壁に向かう女。 【ゆっくり解説】壁に向かう女の研究記録【Lobotomy_Corp】 ニココメ

第474話 どエルフと精神的な時の部屋

壁に向かう女

スポンサーリンク F-01-18 壁に向かう女 攻撃 WHITE クリフォトカウンター2 管理方法 ・ 愛着が高いが罠、クフォトカウンターが減少するので、精々1回ぐらいしかできない。 本能が普通なので、それをメインに作業をしていく。 ・作業が普通結果で、一定確率でカウンター減少。 作業が悪い結果で、高確率でカウンター減少。 ・自制1の職員だと、パニックを起こす。 (顔を見せられる) ・クリフォトカウンターが0になると、特殊能力発動。 収容部門の全職員にWHITEダメージ20入る。 ・ 要は能力高い職員が、本能作業をしてるだけでいける。 良い点 ・ 武器のが強力。 序盤でかなり使える武器、しかも2個作れる。 ・本能作業がメインな為、HP上げに使える。 悪い点 ・能力が低い職員だと失敗しやすい。 そのため、そこそこステータスの高い職員が作業しないといけない。 ・ 特性上、本能作業しか上げる事ができない。 それ以外やると、喚く可能性大。 総評 ・微妙に管理がめんどくさいが、慣れればいける。 ・ 武器が強力な為、管理するのはあり。 ・即死がなく、パニックなので、ーしようと思えばいけるので、まぁまぁオススメできる。

次の

女神山から真昼岳縦走 敗退

壁に向かう女

記録 観察レベル なし ひたすら壁に向いて立っている女人をしているアブノーマリティ。 耐えられなかった恨めしさは長い時間の末に妄執となり生い茂た髪の毛として覆われていった。 観察レベル1 いつも同じ姿勢を維持しているためどんな顔を為ているか知る人はいない。 時々独り言をつぶやきしたりすすり泣く声が聞こえるが直截的な対話は不可能である。 せめて人間の形をしていはいるが一日中何を見ているのか、どんな考えをしているのか分からない。 観察レベル2 該当のアブノーマリティが対象に語りかけようとするがこれに答えや反応をしようと後ろを振り向いた瞬間精神被害を受ける。 噂だと石になってしまうというとんでもない内容があるがもちろん事実ではない。 該当のアブノーマリティが収容室を出ようとする職員に話をかけたり好奇心をそそのかそうとする。 これはあまりにも儚いので答えや反応をするために後ろを振り向いてはいけない。 観察レベル3 <観察記録1ー04一部抜粋> 重要なのはたった一つだ。 あれにわざわざ関心を払う必要はないということである。 実際あれは絶え間なく我々の気を引こうと努力している。 わざと漏すように吐き出す不明瞭な囁きは作業をする者が耳を向けるようにし、収容室を出ようとする後ろ姿に切なげなもしくは悪意に満ちたある言葉等を噛み吐くがこれは我々に無意識のうちに後ろに振り向けさせる。 無意識というものを非常に警戒すべき理由が瞬時に自分の名前が聞こえると深く考えずに後ろを振り向くように、不明瞭の音声を後ろから聞いた時も深く考えずに後ろを振り向くからである。 よって私はこの記録を読むであろう後輩達に警告する、もしもの時でもこの奸物のアブノーマリティに自分の名前を知らされる恐ろしい過ちだけは絶対に犯してはならない。 自信を持って言える、あれの存在の目的は我々に振り向かわせること、それ一つだ。 その中でどんなことが起っても収容室に一人で好奇心を持つべきではない。 観察レベル4 <相談記録#9ー39一部抜粋> 職員F5004:<名前削除>は私が可愛がっていた後輩の一人でした。 もちろん後輩を愛おしまない先輩はいないでしょうけど<名前削除>はもう少し格別でした。 あの子みたいに作業に熱情を注ぐ子も珍しかった事でしょう。 あれがどうやって可愛いあの<名前削除>の名前を探り出したかは分かりません。 おそらく同僚がいつだったかあの収容室であの子の名前を呼んだのでしょう。 二人を送るべきだったのに、ご存じの通り私たちはいつも人手が足りません。 しかもあのアブノーマリティはそこまで威嚇的は等級でもないんです。 たとえ二人を送ったとしても上層部ではあまり快く思わなかったでしょう。 (中略) お.. 後はあなたが知っている通りです。 事故が起ったx月x日、<名前削除>はいつものように収容室に投入されて長時間帰ってこなかったんです。 <名前削除>がサボりなどをする子ではない事を知っていたので私はすぐにあの子を探しに行き、収容室の中にあの子がいました。 幸に外傷は見えませんでした。 ただ状態があまりにもよくないように見えたんです。 全然、よくなかったんです。 (中略) 次の日に会社を去らねばなりませんでした。 ある精神病院に送られたという噂を聞きましたがそれ以来あの子を見た物はいませんでした。 後送されるまでずっと壁を見つめながら誰にも分からないことをつぶやいては他の人達の言葉にも絶対に反応しなかったんです。 それが最後でした。 あの日収容室で一体何が起ったのかは誰にも分かりません。 あの子からも聞き出せないでしょう。 [newpage] E. 名前 悲鳴楔 武器 女人が吐き出した恨みは忘れられまいとばかりに石弓に髪の毛が生えた。 楔が空を切るときに聞こえるその音は悲鳴を連想させる。 髪の毛と手が絡まって使用するものを終わりなき悲しみの同伴者として導けるので注意しなければならない。 根深い悲しみに一緒に染めないためには強い心と冷血な精神が必要である。 防御具 芽生えた恨みはぞんざいに投げ捨ててはいけないと言わんばかりに頑なに巻きついている。 楔が打ち込まれた敵の心臓にもそのしこりが打ち込まれて永久に解けることはないだろう。 根深い悲しみに一緒に染めないためには熱い心と冷たい精神が必要である。

次の

Psychelia 零 紅い蝶

壁に向かう女

あらすじ [ ] キングズランディング [ ] は、ティリオンとの婚約のことを聞いた に慰められる。 別の場所で、 と も、この結婚と、 の受ける影響について話す。 公 は孫の王 の政治に関する質問をあしらう。 ジョフリーは、との噂をどうするか聞くが、いまだ脅威ではないとタイウィンは答える。 後にシェイは、ティリオンがサンサと結婚した後は二人の関係を続けるつもりはないと言う。 ブラックウォーター湾を進む船上で、 は王が父親であるとに教える。 〈北部〉 [ ] とに率いられた〈野人〉の一行は、を超えてさらに南に向かう。 とジョンは立ち止まり、この先の旅のことを話す。 後に、オレル はイグリットに愛を告白し、ジョンはいまだにに忠実であると説得しようとする。 ジョンは、〈野人〉には勝てる見込みがないと言うが、イグリットはひるまない。 は二人の若い女性に束縛から解放され、水を飲まされ傷の手当てを受ける。 シオンは二人の優しさに不安を覚えるが、女たちは服を脱いでシオンを愛撫しはじめる。 そこにナイフを持った拷問者の少年が現れ、部下にシオンを縛れと命令し、性器を切除する。 〈壁〉に向かう途中、 とがキャンプの準備をしている間、 は と話す。 オシャはリード家の姉弟に疑いを深め、ジョジェンの緑視 グリーンサイト を黒魔術と呼ぶ。 ジョンのいる、〈壁〉の〈黒の城〉 カースル・ブラック に向かわなければならないとオシャが言うと、ジョジェンは〈三つ目の鴉〉は〈壁〉の向こう側にいると言い、そこが目的地だと言う。 オシャは〈壁〉の北に行くことを拒否し、死んだ夫が〈亡者〉として蘇った話をする。 リヴァーランド [ ] とその軍勢は とロズリン・フレイの結婚式のためにに向かうが、雨のために遅れる。 と叔父 は公に対する嫌悪感を語り、この遅れもへの侮辱とみなされるだろうと言う。 二人だけのテントで、王妃 は妊娠をロブに告げる。 〈旗印のない兄弟団〉の隠れ家で、 はをに売り渡したととを非難する。 の騎兵隊が近くにいると聞き、ベリックは〈兄弟団〉に追跡するよう命じる。 に連れていくと約束されていたため、アリアはベリックを嘘つきとなじる。 狭い海の向こう側 [ ] 、 、 、そして8000の〈穢れなき軍団〉は黄色の都市に着く。 ユンカイは戦略的に無価値だと聞かされるが、デナーリスは20万の奴隷を解放すると主張する。 に命じて使者を送り、降伏しなければと同様に略奪すると言わせる。 ユンカイの使者が訪れ、立ち去ってくれれば黄金の延べ棒で満ちた櫃と望むだけの船を贈るという講和条件を示す。 デナーリスは拒否し、市の全奴隷を解放し、これまでの奉仕に対し報酬を支払えと言う。 ユンカイの使者は怒って拒否し、テントを去る。 〈ハレンの巨城〉 [ ] の牢を が訪ね、明日に向けて出発すると言う。 がに行くので、ブライエニーは のもとに置いて行かれると言う。 ブライエニーは、との誓約を守りの娘たちを母親のもとに返すとジェイミーに誓わせる。 出発する前、ジェイミーはの結婚に対して、とにが挨拶を贈るとルース・ボルトンに言う。 道中で、はジェイミーの右腕の状態を調べ、メイスターの鎖を失ったのは人体実験をしたためだと語る。 クァイバーンが、ロックはブライエニーを父親が申し出た身代金では解放しないだろうと言った時、ジェイミーは一行を率いる〈鉄の脛〉を操ってに戻らせる。 ジェイミーが城に戻ると、ブライエニーは木剣で熊と戦わされている。 ジェイミーはロックに身代金を払ってブライエニーを解放しようとするが拒否され、闘技場に飛び込んでブライエニーを守る。 熊は〈鉄の脛〉の石矢を受けるが戦い続け、ジェイミーはブライエニーを持ち上げて救い、次に自分も安全な場所に引き上げられる。 ジェイミーを守るよう命令されている〈鉄の脛〉と対立したロックは引き下がり、ジェイミーとブライエニーをキングズランディングに向かわせる。 製作 [ ] 脚本 [ ] 本エピソードは原作者のによって脚本が書かれ、『』の第42、43、44、45、46章に基づいている。 マーティンは、製作側による原作からの改変を取り入れ、原作にないシーンを書かなくてはならなかった。 原作では、に対応するはに留まり、について行くことはない。 またはと出会わず、はに打ち明け話をしない。 熊の出て来る最後のシーンは、次話に予定されていたシーンが移動されたものである。 ロケーション [ ] ので撮影された のシーンはで撮影された。 のシーンは、の向こう側のシーンの撮影がに移動する前に、で撮影された。 大型動物を輸送する法規制と難しさを考慮して、熊のシーンはで撮影され、俳優たちは北アイルランドでの撮影後に移動した。 北アイルランド、モロッコ、、アイスランドに続いてが五つ目のロケ国となった。 評判 [ ] 初回放送は484万人が、同夜の再放送は112万人が視聴した。 4話連続の記録更新は途絶えた。 参照 [ ]• Kondolojy, Amanda 2013年5月14日. TV by the Numbers. 2013年5月14日閲覧。 外部リンク [ ]• HBO.

次の