ウィング ビーム。 荒れたサーフでヒラメミノーSR150とウィングビームを使ってきた

熱砂 ウィングビーム 80HS|ルアー|用品|製品情報|シマノ

ウィング ビーム

熱砂 ウイングビーム 80HSの特徴 熱砂ウィングビームはシンキングペンシルの飛距離とミノーのような大きなウォブリングアクションを両立するコンセプトで設計されています。 通常のシンキングペンシルは泳ぎが弱く、手元に伝える情報が少ないので動きが分かりづらいという課題がありました。 また、形状的に浮き上がりやすくなるため、レンジコントロールがしにくくなります。 「ウィングヘッド」がこれらの問題を解消、低速リトリーブからルアーがワイドに泳ぎつつ、レンジキープ力も上がるという、よくあるシンキングペンシルのデメリットの解決を図っています。 出典: メタルジグでは主にリフト&フォールで誘うのがサーフの釣りの基本になりますが、 「シンキングペンシルの飛距離とミノーのウォブリングアクション」という、縦ではなく横とレンジキープ力で、ジグとは違った誘いが演出できる、というのが強みになりますね。 特徴的なトサカ・・いや 「ウィングヘッド」が低速でもちゃんと泳ぐための秘密のようです。 そして 「80mmサイズ」という意外と小粒な形状と後方重心設計が飛距離アップに貢献している感じですね。 シマノの場合、最初にあまり説明が無い商品は力が入ってない商品なんだな、と思うわけですが、「ウィングビーム」の場合は上記のような説明が入っていて、最初から力が入っています(笑) ウィングビームのスペック 全長:80mm 自重:35g 価格:1,650円 ウィングビームのカラー展開 サーフで人気のあるカラーは当然ながら最初から網羅。 個人的には 「アカキン」「クリアピンクイワシ」が良さそうですが、 「サーフカーニバル」も捨てがたいですね。 名前がですけど。 ヒラメはピンクカラーが強いと言われますので、まずはピンク系を先発にしても良いかなと思います。

次の

【インプレ】ヒラメミノーSR150Fとウィングビーム80HSの飛距離は本当か?実際に投げて検証してみた

ウィング ビーム

写真撮るの下手くそすぎる! 特長はこのトサカのような ウィング。 これがバタバタアクションを生むわけですね。 実物を見るとわかりますが、 結構大きいです。 スピンビーム32gと比べるとこんな感じ。 ウィングビームは80mmと小さいですが面が広く、意外と大きく見えます。 これがバタバタしたらフラッシングはかなり強そう。 フックも大きいですね。 貫通ワイヤーですし、大型魚でも安心できるのは心強い。 個人的に思うこと 最初にも書きましたが、個人的にこのルアーは天国か地獄だと思っています。 僕はサーフで使うルアーで「バタバタアクション」は 苦手です。 僕の住んでいる地域ではサーフで釣れる状況って少し波がある日なんですよ。 で、波がある日にバタバタアクションだと、波をルアーがかわせなくてバランスを崩す。 そこが気がかり。 でも、スピンドリフトなど波をかわせるバタバタアクションのルアーもあるので、 上手に作ってあると良いな~。 と思っております。

次の

熱砂 ウィングビーム 80HS|ルアー|用品|製品情報|シマノ

ウィング ビーム

写真撮るの下手くそすぎる! 特長はこのトサカのような ウィング。 これがバタバタアクションを生むわけですね。 実物を見るとわかりますが、 結構大きいです。 スピンビーム32gと比べるとこんな感じ。 ウィングビームは80mmと小さいですが面が広く、意外と大きく見えます。 これがバタバタしたらフラッシングはかなり強そう。 フックも大きいですね。 貫通ワイヤーですし、大型魚でも安心できるのは心強い。 個人的に思うこと 最初にも書きましたが、個人的にこのルアーは天国か地獄だと思っています。 僕はサーフで使うルアーで「バタバタアクション」は 苦手です。 僕の住んでいる地域ではサーフで釣れる状況って少し波がある日なんですよ。 で、波がある日にバタバタアクションだと、波をルアーがかわせなくてバランスを崩す。 そこが気がかり。 でも、スピンドリフトなど波をかわせるバタバタアクションのルアーもあるので、 上手に作ってあると良いな~。 と思っております。

次の