大谷翔平 フォーム。 大谷翔平:モチベーションの上がる名言90選

【大谷と一問一答】投球フォームを模索「細かい引き出しが大事」― スポニチ Sponichi Annex 野球

大谷翔平 フォーム

エンゼルスの大谷翔平投手(25)が2日(日本時間3日)、キャンプ地の米フロリダ州テンピで今キャンプ3度目のブルペン投球を行った。 インターバルを挟みながら3セット、計47球を投じた。 敵地で行われたカブス戦には同行しなかった。 以下、練習後の主な一問一答。 「試合の中でのルーティンだったりとか、そういう話ですかね。 「フォームに関しては、毎回、毎回そうじゃないかなと思います。 シーズン中もそうですし、毎日、毎日同じ感覚で投げても違うかったりするものなので。 それはみんなそうだと思う。 「バッティング、ピッチングも合う合わないはあります。 例えば腕を通す位置だったりとか、ルートだとか。 その方がいいけど、それでタイミングが遅れるんだったら、それは良くないルートなのかなというか。 良いタイミングでそこで(腕を)上げられるんだったらいいと思いますけど。 それを今やってすぐできるかっていったら、できる人はいると思いますけど、合わなかった人だったらすぐにはできないと思いますし。 そういうところは折り合いをつけないといけないですし。 「大分、良いですね。 手術前の状態に戻っているか。 「どちらかというと正しいフォームで(スクワットなどのトレーニングを)まずはやらないといけないので。 一気に(重量を)上げるということはないですけど、それなりの重量は扱えているかなと思います。 去年はそんなにシーズン中もできなかったので、筋力的にも後半も落ちていましたし。 継続的にそういうのに取り組んでいかないとトータルで見た時に良くないかなと思います」.

次の

理想的な投球フォーム

大谷翔平 フォーム

エンゼルスの大谷翔平投手(25)が2日(日本時間3日)、キャンプ地の米フロリダ州テンピで今キャンプ3度目のブルペン投球を行った。 インターバルを挟みながら3セット、計47球を投じた。 敵地で行われたカブス戦には同行しなかった。 以下、練習後の主な一問一答。 「試合の中でのルーティンだったりとか、そういう話ですかね。 「フォームに関しては、毎回、毎回そうじゃないかなと思います。 シーズン中もそうですし、毎日、毎日同じ感覚で投げても違うかったりするものなので。 それはみんなそうだと思う。 「バッティング、ピッチングも合う合わないはあります。 例えば腕を通す位置だったりとか、ルートだとか。 その方がいいけど、それでタイミングが遅れるんだったら、それは良くないルートなのかなというか。 良いタイミングでそこで(腕を)上げられるんだったらいいと思いますけど。 それを今やってすぐできるかっていったら、できる人はいると思いますけど、合わなかった人だったらすぐにはできないと思いますし。 そういうところは折り合いをつけないといけないですし。 「大分、良いですね。 手術前の状態に戻っているか。 「どちらかというと正しいフォームで(スクワットなどのトレーニングを)まずはやらないといけないので。 一気に(重量を)上げるということはないですけど、それなりの重量は扱えているかなと思います。 去年はそんなにシーズン中もできなかったので、筋力的にも後半も落ちていましたし。 継続的にそういうのに取り組んでいかないとトータルで見た時に良くないかなと思います」.

次の

理想的な投球フォーム

大谷翔平 フォーム

大谷翔平のモチベーションの上がる 名言を紹介します。 大谷選手の言葉には飾ったところがなく、控え目。 でも核は強固で、力強く、目にすると、かなりモチベーションが高まってきます。 計90の名言。 一つひとつチェックしてもいいし、目次の気になるカテゴリーからチェックしてもいい。 ブックマーク必須の内容です。 大谷翔平 北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手。 右投左打。 プロ野球史上、類を見ない投手と打者の「 二刀流」選手として注目される。 あとで確実に読みたい: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 大谷翔平の名言「自分」編 「僕自身も、もっともっとって思いはありますが、逆に『大谷選手投げないでくれ』って思っている子の方が早く上達していくと思います。 だから、すごく 信頼はありましたね。 この人なら大丈夫。 日本が近代的に変わっていくための新しい取り組みが多くて、歴史的に見ても大きく変わる時代。 160キロ投げている姿がある。 バッティングにはバッティングのうまくいかないことがありましたし、ピッチングにはピッチングのうまくいかないことがあった。 自分の感覚の中で、『これは必要ないな』という邪魔な動きを使ってタイミングを取っていた部分があったんですけど、そこを省きたい。 そうすると、力が伝わらないとか、ワンテンポ遅れてしまう部分が出てきてしまうんで、今度はそのための違うリズムのポイントを探さなくちゃならない。 『ピッチャーの時のお前はつまんねえな。 だったら1個分甘くてもいいから、真ん中を狙って投げた方がいいでしょ。 キャッチャーもコースに寄ったりせず、真ん中に構えてくれてますし、真っすぐがいいなっていう時は、真ん中です。 ド真ん中にいっても、ファールを取れる。 ただ、ピッチャーはそういうわけにはいかない。 もしかしたらできないかもしれない。 やはり日本人より優れています。

次の