俺ガイル ネタバレ 12。 俺ガイル12巻!レビュー!!(ネタバレあり)

【俺ガイル】もうひとつの物語『another』完結!比企谷八幡のラブコメはまちがってない!

俺ガイル ネタバレ 12

13巻のあらすじ 暦は雪解けの季節を迎えるが、新しい希望の芽吹きはまだ遠く感じられる3月。 それぞれの想いを言葉にし、行動しようとする雪乃、結衣、八幡。 雪ノ下雪乃は、最後まで見届けて欲しいと願った。 由比ヶ浜結衣は、このままずっと一緒にいられたらと祈った。 美しい夕日に時が止まればと願っても、落日を迎えなければ新しい日はやってこない。 前に進むために諦めること、終止符を打つこと。 悩むまもなく、巻き戻すことも出来ず、エンドロールは流れ始める……。 12巻のあらすじ復習 雪乃のお願いを受けて、動き出す奉仕部。 生徒会から入ってきたプロムという難題に、奉仕部の力無しで雪乃が立ち向かっていきます。 順調に満帆にプロムは進み、奉仕部の依頼もこれで無事完結か?となったところで、雪ノ下母の妨害が入ります。 順調だったはずが、開けなくなるプラム。 雪乃の思惑は、またしても潰されます。 動けなくなる雪乃。 そして雪乃からのお願い故に動けない奉仕部。 しかしながら、比企谷八幡は、一つの決断をします。 雪ノ下雪乃を助けるという、一つの決断を。 何故なら、 「……いつか、助けるって約束したから」 スポンサーリンク 13巻の感想:ぶっちゃけそんなに話は進まなかった ぶっちゃけると、そんな話は進みませんでした。 感覚としては10巻、11巻を読んでるみたいな感じ。 あそこって話があんまり進まなかったじゃないですか。 それとほぼ一緒ですね。 多分アニメ化したら1話で終わる。 原作読んでる人からすれば10巻を1話でやられた時の破壊力凄かったよね。 がっつりネタバレをかますと、13巻でやってたことは• 雪ノ下雪乃のプラムを成功させるため、もっと低俗な案を八幡が作る• 各キャラの独白• ままのんの説得 の三つです。 細かく言えば色々ありましたが、ぶっちゃけやってることは この3つだけでした。 ……あと全く関係ないんだけどさ、ぽんかんさん、絵柄明らかに変わったよね。 13巻におけるメインはVS雪ノ下雪乃 この巻のメインはなんと、 VS雪ノ下雪乃でした。 てっきり僕はVSままのんがこの巻のメインに添えられていると思ってましたが、 VSままのん、10ページぐらいで終わったよね。 ホント。 超あっさり。 まじで。 例えるなら俺ガイルの原作10巻がアニメ版で1話に纏められるぐらいの短さ。 いや、VSままのんはもっと短かったけどさ。 ってなる短さ。 陽乃もそんな大きな障害にはならなさそうだし、ちょっと肩透かしを食らった感じが半端じゃなかったですね。 なぜVS雪ノ下雪乃になってしまったのか ただ雪ノ下雪乃を助けただけじゃ彼女の問題は解決しないから マジでお前ら面倒くさすぎだろ……と言いたくなりますが、 単に八幡が雪乃を助けるだけでは、雪ノ下雪乃の問題は解決しないのです。 何故ならそもそもこのプロムを雪乃が一人でやり遂げようとしてるのって、 「誰か(特に八幡)に頼らず、雪乃一人の力でやり遂げたい」 っていう考えがあったからじゃないですか。 以前から陽乃に言われていた、雪乃の弱さ。 誰かに庇護されて生きてしまう、雪乃の欠点。 このイベントは それを乗り越えるための試金石でもある訳ですよ。 そう、つまりはこのプロムは 一人でやり遂げなきゃ意味がないんですね。 八幡に助けてもらったら意味がない……。 でも八幡はそんな雪乃を助けたい……。 つまり• 雪ノ下雪乃を助けるけれど• 雪ノ下雪乃を助けてはならない っていう 究極の矛盾が生じてしまっているわけです。 だから彼女を助けずに助けるという究極の矛盾を体現する方法として、 「雪ノ下雪乃と対立する」 という方法を八幡は取った訳です。 まぁ結果的には助けることになっちゃうんだけどさ。 スポンサーリンク とは言えVSままのんは本当に面白い ただ、語弊が生じそうなのでこれだけは言っておきます。 まじで一瞬で終わりはしましたが、 話としては本当に面白かったんですよ、VSままのん。 っべー!渡さんまじやるやん!ってなりましたもんね。 ここで雪ノ下家とのファーストコンタクトである交通事故の話を持ってくるか!ってホントに感動しましたね。 これに関してはマジ読んでください。 ある程度の読解力ある人なら比企谷の機転の利き方の素晴らしさに感動できると思います。 ただね。 ぶっちゃけVSままのんがこの巻のメインになると考えていた勢としては、結構肩透かしを食らった感じが半端じゃなかったのは純然たる事実っすね。 足を引っ張る「共依存」 雪ノ下陽乃から12巻で「君たちの関係は共依存だ」と言われてましたよね? めっちゃ意味深に、的確に彼らの心を抉るかの如く言われていたそれですが、 当然、13巻でもかなり重要なテーマとして引っ張られ続けてます。 何というか、もはや 「共依存って言葉に沿わないよう行動すること」 が目的になっちゃってないこれ?ってぐらいの勢いで足を引っ張られてました。 それだけ共依存って言葉は自分らを的確に表す言葉だと、彼らは思ってしまったんでしょうね。 まーでも、仮に彼らの関係が共依存だったとして、そんなに悪いことなんですかね?と僕は思っちゃいますが。 スポンサーリンク 八幡は誤魔化してるけど、結局は恋愛感情 私のお気に入りキャラである葉山隼人と八幡がこんな興味深い会話をしていました。 「あいつが助けを必要としてなくて、それでも俺が助けたいと思うなら……、それは共依存なんかじゃない。 それが証明出来ればいい」 「比企谷……。 その感情をなんていうか知っているか?」 「知ってるよ。 男の意地っていうんだ」 という会話を。 また、雪ノ下陽乃ともこんな会話をしてました。 「……ねぇ。 なんで比企谷くんは(雪乃のために)そこまでするの?」 「奉仕精神……、ですかね。 助け合いの心。 誰かを助けるのに理由が要ります?」 (中略) 「嘘ばっかり吐いて……、ほんとのことは言わないんだね」 「ほんともなにも、特に言うことないですから。 仮にあったとしても…… それを言う相手はあなたじゃない」 という会話。 「自分が無償でもなんでもとにかく何でもしてやりたくて」 「もし告げるなら直接告げるべき内容」 なんて、 それしか考えられないですよね? つまりは比企谷八幡が雪ノ下雪乃に、共依存だとかそんなチャチな物は等に超えた感情を持っているということ。 もっと端的に言うなら 雪ノ下雪乃に比企谷八幡が抱く感情は 恋愛感情であるから、彼は雪乃を助けているのだ ということを、この二つの会話では言っているのだと解釈できます。 というより それ以外で解釈は不可能ですよね。 もしこれで 渡航「実は親愛感情でしたwwwウヒヒwwwサーセンwww」 とかやられたら俺ガイルの小説全巻ジッポのオイル撒いて燃やしてYoutubeにアップしてやるわ。 雪乃のお願いと奉仕部の解散? 奉仕部の勝者 紆余曲折あり、1巻で言っていた 「奉仕部での勝者」 は雪ノ下雪乃に決まります。 最初も最初のほうに言っていた、「人を助けた数で負けた方が勝った方の言うことを何でも聞く」という奴ですね。 最早忘れてましたが、ここでそれを出してきます。 その権利を行使したのは雪ノ下雪乃。 そしてそのお願いとは「由比ヶ浜のお願いを聞くこと」というものでした。 ただ、このお願いは結局逃げ 由比ヶ浜のお願いを聞いてあげて欲しいというお願いですが、 このお願い、結局逃げてるだけなんですよね。 だってこのお願いって 自分の気持ちにも、由比ヶ浜結衣にも真正面から向き合うのを拒否したってことじゃないですか? 雪ノ下って間違いなく比企谷のことが好きですよね。 そしてほぼ間違いなく、八幡の心も雪ノ下に向いているわけで……。 二人が思いを伝え合ったら、間違いなく成功して相思相愛になってしまうからこそ、由比ヶ浜はなぁなぁな関係を続けて、現状維持という甘い毒を得ることを望んでいる訳です。 でも、雪ノ下雪乃はその自分の思いを、比企谷八幡に伝えることはしなかった。 結局「プロムを一人でやりたい、成長したい 」とか言っておきながら、 自分の気持ちにも、由比ヶ浜の気持ちにも正面から向き合わなかった訳です。 二人に対して誠実でありたいのなら、むしろ由比ヶ浜結衣とは真正面から喧嘩するべきだと思うんですけどねぇ。 ここら辺が 「雪ノ下雪乃が成長できない理由」なんじゃないのかなーって個人的に今回思いました。 14巻の予想 メインは由比ヶ浜結衣VS雪ノ下雪乃 14巻の予想ですが、メインは 由比ヶ浜結衣VS雪ノ下雪乃 になるんじゃないかと思ってます。 今回雪乃は「由比ヶ浜さんのお願いを叶えてあげて」って感じで由比ヶ浜結衣との闘いから逃げたわけですが、 多分由比ヶ浜結衣は雪ノ下雪乃の逃げを許さない と思うんですよねぇ。 一応雪ノ下雪乃に宣戦布告までしている由比ヶ浜結衣ではありますが、 「自分の願いを叶える」という雪乃の願いで得られた関係に、彼女が果たして納得するのか……。 そこが次巻の焦点になりそうです。 奉仕部解散? 明言はされてないんですが、遠回しに「奉仕部の解散」が示唆されてます。 八幡が奉仕部に居る理由。 それは一応初期も初期の頃に言われてた「勝負」が切っ掛けでもあります。 そして今回、雪乃と八幡の会話で、こんなものがありました。 「私は大丈夫。 もう、……大丈夫。 あなたに助けてもらえた。 だから、この勝負も、この関係も……、これで終わりにしましょう」 それが彼女の答えなら、俺が否やを唱える理由はない。 助けるという目標は達成され、関係の終了をもって共依存は解消され、男の意地も貫いた。 奉仕の精神などもとより持ち合わせてはいない。 部活も仕事もこれで終わりだ。 だから、もう何もない。 俺が彼女に関わる理由はすべてなくなった。 「わかった。 ……俺の負けだ」 要約すると、• 雪乃を助けたから、比企谷が雪乃に関わる理由も無くなった ということを言っている訳ですが、つまるところこれって 奉仕部の解散 を示唆してますよね? というよりもはや 雪ノ下と関係を解消するぐらいのことをいってますよね。 ほんと中々めんどくさい方々ですなぁ(笑) スポンサーリンク 由比ヶ浜結衣はお願いを自分に都合よく使わない ここ最近最も成長してるのって、由比ヶ浜結衣ですよね。 自分の心に真正面から向き合っているし、周りのことも一番見ているのが由比ヶ浜結衣だと思ってます。 確かに雪乃に「遠慮はしない」と宣戦布告してはいますが、最近の凄いまっすぐなガハマちゃんが、自分の筋を曲げるとは思えないんですよね。 だから多分、彼女のお願いはこうなると予測してます。 「プロムで、私かゆきのんを選んで」、と。 八幡が雪ノ下雪乃をプロムに誘うと予想 八幡と雪乃の関係はここで終わり!的なことを13巻の最後のほうでは示唆してたわけですが、 つまりは恋人関係になれば問題なくね? っていう話ですよね。 恋人関係なら理屈だのなんだのなんてどうでもよく、隣にいていい関係な訳ですから。 まぁそんなにすんなり二人がくっつくとは思えませんが、 八幡が雪乃のことをプロムに誘うぐらいはするんじゃないかと。 つまりは二人の気持ちへの回答、そして比企谷八幡の二人への告白が、プロムのお誘いと相成る訳です。 プロムを3巻分にわたって引っ張り、問題の解決のツールとして作者は物語を組み立てたわけですし、多分使ってくるんじゃないかな。 プロム。 直接告白をしないにせよ• 由比ヶ浜結衣を振って• 雪ノ下雪乃を選んだ という事実をプロムでは作り出すことが出来るわけですよ。 それを踏まえて、由比ヶ浜結衣のお願いは「プロムで選んで」っていうものになるんじゃないかなーとね。 スポンサーリンク 蛇足の補足 本物の定義 良くこの物語で言われる 「本物」ですが、この定義に近いものが平塚先生の口から語られてると思うんですね。 それがこちら。 「計算しかできないなら計算しつくせ。 全部の答えを出して消去法で一つずつつぶせ。 残ったものが君の答えだ」 「計算できずに残った答え、それが人の気持ちと言うものだよ」 つまりは理屈で割り切れないもの。 それが人の気持ち(=答え)だと平塚先生は述べている訳です。 そして今回の13巻では理屈では割り切ったはずなのになぜか胸に残る疼痛……それが雪乃と由比ヶ浜の口から語られています。 雪ノ下陽乃が求める本物っていうのが何なのかは正直分かりませんが、 彼女らの心に残った痛み。 それを偽物と断じることは決してできないでしょう。 それに3人がどう結論を出していくのか……非常に見ものですね。 まとめ:14巻はよ 14巻はよ!としか言いようがない。 なんだっけ?当初予定だと2か月連続発刊じゃなかったでしたっけ? いつの間にか延長になってましたが(笑) 14巻は• 由比ヶ浜結衣のお願い が何になるか、がまずは大きな焦点となりそうです。 現状維持を望んでいるガハマちゃんではありますが、3人で仲良く……っていうおねがいにはならないでしょうからね。 何気葉山隼人と雪ノ下陽乃の絡みも楽しみだったりするんだよなぁ。 さて、長くなりましたが、今回はここいらで終わっておきましょう。 奉仕部の完結編となる俺ガイル14巻、発売が待ち遠しいものです。

次の

【俺ガイル13巻】感想・ネタバレあり 雪ノ下雪乃の最後のお願い|俺の人生二次元に捧げる!

俺ガイル ネタバレ 12

この記事は俺ガイル3期の内容に触れていると思われます。 ネタバレが嫌な方やアニメで楽しみたい方はこれより先は読まないことを推奨します。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14』感想 あらすじ 結末に向けてあらすじもどうなっているか気になりますよね。 が! ここで 悲報です…。 最近の僕は感想記事であらすじを書く場合、 公式で発表されてる範囲内で自分なりに書くスタイルなんですが…… 公式のあらすじが抽象的過ぎてどうにもなりませんw 具体的なことはほとんど書いてないんすよね。 で八幡があれこれにも一切触れてないという。 結末はアナタの目で追ってくれ、ということかもしれません。 完結巻というだけあって違いますな。 それでもザックリとだけ伝えます。 八幡が八幡スタイルで頑張るのはいつも通りですけど、彼の変化と成長が感じられる! スイマセン、こんぐらいしか言えない。 あらすじですらない(苦笑 気になる方は実際に読んでみてっ! 簡単な感想 以下は読了直後の僕のツイートです。 俺ガイル14巻読了。 最っ高な終わり方だった!僕はとあるキャラ推しだったんだけど、別のキャラの可愛さが全盛期のビットコインばりに高騰してニヤニヤが止まらず。 なんだったら今もニヤニヤしてる。 っべーわ! やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14 — カカオ kudoshin06s はい、1 4巻読んで推しキャラが変わりました。 もうこれは僕の中ではパラダイムシフト。 材木座とか登場し始めたらもう大丈夫w 必死に「普通」を探す八幡と雪ノ下 由比ヶ浜は人間関係がギクシャクしても取り繕うプロなんですけど、八幡と雪ノ下は案の定ダメダメでしたね。 八幡も雪ノ下も普通っぽく振舞おうとはしてるんです。 でもその「普通っぽく」を二人とも分かってないから空回り。 まるで普通じゃない。。。 そんな八幡と雪ノ下の様子がビシビシ伝わってきたのが良かったです。 「共依存」を否定する平塚先生がカッコ良すぎて泣けた 陽乃にケチョンケチョンに言われた八幡が、その後に平塚先生に励まされてたシーンが泣けた。 何この最高の教師……なんで結婚できないの? 結婚はともかく、平塚先生がいたからこそ八幡が奮起したのは間違いないと思う。 八幡の中で何かと陽乃に言われた「 共依存」という言葉は、ずっと彼の中に居座ってダメージを与え続けてたと思うんです。 それを取り除いてくれた平塚先生の功績は、どれだけ評価してもしたりないぜ…。 当て馬プロムを実際にやることにするスタイル 当て馬プロムのWEBサイトを残すのは、単純に八幡が鑑賞に浸ってんのかなぁ程度に最初は読んでました。 ところがそれを 再利用するってなかったときは、いろはすじゃないけど驚きましたね。 そりゃあ関係者たる材木座たち3眼鏡をいろはすが尋問しますわw でも、 雪ノ下ともっと関わりたいという八幡の願いを叶えるには、こうでもしないと無理だった。 たとえ雪ノ下母が再び襲来しても。 このなりふり構わなかった八幡の姿は感動モノでしたなぁ。 泣けた。 雪ノ下雪乃が可愛すぎて死ぬかと思った 僕は俺ガイルなら断然由比ヶ浜推しでした。 次いでいろはす。 次いで次いで小町。 じゃあ雪ノ下はというと、小町の下で4番目でした。 僕的には割と低評価だったかもw が! 14巻でブッちぎりの1位に……!! 応接室で当て馬プロムの件で雪ノ下母とのバトル後の、八幡と雪ノ下のシーンね。 読んでてニヤニヤしまくて溶けるかと思いました。 八幡も雪ノ下も、言ってることがもはやプロポーズ。 二人とも普通は知らないくせに、一度覚悟を決めると振り切れるw 確かにこれ以上のパートナーはいないですなぁ。

次の

【ネタバレ有】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13巻感想【俺ガイル】

俺ガイル ネタバレ 12

雪ノ下雪乃の依頼とは? 俺ガイル初期のころは女王様然とした凛々しい印象が強かった雪ノ下雪乃(ゆきのん)ですが、巻を重ねるごとに弱さというか脆さが浮き彫りになってきましたね。 しかし、今回の12巻では、雪ノ下が自分自身の問題に真正面から向かい合う決意をします。 その問題とは、母親と姉の陽乃のことですね。 雪ノ下が昔やりたいと思っていたことは、父の仕事の後を継ぐことだったそうですが、それに関してはすでに姉の陽乃という存在がいる。 そして雪ノ下に関することは、すべて母親が決めてきた。 雪ノ下雪乃はその優秀さとは裏腹に、本当に大事な決断を自ら行う、ということをずっとしてこなかったんですね。 雪ノ下の依頼は「最後を見届けてもらう」ということ 雪ノ下は比企谷八幡と由比ヶ浜結衣の二人に次のような依頼を出します。 自分のやりたいこと、すなわち「父親の仕事を継ぐ」ということについて、家族にはっきりと意思表示を行った上で、希望が叶うかどうかをきっちりと確かめる• 自分の意思でちゃんと決めて、考えて、納得して、そして諦めたい• その最後を見届けてもらいたい そして、雪ノ下は家族と向かい合うべく、一度実家に戻ると宣言します。 やっと雪ノ下が本当の意味で前に進むことになりそうですね。 由比ヶ浜結衣はすべての答えを知っている? 雪ノ下の依頼を聞いた由比ヶ浜は、その依頼内容が本当に雪ノ下が望むところなのかと疑問を呈します。 それを聞いた雪ノ下も「もしかしたら、違うかも」と答えますが、雪ノ下自身もまだ完璧な答えにたどり着いていないのでしょうね。 12巻を読んでいて思ったのですが、由比ヶ浜だけは雪ノ下、八幡、そして由比ヶ浜自身が追い求める答えをすべて知っているような気がします。 そして、その答えはきっと受け入れがたい内容なのでしょう。 残酷な真実の答えを知るよりも、真実をうやむやにしたまま楽にやり過ごすことのほうがいいことっていっぱいありますからね。 だから由比ヶ浜はあえて口に出すことをしないのでしょうね。 でもそれを許さないのが八幡と雪ノ下。 3人の行く末が気になってしょうがありません。 比企谷小町の受験結果は? 俺ガイル12巻では世界の妹こと比企谷小町がついに受験します。 俺ガイル作中で八幡が通う総武高校は、八幡曰く「偏差値60くらい」のなかなか学力レベル高めの高校です。 小町の中学校の成績では厳しい、ということで兄の八幡にも勉強を教えてもらいつつ、塾にも通い頑張ってましたよね。 入学試験の手応えは?ご褒美はご飯をごちそう 一日目は筆記試験、ここでほぼ趨勢が決まるようなのですが、筆記試験を終えた小町いわく結果は「ぼちぼち」とのこと。 今更じたばたしてもしょうがない、という小町の覚悟の決まり方を見て少し安心する兄の八幡は、二日目の面接試験終了後にご褒美として一緒にご飯を食べることを提案。 川なんとかさんと一緒にカフェ 二日目の面接試験はお昼ごろに終わるので、八幡お兄ちゃんは総武高校の近くのマリンピアで時間を潰しながら待つことに。 そんな中、マリンピア出口のすぐ横にあるサンマルクカフェのカウンター席に座っている川なんとかさんと、その妹の川崎京華(かわさきけいか)を見つける。 京華の熱烈なお誘いに負けて、一緒にお茶することになってしまった八幡。 川なんとかさんいわく、買い物に来ただけ、ということらしいのですが、弟の川崎大志(かわさきたいし)もまた同じ総武高校を受験しているので、八幡と同じく入学試験が終わるのを一緒に待っていたようです。 本当にどちらも仲のイイ兄妹(姉弟)ですよね。 12巻で一番の名シーンだと思う 面接が終わった小町は一緒にご飯を食べるという最初の提案ではなく、家に帰って家事をしたい、ということでお買い物だけして家に帰ることに。 帰ってからパタパタと家事をこなし、一段落ついたところで、小町は折り目ただしく正座をし、受験を手助けしてくれた兄に対してお礼の言葉を述べます。 このシーンはぽんかんさんのイラストもしっかりと描かれており、個人的には12巻で一番の名シーンだと思います。 俺ガイル第三期がアニメ化されたときの楽しみがひとつ増えました。 (アニメ化されるよね?) 一色いろはの存在感が依然と高い 俺ガイルに一色いろは(いろはす)が登場してから、依然として高い存在感を放ち続けてますよね。 一色いろはが登場したてのころは、正直あまり好きなキャラではありませんでした。 いわゆる女子に嫌われる女子ってやつです。 しかし、八幡の助けを受けて生徒会長に就任してからは、いつの間にか一色いろはの魅力にやられている自分ができあがっていたという。 巻を重ねるごとに一色いろはの八幡への好感度が徐々に高くなっていく様子が、なんともいいんですよね。 一色いろはが早口でまくし立てて、最後に「ごめんなさい」で締めくくるくだりにしても、最初は完全な拒絶だったのが、だんだんと脈あり?な内容へと変わっていくところが目が離せません。 というわけで、俺ガイル12巻のいろはすも絶好調です。 今回のいろはす無茶ぶりはプロム 俺ガイル12巻の一色いろはは唐突にプロムを提案します。 プロムとはアメリカやカナダなどの高校で行われる卒業パーティーのことで、正式にはプロムナード(舞踏会)と呼びます。 一色いろはがなぜ突然プロムなどといいだしたのか? 何か個人的な目的があるようなのですが、その真意は12巻ではまだ明かされていません。 プロムの応援に関しては、今回は雪ノ下が単独で手伝うことになるのですが、そのことがまた大きな問題へと発展してしまいますが、それもまた13巻を待たなければなりません。

次の