オリエンタルランド。 オリエンタルランドの平均年収は697万円!職種別年収も詳しく解説

(株)オリエンタルランド【4661】:掲示板

オリエンタルランド

では、それぞれみていきましょう。 年収の推移 オリエンタルランドの、過去5年の平均年収は719万円(平均年齢42. 4歳)です。 年度 平均年収(万円) 従業員数(名) 780万円 2,196名 792万円 2,229名 653万円 3,146名 672万円 3,194名 697万円 3,260名 オリエンタルランドの年収は、入場者数やグッズの売上など、業績によって変動します。 (引用:) 2016年〜2017年にかけて、年収が下がった要因として、「従業員数の増加」「人事制度の改正」「準社員の正社員化」があげられます。 つまり、 総合職に比べると年収が低めだった「テーマパーク職(準社員)」が、人事制度の改正によって正社員化されたため、平均年収がダウンしているのです。 しかし、オリエンタルランドの経営そのものは、時代のニーズに合わせながら、安定した売上を上げています。 引き続き、サービスを向上させていければ、今後も600万円台後半くらいの年収は得られと予想できます。• 運営側の職種は、それぞれどれくらいの年収なのでしょうか。 営業系:約588万円以上 オリエンタルランドの営業系の平均年収は、約588万円以上(平均年齢32. 4歳)。 (参考:) 営業職は、運営側の総合職に分類されます。 業績が評価されると、総合職の場合、約960万円以上稼ぐことも可能です。 企画・事務・管理系:約615万円以上 オリエンタルランドの企画・事務・管理系の平均年収は、約615万以上(平均年齢35. 5歳)。 (参考:) 企画・事務・管理系も、総合職に分類されます。 役職に就くと、オリエンタルランドのイベントを取り仕切ったり、管理・運営する仕事もできます。 販売・サービス系:約420万円以上 オリエンタルランドの販売・サービス系の平均年収は、約420万円以上(平均年齢31. 9歳)。 (参考:) 店の販売スタッフは、アルバイト採用もあります。 グッズの販売や売上に関われる職種です。 技術職:約350万円以上 オリエンタルランドの技術職の平均年収は、約350万円以上(平均年齢30歳代 )。 (参考:) 技術職は、オリエンタルランドのレストランで提供する野菜の栽培や衛生管理などを行います。 農園は山梨県北杜市にあり、雇用形態は嘱託社員です。 キャスト側の平均年収 キャスト側の平均年収に関して、オリエンタルランドの採用情報を参考にして、以下の3つの職種を解説していきます。 キャスト側の平均年収は、どれくらいなのでしょうか。 テーマパークオペレーション職:約200万〜270万円 オリエンタルランドのテーマパークオペレーション職の平均年収は、約200万〜270万円。 (参考:) 平均年収は、時給1,000〜1,350円を目安に、1日7. 5時間(週5日)働いた場合の金額です。 テーマパークオペレーション職は、東京ディズニーランドの最前線でゲストへのサービスをするのが、主な役割。 雇用形態は準社員(パート・アルバイト)ですが、正社員との福利厚生や待遇面の差はほとんどない点が特徴です。 22時以降は、深夜手当が給与に加算されます。 また、1年契約での雇用です。 ダンサー:約240万〜260万円 オリエンタルランドのダンサーの平均年収は、約240万〜260万円。 (参考:) 平均年収は、時給1,300円を目安に、1日7. 5時間(週5日)働いた場合の金額です。 採用選考は、ジャズ・バレエ部門とヒップホップ部門に分かれて行います。 ダンサーも、準社員としての位置づけで、22時以降は、深夜手当が給与に加算されます。 こちらの職種も、1年契約での雇用です。 パペティア:約240万円以上 オリエンタルランドのパペティア職の平均年収は、約240万円以上。 (参考:) 平均年収は、時給1,200円を目安に、1日7. 5時間(週5日)働いた場合の金額です。 パペティアとは、ディズニーランドなどで、パペットの操演者としてパフォーマンスをする人のことを指します。 ただし、2019年度の募集は男性のみでした。 パペティアも、準社員としての位置づけで、22時以降は、深夜手当が給与に加算されます。 この職種も同様に、1年契約での雇用です。 年代別年収 オリエンタルランドの年代別平均年収は、以下の通りです。 推定年収は、口コミ情報や国税庁発表の「」などから独自で算出しています。 一般企業の平均年収は「」で紹介している値です。 では、それぞれみていきましょう。 20代:338万〜585万円 オリエンタルランドの20代の平均年収は、338万〜585万円です。 初任給は学歴や職種によって異なります。 一般企業の20代の平均年収は、262万〜361万円。 30代:660万〜713万円 オリエンタルランドの30代の平均年収は、660万〜713万円です。 30代で役職に就ければ、800万円以上の年収も見込めます。 一般企業の30代の平均年収は、407万円〜442万円。 ちなみに、35歳時点での年収は、約670万円前後です。 40代:773万〜836万円 オリエンタルランドの40代の平均年収は、773万〜836万円です。 キャリアを生かして、新入社員にアドバイスや指導を担い始める年代です。 一般企業の40代の平均年収は、40代前半が468万円、40代後半が496万円。 50代:875万〜852万円 オリエンタルランドの50代の平均年収は、875万〜852万円です。 総合職採用の場合は、イベントやプロジェクトの責任者として活躍します。 一般企業の50代の平均年収は、50代前半が519万円、50代後半が516万円。 60代:約650万円前後 オリエンタルランドの60代の平均年収は、約650万円前後です。 ベテランとして、若手の指導や運営を支える年代です。 ただし、幹部クラスになると60代でも年収が1,000万円を超えるケースもあります。 一般企業の60代の平均年収は、396万円となっています。• では、それぞれ見ていきましょう。 主任:約650万〜700万円 オリエンタルランドの主任の平均年収は、約650万〜700万円です。 一般的な会社の主任の平均年収は、400万〜450万円程度です。 オリエンタルランドの主任職は、平均よりも300万円程度高いことがわかります。 主任職は、早い人だと入社3年目から任されることもあるようです。 係長:約700万〜820万円 オリエンタルランドの係長の平均年収は、約700万〜820万円です。 一般企業の係長の年収は、670万円程度です。 オリエンタルランドの係長の平均年収は、一般企業の平均程度もらえます。 課長:約1,050万〜1,080万円 オリエンタルランドの課長の平均年収は、約1,050万〜1,080万円です。 一般企業の課長の年収は700万〜800万円程度です。 オリエンタルランドの課長の年収は平均よりも、300万円程度高いことがわかります。 大企業のイベントや運営において、組織全体の企画や指導などを行う、責任のあるポジションです。 部長:約1,160万〜1,380万円 オリエンタルランドの部長の平均年収は、約1,160万〜1,380万円です。 大企業の部長の平均年収は1,000万円程度。 オリエンタルランドの部長の年収は、平均程度が若干高めであるとわかります。 ボーナスについて ここでは、オリエンタルランドの年齢別・役職別のボーナスについて解説していきます。 では、それぞれみていきましょう。 年齢別のボーナス オリエンタルランドのボーナスの平均額は約145万〜165万円。 また、オリエンタルランドの年齢別のボーナスは、以下の通りです。 年代 ボーナス 20代 約90万〜130万円 30代 約150万〜160万円 40代 約170万〜190万円 50代 約195万〜200万円 60代 約125万〜145万円 によると、サービス業界の平均のボーナスは64万円なので、オリエンタルランドは平均より80万〜100万円ほど高いことがわかります。 また、国民のボーナス平均(91万円)よりも55万〜75万円ほど高い金額です。 オリエンタルランドのボーナスは年に2回、8カ月分でます。 ボーナスの金額は業績によりますが、かなり手厚いといえるでしょう。 役職別のボーナス オリエンタルランドの 役職全体のボーナス平均は、約245万〜270万円です。 また、オリエンタルランドの役職別ボーナスは、以下の通りです。 役職 ボーナス 主任 約190万〜200万円 係長 約210万〜220万円 課長 約280万〜285万円 部長 約305万〜365万円 役職が上がるにつれて、職責も重くなるため、ボーナスも高めな傾向にあります。• (年収は口コミサイト「カイシャの評判」を参照しています) では、それぞれみていきましょう。 株式会社ミリアルリゾートホテルズ:455万円 株式会社ミリアルリゾートホテルズの平均年収は、455万円(平均年齢30. 3歳)。 (参考:) 株式会社ミリアルリゾートホテルズは、オリエンタルランドやグループ会社のホテル経営や運営業務を担う会社です。 現場で行うサービスの質はかなり高いので、自分らしさを出しながら上質な接客を学べます。 株式会社イクスピアリ:583万円 株式会社イクスピアリの平均年収は、585万円(平均年齢40. 2歳)。 (参考:) 株式会社イクスピアリは、東京ディズニーリゾート内にあるショッピングモールを経営・運営する会社です。 職場はアルバイトが多く、正社員はほとんどいません。 アルバイトの場合は時給は980円ですが、交通費もしっかり支給されます。 契約社員のボーナスは1カ月分、嘱託社員以上になると2カ月分もらえます。 親会社(ディズニーリゾート)で利益がたくさん出ると、臨時ボーナスがでる場合もあるようです。 株式会社舞浜リゾートライン:450万円 株式会社舞浜リゾートラインの平均年収は、450万円(平均年齢28. 0歳)。 (参考:) 株式会社舞浜リゾートラインは、モノレール路線の運営会社。 千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート内を運行しています。 社員はディズニー好きや、電車好きの人が多いようです。 また、ディズニー特有の還元(福利厚生)もあるので、ディズニーや電車が好きな人には満足できる職場環境といえます。 学歴別の給与の違い ここでは、オリエンタルランドの学歴別の給与・初任給の違いを解説します。 では、それぞれみていきましょう。 学歴別の平均年収の違い 学歴別の推定平均年収は、下記の通り。 口コミなどの情報を元に、50〜54歳時点の金額を推定した結果です。 学歴 年収 大卒 950万円以上 高専卒 810万円以上 専門学校卒 690万円以上 総合職は大卒以上のみが就けるため、学歴が高い方が給与も高めなことがわかります。 キャストは準社員がほとんどですが、ベテラン層も大勢おり、キャリアに応じて年収も変化します。 雇用形態にかかわらず、何歳からでもキャリアアップ出来る制度やチャンスがある点が、オリエンタルランドの魅力です。 学歴別の初任給の違い 学歴別の初任給は、以下の通り。 初任給は2018年4月の実績です。 職種 総合職 テーマパークマネジメント職 (スーパーバイザー・ステージマネージャー) 専門職 (技術) 専門職 (調理) 大卒以上 月給 218,000円 月給 218,000円 — 高専卒 — 月給 218,000円 — 専門学校卒 (調理専門学校卒) — — 月給 197,000円 (引用:) 総合職とテーマパークマネジメント職は、4年制または6年制大学の全学部全学科、および大学院全課程の人材が応募可能です。 一方、 専門職(技術・調理・ショーコスチュームコーディネーター・ITエンジニア) は、それぞれ募集されている学科が異なります。 詳細に関しては、オリエンタルランドのを確認すると良いでしょう。• では、それぞれみていきましょう。 レジャー施設業界内平均年収ランキング オリエンタルランドは、 レ ジャー施設業界内(全46社)の平均年収ランキングで16位です。 オリエンタルランドの年収は、業界内35%以内に入っています。 順位 会社名 平均年収 1位 1,113万円 2位 877万円 3位 831万円 〜 15位 700万円 16位 697万円 業界1位は、東急不動産HDの1,113万円。 東急不動産HDは、東急ハンズを関連会社の1つとしている有名企業です。 また、近年では都市開発の事業拡大に寄与している点も特徴的。 主に、東京の渋谷圏における賃貸事業は、業界で最大規模ともいわれています。 都心部の不動産の需要が高まっていることが、業績アップや給与の高さに反映していると考えられます。 より良く:人々のライフスタイルや価値観が多様化するなか、常に顧客の期待を超える感動を提供するために、事業の進化・成長を追求する。 やり切る:テーマパーク事業は、投資額が大きく時間がかかるビジネス。 途中で多くの困難があっても最後まで諦めない、粘り強さが必要。 一丸となって:組織を超え、役割を超えて団結して力を発揮することが、顧客のリピートの源になる。 オリエンタルランドは「夢・感動・喜び・やすらぎ」を、顧客に提供し続けるために、無限の感動創造に挑戦したいと願う、志ある人を求めています。 オリエンタルランドが求める社員像とマッチするような経験があれば、採用面接時に積極的にアピールしましょう。 (引用:) 募集職種 中途採用者の募集職種は、オリエンタルランドの「」から適宜確認できます。 2020年2月現在は、総合職の求人がメイン。 その中でも、テーマパークマネジメント職や農園や土木に関係する技術系専門職を募集しています。 就職・転職活動を成功させるためには、企業に関する情報を事前にしっかり収集しておくことが肝心です。 オリエンタルランドへの就職・転職を希望する人は、下記の記事も参考にしながら、企業研究を進めていきましょう。 休日・休暇:年間休日120日以上、年次有給休暇、産前・産後休暇、配偶者出産休暇、結婚休暇、生理休暇、妊娠中等の通院休暇、妊娠中等の特別休暇、子の看護休暇、忌引休暇、病気有給休暇、その他(育児休職等)• カフェテリアプラン 等• 教育・研修制度が充実 (引用: ) オリエンタルランドは ホワイト企業の見本といえるほど、しっかりとした福利厚生があり、プライベートと仕事の両立が可能です。 準社員(アルバイト)でも、正社員と差別されることなく、同程度の福利厚生がでる点が、オリエンタルランドの魅力といえます。 パークチケットが年に2回支給される点も、ディズニー好きには嬉しい制度でしょう。 に記載されていた内容以外にも、健康診断が頻繁に実施されたり、着替え手当てがあったりと、充実しています。 ただし、オリエンタルランドは住宅手当てが十分になく、会社の寮では色々な制限があるようです。 将来性 オリエンタルランドの、過去5年の売上・営業利益・純利益は、以下の通りです。 年度 売上(百万円) 営業利益(百万円) 純利益(百万円) 2015年 466,291 110,605 72,063 2016年 465,353 107,357 73,928 2017年 477,748 113,152 82,374 2018年 479,280 110,285 81,191 2019年 525,622 129,278 90,286 (参考:) 2019年の決算報告によると、オリエンタルランドは過去最高の収益をあげたことがわかります。 この結果は、ディズニーランドの35周年イベントが好調であったためです。 特別なイベントを見るために入場者増えたことや、35周年の記念グッズによる増収が利益アップにつながっています。 オリエンタルランドが、今後も持続的に発展していくための課題は、主に以下の2点。 少子高齢化対策• 混雑の緩和 ディズニーランドの入場者は、カップルや子どもなど、若年層が大半です。 したがって、将来、日本の高齢社会が進み、オリエンタルランドの業績が低下するという可能性は否定できません。 また、東京ディズニーランドの長い待ち時間は、近年、顧客満足度の低下の原因となっています。 将来的には、新しいアトラクションや魅力のあるイベントを取り入れながら、入場者数の増加や顧客満足度のアップに寄与することが必須です。 オリエンタルランドに転職するなら「JACリクルートメント」がおすすめ オリエンタルランドへの転職をお考えならば、転職エージェントの「」の利用がおすすめです。 JACリクルートメントはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。 就活生に人気企業であるオリエンタルランドへの転職であっても、的確にサポートしてくれます。 これまでの豊富なハイキャリア・高年収転職支援の実績から、オリエンタルランドへの転職支援もバッチリ行なってくれるはずです。 また、求人票には載っていない内部情報を、事前に確認することもできます。 採用難易度が高い人気企業オリエンタルランドへの転職だからこそ、JACリクルートメントは心強い味方になってくれますよ。 登録・利用ともに無料のため、一度気軽に利用してみてはいかがでしょうか。 【休日休暇】 アルバイトでも入社後すぐに有給休暇の申請ができるようになります。 勤続年数により日数が増えていくのも良いと思います。 労働基準法はしっかり守っているので、どんなに人がいなくても無理なく働ける環境でした。 働く人数が多いので、有給を消費しなくとも、休日交換や、シフトを貰い受けるなど、働く仲間とシフトの交換や譲り受けなどを交渉できるのもありがたかったです。 (引用:) さすが、高い接客サービスで有名なオリエンタルランドということもあり、 質の高い仕事を学びながら習得できる職場環境のようです。 社員の健康に対する意識が高く、健康診断も入念に行う体制が整っています。 また、休暇や福利厚生など、職場の人たちと話し合いながら取得できると評判です。 悪い口コミ 【休日休暇】 準社員は休日を入社時に決めるため、入社後の変更が難しい。 例えば混雑する土日休みの契約で入社後、契約更新などで平日休みなどにしてしまうと、その後土日休みに戻すことはほぼ不可能になってしまう。 元から平日休みの契約の場合は固定休を作っていないと組まれるシフトがバラバラなので働きづらいと思う。 有給の申請が2週間前までなので、予定がなかなか組みづらいところがある。 有給とは別に希望休もあるが、あくまでも希望なので閑散期以外はほぼ申請しても希望は通らない。 (引用:) オリエンタルランドの悪い口コミは、労働時間に関するものが大半でした。 特に、準社員はシフト制なので、勤務時間が週によって変わります。 入社時に決めた曜日がずっと休日になるので、柔軟性に欠けるという声もありました。 また、繁忙期は休日の申請が通りにくいことが多いようです。 5.ちなみに、あなたの推定年収はいくら? 少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか? 転職エージェント「」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

次の

オリエンタルランド、「東京ディズニーリゾート・アプリ」にてグッズのオンライン販売を本日より開始

オリエンタルランド

その為重要な指標として、入園者数およびゲスト1人当たり売上高を重視しています。 チケット収入以上に、商品販売収入と飲食販売収入の合計が大きいことがわかります。 ディズニーランドは段階的に値段の引上げを行っており、2016年4月1日にも3年連続となる値上げを行っています。 事業・仕事内容から考えるオリエンタルランドが求める人材 ここからはオリエンタルランドが就職活動生に求める素質について、「」を参照しながら考えていきたいと思います。 フードオペレーション部は、パーク内の飲食施設の運営を担う部署。 その中でも私は、東京ディズニーランドにあるポップコーンとアイスクリームのワゴン店舗のオペレーションの管理を担当しています。 東京ディズニーランド内には合計30以上のワゴン店舗がありますが、総勢300人のキャストがこれらワゴン店舗の日々のオペレーションをおこない、私を含め5人のスーパーバイザーが統括・監理をおこなっています。 実際の業務としては、運営計画の立案・数値管理等のデスクワークが半分、店舗やキャストの状況を把握するために直接店舗やパークに足を運ぶのが半分といったイメージです。 (中略) 最近では、長年変わっていなかった新人キャストのトレーニング内容を、いまの時代に合うように一新しました。 ウォルト・ディズニーの言葉に、「ディズニーランドは永遠に完成しない。 世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう。 」というものがあります。 私自身も想像力を絶やさずに、新しいことにチャレンジし続けていきたいです。 現場での経験を活かして、将来はより多くの人に魅力を伝えるプロモーション業務などにも携わってみたいですね。 引用: ディズニーランドの総合職はフードオペレーション事業部、マーケティング本部、テーマパーク施設開発部、テーマパーク統括部にわけられています。 今回ご紹介したフードオペレーション事業部においては、テーマパーク内の飲食施設の運営を担う部署であり、総勢300人のキャストと連携を行いながら、運営計画を練り、店舗やキャストがうまく運営できているのか確認し、時に指導することが仕事となります。 また新人キャストのトレーニング計画を作り、提供することも業務の一つです。 このような仕事においては、店舗に関わるキャストと信頼関係を構築し、運営の課題を解決するために、「2. 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」が求められているといえます。 また総勢300人のキャストを束ねるリーダーとして、「 3. リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」という力も必要となるでしょう。 上記で紹介したページにもある通り、常に新しいことにチャレンジすることが求められる会社であり、「5. 今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」ということも必要だと考えられます。 オリエンタルランドの社風について 当社の企業使命である「夢・感動・喜び・やすらぎ」を提供し続けるためには、常に顧客・ゲストのことを考え、ゼロベースの発想で新しい価値を生み出していくことが必要です。 「ゼロベースの発想」とは、これまでの成功体験や既成概念にとらわれない、自由でみずみずしい発想という意味です。 そして、その発想を具現化し、新しい価値を生み出すには、「勇気あるチャレンジ」が欠かせません。 引用: 上記のフードオペレーション事業部の方のコメントにもあり、また社長メッセージにもある通り、 チャレンジ精神が求められる社風であると考えられます。 元々が千葉の海面を埋め立てて、大規模レジャーランドという今までの日本になかったものを生み出すという大規模なチャレンジから始まったディズニーランドの建設。 ウォルト・ディズニーの「 ディズニーランドは永遠に完成しない。 」という言葉の通り、常に新しい価値を提供するためのチャレンジを求められる会社であるといえます。 求める人材像の一つである「より良く」という部分にも「これまでのやり方で良いという意識・行動にとどまらず、より欲を求め続けるチャレンジを行う」とある通り、官僚的な上意下達の組織ではなく、お客様のためになることは大胆に若手のうちから提案して、より良くすることを担うことが求められる社風であることが伺えます。 なぜその点に魅力を感じているのか、企業を褒めるだけでなく自分自身の経験から話をするのがよいでしょう。 また自分自身の経験とは言っても、ディズニーランドに行った経験がある人は非常に多いので、「ディズニーランドに行くことでワクワクした、感動した、失敗から立ち直った」など多くの人が話すであろうことに留めるのもいまいちかもしれません。 魅力を感じる理由について、自己PRと絡めて、その魅力を感じる理由に加えて、自分であればその魅力をさらに高めることができるといった形で話をするとよいかもしれません。 上記の「事業・仕事内容から考えるオリエンタルランドが求める人材」で説明した求められる能力に基づき説明できるとよいと思います。 もちろん大学での専攻内容やアルバイト経験など直接結びつく経験があればそれも踏まえながら自己PRできるとよいでしょう。 一方で面接では、「新規の顧客とリピーターではどちらが大事か?」、「来園回数、最近いつ来園したか」、「あなたがオリエンタルランドで働くと日本がどうよくなるのか」といった変化球的な質問も聞かれています。 これらの質問も自分自身のキャラクター、自己PRしている自分から大きくハズレずに、急な質問が来ても落ち着いて自分なりの考えを話すのが良いでしょう。 最後に ディズニーランドを運営するオリエンタルランドを好きで志望する人は多いかもしれません。 一方で、好きという志望動機の多くが評価されないのも事実であり、下記の記事は参考にしてください。

次の

【平均年収697.2万円】オリエンタルランドの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

オリエンタルランド

その為重要な指標として、入園者数およびゲスト1人当たり売上高を重視しています。 チケット収入以上に、商品販売収入と飲食販売収入の合計が大きいことがわかります。 ディズニーランドは段階的に値段の引上げを行っており、2016年4月1日にも3年連続となる値上げを行っています。 事業・仕事内容から考えるオリエンタルランドが求める人材 ここからはオリエンタルランドが就職活動生に求める素質について、「」を参照しながら考えていきたいと思います。 フードオペレーション部は、パーク内の飲食施設の運営を担う部署。 その中でも私は、東京ディズニーランドにあるポップコーンとアイスクリームのワゴン店舗のオペレーションの管理を担当しています。 東京ディズニーランド内には合計30以上のワゴン店舗がありますが、総勢300人のキャストがこれらワゴン店舗の日々のオペレーションをおこない、私を含め5人のスーパーバイザーが統括・監理をおこなっています。 実際の業務としては、運営計画の立案・数値管理等のデスクワークが半分、店舗やキャストの状況を把握するために直接店舗やパークに足を運ぶのが半分といったイメージです。 (中略) 最近では、長年変わっていなかった新人キャストのトレーニング内容を、いまの時代に合うように一新しました。 ウォルト・ディズニーの言葉に、「ディズニーランドは永遠に完成しない。 世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう。 」というものがあります。 私自身も想像力を絶やさずに、新しいことにチャレンジし続けていきたいです。 現場での経験を活かして、将来はより多くの人に魅力を伝えるプロモーション業務などにも携わってみたいですね。 引用: ディズニーランドの総合職はフードオペレーション事業部、マーケティング本部、テーマパーク施設開発部、テーマパーク統括部にわけられています。 今回ご紹介したフードオペレーション事業部においては、テーマパーク内の飲食施設の運営を担う部署であり、総勢300人のキャストと連携を行いながら、運営計画を練り、店舗やキャストがうまく運営できているのか確認し、時に指導することが仕事となります。 また新人キャストのトレーニング計画を作り、提供することも業務の一つです。 このような仕事においては、店舗に関わるキャストと信頼関係を構築し、運営の課題を解決するために、「2. 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」が求められているといえます。 また総勢300人のキャストを束ねるリーダーとして、「 3. リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」という力も必要となるでしょう。 上記で紹介したページにもある通り、常に新しいことにチャレンジすることが求められる会社であり、「5. 今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」ということも必要だと考えられます。 オリエンタルランドの社風について 当社の企業使命である「夢・感動・喜び・やすらぎ」を提供し続けるためには、常に顧客・ゲストのことを考え、ゼロベースの発想で新しい価値を生み出していくことが必要です。 「ゼロベースの発想」とは、これまでの成功体験や既成概念にとらわれない、自由でみずみずしい発想という意味です。 そして、その発想を具現化し、新しい価値を生み出すには、「勇気あるチャレンジ」が欠かせません。 引用: 上記のフードオペレーション事業部の方のコメントにもあり、また社長メッセージにもある通り、 チャレンジ精神が求められる社風であると考えられます。 元々が千葉の海面を埋め立てて、大規模レジャーランドという今までの日本になかったものを生み出すという大規模なチャレンジから始まったディズニーランドの建設。 ウォルト・ディズニーの「 ディズニーランドは永遠に完成しない。 」という言葉の通り、常に新しい価値を提供するためのチャレンジを求められる会社であるといえます。 求める人材像の一つである「より良く」という部分にも「これまでのやり方で良いという意識・行動にとどまらず、より欲を求め続けるチャレンジを行う」とある通り、官僚的な上意下達の組織ではなく、お客様のためになることは大胆に若手のうちから提案して、より良くすることを担うことが求められる社風であることが伺えます。 なぜその点に魅力を感じているのか、企業を褒めるだけでなく自分自身の経験から話をするのがよいでしょう。 また自分自身の経験とは言っても、ディズニーランドに行った経験がある人は非常に多いので、「ディズニーランドに行くことでワクワクした、感動した、失敗から立ち直った」など多くの人が話すであろうことに留めるのもいまいちかもしれません。 魅力を感じる理由について、自己PRと絡めて、その魅力を感じる理由に加えて、自分であればその魅力をさらに高めることができるといった形で話をするとよいかもしれません。 上記の「事業・仕事内容から考えるオリエンタルランドが求める人材」で説明した求められる能力に基づき説明できるとよいと思います。 もちろん大学での専攻内容やアルバイト経験など直接結びつく経験があればそれも踏まえながら自己PRできるとよいでしょう。 一方で面接では、「新規の顧客とリピーターではどちらが大事か?」、「来園回数、最近いつ来園したか」、「あなたがオリエンタルランドで働くと日本がどうよくなるのか」といった変化球的な質問も聞かれています。 これらの質問も自分自身のキャラクター、自己PRしている自分から大きくハズレずに、急な質問が来ても落ち着いて自分なりの考えを話すのが良いでしょう。 最後に ディズニーランドを運営するオリエンタルランドを好きで志望する人は多いかもしれません。 一方で、好きという志望動機の多くが評価されないのも事実であり、下記の記事は参考にしてください。

次の