採血 皮下血腫。 採血後に腫れて青あざができるのは内出血が原因です!対策や治し方とは?

採血後に腫れて青あざができるのは内出血が原因です!対策や治し方とは?

採血 皮下血腫

皮下血腫とは皮膚の下にできた血液の塊のことをいい、この血の塊は骨のように固くなることがあります。 そうなると運動をするときに痛みを感じることもあるので、適切な治療を受けなければいけません。 打撲によってできた皮下血腫は病院で治療を受ければ、短期間で問題を解決できることが多いです。 この問題は固まった血をとかして拡散すれば良くなるので、そのような治療を受ければしこりの問題をよくできます。 打撲によってできた皮下血腫は自然に良くなることもありますが、長期間ほとんど治らないこともあります。 ですから打撲のあとに治りづらいしこりがあるならば、病院に行って適切な治療を受けたほうが安全です。 スポンサーリンク 打撲をした時は初期の段階でうまく対応をしておくと、内出血などを抑えることができ怪我の治りを良くすることができます。 しかしうまく対応ができないと 大きな内出血が発生することがあり、そういう内出血は後でトラブルの原因になります。 打撲時の内出血はしばらくするとになって、皮膚の下のしこりとしてあらわれてきます。 このしこりの問題はなかなか治りづらいものなので、適切な治療を受けて対応をすることが重要です。 皮下血腫の治療でよく行われるのは患部を温めてマッサージをする方法で、そのような対応は効果が高いです。 このしこりの問題は血液が固まってしまったことが原因で起こりますから、その固まった問題を揉みほぐせば改善できます。 ただこういうことは素人には難しいところがあるので、適切な治療を受けるために病院に行ったほうがいいです。 病院ならばどのような皮下血腫なのか調べてくれますし、向いている治療方法についてもアドバイスをしてくれます。

次の

皮下出血でしこりや血腫になった場合の対処方法

採血 皮下血腫

スポンサーリンク 採血は、健康診断などで血液検査のために行われることが多いのですが、注射痕が腫れてしまい皮下血腫の症状がでてしまうことがよくあります。 青くアザになってしまい見た目が痛そうなのですが、その原因とはいったい何なのでしょう。 採血による皮下血腫が起きた場合の対処方法について確認しておきます。 【採血で皮下血腫になる】 健康診断での採血は、3本くらいとるので、それを見ていることも耐えられないし、貧血で倒れてしまいそうになる人もいます。 針が刺さることで血管が傷つき、皮下血腫になるのですが、その原因とは何でしょう。 実は、注射針の先が細い血管を傷つけることで、出血することが原因と考えられています。 対処方法があるのか見てみましょう。 【採血は誰が担当するの?対処方法はあるの?】 皮下血腫を引き起こしてしまう原因は、担当する医師や看護師の経験不足が原因なのかもしれません。 対処するにもこればかりは、本人の技術が長けているかどうかです。 あの人は下手だとか言えない世界ですので運に任せるしかありませんね。 スポンサーリンク 【対処方法を知ろう!皮下血腫が出来てしまう原因】 健康診断で採血したならば、その場で5分間は止血することをおすすめします。 また、針が刺さっていた場所ですかた抜いた後でも、上腕部をしっかりと抑えることは大切です。 この止血中に注射痕を揉んだりすることは絶対にやめておきましょう。 当日、お風呂に入ることは大丈夫ですが、激しい運動をしたり、お酒を飲むなどは特別禁止な訳ではありませんが、血流が良くなりすぎて止血しないことにも繋がりますので十分に理解したうえで採血をすることをお勧めします。 採血でいつも内出血する人は、できるだけ看護師にその旨を伝えて、事前に対処方法を検討する必要があるでしょう。 原因を知ることで皮下血腫を防ぐ方法が見つかるかもしれません。 また、これ以外にもすぐに皮下血腫が起きてしまう原因についても確認する必要がありそうです。 鉄分やビタミン不足も考えられる疾患ですから、普段から気にかけて食すという対処方法こそ大切な要素です。 スポンサーリンク.

次の

採血時の痛みや腫れの原因(皮下出血・神経損傷・局所感染)

採血 皮下血腫

転んで膝や腿を打ったり、身体を何かにぶつけたりすると、腫れて、青アザができますよね。 放っておいても、自然に消えることもありますが、腫れたところがコブ状になって、なかなか消えないことがあります。 痛みが出ることもあります。 これは、皮下血腫ができたためです。 皮下血腫が頭にできると、「タンコブ」と呼ばれます。 タンコブは頭を強く打った結果できるので、場合によっては生命に関わることもあります。 特に、子供のタンコブは要注意です。 皮下血腫は自然に消えることが多いのですが、中にはなかなか消えず、痛みが強い場合もあります。 皮下血腫の原因や症状、治療法をお伝えするとともに、タンコブの危険性についても、お話ししますね。 この記事の目次• 皮下血腫はなぜできる? 皮膚の下に皮下組織があります。 血管が傷ついて出血した時、皮膚の傷口から体外へ出血するのではなく、皮下組織に出血することがあります。 皮下組織に出血することを皮下出血といいます。 血管から流出した血液が皮下組織に溜まって固まったものが、皮下血腫です。 [内出血と皮下血腫は、どう違うの? ] 血管が何かの原因で傷ついて、血液の全成分が流出することを「出血」といいます。 血液が体表面 皮膚や粘膜 から体外に出て行けば、「外出血」です。 血管から流出した血液が、組織や臓器、体腔内など身体の内部にとどまっていれば、「内出血」です。 皮下組織内に起きた内出血を「皮下出血」といいます。 組織や臓器の内部で起きた内出血は、出血量によって、「点状出血」「斑状 はんじょう 出血」「血腫」といいます。 血腫とは流出した血液が溜まって腫瘤状になったものです。 血腫は身体のいろいろな場所に生じます。 心嚢血腫・卵巣血腫・硬膜下血腫などです。 皮下組織内で血液が溜まって腫瘤状になったものが「皮下血腫」です。 [皮下血腫の原因は?] 皮下血腫の原因は、血管の障害と血液の病気の2つです。 血管の障害 血管の障害というと、何か恐ろしいもののように聞こえますが、血管が外部からの刺激で傷つくことです。 ぶつけたり、打撃を受けたり、強く圧迫されたりすると、血管が傷ついて出血します。 流出した血液が溜まって固まると、血腫になります。 血管が傷ついて出血すること自体は、心配要りません。 出血が多量だったり、血腫が大きかったりすると、生命に関わることもありますが、通常は、見た目が悪いとか、痛みがとれないとか、その程度のことですみます。 加齢とともに、血管が弱くなります。 高齢になるほど、ちょっとしたことで皮下出血を起こし、皮下血腫ができやすくなります。 特に、血栓予防で血液をサラサラにする薬を服用していると、「出血しやすくなる」という副作用があります。 手術や穿刺など外科的処置を受けた後に、血腫を生じることもあります。 血液の病気 皮下血腫の原因となる病気には、再生不良性貧血・白血病・クッシング症候群などがあります。 先天性疾患や内臓疾患と関わっていることもあります。 どの病気も出血しやすい傾向があるので、皮下血腫ができやすくなります。 再生不良性貧血 血液は、骨髄の中にある造血幹細胞によって造られます。 この造血幹細胞が異常を起こして増殖できなくなると、赤血球・白血球・血小板のすべての血球が減少します。 そのため、貧血になったり、出血しやすくなったりします。 内出血が起きやすいので、皮下出血斑や皮下血腫ができるようになります。 歯肉出血や鼻出血もあります。 動悸・息切れ・蒼白い顔・めまいなどの貧血症状がともないます。 白血病 白血病は血液の癌です。 血液が骨髄の造血幹細胞で造られる過程で癌化して、増殖します。 癌化した血液細胞が骨髄を占拠するため、正常な血液細胞が減少してしまいます。 そのため、貧血になり、免疫力が低下し、出血しやすくなります。 詳しくは、を参考にしてください。 クッシング症候群 脳下垂体や副腎皮質に腫瘍ができると、副腎皮質ステロイドホルモンの1種であるコルチゾールが多量に分泌されるため、さまざまな症状が現れます。 これをクッシング症候群といいます。 クッシング症候群では、皮膚が柔らかく、出血しやすくなります。 手足が細くなるのに、腹部は太くなります。 顔はむくんで赤みをおびます。 腹部や太腿の皮膚に赤紫の亀裂ができます。 この他に、血友病や膠原病など出血傾向のある病気を持っていると、皮下血腫ができやすくなります。 特に強い打撲を受けた覚えがないのに、しょっちゅう皮下血腫ができるようなら、出血傾向のある病気を疑う方がいいかもしれません。 皮下血腫の症状と治療法 皮下血腫は自然と消えることが多いものですが、中には、皮下出血がカチカチに固まってしまって、何年も吸収されないこともあります。 皮下血腫ができる場所によっては、痛みが出たり、早く取り除かないと生命に関わったりします。 皮下血腫がなかなか消えなかったり、傷んだりする場合は、摘出手術が必要になることがあります。 [皮下血腫の症状] ぶつける、転ぶ、打たれるなどすると、打撲を受けた場所が腫れて、青または紫なります。 血管が傷つけられて内出血が起きたためで、青または紫に見えるのは、皮膚のメラニン色素のせいです。 内出血が皮膚表面に近いほど紫色が濃くなります。 打撲を受けた部分に皮下血腫ができると、コブ状になります。 皮下血腫は、たいていの場合、熱を発します。 青紫に変色したコブが熱く感じられます。 皮下血腫は痛みを生じます。 関節部に強い打撲を受けて血腫ができると、動かすたびに痛みが出ます。 内出血が少量であれば、皮下血腫はしだいに体内に吸収されて消えていきます。 しかし、かなり強くぶつけたり、勢いよく転倒したり、強く打たれたりすると、血管が大きく損傷して、多量の内出血が起こります。 皮下血腫も大きくなり、激しく痛みます。 皮下血腫が大きいと、なかなか自然消滅しません。 シコリになって残ることが多いようですが、そのシコリも時間が経つにつれて小さくなります。 一度小さくなったシコリ 皮下血腫 が、再び腫れて痛みが増すことがあります。 皮膚の傷などから細菌が血腫に侵入して、血腫が化膿するのです。 血腫が化膿して、感染症を起こすこともあります。 皮下血腫は、皮膚の硬いところでは広がりにくいものですが、皮膚の柔らかいところでは、広がる傾向があります。 また、重力の作用を受けて、腕の上部の皮下血腫が手首の方まで広がったり、腿の皮下血腫が膝へ、脛の皮下血腫が足首まで広がったりすることがあります。 時には、血腫がカチンカチンに固まってしまい、気づかずに十数年過ごすこともあります。 [皮下血腫の治療法] ちょっとぶつけた程度で、痛みも激しくなく、皮下血腫も小さい時は、自宅で手当てすることもできます。 まず患部を、冷水や氷、アイスノンなどで冷やします。 血管を収縮させて内出血を止めるようにします。 安静にして、患部を動かさないようにします。 患部を冷やしてから、メントール剤などの冷湿布をします。 打撲を受けてから3~5日ほど経つと、患部の熱がとれます。 患部の熱がとれた 炎症が収まった ら、温湿布に切り替えて、温めます。 代謝を良くして、皮下血腫の吸収を促進します。 激しく転んだり、高い所から落ちたり、野球の速球にぶつかったり、強い打撲を受けた時は、できるだけ早く整形外科を受診することをオススメします。 整形外科では、レントゲンやMRIの検査をして骨折していないかを調べます。 MRI検査で皮下血腫ができていることもわかります。 血腫の検査は、触診・観察の他、カテーテル検査をすることもあります。 内出血量が多く、皮下血腫が大きいと、注射器で血を抜き取ります。 打撲を受けた直後は冷湿布をしますが、数日後から温湿布に切り替えます。 皮下血腫の吸収を促進するために、温熱療法・電気療法を行います。 吸収を促進するヒルドイド成分を含むゲル ローション を塗ります。 ヒルドイド成分の入ったローションを処方してくれて、「ローションを塗りながらマッサージするように」と言うこともあります。 整形外科へ行くのが遅れて血腫がゲル化したり、固まってしまったりすると、もう針で抜くことはできません。 また、針で完全に血腫を抜ききれないこともあります。 皮下血腫はシコリとなってしまいます。 皮下血腫はたいてい1ヶ月程度で吸収されますが、シコリになってしまうと、小さくはなっても、残ることが多いようです。 皮下血腫がシコリになって残っても、特に問題はありません。 ただ、身体の場所によっては気になることが多いものです。 その場合は、切開してシコリを取り除きます。 切開手術の痕は、それほど大きくありませんが、傷痕は残ります。 そのため、最近は、シリンジ陰圧法という血腫除去法が開発されています。 針で抜き取るのが難しい血腫から固いシコリとなった血腫まで、簡単に取り除くことができると言われています。 皮下血腫の近くに傷があると、細菌感染して化膿することがあります。 皮下血腫が化膿した場合は、抗生物質を投与します。 一度は小さくなった皮下血腫が再度腫れてきたり、痛みが激しくなったりした時は、できるだけ早く、整形外科の診療を受けてくださいね。 頭のタンコブは要注意! 高い所から落ちたり、自転車やバイクで転倒したりすると、頭を強く打つことがあります。 頭を強く打つと、皮下血腫の他に硬膜下血腫ができることがあります。 硬膜下血腫は脳挫傷により出血が起き、硬膜下に出血が溜まって血腫となり、脳を圧迫します。 高齢者に多く、若い人はスポーツ中の頭部外傷によって生じます。 子供には、ほとんど見られません。 子供で怖いのは、タンコブです。 頭部にできる皮下血腫です。 頭部に打撲を受けると、頭皮の下で内出血が起こり、血が溜まって腫瘤となります。 [タンコブができたから心配ないって、本当?] 「頭を打っても、タンコブができたから心配ない」と言われますが、大間違いです。 タンコブができるということは、かなり強い打撲を受けて、多量に内出血しているのです。 頭蓋骨骨折の可能性もあります。 頭を打ってもタンコブができなければ、それほど心配しなくても大丈夫です。 「頭を打ったけれど、血が出たから大丈夫」というのもウソです。 頭部の傷は多量に出血します。 傷口から細菌などが侵入して感染症を引き起こすこともあります。 「頭の傷からたくさん血が出ないのは、内部に血が溜まっているのでは・・・」と心配することがありますが、傷口からの出血と脳内出血は別の物です。 「頭を打った後で、吐き気がしたり、嘔吐したりしたら、危険だ」と、よく言いますが、子供は、ちょっとしたことで吐き気を催したり、吐いたりします。 タンコブができて、吐いたからといっても、危険信号とは限りません。 「大きなタンコブができているのに、泣くこともしない」というのは、気になります。 「泣くこともできない」状態かもしれません。 すぐに病院へ行ってください。 [ぶよぶよタンコブは放っておけ? ] ぶよぶよしたタンコブは、皮下血腫とは違います。 「帽状腱膜下血腫」といいます。 帽状腱膜と頭蓋骨との間に血液が溜まります。 帽状腱膜には小さな血管がたくさん集まっているので、血液が固まってしまうことはありません。 だから、ぶよぶよしているのです。 ただ、握りこぶし程度の大きさになるので、重症に見えます。 ぶよぶよタンコブは自然に吸収されて消えてしまいます。 消えるまでに1ヶ月ほどかかるので、心配になりますが、マッサージなどはしないでください。 放っておくのが、一番の治療法なのです。 どうしても心配ならば、何もしないでお医者さんへ行ってください。 [タンコブができた子供から、一晩目を放すな] タンコブができるということは、強い打撲を受けた証拠です。 タンコブを見つけたら、冷やしておいて、すぐに病院へ行ってください。 病院で「異常はないようです」と言われても、その晩は子供から目を放さないようにします。 嘔吐は心配ないことが多いのですが、軽く見ない方がいいでしょう。 ひきつけ けいれん を起こしたり、意識が朦朧 もうろう としたり、ぐったりするようなら、すぐに救急車を呼びます。 小学校高学年や中学生には、記憶を確認するといいですね。 記憶があいまいなら、すぐにお医者さんの診療を受けてください。 私は、若い頃、学習塾で小学生を教えていました。 私の生徒の一人、小学4年生の男の子が、夏休み中に亡くなりました。 塀の上を歩く遊びをしていて、塀から落ちて頭を打ちました。 タンコブができましたが、本人も周囲も気にしないで、そのまま野球の試合に出ました。 打ち上げで大騒ぎした後、夜中に容体が急変し、救急車が来る前に息を引き取りました。 30年以上経っても、忘れることはできません。

次の