パグ しつけ。 パグのトイレや噛み癖のしつけ方!いつからが良いの?

パグの子犬のしつけ方☆紹介します!!最初に教えるのは○○!!

パグ しつけ

いびきをかいたり、鼻息が荒いところなどもすべて受け入れられる人におすすめです。 パグはマスティフの影響が濃く残る典型的な中国原産犬で、頭部が大きく、口吻は短く、巻き尾であるのが特徴です。 しわくちゃな顔、つぶれた鼻、がっしりした体、飛び出したような瞳とどれをとってもアンバランスで奇妙な風貌で、常に何かを悩んでいるような顔つきをしています。 パグの顔面の構造は人に近く、顔の表情の変化で人と会話できるとまで愛好家は言います。 また、イビキをかくのも人と同じ、近年肥満傾向にあるのも現代人と同じです。 性格は穏やかで攻撃的になる事はなく、主人や家族に対しては非常に忠実です。 小型、短毛である事から飼育には手間がかかりませんが、寒さや暑さには弱い体質です。 眼が大きく突出しているため、散歩時に小枝などで怪我をする事が多く、細心の注意が必要です。 他の犬種には見られない独特の風貌が楽しく、人を喜ばせるのが使命のような家庭犬ですが、嫉妬心が強く頑固と言う評価も定着しており、典型的なワンホーム・ワンドッグと言えるでしょう。 また、小さなアパートでも、田舎でも、大きな屋敷でもどんな境遇にもたやすく適応するたくましい犬です。 パグは16世紀になってからヨーロッパに伝わり、17世紀には王侯貴族たちの間でアクセサリー犬として大流行しました。 ビクトリア朝時代にそれが頂点に達し、今では愛玩犬の中の愛玩犬としての座を獲得しています。 日本でよく見かけられるようになったのは比較的最近のことですが、世界的には、違いのわかる趣味人やセンスあるセレブリティのペットとして絶大な人気を誇る犬種なのです。 古代中国の磁器や絵画にも描かれている、中国発祥の古い愛玩犬とされています。 ペキニーズと密接な関係があるという説もありますが、その詳細は不明です。 パグは何世紀も前に、アジアのチベットで仏教僧たちにペットとして可愛がられ、小型化された種のひとつだと考えられています。 中国では、顔のしわがこの犬種の本質的な特徴とされました。 パグの額にある縦のしわが中国語の漢字の「皇」に似ていたため、「皇の印」と呼んでいたともいわれているほどです。 ヨーロッパには17世紀にオランダの東インド会社が伝え、特に王侯貴族に愛好されていました。 オランダでは王家公認の犬になるほど愛されました。 さらに、フランスではナポレオンの妻である「ジョゼフィーヌ」に可愛がられ、パグはフランス中で人気を集めることになります。 ジョゼフィーヌは拘束された際、彼女の愛犬であったパグを使ってメッセージをナポレオンに伝えたといわれています。 また、イギリスに渡ったのはヴィクトリア朝時代で、当時イギリスで人気だったキング・チャールズ・スパニエルに代わって、パグは裕福な愛犬家たちから絶大な人気を得るようになりました。 さらにアメリカでは1885年に犬種認定され、それ以降、パグは世界中で安定した人気を得ています。 祖先犬がマスティフ系ではないかと考えられているため、パグはAKCのトイ・グループからはずされています。 正確な祖先犬についてはわかっていませんが、パグには多くの点でマスティフ系特有の性質が見られます。 パグはこれまでに、さまざまな名前で呼ばれてきました。 オランダでは鼻をブーブー鳴らす習性から「モプスホンド(おどけた犬)」、ドイツでは「モプス(しかめっ面)」、 そしてイギリスでは「ダッチ・パグ」「チャイニーズ・パグ」といった具合にバラエティに富んだものでした。 パグという名前の由来もいろいろで、この犬の頭の形が握りこぶしに似ていたことから、ラテン語の「パグナス(握りこぶし)」を起源にしたという説や、18世紀に流行したパグモンキー(しし鼻の猿)「マーモセット」に似ているところから由来したという説などがあります。 深いシワが刻まれた顔は、黒々しているほど良いとされており、横からみるとまっ平らにみえるほど短い鼻が特徴です。 やわらかく薄い垂れた耳は、反って中がみえるローズ耳か、前に垂れているボタン耳になっています。 短い体には適度なたくましさがあり、四肢もしっかりとしていてツヤツヤとした短くやわらかい被毛が生えています。 毛色はフォーン、アプリコット、銀色、黒があり、尾はつく位置が高く、二重に巻いたものが好まれます。 正方形に近い形をしたパグは、コンパクトな体型でがっしりとし、小さい体に中身がぎゅっとつまっているような印象を与えます。 力強く、快活な足取りで、後脚と臀部を軽く回転させるようにして歩きます。 いつも何かを気にかけているような表情が特徴的で、額には大きく深いしわがあり、 ゼーゼーと音を立てて呼吸し、いびきをかくのが特徴的です。 しかし陽気でエネルギッシュでもあり、大胆で無邪気な面もあります。 素直でしつけやすく愛情深いので、家庭犬にはぴったりの犬種でしょう。 ただ暑さ寒さに弱い面があります。 また、ユーモアたっぷりな見た目とは裏腹に独立心旺盛でプライドが高く頑固でワガママな一面がありますが攻撃的になることはほとんどありません。 飼主さんにとってはたまらなく可愛いペットといえますが、過度の甘やかしは禁物です。 特に幼少期に甘やかしてしまうとテコでも動かないので要注意です。 しつけはし易い方ですが、知能はあまり高い方ではありません。 わがままになったり、太りすぎたりしないように、しつけは忍耐強くしっかり実行してあげてください。 いびきをかく犬なので、寝室は別にしたほうが無難でしょう。 威厳ある風格の中にもコミカルな表情が見え隠れするパグは、愛情深く、遊び好きで、共に生活するパートナーとして理想的な犬種といえます。 少々頑固な時もありますが、基本的には快活で、はしゃぎ回ったり、人の気を引いたりと天真爛漫に行動し、人を気持ちよくさせたり喜ばせたりするのが大好きです。 短毛のダブルコート(上毛と下毛からなる二層の被毛)で色はシルバー、アプリコット、フォーン、ブラックなど。 また、パグには、後頭部から尾にかけて黒い線があり、「トーレス」と呼ばれています。 ビロウドのようにしなやかな短毛は、定期的なシャンプーのほか、こまめに拭いてあげましょう。 特に顔のシワは汚れのたまり場です。 不潔なままにしておくと、顔が臭くなってまうばかりか皮膚病の原因にもなるので気をつけて手入れしてあげてください。 体臭も少なく、日常は運動後などに適温の蒸しタオルなどで体を拭いてあげて、皮膚を清潔に保つようにしてください。 鼻の上などは餌の食べかすなどがたまりやすいので、皮膚病などに感染しないようシワの間や奥は濡れたタオルで丁寧拭くようにしましょう。 ただし、あまりしつこく手入れをするとそれを嫌がるようになってしまうので手早くするようにしてください。 ブラッシングには皮膚を傷めないラバーブラシを使用するのがおすすめです。 また、シャンプーは必要なときだけでよく、1ヵ月に1度程度で十分でしょう。 垂れ耳は中が汚れやすいので、耳掃除を定期的に行いましょう。 掃除はイヤーローションに浸した綿棒などでやさしくしてください。 肥満になりやすいので餌の与えすぎに要注意です。 パグは小型犬ですが、体は丈夫なのであまり病気の心配もありません。 ただ、毎日の運動は欠かせず、適度な運動をさせてあげる必要があります。 短めの散歩やゲームなどをするとよいでしょう。 また、暑さと高い湿気に弱いので、あまり長時間屋外で過ごさせない方がよいでしょう。 30分程度の運動をさせてあげてください。 内容としては引き運動やボールなどを使った自由遊びを組み合わせるといいでしょう。 年齢や体調、食事の量などに合わせて、その時間や内容などは調節してください。 特に夏場は暑い時間を避けて、早朝か夜遅くに運動させましょう。 冬は屋内との温度差が少ない、暖かい時間を選んで行ってください。 食事は1日1、2回が目安で、成犬で1回にする場合は夕方がいいでしょう。 大食漢で太りやすい体質のため、過食は禁物です。

次の

パグのトイレや噛み癖のしつけ方!いつからが良いの?

パグ しつけ

パグはトイレの場所を覚えにくい? パグは「忘れっぽい」性格なので、じつはパグのしつけで1番大変なのが、トイレトレーニングです。 正しいしつけ方法を守らなければ、ただでさえ忘れっぽいパグですから、どこでトイレをするのか混乱して、いつまでたってもトイレを覚えてくれなくなります。 しかしトイレをきちんとできないと、家の中で放し飼いにすることもできないですし、散歩に連れて行くのも大変ですよね。 正しいしつけ方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 正しいトイレのしつけ方法 初めてお家に来たときから、トイレのしつけは始まっています。 お家にあがったときから、すぐにトイレのしつけを始められるよう、トイレシーツやトレーは準備しておきましょう。 よくケージの中にトイレをつくる方がいらっしゃいますが、 パグはきれい好きなわんちゃんなので、寝床の近くにトイレがあるのを好みません。 できればケージの外にトイレを作ってあげましょう。 トイレの場所は、部屋の隅っこなど邪魔にならないところにするのが、おすすめです。 始めのうちは、トイレシーツをたくさんしいて、トイレの範囲を大きめに作ってあげましょう。 そんなときはだっこして、トイレに連れて行ってあげましょう。 始めのうちは、正しい場所で排泄できないことも多いですが、怒ってはいけません。 それよりも、つくったトイレで正しく排泄できたときには、目一杯褒めてあげてください。 たくさん撫でてあげてもいいですし、時にはおやつをあげるのも有効です。 しいていても無駄になっているシーツは取り除き、徐々にトイレの範囲を狭めていきましょう。 最終的にはトイレシーツが1枚に決定するので、そこがわんちゃんのトイレ場所になります。 NGなトイレのしつけ方法 始めのうちは、間違ったところで排泄してしまうなんてこともしばしば。 なかなか正しいトイレ場所を覚えてくれなくて、苦労するかもしれません。 そんな時、よくパグに取ってしまう行動が、NGなしつけになってしまっている可能性があります。 間違った行動は、パグを混乱させてしまい、余計に正しくトイレができなくなる原因になるかもしれないので注意が必要です。 今回はNG行動を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。 しかし、そこで叱っては逆効果になります。 パグは忘れっぽい性格なので、外出先から帰ってきて床でトイレをしたことに対し怒られても、何に対して怒られているのか忘れてしまってわかりません。 また、トイレの場所を間違えたことに対して怒られているという自覚が持てず、家の中で排泄することがいけないのではないかと勘違いしてしまう子もいます。 そうした場合、散歩に連れて行かないと排泄できなくなるので、注意が必要です。 基本的に、トイレのしつけは正しくできたときに褒めてあげるだけで、間違っても叱らないようにしましょう。 パグはきれい好きな犬種なので、一度トイレと認識した場所と違うところでは、排泄をしたがりません。 間違った場所で排泄する習慣がつくこともあるので、 一度決めた場所は変えないようにしてください。 パグは、うんちをするとケージから出してもらえると思い込んでしまい、ケージから出るために無理矢理うんちをするようになる子もいます。 掃除をしてからパグをケージに戻したら、出たいがためにうんちを絞り出すようになりますので、ケージの外にトイレを作るのがおすすめです。 一度覚えたトイレの場所と、ちがうところで排泄する場合は? 一度トイレの場所を覚えたのに、パグがトイレとは違う場所で排泄するようになったということはありませんか? パグはきれい好きな犬種なので、基本的にトイレでないところで排泄するのは嫌がります。 そのため、 間違った場所で排泄する場合は、不安やストレスの現れの可能性が高いです。 病気の可能性もあるので、思い当たるパグの不安を取り除いてあげても、なかなか正しい場所で排泄できない場合には、病院で看てもらいましょう。 まとめ みなさん、いかがでしたか? パグのトイレのしつけは、なかなか根気のいる作業だとわかりましたね。 パグに限らず、室内犬のトイレのしつけは一番苦労をするところです。 うまくできなくても怒らずに、気長にトレーニングしていきましょう。 幼犬の時はあまりちゃんと出来なくても、歳を重ねるごとに少しづつ出来てきますから、焦らずトレーニングして下さい。 大事なことは、出来たらとにかくたっぷりと褒めてあげる事ですよ。

次の

パグの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

パグ しつけ

トイレトレーニングから始めましょう しつけで意外と苦労するのがトイレトレーニングです。 まず、トイレの場所ですが可能であれば、ケージの中に一つとそれ以外の場所に一つ準備しておくと、とっさにトイレに誘導しやすくなります。 トイレに行きたくなるとあちこち匂いを嗅いでトイレを探し始めるので、トイレの場所まで誘導しましょう。 トイレトレーニングにおやつを使用するのはあまり良くないと言われる方もいるのですが、うまく誘導できないときは低カロリーなおやつをひと粒使って誘導すると、うまくいく確率があがります。 トイレに誘導できたら、ワンツーワンツー等の声を掛けながらおしっこを済ませます。 なれてくると「ワンツーない?」とパグに声をかけるだけで、自らトイレにいって済ませてくれるようになるので、声掛けはじめからやりましょう。 大切なのは上手にできたときは大げさに褒めること、失敗しても絶対に怒らないことです。 甘噛みをするパグはどうするの 子犬のときに甘噛みのしつけをしっかりしないと、成犬になってから噛み癖の抜けないパグに成長してしまいます。 飼い主以外の誰かを噛んでしまっては、飼い方としては大失敗になりますので気をつけましょう。 噛んではいけない物や、飼い主と遊んでいるときに手や足を噛んできた場合、大きな声で「痛い!」と言ったり、空き缶に小石などを入れた物で大きな音を出し、噛むことを中断させましょう。 そのタイミングで褒めながら噛んでも良いおもちゃや好きなおやつを与え、噛むのを止めると良いことが起こると学ばせます。 しつけは重要でもあり、とても大変です。 根気よく、時間をかけてしっかり行うことが良い飼い方につながります。 パグの飼い方については、基本はどの犬種でも同じく、必要なものを揃え迎えるまでに事前に準備します。 (当日でももんだいないですが、バタバタしてしまいがちなので前日までに用意するのがベスト) 我が家のわんこも、トイレシートを噛んだり、くしゃくしゃにしたりする子だったのでトイレトレーはメッシュ付きだと安心ですよね。 お水に関しては給水ボトルは、ゴミなど入る心配もなく飲んだ量が目に見えて分かるため便利ですが、飲み方が下手な子もいます。 なので給水ボトルとお水皿を両方使用するのをオススメします。 いつでも新鮮なお水を飲めるようにし、何箇所か置いてあげると良いと思います。 フードに関しては、ペットショップやブリーダーで食べていた物をあげ、フードを切り替える際は数日かけて、いつの間にか新しいフードになってる!くらいのペースであげて下さい。 手作りご飯は賛成派ですが、この時期に関して手作りご飯は、仔犬の栄養バランスなど考えると難しく知識がいります。 パグは皮膚が弱い子が多いですね。 お手入れを怠るとすぐ皮膚トラブルに繋がりやすいので、毎日のブラッシングと顔のシワのお手入れは必須です。 食後やお水を飲んだ後も、毎回拭いているという飼い主さんは多いみたいです。 犬種柄どうしても体臭がきつい為、この独特のパグ臭が苦手な方は飼うのは控えたほうが良いかもしれません。 夏場でもクール素材の服がありますので、直射日光から避ける効果もあるので着せるのも良いと思います!.

次の