引っ越し 単身 料金 比較。 単身パックの時期別の比較と主要4社の料金を比較、損をしない為の知識。

【単身・一人暮らし】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

引っ越し 単身 料金 比較

単身パックの選び方 はじめに、単身パックの選び方について紹介します。 そのため、 引っ越す前の家と引っ越し先がそれぞれエリアに対応しているかという基準で選ぶと良いでしょう。 エリア外の場合にはその単身パックサービスは利用できないので注意が必要です。 そうすると、梱包が不要になったりダンボールを届けてもらえたりします。 より簡単に引っ越したい場合には オプションの充実度で選ぶとよいでしょう。 そのため、 自分の荷物量に一番近いもの選ぶとよいでしょう。 自分で思っているよりも荷物が多くなることがあるので、 余裕のある荷物量の単身パックを選ぶのがおすすめです。 単身パックのおすすめ人気ランキング【2020年】 ここでは、 単身パックのおすすめ人気ランキングを5選紹介します。 2020年現在サービスを提供している単身パックの中から選びましたので、参考にしてください。 【1位】プロスタッフ 荷物が多めの方に!コスパも良くおすすめ は、単身引越しパックを提供しています。 この単身パックの売りは、荷物がたくさん積めること。 大手引っ越し業者の約2倍の量が積めるため、たくさん荷物がある場合でも安心。 また、 土日祝日の追加料金もなく、ハンガーボックスも2個無料貸出。 コスパを重視したい方はおすすめです。 出発地と到着地がわかれば、 おおよその料金がわかるパック料金表もあり、予算が立てやすくなっています。 また、商業物流No. 1の西濃運輸のネットワークを利用して運搬されるため安心。 最大5立方メートルまでのパック料金表があるため、大きな荷物がある方でも安心です。 夜間を除いて配達時間帯を無料で指定できるため、引っ越し時間帯を確定させたい方にもおすすめ。 支払い方法は、現金やクレジットのほか、一部地域でQRコード決済にも対応。 引っ越しでポイントをためることもできます。 遠方地への単身での引越しに特化したサービスとなっています。 ダンボールが無料でついてくるため、梱包材の用意も不要。 時期によっては値引き交渉も可能なため、見積もりをしてみると安くなる場合もあるでしょう。 特徴は、 カーゴ単位で荷物の依頼ができること。 1カーゴ荷物が足りる人はもちろんのこと、大量の荷物を運びたい人や縦長の荷物が多い場合でも安心です。 カーゴの依頼数は無制限なので、他社の単身パックに入り切らなかった場合でも利用できます。 インターネット上から手続きできるところがほとんどなので、サイトにアクセスして確認することをおすすめします。 ただし、サービスによっては他の便と一緒に運んでコストカットをしたりするなどしている場合があります。 見積もりをとってみることをおすすめします。 事業改善命令に対しての改善を行っている最中であり、まだ再開時期は未定のようです。 こちらのサービスを利用すると、大型家電や家具などを運んでもらうことができます。 必要に応じて単身パックと組み合わせるとよいでしょう。 しかし、は軽 自動車を利用した引っ越しなので、単身にピッタリです。 単身パックのまとめ 今回は、単身パックについて比較ランキングを紹介しました。 サービスによりメリットやデメリットがあります。 そのため、 自身の引っ越しの状況と照らし合わせながら良いものを選ぶことをおすすめします。 見積もりを複数とると、自分にぴったりの業者がわかるでしょう。 このサイトを参考に単身パックを検討していただけたら幸いです。

次の

【単身・一人暮らし】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

引っ越し 単身 料金 比較

引越しは通常期と繁忙期により金額が大きく異なります。 ここでは距離毎の人数別、間取り別の料金相場をご紹介します。 口コミデータから料金相場を算出していますので、それぞれご自身に合った条件の相場を参考にして、見積もり・予約をしてください。 2人~の家族になると通常期でも平均10万円~になり、特に200km~の距離がある引越しでは平均15万円を超えます。 一方で、200km未満の場合は人数に関わらず10万円を切る傾向があります。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しは、200km~遠距離の料金に比べ約半分の料金になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約5万7千円。 3R~の平均10万8千円の約半分の料金になります。 2R~の間取りで200km~の遠距離の場合は10万円を超えていきます。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しに比べ、500km~遠距離の約半分の料金になります。 引越しをする人数が増えたり、間取りが広くなると荷物量が増え、料金が必然高くなります。 また、距離が遠くなるほど金額が高くなるのは、引越し料金の内訳にある『運賃』が高くなるためです。 通常期は総じて繁忙期に比べ料金は安くなります。 その理由は、引越しをする人が少ない分、予約が取りやすく、引越し業者のトラックや人員の調整がつきやすいためです。 2人家族~で別の都道府県へ引越しをする場合は最低でも13万円~必要となるようです。 繁忙期の場合、通常期と比べ料金相場の平均は単身で+約1万円、2人家族で+約3万円、3人家族で+約5万円、4人家族で+約7万円になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約6万5千円。 2R~で平均11万3千円~の金額となります。 距離では、単身であれば距離に関わらず10万円以内、2人家族~の場合は同都道府県内でも10万円~になる場合が多いです。 500km~の遠距離になると、最大で30万円~必要となる場合も。 繁忙期は通常期と逆で引越しをする人が増えます。 その分トラックや人員の調整がつきにくくなり、料金が高くなります。 繁忙期の2月・3月・4月は就職・転勤や学校などの入学時期に当たるため転居する人が増えますが、もし時期を調整できれば繁忙期は避けたいものです。 見積もりを取った社数や訪問見積もりの有無により、実際の引越し料金がどれぐらい変わる傾向があるのか見ていきましょう。 見積もり比較社数別の引越し料金 社数 1社のみ 2社 3社 4社 5社~ 単身 - - 48,426円 - 32,518円 家族 162,980円 73,262円 66,774円 63,132円 49,979円 見積もり社数別では、3社と5社~の比較データがあります。 3社に比べ5社~から見積もりを取る方が単身の場合は約1万6千円安くなっています。 家族の場合はその傾向が顕著で、1社のみなら約16万円、5社~だと約5万円と3倍程度の開きがあります。 この傾向から、複数の引越し業者に見積もりを取れば取るほど引越し料金を安く抑えることができそうです。 見積もり社数を増やすとその分、やり取りの時間が必要で、過剰に電話がかかってくるケースもあるため、ご自身の都合に合わせて社数を調整する必要があります。 訪問見積もり有無の引越し料金 有無 訪問あり 訪問なし 単身 55,035円 32,354円 家族 78,583円 38,037円 引越しの見積もり依頼をすると、特に家族の引越しの場合、荷物量の正確な把握のため家まで営業担当が来て訪問見積もりを受けるケースが一般的です。 訪問見積もりを受けた場合、単身で約5万5千円。 訪問なしに比べ約2万3千円も高くなっています。 家族の場合、訪問見積もりがあると約7万8千円、訪問なしだと約3万8千円で約4万円も高くなっています。 通常訪問なしの場合はメールや電話での荷物量のヒアリングにより金額が決定します。 実際の荷物を見ていない分、余裕をもった料金設定がされ高額になるイメージがありますが、訪問を受けない方が安くなる傾向がありました。 ただ、家族の引越しの場合は、訪問見積もりがほとんどの引越し業者から求められます。 引越し料金は、現在のお住まいから引越し先までの移動距離や、荷物の量、時期によって大きく変わってきます。 まず、相場を知る前にどんな要素で料金が決まるのかを押さえましょう。 引越料金は、大きく分けて、次の4つの要素で構成されます。 言葉だけでもなんとなくわかるかもしれませんが、ここはきちんと理解をしておきましょう。 運賃 移動距離が短い場合は時間、長い場合は距離で計算され、休日や早朝・深夜の場合割増料金がかかります。 法律により上限金額が定められいるので、一定の金額以上が請求されることはありません。 実費 ダンボールやガムテープ等の梱包資材料金に加え、一番大きな金額となるのが引越しスタッフの人件費です。 荷物が多ければそれだけ運ぶ人数が必要になり、料金が高くなるというわけです。 車両留置料 事前に依頼者側で駐車場の手配等ができなかった場合で運送トラックを長時間駐車した際に請求されます。 オプション 通常では行わない特別な作業に対して発生する料金のことです。 どんなものがあるのか、以下が参考になります。 引っ越し料金の相場は、個々の条件によってさまざまです。 以下の料金はあくまで参考程度としておき、まずは引越し会社にお見積もりの依頼をするのがお薦めです。 同じ条件でも会社によっては、料金が安い場合があるので、複数の会社にお問合せすると良いでしょう。 運賃 移動距離または時間、積載量で費用が変わります。 移動距離が100km以下であれば時間、それを超える場合は移動距離となります。 4時間以内で1トン:10,000円〜20,000円程 4時間以内で2トン:15,000円〜25,000円程• 8時間以内で1トン:20,000円〜30,000円程 8時間以内で2トン:25,000円〜35,000円程• 150km迄で1トン:25,000円〜40,000円程 150km迄で2トン:30,000円〜45,000円程• 200km迄で1トン:30,000円〜45,000円程 200km迄で2トン:35,000円〜50,000円程 実費 人件費は人数(作業量に応じて増減)と時間で変わります。 一般的に一人当たり8時間以内ですと10,000円〜15,000円程かかります。 作業量の目安として間取り毎の作業人員をご紹介します。 1DK:運転手1名、作業者1名の計2名• 2DK:運転手1名、作業者2名の計3名• 3DK:運転手1名、作業者3名の計4名• 4DK:運転手1名、作業者4名の計5名•

次の

単身パックの引越し業者を比較。最安値料金のサービスのいい業者は?

引っ越し 単身 料金 比較

単身パックを使えば単身引越しの料金は安く済む! …確かに間違いではありませんが、いくら単身パックとはいえ通常のプランよりも値段が高いことだってあり得ます。 そのため単身の引越しでは「料金が安いから単身パック!」と即決してしまうのはいけません。 まずは自身の条件に対して最安値の引越し業者を探しましょう。 格安プランの選択肢の多い単身引越し。 単身パックだけにこだわるのはもったいないといえます。 1度入力した「希望日」や「荷物量」、「距離」に対して一番安い引越し業者が分かる一括見積もり比較サービスを活用し、他プランと単身パックの料金を比較してから決めるようにしましょう。 単身パックを打ち出している引越し業者は一つではなく、各社で料金やボックスサイズが細かく異なります。 各引越し業者それぞれの単身パック料金をまとめています。 【注意】単身パックの値段は一律料金じゃない! 料金がしっかりと決まっていて一律に見える単身パックですが、それはあくまで基本料金。 さらに割引や割増料金が発生したり、洗濯機などの家電がある場合は見積もりにオプション費用が加算されたりします。 その上、基本料金はもちろん、割引と割増料金・オプション費用の金額は引越し業者によって違うのです。 …そのため結局、どの業者の単身パックが安いのか? そもそも自分の引越しには単身パックが最適なのか? といった点から検討しなくてはなりません。 当記事では各業者の単身パック料金を細かくまとめています。 単身パックだけにこだわらずベストな単身引越しプラン選びをするための参考にしてみてください。 家財の大きさやダンボール数など、引越しの荷物に合わせたサイズのカーゴボックスを選択することが可能です。 ただ、表を見て分かる通り引越し距離が伸びるにつれてSとLの料金差が大きくなる点には注意が必要です。 そのため、長距離引越しの場合はなるべく単身パックLではなく単身パックSに収まるよう荷物量を調整する、あるいは他社単身パックで検討するなどの工夫をしましょう。 加えて各割引に併用が効くため、最終的に出される見積もりが他社より安く済むでしょう。 例として、東京大阪間で単身パックSの2ボックスで引越しする場合だと、6,000円割引となります。 500kmの長距離引越しでも5万円を切る破格の値段に。 単身パックでの引越しを考えるならば、日通は筆頭候補といえるでしょう。 ボックスサイズでいえば、日通のSとLの中間くらいに位置するのがヤマトの単身パックで、料金設定もおおよそ同じくらいです。 ただ、ヤマトでは依頼1件につき2BOXまでと上限が設定されている点が日通と異なる点です。 そのため、割引を加味した料金でいえば日通に軍配が上がるといえるでしょう。 佐川急便の単身パックである「カーゴプラン」の料金は、日通やヤマトに比べるとやや高い印象を受けますね。 ただ長距離引越しでも料金が安いということには変わりなく、人気で予約が埋まりやすい日通やヤマトの代替案として考えておくこともできます。 ハトのマークの単身パック「小鳩パック」の料金は、基本値段だけを見ると日通やヤマトに並ぶほどの安さです。 ただし、プラス料金として設定されている割増料金も踏まえた上で判断するようにしましょう。 自身の引越し日時や荷物量など、依頼する要望と照らし合わせてみて、他社より安いかどうか検討することが大切だといえるでしょう。 西濃運輸単身パック引越し料金表 1. 5㎥ 2. 5㎥タイプの大容量であることが特徴です。 (日通単身パックLの容量はおおよそ2㎥程度) 一人暮らしの生活必需品であれば一通り積み込めるサイズですが、やはりベッドだけは難しいですね。 また、単身パックの基本料金内で自転車(ママチャリタイプ)も別送できるのも大きなメリットといえます。 荷物量が多い、かつ自転車が含まれていて、他社の単身パックで引越しするのはきびしい!という方なら西濃運輸一択といえるでしょう。 日通ほど割引の種類は無く、繁忙期には割増しか発生しません。 とはいえ「大容量、かつ自転車の輸送が無料の引越し単身パック」というだけで充分に他社と差別化ができており、条件が合う単身者は利用する価値が大きいといえるでしょう。 サカイやアートやアリさんの単身引越しプラン料金 引越し専門業者であるサカイやアートでは、ボックスタイプの単身パックはプランとして存在しません。 そのため単身引越しを依頼した場合は、基本的に荷物量に合わせたトラック1台をチャーターする通常プランを利用することになります。 単身プラン(チャーター便)の料金目安は次の通りです。 加えて荷物ごとにオプション費用などが足されるため、とにかく見積もりを取ってみないことには正確な引越し料金が分かりません。 各業者のチャータープランと単身パック、それぞれ輸送方法は異なりますが、どちらなら最安値の料金見積もりが出るのかは必ず比較して確認しておきたいところです。 近距離なら赤帽の単身引越し料金とどっちが安い? 結論からいえば、同市内など20km以内程度の近距離引越しなら、単身パックを利用するより赤帽の料金の方が安いです。 赤帽に単身引越し作業を依頼した場合、1. 3万円程度が相場です。 単身パックを同程度の近距離引越しに利用した場合は、1. 8万円程度。 そもそも単身パックは長距離向けのプランで、そもそも近場の引越しでは利用不可能としている業者もあります。 近距離が安い赤帽と、長距離が安い単身パック…と覚えておくと良いでしょう。 運べる荷物量で言っても、赤帽車(軽トラック)の荷台には単身パックの2倍以上の積載スペースがあります。 とにかく近距離の引越しでは、単身パックよりも赤帽の方が費用・荷物量の面でいっても断然メリットが大きいといえます。 まとめ 単身者の引越しにおいて、単身パック利用は確かに安い料金で引越しをすることができます。 ただ、各業者ごとに設定されている割増料金や荷物ごとに発生するオプション費用が見積もりに計上されるということも忘れてはなりません。 また、単に「少量の荷物だから…」というだけで単身パックで検討していると、荷物量が収まり切らずにボックス追加等になってしまい結果的に料金が高額になってしまうことも考えられます。 安く単身引越しを済ませるには、自身の引越し条件に対し複数社から見積もりを出してもらって比較するのがベストといえるでしょう。 その上で単身パックか、それとも他の単身者向けプランか…といったことを検討することをおすすめします。 小規模な単身引越しはプランの選択肢が豊富です。 単身パックのみにこだわらず、一括見積もりをとって、引越し業者複数社の中から最安値のプランを提示してくれるところを探しておきましょう。

次の