ラム ちゃん。 ラムちゃん

古民家 タイ食堂 ラムちゃん

ラム ちゃん

ラムちゃん 昔うる星やつらというアニメがありましたが、ラムちゃんがどうしても好きになれませんでした。 ランちゃんやしのぶの方が見てて面白かったし、好感が持てました。 でも、ラムちゃんは絶大な人気がありますよね。 あのボディのせいなのかとも思いますが、ラムちゃん以外にグラマータイプの女の子がこのアニメには何人かいたように思いますので 何か他のキャラにはない別の魅力が彼女にはあるのかなあとも思います。 ラムちゃんの魅力を教えてもらえませんか? あと、このアニメが今現在新作として放送されたのだとしても、ラムちゃんは人気が出ると思いますか? あなたの感覚は普通というか、別に変ではないと思います。 作中でも 「かんしゃく持ち ヒステリック 」で、 「押しかけ女房でかつどこにでもつきまとう ストーカーっぽい 」ということで 当のダーリン 諸星あたる は当初ラムを嫌ってました。 周囲も、トラブルメーカーであることからあまり快く思っていませんでしたし 同性からはそれに加えて男性の耳目をむやみに引きまくるということで けっこう反感買ってます。 原作漫画の読者やTV版の視聴者にしても 「遊び相手、彼女までならいいけど結婚相手としてはしのぶや他の娘のほうがいい」というのが ラムに対する評価の大勢です。 なので、当初はルックスで人気を稼いでいる面は少なからずありますね。 それが 「惚れた男に一直線」で他の男をほぼ相手にせず ダーリンに愛情を注ぎまくることを続けたのが だんだんと理解と共感を呼んだこと、ラム自身も トラブルメーカーやってるばかりでなく、だんだんと 「諸星あたるにとって、いないよりはいるほうがいい」女へと変わって行きました。 原作はそうでもないのですが、TV版では あたるの身の回りの世話や諸星家の家事手伝い、さらには 「ダーリンに対する危害や侮辱は断固許さない」と明言するなど 人心掌握する 男心を掴む 上でかなり効果的な言動をしています。 というわけで、トラブルメーカーにして喜怒哀楽が激しいという厄介な面はあるのですが、 「美人で可愛くてグラマーでスタイル抜群で、惚れた男は 本人なりに 全力で愛して身も心も捧げる」 という、少なくとも男から見た理想の女の資質を持っていることが 魅力と人気の源泉です。 なお、新作としては 先日「ザ・障害物水泳大会」がブルーレイで出ましたが あれを見る限り、現在のアニメーションの作り手が手がける限り 「そこそこいけるだろうがかつてほどの人気は出ない」と思います。 上に書いたように、『見た目だけでなく言動も大事』なわけですが、 絵はキレイでも物語 キャラクターや脚本・セリフ を上手く作れるか はなはだ心もとないです。 浮気を許してはいないと思うのですが。 あたるなしの世界が考えられなく離れることができないから許しているように見えるだけで。 「電撃だけで浮気を許してくれる」というのは誤解です。 許す許さじ関係なく、Lumには、あたるに対しての三行半という概念そのものが存在しないだけです。 たとえば、めぞん一刻の音無響子や、らんまのあかねのように、他の男と(軽い意味での)両てんびんをかけたりする試みもみられません。 彼女の場合の心理作戦で見られたのは、「聞こえないふり」や、終盤の破滅的行為だけでした。 終盤の破滅的行為(詳細は読まれたし)から、いかに彼女にとって、あたるの存在が大きいかがわかります。 あたるは、らんまや犬夜叉みたいに顔もそんなにイケテない(ふつう)し、好色で、手に負えるのは幼馴染のしのぶで、想いを寄せ 続けていたしのぶですらあきれるほどの性格であり、Lumが執拗に食い下がってもメリットのある人物ではありません。 互いにマイナスの要素(しかもかなり非常識な)があったからこそ、その駆け引きが面白いのではないのでしょうか。 あまり常識を適用して、比較してみようという試みは感心しません。 私はマンガは直感で読んで素直に楽しんでいます。 あとこれは私感ですが、ファンは「うる星やつらの世界における」Lumに魅力を感じているのだと思います。 (あたりまえですが、その世界におけるということを強調したことは、それは俗世の世界で通用する感覚ではないということを意味する。 ) ただし、読者はまぎれもなく俗世にもまれた人間。 常識を身に付けた読者。 その世界観の格差は必ずしも問題にはならず、少なくとも読者はマンガを読んでいるときはその世界の事情を受け入れている。 ところが正気に戻った時に、この世の価値観を以て、うる星やつらのキャラクターについて考察しようとするものだから違和感を覚えるのである。 たとえば、外国に行って家中を土足で歩き回るところを目にし、帰国後に「家中を土足で歩き回る習慣を持つ人の感覚はおかしい」とあらためて異議を唱える人はそういないはずである。 それは、各々の文化を認めているからである。 二次元は二次元で素直に楽しみましょう。 二次元のことを実際の世界に持ち込んでしまうのは野暮な気がするのですが・・。 これまでのヒロインになかった行動力がある事に加え我が儘で非常識な所に魅力を感じますが、大人しいラムちゃんには何の魅力もありません。 電撃一発で浮気を許す所や一途さがいいという人がいますが、許しているようにはとても思えません。 ラムちゃんは一見あたるに対して一途に尽くしているように見えますが、実は自分に尽くして欲しいとか理解者や友達がいない為孤立しているように見え、見捨てられたくない為の行動に過ぎず、その方法もかなり強引なためトラブルの起点となる事が多く、全て責任はあたるに押し付けるイメージがあり、更に一途な筈のラムちゃんがいとも簡単に元カレのレイを振った事から世間のイメージとは違いラムちゃんがあたるを異性として愛しているというよりは友達として好きなのではないかと見ています。 アニメで男性の願望や理想が入りまくり美化されたラムちゃんの影響がかなり強いせいかラムちゃんを善玉の主人公と思い込んでいる方はかなりいるようですが、元々悪役として出て来た事、あたる以外の登場人物との絡みが少ない事、欠いても話が成立することから狂言回しのような存在だと思います。 ランちゃんは誠実さと一途さという点ではラムちゃんを上回っていますが、裏を返せばストーカーとしての素質もラムちゃんの上を行っていると思います。 しのぶちゃんはあたるを振った事から男運のないキャラになりましたが、同時に男に対する恨みもついて来たように思えます。 お世辞にも男らしい性格とは言い難い面堂やテンちゃんや他の女性も大半は何らかの恨みや異常な執着心を持っているように見えます。 原作とアニメや劇場版は全くの別物として見ています。 お答えします。 確かにラムちゃんは人気ですけど、ヒロインの許容範囲だと思います。 むしろ質問者さんの言われる通り、他に魅力的なキャラクターがいたおかげで、ラムちゃんが引き立てられたと思います ランちゃんにいじめられるラムちゃんは可愛かったですもん) ラムちゃんの魅力は現代にも通ずるオリジナリティーです。 そもそもが侵略者 イカ娘)であり、電撃使い 美琴)でもあるわけです。 同感です。 もちろん男の論理ですが……。 新作はまずあり得ないと思いますので、TOKYO MXの再放送でたまに見れば十分です。 ラムちゃんの魅力を再確認したいのであれば…劇場版「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」をご覧ください。 涼宮ハルヒの原型とも言われる劇場版アニメの最高峰のひとつです。

次の

ラムちゃんの方言はどこ弁?佐渡弁・富山弁・大分弁・それとも仙台弁?

ラム ちゃん

ラムちゃん 昔うる星やつらというアニメがありましたが、ラムちゃんがどうしても好きになれませんでした。 ランちゃんやしのぶの方が見てて面白かったし、好感が持てました。 でも、ラムちゃんは絶大な人気がありますよね。 あのボディのせいなのかとも思いますが、ラムちゃん以外にグラマータイプの女の子がこのアニメには何人かいたように思いますので 何か他のキャラにはない別の魅力が彼女にはあるのかなあとも思います。 ラムちゃんの魅力を教えてもらえませんか? あと、このアニメが今現在新作として放送されたのだとしても、ラムちゃんは人気が出ると思いますか? あなたの感覚は普通というか、別に変ではないと思います。 作中でも 「かんしゃく持ち ヒステリック 」で、 「押しかけ女房でかつどこにでもつきまとう ストーカーっぽい 」ということで 当のダーリン 諸星あたる は当初ラムを嫌ってました。 周囲も、トラブルメーカーであることからあまり快く思っていませんでしたし 同性からはそれに加えて男性の耳目をむやみに引きまくるということで けっこう反感買ってます。 原作漫画の読者やTV版の視聴者にしても 「遊び相手、彼女までならいいけど結婚相手としてはしのぶや他の娘のほうがいい」というのが ラムに対する評価の大勢です。 なので、当初はルックスで人気を稼いでいる面は少なからずありますね。 それが 「惚れた男に一直線」で他の男をほぼ相手にせず ダーリンに愛情を注ぎまくることを続けたのが だんだんと理解と共感を呼んだこと、ラム自身も トラブルメーカーやってるばかりでなく、だんだんと 「諸星あたるにとって、いないよりはいるほうがいい」女へと変わって行きました。 原作はそうでもないのですが、TV版では あたるの身の回りの世話や諸星家の家事手伝い、さらには 「ダーリンに対する危害や侮辱は断固許さない」と明言するなど 人心掌握する 男心を掴む 上でかなり効果的な言動をしています。 というわけで、トラブルメーカーにして喜怒哀楽が激しいという厄介な面はあるのですが、 「美人で可愛くてグラマーでスタイル抜群で、惚れた男は 本人なりに 全力で愛して身も心も捧げる」 という、少なくとも男から見た理想の女の資質を持っていることが 魅力と人気の源泉です。 なお、新作としては 先日「ザ・障害物水泳大会」がブルーレイで出ましたが あれを見る限り、現在のアニメーションの作り手が手がける限り 「そこそこいけるだろうがかつてほどの人気は出ない」と思います。 上に書いたように、『見た目だけでなく言動も大事』なわけですが、 絵はキレイでも物語 キャラクターや脚本・セリフ を上手く作れるか はなはだ心もとないです。 浮気を許してはいないと思うのですが。 あたるなしの世界が考えられなく離れることができないから許しているように見えるだけで。 「電撃だけで浮気を許してくれる」というのは誤解です。 許す許さじ関係なく、Lumには、あたるに対しての三行半という概念そのものが存在しないだけです。 たとえば、めぞん一刻の音無響子や、らんまのあかねのように、他の男と(軽い意味での)両てんびんをかけたりする試みもみられません。 彼女の場合の心理作戦で見られたのは、「聞こえないふり」や、終盤の破滅的行為だけでした。 終盤の破滅的行為(詳細は読まれたし)から、いかに彼女にとって、あたるの存在が大きいかがわかります。 あたるは、らんまや犬夜叉みたいに顔もそんなにイケテない(ふつう)し、好色で、手に負えるのは幼馴染のしのぶで、想いを寄せ 続けていたしのぶですらあきれるほどの性格であり、Lumが執拗に食い下がってもメリットのある人物ではありません。 互いにマイナスの要素(しかもかなり非常識な)があったからこそ、その駆け引きが面白いのではないのでしょうか。 あまり常識を適用して、比較してみようという試みは感心しません。 私はマンガは直感で読んで素直に楽しんでいます。 あとこれは私感ですが、ファンは「うる星やつらの世界における」Lumに魅力を感じているのだと思います。 (あたりまえですが、その世界におけるということを強調したことは、それは俗世の世界で通用する感覚ではないということを意味する。 ) ただし、読者はまぎれもなく俗世にもまれた人間。 常識を身に付けた読者。 その世界観の格差は必ずしも問題にはならず、少なくとも読者はマンガを読んでいるときはその世界の事情を受け入れている。 ところが正気に戻った時に、この世の価値観を以て、うる星やつらのキャラクターについて考察しようとするものだから違和感を覚えるのである。 たとえば、外国に行って家中を土足で歩き回るところを目にし、帰国後に「家中を土足で歩き回る習慣を持つ人の感覚はおかしい」とあらためて異議を唱える人はそういないはずである。 それは、各々の文化を認めているからである。 二次元は二次元で素直に楽しみましょう。 二次元のことを実際の世界に持ち込んでしまうのは野暮な気がするのですが・・。 これまでのヒロインになかった行動力がある事に加え我が儘で非常識な所に魅力を感じますが、大人しいラムちゃんには何の魅力もありません。 電撃一発で浮気を許す所や一途さがいいという人がいますが、許しているようにはとても思えません。 ラムちゃんは一見あたるに対して一途に尽くしているように見えますが、実は自分に尽くして欲しいとか理解者や友達がいない為孤立しているように見え、見捨てられたくない為の行動に過ぎず、その方法もかなり強引なためトラブルの起点となる事が多く、全て責任はあたるに押し付けるイメージがあり、更に一途な筈のラムちゃんがいとも簡単に元カレのレイを振った事から世間のイメージとは違いラムちゃんがあたるを異性として愛しているというよりは友達として好きなのではないかと見ています。 アニメで男性の願望や理想が入りまくり美化されたラムちゃんの影響がかなり強いせいかラムちゃんを善玉の主人公と思い込んでいる方はかなりいるようですが、元々悪役として出て来た事、あたる以外の登場人物との絡みが少ない事、欠いても話が成立することから狂言回しのような存在だと思います。 ランちゃんは誠実さと一途さという点ではラムちゃんを上回っていますが、裏を返せばストーカーとしての素質もラムちゃんの上を行っていると思います。 しのぶちゃんはあたるを振った事から男運のないキャラになりましたが、同時に男に対する恨みもついて来たように思えます。 お世辞にも男らしい性格とは言い難い面堂やテンちゃんや他の女性も大半は何らかの恨みや異常な執着心を持っているように見えます。 原作とアニメや劇場版は全くの別物として見ています。 お答えします。 確かにラムちゃんは人気ですけど、ヒロインの許容範囲だと思います。 むしろ質問者さんの言われる通り、他に魅力的なキャラクターがいたおかげで、ラムちゃんが引き立てられたと思います ランちゃんにいじめられるラムちゃんは可愛かったですもん) ラムちゃんの魅力は現代にも通ずるオリジナリティーです。 そもそもが侵略者 イカ娘)であり、電撃使い 美琴)でもあるわけです。 同感です。 もちろん男の論理ですが……。 新作はまずあり得ないと思いますので、TOKYO MXの再放送でたまに見れば十分です。 ラムちゃんの魅力を再確認したいのであれば…劇場版「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」をご覧ください。 涼宮ハルヒの原型とも言われる劇場版アニメの最高峰のひとつです。

次の

大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん 柏店

ラム ちゃん

ラムちゃん 昔うる星やつらというアニメがありましたが、ラムちゃんがどうしても好きになれませんでした。 ランちゃんやしのぶの方が見てて面白かったし、好感が持てました。 でも、ラムちゃんは絶大な人気がありますよね。 あのボディのせいなのかとも思いますが、ラムちゃん以外にグラマータイプの女の子がこのアニメには何人かいたように思いますので 何か他のキャラにはない別の魅力が彼女にはあるのかなあとも思います。 ラムちゃんの魅力を教えてもらえませんか? あと、このアニメが今現在新作として放送されたのだとしても、ラムちゃんは人気が出ると思いますか? あなたの感覚は普通というか、別に変ではないと思います。 作中でも 「かんしゃく持ち ヒステリック 」で、 「押しかけ女房でかつどこにでもつきまとう ストーカーっぽい 」ということで 当のダーリン 諸星あたる は当初ラムを嫌ってました。 周囲も、トラブルメーカーであることからあまり快く思っていませんでしたし 同性からはそれに加えて男性の耳目をむやみに引きまくるということで けっこう反感買ってます。 原作漫画の読者やTV版の視聴者にしても 「遊び相手、彼女までならいいけど結婚相手としてはしのぶや他の娘のほうがいい」というのが ラムに対する評価の大勢です。 なので、当初はルックスで人気を稼いでいる面は少なからずありますね。 それが 「惚れた男に一直線」で他の男をほぼ相手にせず ダーリンに愛情を注ぎまくることを続けたのが だんだんと理解と共感を呼んだこと、ラム自身も トラブルメーカーやってるばかりでなく、だんだんと 「諸星あたるにとって、いないよりはいるほうがいい」女へと変わって行きました。 原作はそうでもないのですが、TV版では あたるの身の回りの世話や諸星家の家事手伝い、さらには 「ダーリンに対する危害や侮辱は断固許さない」と明言するなど 人心掌握する 男心を掴む 上でかなり効果的な言動をしています。 というわけで、トラブルメーカーにして喜怒哀楽が激しいという厄介な面はあるのですが、 「美人で可愛くてグラマーでスタイル抜群で、惚れた男は 本人なりに 全力で愛して身も心も捧げる」 という、少なくとも男から見た理想の女の資質を持っていることが 魅力と人気の源泉です。 なお、新作としては 先日「ザ・障害物水泳大会」がブルーレイで出ましたが あれを見る限り、現在のアニメーションの作り手が手がける限り 「そこそこいけるだろうがかつてほどの人気は出ない」と思います。 上に書いたように、『見た目だけでなく言動も大事』なわけですが、 絵はキレイでも物語 キャラクターや脚本・セリフ を上手く作れるか はなはだ心もとないです。 浮気を許してはいないと思うのですが。 あたるなしの世界が考えられなく離れることができないから許しているように見えるだけで。 「電撃だけで浮気を許してくれる」というのは誤解です。 許す許さじ関係なく、Lumには、あたるに対しての三行半という概念そのものが存在しないだけです。 たとえば、めぞん一刻の音無響子や、らんまのあかねのように、他の男と(軽い意味での)両てんびんをかけたりする試みもみられません。 彼女の場合の心理作戦で見られたのは、「聞こえないふり」や、終盤の破滅的行為だけでした。 終盤の破滅的行為(詳細は読まれたし)から、いかに彼女にとって、あたるの存在が大きいかがわかります。 あたるは、らんまや犬夜叉みたいに顔もそんなにイケテない(ふつう)し、好色で、手に負えるのは幼馴染のしのぶで、想いを寄せ 続けていたしのぶですらあきれるほどの性格であり、Lumが執拗に食い下がってもメリットのある人物ではありません。 互いにマイナスの要素(しかもかなり非常識な)があったからこそ、その駆け引きが面白いのではないのでしょうか。 あまり常識を適用して、比較してみようという試みは感心しません。 私はマンガは直感で読んで素直に楽しんでいます。 あとこれは私感ですが、ファンは「うる星やつらの世界における」Lumに魅力を感じているのだと思います。 (あたりまえですが、その世界におけるということを強調したことは、それは俗世の世界で通用する感覚ではないということを意味する。 ) ただし、読者はまぎれもなく俗世にもまれた人間。 常識を身に付けた読者。 その世界観の格差は必ずしも問題にはならず、少なくとも読者はマンガを読んでいるときはその世界の事情を受け入れている。 ところが正気に戻った時に、この世の価値観を以て、うる星やつらのキャラクターについて考察しようとするものだから違和感を覚えるのである。 たとえば、外国に行って家中を土足で歩き回るところを目にし、帰国後に「家中を土足で歩き回る習慣を持つ人の感覚はおかしい」とあらためて異議を唱える人はそういないはずである。 それは、各々の文化を認めているからである。 二次元は二次元で素直に楽しみましょう。 二次元のことを実際の世界に持ち込んでしまうのは野暮な気がするのですが・・。 これまでのヒロインになかった行動力がある事に加え我が儘で非常識な所に魅力を感じますが、大人しいラムちゃんには何の魅力もありません。 電撃一発で浮気を許す所や一途さがいいという人がいますが、許しているようにはとても思えません。 ラムちゃんは一見あたるに対して一途に尽くしているように見えますが、実は自分に尽くして欲しいとか理解者や友達がいない為孤立しているように見え、見捨てられたくない為の行動に過ぎず、その方法もかなり強引なためトラブルの起点となる事が多く、全て責任はあたるに押し付けるイメージがあり、更に一途な筈のラムちゃんがいとも簡単に元カレのレイを振った事から世間のイメージとは違いラムちゃんがあたるを異性として愛しているというよりは友達として好きなのではないかと見ています。 アニメで男性の願望や理想が入りまくり美化されたラムちゃんの影響がかなり強いせいかラムちゃんを善玉の主人公と思い込んでいる方はかなりいるようですが、元々悪役として出て来た事、あたる以外の登場人物との絡みが少ない事、欠いても話が成立することから狂言回しのような存在だと思います。 ランちゃんは誠実さと一途さという点ではラムちゃんを上回っていますが、裏を返せばストーカーとしての素質もラムちゃんの上を行っていると思います。 しのぶちゃんはあたるを振った事から男運のないキャラになりましたが、同時に男に対する恨みもついて来たように思えます。 お世辞にも男らしい性格とは言い難い面堂やテンちゃんや他の女性も大半は何らかの恨みや異常な執着心を持っているように見えます。 原作とアニメや劇場版は全くの別物として見ています。 お答えします。 確かにラムちゃんは人気ですけど、ヒロインの許容範囲だと思います。 むしろ質問者さんの言われる通り、他に魅力的なキャラクターがいたおかげで、ラムちゃんが引き立てられたと思います ランちゃんにいじめられるラムちゃんは可愛かったですもん) ラムちゃんの魅力は現代にも通ずるオリジナリティーです。 そもそもが侵略者 イカ娘)であり、電撃使い 美琴)でもあるわけです。 同感です。 もちろん男の論理ですが……。 新作はまずあり得ないと思いますので、TOKYO MXの再放送でたまに見れば十分です。 ラムちゃんの魅力を再確認したいのであれば…劇場版「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」をご覧ください。 涼宮ハルヒの原型とも言われる劇場版アニメの最高峰のひとつです。

次の