嫌なことを忘れる方法。 嫌なことを忘れる方法まとめ!忘れたいのに忘れられない理由は?

嫌なことを一瞬で忘れる方法 4コマ漫画が話題|feely(フィーリー)

嫌なことを忘れる方法

嫌なことがなかなか消えてくれない原因とは? 自分が過去に追った記憶の中でも嫌な出来事、記憶はなかなか忘れられなかったり、消えたりするものではありません。 それは脳の仕組みに関係しており、 嫌な出来事ほど鮮明に覚えてしまうのです。 つまりネガティブな感情のほうがポジティブな感情より記憶されやすいのです。 時間がいくら経過しても何度も思い出しては落ち込むということもあるでしょう。 そのため「時間が経てば解決してくれるだろう」と考えるのではなく、自分なりに解決策や克服法など忘れるための工夫が必要になるのです。 この工夫というのは何も難しいことではなく、新しい記憶や意味づけを脳に与えればいいのです。 過去に起きた事実は変えることはできませんが意味づけというものは自分の中で変えることができます。 たとえば、誰かから悪口を言われたり、職場の上司に怒られたことは事実でありますが、自分の解釈、意味合いを変えることはできます。 誰かから悪口を言われたという事実は確かなものですが 、「 その悪口を言った人とは相性が合わない」ということを意味しているかもしれません。 職場の上司に怒られたことは 「もしかしたら自分をいち早く一人前にしたいと上司が考えてあえて叱った」というように意味づけができます。 嫌なことを思い出してしまうことはもしかしたら自分の解釈の違いが原因になっているのかもしれません。 嫌な出来事や記憶をいち早く忘れるための4つの方法 嫌な事を忘れるにはやはり原因を突き止めて、受け入れる事が大事です。 嫌なことを思い出してしまうのには、嫌なことが起きたのがきっかけとなり、それがいつまでも記憶に残ってしまう事が考えられます。 ただ、先ほど原因に関して紹介した通り、原因を突き止める事はもちろん大事ではありますが、嫌なこと忘れるには自分なりに解釈を変えてみる事も1つの手段として効果的です。 そこでここでは、嫌なことについて詮索する事より、環境を変化させて忘れる方法をいくつか紹介していきます。 気分がよくなる体験をする 嫌なことを思い出す時はどうしても感情がネガティブになっています。 そういうときこそポジティブになれる体験をするべきです。 ネガティブな記憶をポジティブな気持ちに上書きするようなイメージです。 ポジティブになる体験は、気持ちが穏やかになるためストレスをなくす働きもあります。 ポジティブな感情になるためには過去の出来事を塗りつぶさなくてはなりません。 そのためには過去のことにフォーカスするのではなく、今できることやこれからはこうしようという未来のことにフォーカスすべきなのです。 おそらく嫌なことを頻繁に思い出してしまうのにはネガティブな感情になると安心したり、考えることが癖になっているのかもしれません。 一度癖がついてしまうとネガティブ思考になってしまうため思い出すことが頻繁に起きてしまうのです。 それを避けるためにポジティブな出来事や体験を味わい、うれしい感情、楽しかった感情を自分にしみこませる必要があります。 嫌なことを思い出したら好きな音楽を聴く、好きな場所に出かける等楽しいと思える体験が過去の辛い出来事より多くなればなるほど嫌な出来事を思い出す頻度が減っていくでしょう。 「今」何ができるかを考える 嫌なことを思い出すことは過去の出来事にフォーカスしている状態です。 しかし、何度も書いている通り過去を変えることは不可能です。 悩んだり思い出したりしてもただ時間が経つだけです。 それなら嫌なことを悩む時間を今できることに変えてみてはいかがでしょうか? 「今」何ができるのかを考えることは嫌なことを忘れるためには一番効果的だと思います。 嫌なことを考えるのに可能性は感じませんがこれからできることを考えることは可能性を感じませんか? 嫌なことを思い出すことは同じ失敗を起こさないようにするためのものなのかもしれません。 その気持ちを「今」に活かすことができたら成長する糧にできるでしょう。 何事もマイナスに考えると自分に良いことはありません。 でも、自分のプラスになる事やポジティブなことを考えると感情の浮き沈みがなくなり、これから頑張りたいと思えるようになるでしょう。 嫌なことをよく思い出してしまうことは癖ではありますが、ポジティブに考えることも癖に出来ます。 最初は苦労するかもしれませんがなるべく「今」できることを考えるようにしましょう。 忙しい時間や状況を作り出す 嫌なことを思い出して苦しむときはどうしても過去の出来事にだけ集中している状態です。 しかし、嫌なことが思い出せないくらい多忙な毎日を送っていたらどうでしょうか?おそらく忙しさのあまりにその作業のことしか考えていないと思います。 実はこれは新しい記憶を脳に記憶させることでもあるのです。 忙しい状況を作ることは特別なことをする必要はありません。 しかし、掃除をする、家事をする等の単純作業をだと脳を使わないので嫌なことを思い出してしまいます。 そのため、 何か頭の使う作業をする必要があります。 たとえば、本を読む、資格の勉強をしてみる等の頭を使う作業ほど思い出さずに済むのです。 嫌なことを思い出しているときは何もしていないときに思い出してしまいます。 寝る前に思い出していたり、一人でいるときにふと思い出すことが多いのです。 そのためなるべく苦しまないように気分を変えれる作業をやると過去の出来事に縛られずに済みます。 会話をする、相談する 会話をすることは相手から新しい情報をもらうことでもあります。 それは嫌なことを塗り替えることでもあり、相手から何らかの刺激をもらえるでしょう。 たとえば、自分の嫌いだった人を話題にしてみると単なる愚痴に終わってしまうかもしれません。 しかし、親身にその話を受け止めてくれる人だったら過去の話をしても理解してくれると思います。 先ほど書いたとおり嫌なことを思い出している時はどうしても一人になっている時です。 一人でいるといろんなことを考えてしまうためそのことだけを考えてしまい時間が経ってしまうのです。 でも、過去の出来事は変えることはできないためどんなに悩んだり思い出してもその事実はかえることはできません。 その事実が変えられなくても一人で悩まずに誰かに相談するだけでもネガティブな感情が薄れていくものです。 一人で抱え込まずに誰かに話してみることも一つの解決策なのです。 まとめ 今回は嫌なことを忘れるのに役立つ4つの方法を紹介していきました。 嫌なことを忘れるというのは、そう簡単なことではありません。 それは、人それぞれ傷の深さも違えば、物事への捉え方も違います。 過去の出来事に執着してしまうということは、それほど傷つくような出来事とも言い換えることができます。 その出来事を忘れるのにはそれ相応の時間がかかるかもしれません。 しかし、長い目で見てみると、嫌な出来事というのは人生の一部分にしか過ぎません。 その1つの出来事で人間性や価値観が決まるというのは決してないのです。 なので、今回紹介した方法の数々はあなたの可能性を導く、思い出すような方法でもあるのです。

次の

嫌なことを忘れる方法まとめ!忘れたいのに忘れられない理由は?

嫌なことを忘れる方法

なぜ嫌なことほど忘れられないのか 人間の記憶は、まず第一に ワーキングメモリと呼ばれる、一時的にものを覚えておく場所に記憶されます。 ワーキングメモリ内の記憶は、風が吹くと飛んでしまうような不安定な記憶状態です。 不安定なため、新たに情報が入ってくると記憶が上書き保存されて、古い記憶は忘れてしまいます。 「帰ったら洗濯しよう」とか「スーパーでにんじん買わなきゃ」とか日々考えていることはワーキングメモリに記憶されます。 経験あると思いますが、「あれ?何しようと思ってたんだっけ?」「買うものなんだっけ?」というのは、ワーキングメモリ内の情報が消えてしまっているときです。 長期記憶に移動した情報はなかなか忘れることができません。 そして嫌なことの記憶も、始めはワーキングメモリに記憶されます。 しかし嫌なできごとは印象が強いので、 「あいつ絶対許さない・・・」とか 「なんであの時ああしなかったんだ・・・」とか憎しみや後悔などの心理が働き、なんども脳の中で 反復作業が行われます。 記憶は反復することで、より強固なものになります。 人間は、不安なことを解消するときに高い能力を発揮します。 嫌な出来事は『不安』なのです。 人間の脳は不安を解決するために全力を尽くします。 その不安の原因を忘れることは、自分にとってマイナスだという深層心理を持っています。 決して、嫌なことは忘れてはいけないのです。 同じ失敗を繰り返さないために。 だからなんども思い返すのです。 しかし、嫌なことを忘れないのは人間の本能であって、合理的ではありません。 嫌なことを忘れたほうがいい理由 「失敗は成功の基!失敗を忘れたら意味ないじゃん!」 たしかにその通りです。 しかし、嫌なことと失敗はちょっと違います。 自分が同じ行動をしても、嫌みを言う人もいれば、ほめてくれる人もいる。 人の数だけ反応が違うのです。 世の中数十億人も人間がいるのに、一人ひとりの性格や態度で、いちいち腹を立てていてはきりがありません。 忘れましょう。 だけど、この 失敗の事実と 嫌な感情は切り離して考えましょう。 失敗の事実は次につなげるための糧にすればいいのであり、嫌な感情は忘れるべきです。 そうしないと、嫌な感情に支配されて、物事を合理的に考えられなくなり、失敗を糧にすることもできなくなります。 つまり、嫌なことはたいてい他人のもたらすことであり、自分ではどうにもできないため忘れたほうがよい。 それと、自分のせいであったとしても、嫌な感情は次に生かすための合理的行動を起こすために邪魔にしかならないから、忘れたほうがいいのです。 嫌なことを書きづつるだけで忘れられる 通常、ワーキングメモリの記憶はすぐ忘れてしまうので、忘れてはいけない大事なことはメモを取るなどして外部媒体へ保存をします。 これでいつでもメモを見れば記憶がよみがえってきます。 しかし同時に、 メモを取ることによって人は安心するので 「ワーキングメモリ内の情報はもういらない」と判断し、ワーキングメモリ内の記憶を削除してしまうのです。 メモを取る以前よりもメモを取った後のほうが、メモ内の情報を忘れやすくなっているということです。 このメカニズムを利用して、あえて嫌なことの詳細を文章に書きつづれば、 安心作用により、脳の一時記憶の中から削除されるということです。 もちろんメモを見れば思い出すことはできますが、嫌なことをメモに取って、2度とメモを見なければ忘れることができるということです。 そもそも、長期記憶というものも不完全で、やはり 定期的に反復作業を行わないと消えてしまうのです。 例えば、一生懸命勉強して立派な資格を取ったとしても、何年も勉強しなければ忘れてしまいますよね。 勉強して(反復作業して)長期記憶にしたものも、年数がたてば人間忘れてしまうものです。 忘れないように、たまに数か月に1回とか勉強すればまた記憶は更新されます。 (一度長期記憶したものは簡単に更新可能だからです) 嫌な出来ことは、「忘れてはいけない!」という心理が強く働くので、ちょっとしたきっかけで思い出したときに、 「もっと無意識に細部まで思い出そう」と脳が働き始めます。 ここで ブレーキをかければ、またすぐ忘れることができます。 そのブレーキが「詳細はメモに書いてるから今思い出す必要はない」という意志なのです。 『メモを見ればいつでも詳細がかいているよ』という事実が重要なのです。 その事実があるだけで脳で細部まで思い出すことをやめれるので、記憶の更新作業はストップします。 ここで勘違いしないでほしいのは、「嫌なことを忘れたい」と思っていない人には効果がないことです。 この ブレーキをかけるのはあくまで自分の意志です。 『メモに詳細があるという事実』がブレーキをかける手助けをするのです。 まとめ 忘れたいことをメモなどの文章にして詳細を書きだす。 「メモに詳細がある」という 安心感の作用により、 ワーキングメモリから記憶が削除される。 または、 ふと、忘れたい記憶が頭をよぎった場合、 「メモに詳細がある」という 安心感の作用により、「これ以上思い出さないようにしよう」という自分の意志で ブレーキ踏むことができる。 嫌なできごとをメモに書き出すことで、こういったメカニズムが働き、嫌なことを忘れやすくすることができます。 こんにちは!sioです。 最近会社にいる「老害」がものすごくストレスです。 老害の特徴に 私は怠け癖があります。 なんで、こんなに仕事や勉強を怠けてしまうのか真剣に考えました。 勉強しなきゃいけないのに、なんだかやる気が出ない・・・ 昨日までやる気に満ちてたのになんだか虚 どうしてもやる気が出ないある日、なんとなくやる気を出す方法の動画をyoutubeであさっていました。 世の中には3種類の人間がいます。 自分の心の中にある、「やる必要ないん 「やればできる」って本気で思っている人ほど「やらない」です。 教育でも、親が子に「お前はやれば 誰にでも嫌な人や苦手な人っていますよね。 できれば嫌な人とは一生関わらないで生きていきたい。 で そもそもメンタルとは[精神的]という意味です。 一般的に、メンタルを鍛える=メンタルトレーニングという 誰でも悪口を言われればヘコみますし、人前に出れば緊張もします。

次の

辛い過去や嫌なことを忘れる方法・おまじない21選|仕事/恋愛/人間関係

嫌なことを忘れる方法

頭から離れず辛い気持ちになってしまった際はぜひこの漫画「嫌なことを一瞬で忘れる方法」を思い出してみてください。 しかし友達の一言は妙な説得力がありました。 すごく納得。 しかし、友人の何気ない一言。 「いやいや、考えすぎだって。 多分そいつ今頃…パフェとか食ってるよ」 この言葉により、急に視野が開けたとつづり、その様子を4コマで表現したツイートが大きな共感を呼びました。 たしかに必死に相手のことを考えても無駄かもしれません。 早く忘れる、自分をコントロールしたほうがいいですね。 でもリアルで考えたら…知らない人が突然家に来てそんな事やり始めたら私は関わりたくないし怖いから逃げるし我慢してつき合う義務はないなと感じました。 誰の為でもなく自分の為に。 罪悪感を全く感じない強い人間だったら怒る強さも持てたけど、大抵はどう転んでも最後は自分を痛めつけてしまうので。 嫌な自分になるより楽しく生きたいのです。 ありがとうございます!ちょうど悩みまくってる大事な人に教えてあげました。 感謝です。 どう声かけていいかわからなかったので…ありがとうございます。 私も救われました。 — このみ FujiyamaKonomi さっそくパフェ食ってるでしょを実践する人も多く見受けられました。 自分の気持ち次第で、イライラを幸せにすら変えることができると教えてくれる方法です。

次の