半分の半分 あらすじ。 チョン・ヘインさんドラマ「半分の半分」あらすじ&キャスト

古典落語 もう半分のあらすじ

半分の半分 あらすじ

以前から作品は見ていたが、へインさんの顔を見ると時折感じる、人見知りな部分や、繊細さを活かせるキャラクターで作品を出来たらと思っていた。 と話しています。 これまでの作品では、 常に引っ張ってくれる年上のヌナが居たのですが、今回は相手役よりも年上で、 作品全体でもへインくんが中心になって引っ張っていく役割。 なので、番宣などでも いつもよりも素の性格が見えている感じがします。 ハウォンは、ITエンジニアで社長ということで、 冷静沈着・論理的に考えるタイプの男性。 恋愛も「その人の半分の半分さえあればよい」という「多くを望まない」というタイプですが、 これがソウと出会って変わっていく…?という話のようです。 人工知能の会社の代表ということで、1話から、 ハウォンが秘密裏に開発中のAI機器が登場します。 ハウォンの過去の記憶や感情をパターン化して学習させた機器なのですが、これがどこまでドラマのストーリーに関わってくるのかわかりません。 そして、 相手役チェ・スビン演じるソウは、クラシックの録音エンジニアという設定。 チェ・スビンの外見のイメージから「天真爛漫なキャラクター」かと予想したのですが、 可愛らしさはあるものの、意外と落ち着いていて、感性豊かな女性。 チェ・スビンもインタビューで 「シンクロ率は80%」と答えていました。 チェ・スビンについては、チョン・へインが 僕は現場でも静かなほうだが、スビンさんが現場入りすると雰囲気が一気に明るくなる。 スタイリストなどチームもとても仲が良いようで、明るいエネルギーをもらっている。 と話していました。 とにかく、透明感があって笑顔が可愛い…!(そして顔ちっちゃい!) チェ・スビンは、2014年にデビューしていて、現在25歳。 チョン・へインが31歳なので 6歳差ですね。 これまで、チョン・へインは連続して年上のヌナとの共演が多かったので、 初めて年下の相手役。 直近では「キツネ嫁星」にイ・ジェフンの相手役で出ていました。 まだそこまで代表作になるような作品がないので、今回がヒット作となるでしょうか。 そして、気になる ハウォンの初恋の相手、ジスを演じるのは、この女優さん。 HPでも紹介が無いのですが、調べてみると パク・ジュヒョンさんという2019年デビューの新人の女優さん。 ドラマ2作目で、チョン・へインに片思いされる役なんて、大抜擢…! ポスターにも予告にも全然登場しないのですが…2話まで見るとその理由がわかります。 ジスの夫役が、キム・ソンギュさん。 「キングダム」にも出演されている方。 ピアニストの設定です。 そして、ハウォンの後見人だったおばあさんの孫娘で、 ハウォンとは家族のような存在のスンホを演じるのは、 イ・ハナさん。 デビューは2005年のようですが、私は今回初めて見た女優さんでした。 (「恋愛時代」「太陽の女」など) ポスターでもこの2人含めて4人で写っていることから、 この2人の間に関係が生まれそうな予感…。 と、ここまで見ていただくとわかるように、 キャストがかなり新鮮な面々です。 今のところ、脇役まで見ても おなじみのベテラン俳優などはおらず、かなりフレッシュな面々が揃っています。 2作連続同じ制作陣(「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「ある春の夜に」)で、年上のヌナとの共演が続いていたところから、 初めてへインくんが中心で引っ張っていく新しい作品という感じではないでしょうか。 「半分の半分」視聴率・韓国での評判 「半分の半分」の韓国での視聴率は、1話では2. 同じくケーブル局での放送だった 「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の初回が4. 0%だったのと比較すると、やはりへインくん以外のキャストの知名度が低いのが影響していそうです。 スカパーってなんか 加入に時間かかりそうなイメージがあったんですが、テレビで手続したら30分ぐらいで見ることができるみたいです。 へインくんにとっては、今までの作品と、役柄も役者としての立ち位置も異なり 、ターニングポイントになる作品なんじゃないかな~とひそかに期待しています。 何となく、ついに年下の若い女優さんと共演してしまうことに抵抗がありましたが(私だけ?笑)チェ・スビンが女性から見ても嫌みが無くて好感度が高く、演技力も評価を受けているので今後のケミストリーに期待です。 ちなみに、 早くもメインのロケ地を特定したので…放送中に行ってこようかと思っています。

次の

半分の半分 1話 2話 あらすじ 感想ネタバレ チョン・ヘイン

半分の半分 あらすじ

半分の月がのぼる空(橋本紡)のあらすじ・概要 肝炎を患って入院した戎崎裕一は、退屈な入院生活に耐えかねて夜な夜な病院を抜け出しては、看護師の谷崎亜希子に怒られる日々を送っていた。 そんなある日、裕一は抜け出しの黙認と引き換えに、同じ病院に入院していた秋庭里香の話し相手になる取引を亜希子と結ぶ。 二人の距離は少しずつ近づいてゆき、里香はほとんど誰にも見せなかった笑顔を裕一に見せるようになる。 ある日、里香は「自分が心臓の病気を患っており、もうすぐ死ぬ運命にあること」を裕一に告げる。 裕一は戸惑いながらも、自分が里香を意識し始めていることに気づく。 里香と二人で病院を脱走して訪れた「里香の思い出の地、砲台山」で、裕一は知る。 里香は、もはや生きる希望を失っている事を。 そして里香もまた、知る事になる。 裕一の想いを。 その想いを知った時、里香は再び生きる希望を取り戻し始める。 病院や高校、伊勢の町を舞台に、里香、亜希子、主治医の夏目といった、彼を取り巻く人々との関わりを含め、物語は進んでゆく。 半分の月がのぼる空(橋本紡)の目次 作者 橋本 紡 はしもと・つむぐ(1967年9月22日 — ) 小説家。 三重県伊勢市生まれ。 三重県立伊勢高等学校卒業後、家を出るために上京し、東京の大学に入学するものの中退。 フリーター生活の傍ら読書を続ける中で作家を目指すようになる。 1997年に第4回電撃ゲーム小説大賞にて『猫目狩り』で金賞を受賞しデビュー。 代表作に『半分の月がのぼる空』、『流れ星が消えないうちに』などがある。 半分の月がのぼる空(橋本紡)の刊行情報 おすすめ『半分の月がのぼる空』アスキー・メディアワークス、電撃文庫:全8巻 『半分の月がのぼる空』を全編無料視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには最長31日間の無料お試し期間があり、その無料期間内に解約してしまえばお金を払うことなく動画を視聴することができます。 2019. 20 半分の月がのぼる空(橋本紡)の登場人物 戎崎 裕一(えざき ゆういち) 主人公。 17歳の高校2年生。 A型肝炎で若葉病院に入院し、病院内で見かけた里香に好意を抱くようになる。 様々なことを考えすぎる性格をしており、良い方向に働くこともあるが、大失敗を犯すこともある。 その反面、思い立ったことはすぐ行動する面もある。 秋庭 里香(あきば りか) ヒロイン。 17歳。 頭は良いがわがまま。 心臓に亡き父親と同じ病気を持ち、心臓の組織が脆いため手術が難しい体をしている。 幼い時から長く入院をしており、気難しい性格。 入院する前に父親に連れて行ってもらった砲台山という山をを探しており、裕一に連れて行ってもらったことから次第に心を開いていく。 谷崎 亜希子(たにざき あきこ) 看護師。 元ヤンキー。 優しい看護師であることを心掛けているが、言動は乱暴であり、よく口よりも先に手が出てしまう。 心中では裕一と里香のことを優しく見守っている。 夏目 吾郎(なつめ ごろう) 医師。 里香の主治医である。 腕は良いが、里香に近づこうとする裕一には厳しい態度を取るため敬遠されている。 2人の関係を注意するような面を持ち合わせているが、それは過去の自分と共通点を持つ裕一を重ね合わせて見ていたからであった。 夏目 小夜子(なつめ さよこ) 夏目吾郎の妻。 吾郎とは高校生の頃から付き合い始め、のちに結婚したものの、心臓の病気が悪化しこの世を去った。 吾郎のよき理解者であり、亡くなった後も彼の思考に影響を与え続けている。 世古口 司(せこぐち つかさ) 裕一の親友、悪友。 大柄な体格で、天体や料理が好きで「気は優しくて力持ち」な性格。 半分の月がのぼる空(橋本紡)の感想・解説・評価 王道のボーイ・ミーツ・ガール 急性肝炎で入院を余儀なくされた主人公・戎崎裕一は変化の乏しい入院生活に退屈し、夜な夜な病院を抜け出しては、看護士の谷崎亜希子に説教をされるという毎日を過ごしていた。 そんな中、彼は病院の中で同い年の少女・秋庭里香に出会う。 あえて悪い言い方をすれば、そんなありきたりな、使い古されたお話である。 著者もそれも認め、第1巻のプロローグで「 ごく普通の話だ。 」と断っていたりもする。 けれど普通の話だと認めることで、「2人にとっては特別なことだ」ということを強調できているのは、上手い。 舞台は、三重県伊勢市。 伊勢神宮で有名な町だ。 その町にある、三階建ての小さな病院で裕一は多くの人と出会う。 有名な町だが、近くにある商店街は(実際はそれほどでもないらしいのだが)死にかけていた。 著者は、裕一がそんな商店街に寂寥の思いを抱いているシーンを作品の冒頭に持ってくることによって、この物悲しいこの世界に読者を引き込んでいる。 裕一は17歳。 情けないというか、はっきりしない。 けれど、高校生らしくやるときはやる。 よく主人公は万能すぎたり、逆に個性的な脇役達によって目立たないことも多い。 特に主人公が思春期である場合には、正義感をやたらに振り回しすぎてしまったり、あまり意味もなく暗かったりする。 本作の著者は、主人公・裕一の周りに個性的ながらも自然な雰囲気を持つ登場人物を配置することによって、裕一という主人公を自然な存在として物語に登場されている。 その正直でも、くどすぎない性格に読者は共感することができるのだ。 オリジナルストーリーが描かれた実写映画版.

次の

予告動画公開★チョン・へイン主演「半分の半分」

半分の半分 あらすじ

4% 人工知能プログラマーのム・ハウォン チョン・ヘイン は、性格と感情をパターン化したプログラムを入れた人工知能 AI 対話デバイス 装置 のテストを開始した。 そして、共同開発者のキム・ジョンウ キム・フン が「 人格?感情?一人一人の感情をパターン化したのは素晴らしい。 だが四六時中話しかけても反応しない。 」と失敗とみなすと「 人工知能が反応点を未だ見つけていないからだろう。 」と反論した。 その後、外でピアノの音に惹かれて建物の中に入ったハウォンは、スタジオが売却されて荷物整理をしていた録音エンジニアのハン・ソウ チェ・スビン と出会った。 tvN 画面キャプチャー ソウは、スタジオ内のピアノを見て子供の頃を思い出したあと出ていくハウォンに「 他の人が聴けるようにドアは開けたままにして下さい。 最後にここで録音した曲なんです。 」と頼んだ。 」というのを聞いたハウォンは、急いで帰宅し、窓を開けて雷を聞かせた。 そして「 4時、ノルウェー、オスロ、学校の下校中の森、夜のような午後。 」と次々とキーワードを与えた。 すると「 ジスが怖がっていた。 下校中に森を通っていた3時20分、一瞬で暗くなった夜のような午後。 」と反応する人工知能に、ハウォンは驚愕した。 その後、会社に戻ったハウォンからその事実を聞いたフンが「おまえはキム・ジスか?」と尋ねると「 時間が経つにつれ、慕い方は変わったけれど、空虚な気持ちに変わりはない。 」と人工知能は答えた。 その条件として、キム・ジス パク・ジュヒョン に会う必要があると言われたスンホは、快く承諾した。 しかし「 会ってほっぺたを引っ叩いてやる。 その表情を写真に撮ってくるわね。 」と聞いて不安になったハフォンは「 ジスにふさわしい人がいる。 」と言ってハン・ソウを推薦した。 人工知能のエラーを修正するためにジスの音声が必要になったため、その役にソウが適任だと考えたからだった。 そして「 仕事を続けてもいいから、食器を買ってきてくれる?」とスンホに依頼されて、食器販売をしているキム・ジスに注文した。 その後、長年滞在しているウンジェの下宿屋で夕食の片付けをしていた時、ジスからの電話を受けたソウは、慌てて外へ迎えに出た。 そして、自分で食器を詰めた箱を運んでくるジスの姿をみると「 初めて見る人が坂を上がって来ているだけなのに、不思議なくらい胸を打たれる…。 」と感動した。 翌日、スンホから「 食器はあなたにあげる。 本物のキム・ジスがいたのね。 9年間想像するだけだった人なのに…。 」と言われたソウは、何のことかわからず当惑した。 そのせいで、ソウは、仕事前に毎朝スタジオを片付けるはめになった。 そんな事が数日続いたある日、夜通し働いていたハウォン チョン・ヘイン と出くわしたソウは「 私も忙しいんです。 私が8時に出勤して来る前に、必ず片付けて出て下さい。 」と注意した。 tvN 画面キャプチャー これにハウォンは、正体を明かさないまま「 8時半までだ。 」と告げて去った。 そして「 声を録音できるほどキム・ジスさんと親しくないです。 」と困惑しているソウに「 食器を買っておしゃべりして、声が美しいとかなんとか言って録音できるんじゃない?大騒ぎしないでやってよ。 」と説得し、ハウォンから預かった録音機を渡した。 その後、家の中を見物している内にジョンナム女史の書斎に入ったソウは「 キム・ジスって、いったい誰なんだろう…。 」と独り言を言った。 その声に反応し「 僕とキム・ジスは孤島の子供たちだ。 」答える人工知能にびっくりし「 誰が隠れているの?出てきなさい!キム・ジスさんとどういう関係なの?」と叫んだ。 「 ノルウェーで2人の韓国人の子供が出会い、中学生になって高校生になった。 日が昇るやいなや会って、日が沈むと別れた。 白夜の日は一日中一緒にいた。 二人だけの秘密の言語で結ばれた孤島のような子供たちだった…。 」 その言葉を聞いたソウは「 どこに隠れているんです?音声がなぜ必要なんですか?直接会う気はないんですか?」と次々と尋ねた。 そして「 ジスの半分の半分だけあればいい。 僕を捜して! 」という言葉を聞いて庭に飛び出し、周りを見回した。 「 一度も会ったことがない人から不思議なお願いを頼まれる。 とても会いたい人の音声を持っていたいという人が理解できますか?普通ではないかもしれないけれど私はその気持がわかるんです。 」 そんなソウに、ハウォンは「 写真と音声、大事にすることに差はないと思う。 」と告げた。 その後、出勤したハウォンは「 僕とおまえ以外と会話しないようプログラムしていた人工知能が他の人に反応した。 それでプログラムをしなおしたから、 テストをしてくれ。 」とフンに対話デバイスを渡した。 一方、ハン・ソウは、食器を買うという口実でキム・ジス パク・ジュヒョン に再び会った。 tvN 画面キャプチャー そしてジスのカバンから落ちた精神科医の処方箋を見て、自分も一度行ったことがあると慰め、泣きそうになったジスを外へ連れ出した。 そこへ偶然通りかかったハウォンは、遠くから初恋の人ジスをみつめて目頭を赤くした。 そして二人が去ったあとカフェに入り、ジスが座っていた席でジスを懐かしんだ。 一方、ジスを録音スタジオへ連れて行ったソウは、言いたいことを何でも話してほしいと言って、ジスをマイクの前に立たせた。 するとジスはノルウェーで習った韓国の詩を詠み始め、それがスンホから指示されたハウォンの文章と全く同じであることに気づいたソウは、驚愕した。 その後、別れ際に食器の送付先を受け取ったジスは「 ハウォンが全て頼んだのですか?この住所は、ハウォンと私しか知らないんです。 誰が住んでいるのですか?」と顔色を変えた。 しかし、ソウから「ムン・スンホ室長の家です。 」と聞いて「ちょっと動揺してしまいました。 そんなわけないのに…。 」と悲しそうに呟いて背を向けた。 そんなジスの様子を見たソウは、自分がハウォンに操られていたことを悟り、頭を抱えた。 キム・ジスとハウォンにまつわる話を説明したあと「 初対面でも一生心に残る鮮やかな印象を与える人がいる。 ジスさんがそうだから助けてあげたい。 二人を会わせるのはどうでしょう?」と尋ねた。 これにハウォンは「 とてもユニークで説得力のある理由だ。 僕は初対面の人にそんな風に思ったことはない。 でもそれは2人に任せればいい。 」と答えた。 数日後、ソウはハウォンに会わせるために、ジスをカフェに呼び出した。 しかし先に待ち合わせ場所に来ていたジスは、ハウォンの姿を見て、カフェから逃げ出した。 それに気づいたハウォンも、すぐに追いかけて行った。 その時「 会ってはいけない人に会った。 ハウォン、絶対に会ってはいけないのに…」と電話でジスに言われたソウは「 振り向かないで!走って!」と2人の再会を防いだ。 どうしてあんなに親密だったジスとハウォンが疎遠になったのか、ピアニストイヌクとジスの結婚に何があったのか、ジスが精神病を患うことになった原因は何なのか…。 ロマンチックコメディなのか、メロドラマなのか、ストーリーがどういうものなのかについてのヒントがあまりなかったので、少し混乱状態… 笑!。 しかし、興味深い始まりだったので、これから様々な疑問が少しづつ明かされる過程を楽しめるのではないかと期待しています。 New!

次の