過 酸化 水素 水 作り方。 ピラニア溶液の作成法

過酸化水素

過 酸化 水素 水 作り方

Sponsored link 鉄や 亜鉛に、 うすい塩酸や 硫酸を加えると発生するんだ。 だからまあ、• 硫酸 の組み合わせでもいいし、• 塩酸 でもいいってわけ。 水素の性質ってどんなの?? さて、じゃあ 水素の性質にはどんなものがあるんだろうね?? 中学理科で勉強する水素の性質は次の4つ。 性質1. 密度がむちゃくちゃ小さい 水素の性質の中の一つとして、 水素の密度はものすごく小さい ってことがあるんだ。 どれくらい小さいのか、空気や、これまで勉強してきた気体の密度と比較してみよう。 977 空気 1. 293 酸素 1. 429 水素 0. 089 うわっ! Sponsored link 一人だけちいさ!! 空気と比較すると、空気の密度の、 0. 069倍じゃないか!! つまり、ある空気の塊と同じ質量の水素を用意したかったら、水素を空気の14倍以上集めてくる必要があるわけだね。 水素軽すぎ笑 水素はすべての気体の物質の中で一番軽いんだ。 おそるべしだね。 性質2. 無色無臭 水素には、色もにおいもない。 水素がそこらへんに浮かんでいても、人間の目には映らないし、鼻も存在をキャッチでいないね。 性質3. 水に溶けにくい 水素という気体は、水に溶けにくい。 性質4. 燃えると水になる 気体の水素は、燃えると、水になるんだ。 気体の水素に、火をつけたマッチ棒を近づけていくと、 ぽん! って音がして、水ができちゃうね。 絶対に漏らさない!水素の集め方 さて、最後に水素の集め方を見ていこう。 水素は「水上置換法」で集めていくよ。 水と気体を置き換えて、気体を集めていく方法だったね。 なぜ、水素を水上置換法で集めるのかというと、水素の性質に、 水に溶けにくい というものがあったからね。 水素は水に溶けにくいから、気体が水に溶けてとり逃がすといったことが少なくなるわけ。

次の

過酸化水素

過 酸化 水素 水 作り方

薄膜回路基板の前処理として、基板の洗浄を行っています。 歩留り向上のために、よりよい洗浄剤を探索し、ほとんどの有機物を除去できるというピラニア溶液(濃硫酸+過酸化水素水)というものを知りました。 これは劣化が早いので使用のたびに作製する必要があるのですが、混合する際の手順について悩んでいます。 Wikipediaでは「硫酸に過酸化水素水を滴下する」「逆は不可(突沸の危険あり)」とあります。 ところがネット検索を続けると、真逆の説明もあります。 大変に危険な薬品であるだけに、どちらが正しいのかわからず困っています。 普通に考えて、硫酸を希釈する際には水に硫酸を滴下(逆にすると突沸の危険あり)するので、過酸化水素水に硫酸を滴下するのが正しいように思うのですが。 ご存知の方がおられましたらご教示をお願いいたします。 ネットで調べると「硫酸に過酸化水素水を滴下する」と、その逆もありますね。 >英文Wikiをgoogle翻訳すると和文Wikiと同じ結果となる もしかして、google翻訳がアテにならない? こんな簡単な英文、翻訳ソフト使わなくても分かりますがな。 グーグル翻訳の変換のミスじゃありません。 Wikiで調べると過酸化水素の特性として不安定であると有ります。 参照:過酸化水素の事故 また、消毒液として昔使われていたオキシドールも長く保存していると、 気が抜けちゃってて(分解して)いざと言う時使えませんでしたね。 過酸化水素水に硫酸を滴下すると、その部分の局所的な反応熱が引き金となって 過酸化水素が不安定であるが故に分解反応が全体に進んでしまい、 突沸、爆発に至るのではないでしょうか。 結論として「硫酸に過酸化水素水を滴下する」が正しい様な気がします。 ピラニア溶液 「ピラニア溶液の調製時には、必ず過酸化水素を硫酸にゆっくりと加える必要があり、逆にしてはならない」 と、記載してある 英文Wiki 「Piranha solution should always be prepared by adding hydrogen peroxide to sulfuric acid slowly, never in reverse.

次の

実験10:酸素をつくって調べよう/1年理科『化学』/takaの授業記録2012

過 酸化 水素 水 作り方

酸素の工業的製法 酸素を大量につくるには空気中の窒素などを取り除いて酸素だけにする方法が主に使われます。 空気を圧縮して、急に膨張させると温度が下がって冷えます。 これを液体空気といいます。 この場合、酸素のほうが先に液体になりますができた液体空気中には、窒素もたくさんまじっています。 この液体空気をゆっくり蒸発させると窒素が先に気体になって逃げあとには、純粋にちかい青い色をした液体酸素が残ります。 液体酸素を保存するにはジュワー瓶という、特別な入れ物に入れます。 また、気体にして保存するには鉄でつくったボンベという入れ物を使います。 酸素の実験室的製法 過酸化水素から酸素をつくる 過酸化水素に二酸化マンガンを触れさせると過酸化水素が分解して、酸素が発生します。 実験するときは、過酸化水素のうすい水溶液(過酸化水素水)を使います。 フラスコの中に二酸化マンガンを入れ、その上から過酸化水素水を注ぎます。 発生した酸素ば、ガラス管を通して水中で水を満たした集気瓶の中に集めます。 このとき、はじめに出てくる気体にはフラスコ内の空気がまじっているので、ある程度たまったらいちど捨てまた水を満たした集気瓶をおいて発生する酸素を集めます。 過酸化水素は、それだけでもいくらかは分解して酸素をだしますが二酸化マンガンを触媒としてはたらかせると分解が激しくなるのです。 実験室で使う過酸化水素は薬局で売っているオキシドールを用います。 オキシドールは3パーセントの過酸化水素水で、消毒用に使われる薬品です。 工業用としては、30パーセントのものもありますがこのような濃いものは激しく分解したり、皮膚につくとその部分を白くしたりするので危険です。 3パーセントの過酸化水素水200立方センチ二酸化マンガン5グラムからは約2リットルの酸素がえられます。 酸素が集気瓶にたまったら水の中でガラス板のふたをし、水中からとりだします。 酸素の比重は、空気より少し大きいのでふたをした瓶は、口を上にしておいておきます。 塩素酸カリウムから酸素をつくる 塩素酸カリウムは、無色透明の板のような結晶をした薬品です。 下の図のような装置で、試験管の中に塩素酸カリウムと二酸化マンガンを入れて熱すると塩素酸カリウムが分解して、酸素が発生します。 塩素酸カリウムだけでも、溶けるくらいに熱すれば分解しますが、触媒として二酸化マンガンを加えると早く分解して溶けないうちに酸素がでてしまいます。 塩素酸カリウムと、二酸化マンガンをまざるときは、乳鉢の中などですりあわせると爆発する恐れがありますから必ず、紙の上などで軽くまぜあわせるように注意します。 過酸化水素や塩素酸カリウムが分解しているとき、フラスコまたは試験管からでているガラス管の先にマッチの火の燃え残りをもってくると激しく燃えだして再び炎がつきます。 これは、発生する気体が酸素であることを確かめる便利な方法です。 カテゴリー• カテゴリー•

次の