 悪い口コミでは「飲み始めの1〜2週間は頻繁に便意を感じた」、「全く効果がなかった」、「価格が高すぎる」、「半年以上飲み続けてもポッコリお腹が解消されなかった」といったような声があります。 このように、ナイシトールの効果は大きな効果を実感できている人もいれば、全く効果が得られなかった人もいるようです。 結局どっちがおすすめ? シボヘールとナイシトールとでは、機能性表示食品と漢方薬、1日当たりの費用、効果にも違いがあります。 色々な違いがあり、結局のところどっちがいいのかと迷っている人もいるのではないでしょうか。 口コミを見ても、高い効果を実感している人がいる反面、全く効果がなかったといった声まであります。 商品選びでは自分に合った商品を選ぶことが大切です。 それぞれにメリット、デメリットがあり、これらを考慮して自分に合った商品を選びましょう。 商品ごとにおすすめの人を紹介しますので、どちらの商品が自分に合っているのかの参考にして良い商品選びをしてください。 シボヘールをおすすめしたいのはこんな人 シボヘールのメリットや特徴として、コスパが良い、機能性表示食品であることなどがありました。 このメリットや特徴から、 まずできるだけ費用を抑えてダイエットをしたいと考えている人にはシボヘールがおすすめです。 また、機能性表示食品であることから、どちらかというと便秘がちで長期間の服用ができる人にもおすすめです。 機能性表示食品は薬ではないため、劇的な効果であったり即効性は期待できないと考えておきましょう。 そのため、頑固な便秘をシボヘールで解消しようとしても効果が実感できないこともあります。 シボヘールは長期間服用してこそ効果が実感できると考えられ、このことからも、コツコツと服用できる人に最適な商品です。 ナイシトールをおすすめしたいのはこんな人 ナイシトールの特徴やメリットとしては、大手製薬会社が販売元であること、便秘解消効果も口コミで高い評判となっていること、漢方薬であること、脂肪減少以外の効果も期待できることが挙げられます。 漢方薬をサプリメントと同じような感覚で利用している人も多いのですが、れっきとした薬です。 そのため、機能性表示食品とは違い、高い効果が短期間で得られるのが特徴です。 また、多くの人が便秘解消効果を実感をしていて、頑固な便秘解消には最適と考えられます。 これらの点から、 安心できる販売元の商品を利用したい人、頑固な便秘で悩んでいる、健康管理をしたい、肥満で様々な症状に悩まされている人におすすめの商品です。

次の

ナイシトールZの副作用は?飲む時は気をつけたほうがいいゼ~ット!

ナイシトール z 420 錠

ポッコリとふくらんだお腹、かっこ悪いですよね。 男性ならズボンの上に、女性ならスカートの上にお腹のお肉がのっかる。 お気に入りの洋服なのに、お腹が目立ちすぎて着られない。 本気でなんとかしたいですよね。 でも、なかなかダイエットを成功させるのは難しいもの…。 そんなポッコリお腹に悩む男女におすすめなのが、小林製薬の「ナイシトール」でおなじみの 「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方です。 そうなんです。 なんと、 ダイエットに効果のある漢方薬があったんです! 普通の薬を飲むのは抵抗があるけど、漢方薬なら安心という方も多いかもしれませんね。 防風通聖散には、脂肪を燃やす働きがあり、 ちょっとやそっとでは落ちない「お腹まわりの脂肪」に効果あり、というから驚きです。 ナイシトールは「防風通聖散」という漢方薬 「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」とは難しい名前ですが、漢方薬の名称です。 日本では複数のメーカーから販売されており、• ナイシトール(小林製薬)• ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒(ツムラ)• コッコアポ(クラシエ)• 和漢箋 新・ロート防風通聖散錠満量(ロート製薬)• 生漢煎(アインファーマシーズ) などがあります。 CMなどでよく見かけるため、小林製薬の「ナイシトール」がいちばん知られているかもしれません。 これらはすべて同じ防風通聖散という漢方薬ではあるのですが、 実はこれ、ひとつ大きく違う部分があるんです。 それはズバリ「生薬の配合量」。 たとえばビタミンCのサプリメントでも、商品によってビタミンCが1,000ミリだったり2,000ミリだったり、配合量が異なりますよね? しかし、漢方の場合、 それよりもっと重要な意味を持っています。 そして、それを完全に満たしているものを 「満量処方(まんりょうしょほう)」と言います。 つまり、決められた薬の量が100%入っている、ということですね。 さて、あなたが、ナイシトールなどの防風通聖散を買いたい理由は、何でしたでしょうか? 「落ちにくい脂肪を減らして、ダイエットを成功させたい」からですよね。 それなら、どの処方量の製品を選べば効果が高いかは・・・? 必然的に決まるはずです。 防風通聖散の料金を比較! 最もおトクなのは? ここでは、各社の防風通聖散の処方量と値段を比較したデータをまとめてみました。 どの製品が 満量処方でしょうか? また、同じ満量処方でも 価格に大きな差があったりします。 コスパの悪い製品を買ってしまうと、続けて飲んでいるうちに、かなりの金額を損することに・・・! 購入する前に、下記の比較表をよくチェックしてみてください。 ボウフウ分量 値段 1日あたり 生漢煎 1. 3ヶ月コースなどを選べばさらに割安です。 3ヶ月定期なら1日161円、6ヶ月定期なら152円となります。 ナイシトールは有名なブランドですが、 28日分で7,500円と少しお高めですね。 CMなどの広告費が加算されているせいかもしれません。 上記の比較表で見ると、 「満量処方で最安値」なのは生漢煎(しょうかんせん)です。 生漢煎(しょうかんせん)でナイシトールと同様の効果を得られるのなら、生漢煎(しょうかんせん)を飲んだほうがお財布に優しいですよね? コスパ良!「生漢煎(しょうかんせん)」ってどんな製品? この 「生漢煎(しょうかんせん)」という防風通聖散を販売しているのは、全国に調剤薬局・ドラッグストアを展開するアインファーマシーズ(アイングループ)。 小林製薬やクラシエと比較すると知名度こそ低いですが、このアイングループは東証一部上場企業ですので、安心できる会社です。 しかも、 生漢煎の初回購入は半額の3,900円。 1日あたり130円で、1ヶ月間試すことができます。 これなら「防風通聖散がカラダに合わなくて、効果を得られなかったらどうしよう」と心配な人も、気軽にお試しできますね! 画像の通り、個包装のスティックタイプなので、持ち歩きにも非常に便利です。 なお、生漢煎は楽天やアマゾンでは販売していません。 購入できるのは、公式サイトのみとなりますので、ぜひチェックしてみてください。 をみる ナイシトールの口コミ 実際に、このサイトの管理人であるわたしも、生漢煎とナイシトールの両方を試して、ダイエットに挑戦しました。 その結果をデータにまとめたものがあるので、ナイシトールの口コミが気になる方は、参考にしてみてください。 日にち ウエスト 体重 防風通聖散 6月26日 82. 5cm 59. 2kg 生漢煎 7月18日 81. 5cm 58. 9kg 生漢煎 8月3日 80. 0cm 56. 8kg 生漢煎 8月9日 80. 5cm 57. 9kg ナイシトール 9月11日 79. 5cm 57. 2kg ナイシトール 10月19日 79. 5cm 56. 2kg ナイシトール 下の写真が、防風通聖散ダイエットをスタートさせる前のわたし。 全体には痩せ型なのですが、中年ということで、お腹だけがひどい有様。 まず、最初に飲んだのは生漢煎。 理由は、この記事でまとめているとおり、安いからです。 その結果、生漢煎を1ヶ月半飲んで、ウエスト-2. 5cm。 体重2. 4kgが落ちました! でも、「やっぱり、高いナイシトールのほうが効くんじゃないの」と思い、実験も兼ねて、途中から変えてみました。 もちろん、ナイシトールで選んのは、満量処方のナイシトールZです。 その結果、2ヶ月半で、さらに、ウエスト-1cm。 体重1. 7kg落ちました! このように、わたしの場合、どちらも効果はありました! ですので、わたしの口コミ体験談の回答としては、 「どちらを選んでも効果あり。 それなら、安い生漢煎を続けるのがおすすめ」 ということで、このサイトをまとめています。 ナイシトールの効果。 なぜお腹の脂肪に効くの? ナイシトールの効能・効果は、どのようなものがあるのでしょうか。 同封されている添付文書(説明書)には、 【効能・効果】 体力充実していて、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな者の次の諸症• 肥満症• 高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘• 蓄膿症(副鼻腔炎)• 湿疹・皮膚炎• ふきでもの(にきび) と書かれています。 肥満症の改善に ナイシトールは医学的にみて、減量が必要な肥満症の改善に効果があります。 肥満は万病の元であり、現在中高年の方の多くが悩んでいるメタボリックシンドロームも肥満が原因です。 メタボリックシンドロームは命に関わる病気の元となる動脈硬化が進行しやすい状態なので、健康のためにも減量が必要です。 また、ナイシトールは防風通聖散の力によって、体内に溜まった老廃物などの余分なものを排出する効果があります。 ナイシトールは特にお腹の脂肪を落としたい方に効果があります。 ナイシトールの服用に注意が必要な人は? 子どもの服用 ナイシトールは15歳未満の服用は不可になっています。 小学生、中学生の肥満改善・ダイエット目的には使用できませんので、親御さんはご注意ください。 「虚証」体質の方 また、上記でもご紹介した東洋医学で言う「実証」タイプとは逆の、「虚証」タイプに分類される体質の方には向かないと言えます。 痩せ型で• 顔色が悪く• 胃腸が弱い・虚弱体質 ナイシトールは便秘がちな人向けの薬ですので、普段から便通の良い人、どちらかというと軟便・下痢気味の方にもおすすめできません。 高齢者、妊婦・授乳中、疾患… また、ナイシトールの主成分である防風通聖散は、• 高齢者• 妊娠中・授乳中の人• 肝臓に疾患がある人• 甲状腺機能障害の人 には不向きな漢方薬です。 ナイシトールの服用を考えている場合は、事前に医師に相談してください。 高血圧の人も服用できる? ナイシトールの添付文書には、高血圧の診断を受けている方に対して、服用前には医師や薬剤師に相談するようにすすめる趣旨の文言が記載されています。 お腹周りの脂肪が気になっていて、防風通聖散で肥満症を改善したいと考えている人の中には、すでに高血圧の診断を受けて、病院から処方された薬(ディオバンやノルバスクなど)を飲んでいる人もいると思います。 防風通聖散には「カンゾウ」という生薬が配合されています。 高血圧の方がカンゾウを服用すると、偽アルドステロン症という副作用が引き起こされる可能性があります。 まずはかかりつけの医師や薬剤師に相談してみることをおすすめします。 服用開始後に血圧が上がったり、むくみが出たりした場合には、すぐに服用をやめ、医師に連絡して診断を仰ぐようにしてください。 漢方薬は体格やその時の体調によって、本来は使い分けるものです。 上記の疾患をお持ちの方で、ポッコリお腹やメタボ体型を解消したいという方は、自己判断でナイシトールを飲み始めたりせず、かかりつけの医師に相談しましょう。 男性・女性両方に効果があるの? CMなどの影響で、ナイシトールは男性向け?と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。 ナイシトールはナイシトール85a、ナイシトールG、ナイシトールZともに、年代や、男性・女性問わず飲んでいただいて構いません。 ナイシトールと女性 以前は「ナイシトールL」という女性向けのナイシトールがありました。 しかし現在「ナイシトールL」は製造終了となり、現行のナイシトールシリーズに統合されています。 ご自身の体格や体質、体調によってナイシトール85a、ナイシトールG、ナイシトールZから選択してください。 体格が小柄な女性は、心配であれば「ナイシトール85a」から始めてみてもいいかもしれません。 ナイシトールと男性 近年、中高年男性の肥満者は急増しています。 その理由は、食生活の乱れや運動不足、休養不足などが原因として考えられます。 これらの不摂は代謝機能や体力が低下している中高年の身体には大きな負担。 その蓄積が脂肪として現れてしまうのです。 ナイシトールでしぶとい脂肪にじっくりアプローチするのに加え、食生活を改善し、階段を使う・少し長めに歩くなどの運動を心掛けると、より高い効果が期待できます。 特に中高年の男性におすすめしたい商品です。 ナイシトール85aを基準とすると、ナイシトールGはその1. 24倍。 ナイシトールZは2倍の有効性の高さです。 ナイシトールZは現在の承認基準内で配合可能な最大の防風通聖散、満量処方となっています。 下記に成分量を記載しておきますが、ここはあんまりじっくり見る必要はありません。 要するに、 「ナイシトールZは、ナイシトール85aの2倍の成分が含まれていますよ」ということです。 ナイシトールZ ナイシトールG ナイシトール85a トウキ・センキュウ・レンギョウ・ボウフウ・シャクヤク・サンシシ・ハッカ・ケイガイ・マオウ 1. 2g 0. 74g 0. 6g ショウキョウ 0. 3g 0. 19g 0. 15g ダイオウ 1. 5g 0. 93g 1. 0g ビャクジュツ・オウゴン・セッコウ・キキョウ・カンゾウ 2. 0g 1. 24g 1. 0g 酸化ナトリウム+水塩 1. 5g 0. 93g 0. 75g カッセキ 3. 0g 1. 86g 1. 5g 3商品の値段の比較 では、ナイシトールZ、ナイシトールG、ナイシトール85aの値段を比較してみます。 はじめて買う方は、少ない錠数で試してみるというのもありですが、7日分くらいでは、ナイシトールの効果を実感できない人もいます。 個人的にはやはり、錠数がもっとも多いものを買ってしまうか、その中間くらいがよいと思います。 ただ、ここで最初に紹介した生漢煎という製品を思い出してください。 生漢煎は、ナイシトールZと同じ防風通聖散、満量処方の配合で、1日あたりは197円。 その差は71円もあるのです! これを見つけたときは驚きました。 毎日毎日71円、毎月2,000円以上も損してしまうのはもったいないと思います。 気になる方は、いまなら半額で買えますので、初回だけでも、生漢煎を試してみてください。 はこちら 飲み方の違いは? さて、飲み方はどうなのでしょうか。 服用回数は、ナイシトール85aが1日2回で1回分が5粒相当。 ナイシトールGは1日3回で1回分が4粒相当。 ナイシトールZは1日3回で1回分が5粒相当となっています。 いずれも食前もしくは食感に水か白湯で服用します。 品名 服用回数 1回あたりの粒数 ナイシトール85a 1日2回 5粒相当 ナイシトールG 1日3回 4粒相当 ナイシトールZ 1日3回 5粒相当 ナイシトールの効果的な飲み方と注意点 ここでは、ナイシトールの効果を、より発揮できるような飲み方や、使用法のポイントについて解説します。 ナイシトールの効果的な飲み方 服用する時間 ダイエットを成功させるためのナイシトールの効果的な飲み方は、必ず、食間空腹時に服用すること。 食事30分前か、食後2時間がより効果的です。 満腹時より空腹時の方が、成分が吸収されやすいため、より効果が高まります。 この時間帯にナイシトールを摂取することを、習慣化することが、ダイエット効果を高め、成功させるうえで重要となってきます。 そして何より、飲み忘れないことが大切です。 もし3食摂っていない場合でも、服用する時間を決めるなどして、きちんと飲むことが大切です。 水か白湯で飲む ナイシトールは必ず水か白湯で飲むことが推奨されています。 白湯で飲むと、体内に溜まった毒素を排出するデトックス効果が高まるのでおすすめです。 また、アルコール類と共に摂取はしないようにしてください。 飲み合わせは? 飲み合わせでは、ナイシトールと同じような効果や効能があるものと併用しないように注意することが大切です。 防風通聖散には、カッコン、マオウ、カンゾウ、ケイヒなどが含まれており、これらが含まれている他の市販薬や漢方薬を一緒に飲んでしまうと、相互作用で激しい下痢を起こしてしまう可能性があります。 甲状腺の薬でも作用が強く出ることがあるので、注意書きの商品情報などはよく読むようにしましょう。 ナイシトールは飲み始めていつから効果が出るの? ナイシトールはいつから効果が出はじめるのかという点ですが、目安として、便秘解消には1週間ほど、肥満やむくみには1ヶ月程度で効果が感じられます。 個人の身長体重や体調によっても効果は異なりますが、適度に運動を取り入れたりすることで、より効果が早まる場合もあります。 どのくらいの期間効くの? どのくらいの期間効果があるか、というところも体質により変わってきますが、目安は1ヶ月とされています。 もしそれ以上続ける場合には、医師や薬剤師の方に相談して下さい。 効果が出たあとはナイシトールのみに頼らず、食生活や運動量に気を配りながら健康習慣を守り、体型を維持していくことが大切です。 小林製薬の公式HPにも、 肥満予防のためにはお薬を続けるよりも、食事や運動など生活習慣を見直すことで、健康的に予防されることをおすすめします。 と記載されています。 やっぱり運動もしなくちゃダメ? ナイシトールの効果は体質による個人差があるため一概には言えませんが、ナイシトールを服用しただけで減量・脂肪の減少の効果が得られたという人もいます。 ナイシトールに運動を併用したことで、より効果が現れたという人もいます。 いずれにしても、バランスのよい食事を毎日摂るように心がけたり、適切な食事制限をしながら日常的に運動を継続することが、健康的にお腹の脂肪を減少させることにつながります。 楽天やアマゾンでのナイシトールの値段 ナイシトールの最安値は? ナイシトールの最安値は、ネットやオンラインショップで検索することができます。 まずはネット通販の最大手である、楽天やアマゾン(Amazon)で価格比較をしてみましょう。 楽天は? 楽天で注意したいのは、値段の比較がわかりづらいこと。 を見てもらえればわかる通り、タイプが3種類、錠数も3種類ずつあり、合計9種もあるからです。 また、楽天のショップによっては、お買い得2パック、3パックになっているので、さらに比較するのが複雑になっています。 送料も無料とそうでないところがあるので、実質的に一番安いのはどこか、楽天で判断するのは時間がかかり、正直言って難しいです。 アマゾンは? 楽天に比べると、アマゾンはもう少しわかりやすいです。 値段順でみることができ、送料の有無も一覧で表示されているからです。 楽天にしろ、アマゾンにしろ、比較する際のポイントとしては、「自分が欲しいのが、ナイシトールZ、ナイシトールG、ナイシトール85aのどれなのか」、これらの製品名を絞り込んで、検索することです。 ネット以外には、市販でも入手可能です。 一般販売している薬局やドラッグストア、マツモトキヨシ、サンドラッグなどでも、最安値を調べてみましょう。 お近くのお店なら、ポイントもたまりますよね。 ナイシトールのジェネリック製品はある? ナイシトールに、ジェネリック製品はあるのでしょうか。 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたあとに出る製品。 新薬と同じ有効成分、効き目をもつ、値段の安い薬のことを指します。 後発医薬品とも呼ばれていますね。 実際、Yahoo! で「ナイシトール ジェネリック」などと検索すると、楽天などでいくつか販売されています。 【VITA TREAL】ビタトレール 防風通聖散エキス ジーバランスG(中村薬品工業)• 本草防風通聖散エキス錠-H(本草製薬)• ベラミスF(寧薬化学工業)• 防風通聖散エキス錠(大峰堂薬品) ポッコリお腹が気になる方や、脂肪燃焼効果のある医薬品を探している方は、ナイシトールと同じ成分内容を持つジェネリック製品を一度購入してみることもおすすめです。 ただし、防風通聖散の成分配合量は異なりますので、そこはしっかりチェックしてみてください。 その点、上記でもご紹介している「生漢煎(しょうかんせん)」は満量処方で初回半額。 継続も安いので、ブランドにこだわらず高品質低価格な防風通聖散を探している方にもおすすめです。 はこちら。 ナイシトール、コッコアポ、ツムラ、和漢箋を徹底比較! 防風通聖散の商品として知名度の高い、• ナイシトール• コッコアポ• 和漢箋• ツムラ は、全て同じ効果・効能を持つものと思われがちですが、実はそれぞれ少しずつ違います。 そこで、違いがよく分からない方のためにも、この4つの商品の効果をそれぞれの特徴や内容とともに比較してみました。 安いのが特徴です。 詳しい記事はこちら コッコアポ クラシエのコッコアポは、3種類がありますが、防風通聖散はコッコアポEX錠のみ。 生薬の分量は、他社製品と比べて低いです。 コッコアポG錠はイライラストレス太りしやすい、バタバタ生活乱れ太りしやすい人のための大柴胡湯という漢方。 コッコアポL錠は、動きたくないぐったり太りしやすい、ぽっちゃり水太りしやすいなど、筋肉にしまりのない余分な脂肪を減らす防已黄耆湯となっています。 ツムラ62番 ツムラ62番は、医師の処方箋が必要な処方薬。 購入できるのも薬剤師のいるところになります。 粉末状です。 ただ、毎月の病院の診察代や、病院に並ぶ時間を考えると、一概に安いとはいえません。 クラシエ62番 KB-62、EK-62と記載されているクラシエ62番は、ツムラ62番と同じく医師の処方箋が必要な処方薬。 購入できるのも薬剤師のいるところになります。 クラシエ62番は、錠剤です。 和漢箋 ロートの和漢箋は、体質や悩みに合わせた商品を選ぶことができ、便秘や肩こりなどの症状にも効果的です。 種類は3種類。 満量処方なのが新・ロート防風通聖散錠満量です。 箱には大きく5,000mg配合と書かれていますね。 新・ロート防風通聖散錠Zは3,750mgですので生薬の配合は少なくなっています。 新・ロート防風通聖散錠Tは3,333mgで、ビンではなくパウチの商品になります。 特徴として、3日間だけ摂取するようにまとめたものや1週間分の量になっているものなど、いろいろな日数分の商品が揃っています。 そのほか、ビスラットゴールド(小林製薬)、エバユーススリムF(第一三共ヘルスケア)なども注目を集めています。 これらの商品は全て漢方薬から成り立っていますが、それぞれ特徴も異なり、肥満改善薬としての効果や種類も違います。 ナイシトールのようにお腹の脂肪を徹底的に減らしたい方向けの商品を選ぶ方もいれば、コッコアポのように女性の悩みにもアプローチできる商品を好んで使う方もいます。 生漢煎については、弊社の姉妹サイトでも紹介していますので、よろしければこちらもご覧ください。 小林製薬のナイシトールとビスラットゴールドの比較 ナイシトールとビスラットゴールドは、どちらも小林製薬株式会社から発売されている医薬品です。 両者とも脂肪を落とす効果作用があるとされていますが、同じ会社から発売されているということで、その違いが気になるところです。 ここでは、ナイシトールとビスラットゴールドの共通点や効果の違いを比較してみました。 ナイシトールとビスラットゴールドの共通点は? ナイシトールとビスラットゴールドは、両方とも漢方薬が主成分ですが、ナイシトールは防風通聖散、ビスラットゴールドは大柴胡湯(だいさいことう)が主成分となっています。 両者に共通する作用としては、脂肪代謝促進作用があります。 どちらも「実証タイプ」という、薬の効き目が多少強めでも耐えられるだけの体力がある人に向いています。 また、どちらにも「大黄」という薬が配合されているのも共通点です。 このため、色白で水太りタイプの人や、冷え症の「虚症タイプ」の人には向いていないといえます。 ナイシトールとビスラットゴールドとの違い ナイシトールとビスラットゴールドとの大きな違いは、やはりその含有成分にあります。 ナイシトールの主成分は防風通聖散ですが、そのほかにも薄荷、麻黄、生姜といった気剤と呼ばれる成分も配合されています。 これらには、体内循環機能を促進する作用があるといわれています。 特に麻黄や生姜には、のぼせを取り除く効果もあります。 一方、ビスラットゴールドに含まれている主成分は大柴胡湯ですが、この漢方薬には柴胡(さいこ)という生薬が配合されています。 この柴胡(さいこ)という生薬には、主に肝臓の炎症を鎮めるなどの働きがあるといわれており、特に脂肪肝の人に効果があるとされています。

次の

ナイシトールZ

ナイシトール z 420 錠

検証1ヶ月の結果• 体重:106. 2kg (-4. 2kg)• 体脂肪率:27. 5% (-0. 胴囲が6㎝減っていますが、便秘解消による効果が結構大きいと思います。 朝起きてすぐ• 11時頃• 夕方16時頃 1日3回、可能な限り 空腹の時に飲めれば、この時間である必要はないです。 暴飲暴食は控えました なぜなら、さすがのナイシトールもカロリーをゼロにはできないからです。 ナイシトールの効果を実感するために、厳しい食事制限をする必要はありませんが、 過剰なカロリー摂取は控えましょう。 具体的に言うと 体重が100キロ程度なら、1日2000kcal以内に抑えるように気を付けてください。 多少の運動は意識した ナイシトールはお腹の脂肪を分解して燃えやすくしてくれますが、 飲むだけで燃焼することはないです。 分解した脂肪を燃やす作業が必要なので、 毎日少しでもいいので有酸素運動をしましょう。 と言っても何時間も歩いたり、ランニングする必要はありません! 実際に私は、可能な限り毎日4つ手前の駅で降りて30~40分かけて4㎞ほど歩いて帰っていました。 これが難しければ1駅手前、1㎞手前でも全然OKです! ナイシトールが痩せる理由 漢方の力で 脂肪燃焼を助け、排便を促すから痩せる! ご紹介した通り、食事と運動を多少気を付けながらも、私はナイシトールの効果で痩せることができました。 ただそもそもナイシトールの正体が何で、どうして飲むと痩せるのでしょうか? ナイシトールの正体は漢方「防風通聖散」 内側の脂肪を取る、という意味でナイシトールと名付けられていますが、 中身は「防風通聖散」という漢方薬です。 漢方薬は身体自身の免疫力や機能を高めてくれる存在なので用法用量を守っていれば、大きなリスクになることはありません。 ただ、体質的に合わない人は腹痛や下痢になる可能性があるので服用して違和感を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。 古くなった脂肪を分解して燃えやすくする ナイシトールの効果を一言で表すなら 「古くなった脂肪を分解して燃えやすくする」です。 そもそもお腹に蓄積した脂肪は老化をしていてなかなか分解されないために、燃焼されずどんどん溜まっていきます。 ナイシトールは蓄積したまま古くなった脂肪を、漢方の力で分解しやすくして、燃えやすくしてくれます。 脂肪を便と一緒に排出させる せっかく分解して燃えやすくされた脂肪ですが体内に溜まったままだと意味がありません。 ナイシトールにはお通じを良くする成分も入っていますので 分解・燃焼された脂肪を便と一緒に排出してくれます。 いわゆる下剤とは違い、即効性のあるものではないためお腹を痛める心配もないです。 太鼓腹の人• 脂肪太りで便秘がちな人• 漢方の実証タイプの人 聞きなれない言葉もあると思いますが、詳しくご紹介します。 太鼓腹の人 お腹の出方には2つの特徴があります。 太鼓腹:パンと張ったお腹• アンコ腹:ブヨブヨなお腹 「アンコ腹」、「太鼓腹」という言葉は、元々は相撲用語。 「アンコ」とは、お饅頭で言うところの「詰め物」のこと。 ヒフの下に何かを詰めたみたいにブヨブヨしているからこう呼ばれます。 「太鼓腹」は形が和太鼓の胴回りに似ているからその名前がつきました。 ナイシトールの効果が出やすいのは 太鼓腹の人です。 目安としては、胸もお腹もブヨブヨ…よりも、 お腹だけがパーンと張っているような人です! 脂肪太りで便秘がちな人 ナイシトールのWebサイトではこのような記述があります。 内臓脂肪、皮下脂肪が多く、便秘で悪い物が体に滞りがちの人に効果が出やすいです。 漢方の実証タイプの人 東洋医学では、不健康な人は2種類に分けられていて、それが 虚証と実証です。 体質に合わない• 服用方法が間違っている• 暴飲暴食している• 全く運動していない 実際の口コミと併せて解説しましょう。 体質に合わない Twitterでは実際にこのような口コミがあります。 2kg 累計:-2. 3kg 体脂肪率:23. — こぜ6ジャパン!! koze6japan この方の場合、ナイシトールを飲んで下痢をしているようです。 漢方で言う実証の人は便秘気味なので、ナイシトールでは下痢になりにくいです。 おそらく体質が防風通聖散に合わないので、そういう方は 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)という虚証向けの漢方が良いでしょう。 虚証の人の消化吸収を助け、体内のエネルギーを増強することによって、体に悪いものを排出させる効果がありますよ。 リンク 服用方法が間違っている Twitterでこんな口コミも発見しました。 ナイシトール、粒がデカい。 1回4錠1日3回。 毎日あんなの12錠も飲んでたら飲み込む時のカロリー消費で痩せるわ。 また、空腹時に飲んだほうが効果が出やすいので、正しく飲めていない人がマイナスの口コミをしているように思います。 暴飲暴食している Twitterでたまにこういう懺悔も見かけます(笑) 昨日は酔っぱらって食べ過ぎた! 餃子に麻婆豆腐にetc…。 3㎏ 3月1日 ・本日79. ナイシトールの効果とは排便の回数を増やし、腸内に物を溜め込まないという、腹周りね贅肉の根本的な所に効果があると思います。 つまりは効能的には贅肉を減らすというより、贅肉を増やしにくくするというほうが正しい。 よってナイシトール+運動をしなければ痩せることは難しい。 魔法の薬だと思って購入して、運動せずに「痩せない!」と言っているケースには注意しましょう。 実際に私は3回リピートしていますが、結局他の防風通聖散を飲んでいます。 3回ナイシトールを飲んで分かった、GoodとBadをご紹介しましょう。 ナイシトールのGood ナイシトールの良い点は次の2つです。 1瓶(28日分)が高い• 1回に飲む量が多い• 地味に手が汚れる• おじさんのイメージが強い これも1つずつ見ていきましょう。 1瓶(28日分)が高い 私が購入していたのが「ナイシトールZa(420錠)」ですが、薬局で買うと7000円以上、 Amazonや楽天でも5500円前後でした。 しかも1ヶ月ではなく、中途半端に28日分というのがちょっと気になっていました。 実は他にナイシトールよりも安い防風通聖散もたくさんあります。 薬なので1日3回は仕方ありませんが、 5錠が結構きついです。 粒が大きく表面も乾燥しているので、 ちゃんと飲み込まないと喉に張り付いてすごく不快です。 しかも一気に5錠はまず無理なので、何回かに分けて飲むのも面倒でした。 地味に手が汚れる 実はこれがかなり嫌だったんですが、手でナイシトールをつまんで飲んでいると、 手に粉っぽいものと匂いが付いてしまいます。 いかにも薬のような匂いなのであまりいいものでもありません… あとは瓶の中に湿気を防ぐシートが入っていますが、このシートが後半になると粉まみれになってかなり気になりました。 おじさんのイメージが強い CMのお陰で知名度は高いですが、逆にそのイメージが強すぎました。 会社にも持っていきましたが、周りからは 「若いのにナイシトール飲むんだ」と言われました。 やはり おじさんが飲むイメージが強いんでしょうね…(筆者当時29歳) 最初の1本としては安心しておすすめできる ナイシトールのGoodやBadを見てきましたが、体質が合っていて用法容量を守っていれば必ず痩せる効果が出ると思います。 ポッコリお腹が気になるなら、行動をしないと何も変わりません。 まずは1本目として、安心のナイシトールをぜひ試してみてください!• 満量処方:1日約4500mg~• 1日あたりの金額 防風通聖散はメーカーやブランドによって内容量が異なります。 15日分、22日分、28日分、30日分とかなり異なります。 費用対効果を計算する場合はトータル金額だけでなく、 1日あたりの金額で計算しましょう。 例えばナイシトールZaは1日約185円ですが、成分が同じ阪本製薬のアンラビリゴールドという商品は1日あたり116円ほどです。 薬剤の形状 防風通聖散もそうですが、漢方薬はおおよそ 「錠剤」と「顆粒」に分かれます。 ナイシトールは先述の通り錠剤ですが、それだと手が汚れたり、匂いが付いたり、1回あたりに飲む量が多くなってしまいます。 顆粒の場合は小袋に分けられているので、1日3回は同じですが、1回の服用量は1包だけでOKです! 生漢煎・防風通聖散がおすすめ! 私がナイシトールから乗り換えて、 現在も継続しているのは生漢煎・防風通聖散です。 おすすめできるポイントは次の3つです。 1回1包だけ飲めばOK• 手が全く汚れない• 匂いも気にならない• 持ち運びがしやすい お昼にも飲む必要があるので、以前はナイシトールの瓶ごと会社に持っていきましたが、正直重いし結構邪魔でした。 顆粒タイプになってからは必要な小袋を1つだけ鞄に入れればいいので、ものすごく便利になったと思います。 何より手が全く汚れないし臭くならないのが最高ですね! イメージがおじさんっぽくない オシャレな包装でもないですが、イメージとしては龍角散ダイレクトみたいな感じなので、周りもあまり気にならないようです。 個人的にも周りの目を気にしながら大きな瓶と錠剤を表に出さなくて良くなったのは嬉しい変化の1つです。 デメリット:1日あたりの金額 あまり効果が変わらなくて、顆粒タイプでとても便利な商品ですが、唯一のデメリットが金額です。 生漢煎・防風通聖散の内容量は30日分です。

次の