ヤフー 動画 広告 消す。 【エロ・グロ撲滅】不快なスマホ広告をシャットアウトする方法

YahooトップページのFlash動画広告を非表示にする方法

ヤフー 動画 広告 消す

お使いのブラウザは、JavaScript が無効になっています アンケート回答や表示設定等の機能を利用するためには、JavaScript を有効にする必要があります。 有効にする場合は、の手順をご覧ください。 Yahoo! 広告 ディスプレイ広告では、お客様がご覧になりたくないと思われる広告があった場合、選択した広告主(URL・アプリ)の広告を非表示に設定することができます。 特定広告主の非表示の設定をご利用したい場合は、Yahoo! JAPAN IDでログインしてください ログインする場合はからログインを行なってください。 Yahoo! JAPAN IDでログインした状態でこのページを訪れると以下の利用ができます。 ・特定広告主の非表示• 広告の非表示設定•

次の

Yahooメールの右側に出る邪魔なPR広告を消すにはどうしたら良い?

ヤフー 動画 広告 消す

Androidスマホでゲームを遊んでいる時、電子書籍を読んでいる時、または動画を見ている時、勝手に出た広告がとても嫌でしょ?こういう場合、どうやってAndroidスマホの広告をブロックしますか?この記事は必ずお役に立ちます。 一、広告ブロックアプリを使用 Androidスマホの広告をブロックするために、専門の広告ブロックアプリを使用することは一つの方法です。 「Adblock Browser Android版」、「Javelin Browser」、「Adguard Content」などの広告ブロックアプリがお勧めです。 「Adblock Browser Android版」 「」は有名な広告ブロックアプリです。 このアプリを使用してどんなブラウザで表示される広告もブロックできます。 先ずは、ネット或いはGoogle Playストアから「Adblock Browser Android版」を無料でAndroidスマホにインストールします。 次に、このアプリを起動して最初の画面でアプリを簡単に初期設定します。 アプリに関する紹介を読んで「残り1ステップ」をタップし、「完了」をタップします。 広告が付いているページを開け、画面の右上のアイコンをタップして表示されたメニューから「このサイトで広告をブロック」という項目をチェックしてください。 こうすれば、このページの広告が見えなくなります。 「Javelin Browser」 広告ブロックアプリではなく、広告をブロックできるブラウザを利用することも一つの手です。 「Javelin Browser」のホーム画面はこのように見えます。 訪問したいサイトを頂部のアドレスバーに入力します。 「Javelin Browser」に広告ブロック機能が搭載されます。 画面の左上のアイコンをタップして、または画面の左側から右にスワイプしてメニューを開けます。 表示された左バーから「Enable ad-block」項目にチェックを入れ、「Enable Ad-Block now」をタップします。 最後にポップアップで表示された「OK」をタップすれば、ページの広告をブロックすることができます。 注意:「Javelin Browser」アプリを使用して一部の広告をブロックできない可能性があります。 しかし、「Javelin Browser」を使用する場合、広告を消さなくてもページを爆速で開けることができます。 二、ブラウザに搭載された機能を使用してサイトの広告をブロック 専門のアプリを使ってAndroidスマホの広告をブロックする方法以外、ブラウザに搭載された機能を使用して広告を消すこともできます。 例えば、Firefox、Opera、Chromeなどのブラウザは広告をブロックする機能を提供しています。 Firefoxのアドオン「Adblock Plus」 「Adblock Plus」を使ってブラウザで表示されるバナー広告などを無料でブロックすることができます。 Firefoxバラウザを起動した後、「Adblock Plus」を検索バーに入力して検索すると、MozilaのAdblock Plusのページが表示されます。 そのページを開け、「Firefoxへ追加」という項目をタップし、ポップアップで「インストール」を選択して「アドオン」をAndroidスマホにインストールします。 「Adblock Plus」のインストールが完了したら、設定が自動的にオンになります。 前広告が付いているページに訪問するなら、広告がブロックされています。 「Adblock Plus」の設定をカスタマイズする方法 Firefoxブラウザを起動して、メニューから「アドオン」をタップすると、Adblock Plusのいくつの設定項目が表示されます。 下記の使い方を参考にしてください。 「フィルタ設定」で外部の広告フィルタを手動で導入する方法: 広告のブロックはフィルタ情報の導入が必要です。 一般的にフィルターを導入するためには、「フィルタ設定」>「購読するフィルタを追加」>「別の購読するフィルタを追加」>「購読するフィルタを追加」の順でタップして外部の広告フィルタを手動で導入します。 でも、フィルタの広告とサイトは言語により異なります。 以上の方法で購読してみると、英語のフィルタが多数で、注意してください。 日本用のフィルタを購読したい場合、「adblock-plus-japanese-filter」「日本の Adblock Plus 用フィルタ」「Adblock Plus filters for Japanese Web sites」などのキーワードで検索して探す必要があります。 手間がかかりますので、ここには皆様のために、を準備しました。 このフィルタを追加した後、広告のブロックを設定し始めましょう。 「Adblock Plus」の設定から購読するフィルタを選択した後、フィルタのブロック範囲についても調整できます。 「yahoo. jp)で「Adblock Plus」を有効または無効に切り替えます。 「Chrome」でポップアップに対するブロック機能 Googleのブラウザ「Chrome」で、ポップアップに対するブロック機能が搭載されています。 ブラウザの画面で右上のアイコンをタップし、メニューから「設定」>「サイトの設定」>「ポップアップ」を選択します。 ポップアップのスイッチをオフにします。 こうすれば、前の「許可」文字が「ブロック」に変更しました。 ポップアップのスイッチをオフにした後、広告が付いているページに訪問すると、ポップアップのブロック通知が表示されます。 右下の「常に表示」ボタンをタップして広告を表示することもできます。 三、アプリの広告をブロックする方法 1. 「Adblock Plus」 「Adblock Plus」を使用してブラウザだけではなく、全アプリの広告を消すこともできます。 先ずは「Filter subscription」という項目で広告リストを選択してください。 もし、どうやって選択をするべきか分からない場合は「EasyList」を選択することがお勧めです。 次に、「Enable filtering」のチェックを入れると、「ABP」アイコンが通知リストに表示されます。 こうすれば、Firefox以外のブラウザを使用しても広告をブロックできます。 もちろん、ブラウザ以外のアプリであっても同じです。 下の図で見たとおり、本来画面の底部に表示された広告が「PR loading…」という文字になっています。 アプリを再インストール ネットでダウンロードしたいアプリを簡単に見つけることができますが、一部の提供元からダウンロードするアプリは広告が付いています。 こういう場合は公式サイトからアプリを再インストールすることがお勧めです。 メンバーになる 一部のサイトは会員制を採用し、メンバーになると、広告なしでアプリを使用することができます。 こういう時、広告を我慢する、もしくはお金を払ってメンバーになりますか?それはあなた次第です。 セキュリティソフトを使用 「カスペルスキー」などの一部のセキュリティソフトを使用して広告をブロックすることができます。 これからは「カスペルスキー」ソフトを例にします。 「バナー広告対策」項目のスイッチをオンにします。 100%広告をブロックすることはできないが、Yahooサイトの広告なども結構な精度でブロックできます。 広告をブロックした時のデメリット 上記の方法を使ってAndroidスマホの広告をブロックすることができますが、それはメリットばかりではありません。 過剰な広告について、多くのユーザーが非常に不愉快に感じますが、広告の中に実用性が高い商品もあります。 だから、ユーザーにとって、広告をブロックしたら、広告の中の良い商品を見逃してしまう場合もあります。 それ以外、広告の提供者にとって、広告がもたらすお金の入りはサイトの運営を支える資金の一部かもしれません。 正直に言うと、サイトを無料で読んでいる以上、いくつの広告がサイトに付いていることも不合理とは言えないでしょう。 だから、もしサポートしたいサイトがあれば、そのページの広告をブロックしないでください。

次の

スマートフォンでしつこく出てくる広告を非表示にする方法を教えます!

ヤフー 動画 広告 消す

もくじ• エンドレス気持ち悪い広告ループ 上の画像が実際の広告です。 ヤフーメールの右側に出てくる広告です。 モザイクかけてますが、すでに気持ち悪い。 この一度検索したものに関連する広告がでてくるのは、 行動ターゲティング広告(googleはパーソナライズド広告)といいます。 使っているブラウザの クッキーに保存されている情報をもとに、その人にあった広告がでてきます。 これ自体は、自分にあった広告がでてくるので別に気にしてませんでした。 しかし今回は「堪忍袋の~」ですね。 なぜか。 それが、シロアリだったからです。 気持ち悪いったらありゃしません。 でっかいのがズドーンとくるパターンや、白いツブツブパターン。 毎回毎回、シロアリ。 シ・ロ・ア・リ シ ロ ア リ です。 別の全然関係ない不動産とか色々検索して、クッキー上書き作戦を試みましたが通用せず(設定など変えなくてもサクっと消えると思っていた)。 「いい加減にせいっ」 ということで検索したらあっさり解決でした。 無効化するだけ 下記リンクにアクセスし、ページ下部の「無効化する」をクリックするだけです。 Yahoo! JAPANの配信する行動ターゲティング広告の無効化について リンク もちろんYahoo! アカウントでログインした状態でアクセスしてください。 これだけで、あれだけ悩まされたキモイ広告から解放されます。 ちなみに無効化してもガンガン表示されるビビッドアーミーなんてのもあります。 その場合はこちらの記事を参照下さいませ。 おまけ:グーグルの場合はこちら ヤフー以外にも帝国グーグルの広告部隊がいます。 そちらに関しては以下ページをご参照のこと。 先ほどのヤフー広告と同じように、広告設定のリンク先から簡単に設定できます。 ついでにグーグルの広告設定も変更しておきましょう。 広告設定の管理 — 広告 ヘルプ リンク 変な検索はシークレットモードがおすすめ シロアリを検索したのが運のつきでした。 ヤフー自体は黎明期から利用しているので、いまだにトップはヤフーを利用しています。 検索はグーグルメインですが。 ユーザーの行動を元に表示する広告自体は別にいいと思います。 しかし不快な広告はボタン一つで出ないようにできると、なおよろしいのではないかと思います。 ヘンテコな、ちょっとした検索はシークレットモードがいいかもですね(笑) 今日のまとめ ということで、へんてこな広告に悩まされている方は、今回説明した操作でオフにしましょう。 ちなみにヤフーでは、設定変えないと以下の 位置情報や信用スコアなんてデータも収集されておりますのでご安全に。 (今はデフォルトオフになったかもです。 未確認) サイト内検索 カテゴリー• 328• 226• 111• 106• 138• 13 アーカイブ•

次の