ご尽力いただきました。 今回の交渉で、ご尽力いただきありがとうございました。って英語でなんて言うの?

「ご助力」の意味と目上への使い方、例文!類語「ご尽力」との違いは?

ご尽力いただきました

注力と尽力の違い 注力と尽力の違いを分かりやすく言うと、 注力はある物事に対して力を入れること、力を入れて集中することを意味していて、尽力は、ある物事に対して持っている力の全てを尽くして取り組むことを意味しているという違いです。 注力というのは、物事に対して力を注ぐことを意味しています。 この言葉は、もともとは現代で作られた造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 何かの物事を集中して行う際などに使用される表現です。 しかし、この注力という言葉を使った場合には、どの程度の力を注いでいるのかというのは、人によって異なるものです。 注力という言葉には、力をかける具合の程度を示す意味は含まれていません。 そのため、注力という言葉を使う際には、程度を示す言葉と共に使われることもあります。 例えば「精一杯に注力して」などのように使用されることもある言葉です。 ただし「注力を注ぐ」という表現はしません。 これは注ぐという意味が重複しています。 一方の尽力というのは、物事に対して持っている力の全てを注ぎ切るという意味を持つ言葉です。 尽力の「尽」という字は、尽くすという意味を持つので、尽力という言葉だけで、全部の力を尽くすという意味になります。 尽力という言葉は、ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です、「御社のご尽力に感謝いたします」などのように使われ、相手側が全力をかけてくれたことに感謝をするような場面で使われる表現です。 他にも「ご尽力を賜り」「ご尽力をいただき」などのように使用されます。 「尽力を尽くす」という表現はしないので注意が必要です。 これは「注力を注ぐ」と同じように重複の表現になります。 注力の意味 注力とは、 有る事に力を入れること、力を入れて集中することを意味しています。 注力という言葉は、物事に「力」を「注ぐ」ことを意味している言葉です。 注力の「注」というのが「注意」や「注目」の「注」であると考えると分かりやすいでしょう。 注力という言葉は、何かに力を注ぐこと、力を入れて集中して行うことを意味している言葉です。 例えば「問題の解決に注力する」や「わかりやすい表現になるように注力する」などのように使用されるものです。 この注力という言葉は、現代語として登場した表現であり、辞書によっては載っていない場合もあります。 注意して力を入れることを示して「注力」と使用されたのがはじまりであり、本来は造語でした。 注力というのは、それだけで「力を注ぐ」という意味を持つ言葉なので、「注力を注ぐ」という表現をすると意味が重複してしまうので注意が必要です。 物事を集中して行う時や、力を入れて行う際に「注力する」という表現で使用するようにします。 注力というのは、物事に力を集中させる意味を持ちますが、全力を注ぐという意味は持ちません。 力の入れ加減は人によって異なるものです。 注力というのは、なるべく集中して行うという意味を持つものであると覚えておくようにしましょう。 注力の「注」という字は、そそぐ、流し込む、一点にむける、集める、解き明かすなどの意味を持つ漢字です。 つまり、注力とは、力を一点にむける、集める、流し込むなどの意味を持つ言葉であるとわかります。 注力の「注」という字を使った別の単語としては、注意深くじっと見ることを意味する「注視」、注意して見つめることや関心をもって見守ることを意味する「注目」、本文に注を加えて意味を説明することを意味する「注解」などがあります。 尽力の意味 尽力とは、 目的の実現のために力を尽くす事や、力を注ぎ切ることを意味しています。 尽力という言葉は、「力」を「尽くす」ことを意味している言葉です。 尽力の「尽」という漢字が、全てを出し切るという意味を持つと考えると分かりやすいでしょう。 尽力というのは何かの目的を実現させるために、持っている力を全て尽くすことを意味している言葉です。 例えば「地元の活性化に尽力する」などのように使用されるものです。 この尽力という言葉は、社会や人のために役に立つことを意味する「寄与」(読み方:きよ)や、わが身を犠牲にして尽くすことを意味する「献身」(読み方:けんしん)などと類語であるとされています。 このように、自分の身を犠牲にしても力を尽くしきることを意味するのが「尽力」という言葉です。 覚悟を持って、物事に全身全霊で向かっていくような意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。 尽力の「尽」という字は、つくす、出し切る、ことごとく、すっかりなどの意味を持つ漢字です。 つまり、尽力とは、力を出し切る、力をことごとくつくす、などの意味を持つ言葉であるとわかります。 尽力の「尽」という字を使った別の単語としては、忠義を尽くすことや、国家や君主に対して真心を尽くして仕えることを意味する「尽忠」、月または年の末日や終日を意味する「尽日」などがあります。 注力の例文 10.その小学校では予防歯科に注力しており、生徒の虫歯発生率の低さは全国ランキング1位である。 この言葉がよく使われる場面としては、ある物事に力を入れることや、集中して力を注ぐことを表現したい時などが挙げられます。 注力という言葉は、現代で使われるようになった造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 注力というのは、物事に力を注ぐことを意味している言葉ですが、どの程度の力を注ぐのかということについては、その人それぞれに個人差があります。 また対している物事の重大さによっても力をかける程度は変わってくるものです。 注力という言葉を使った場合には、力を注ぐことしかわからず、その程度については言葉だけの意味ではわからないものであると覚えておくようにしましょう。 尽力の例文 10.山田氏は長年に渡ってこの地域の発展にご尽力いただきました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 この言葉がよく使われる場面としては、ある目的を達成するため、力を尽くして実現させることを表現したい時などが挙げられます。 尽力というのは、持てる力を全て注いで目標達成に向かっていくことを意味しています。 尽力という表現は、例文にあるようにビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です。 目上の人や立場が上の人に力を貸して貰った場合などに「ご尽力を賜り感謝いたします」などのように使用します。 これは最大限の力を尽くしてもらって、ありがとうございます、という意味を示すものであり、感謝の言葉などと共に使われるものであると覚えておくようにしましょう。

次の

「ご助力」の意味と目上への使い方、例文!類語「ご尽力」との違いは?

ご尽力いただきました

ご尽力ってどんな意味?どういう風に使うの? ビジネスシーンで使用することが多い「ご尽力 ごじんりょく 」について解説しましょう 社会人生活も慣れ、ビジネス用語を使用する機会も増えてきた頃に「えっ」と思うのがこの言葉ですね。 同僚や仲間内で協力したり、助けあったりしている時には使わないのですが、先輩・上司や取引先など、目上の方とのお付き合いや、やり取りをする中で増えてくるのが「ご尽力」という言葉です。 「ご尽力いただき…」「お力添え…」は同じような状況で使用される事が多いのですが、実は微妙に異なる意味になるので、使う際は注意が必要です。 その違いも合わせてご紹介しましょう。 ご尽力とは… ご尽力の意味は「目標の為、力を出し尽くす、努力する」です。 漢字の意味そのままと捉えればいいでしょう。 この「ご尽力」は敬語にもなっていますので、目上の方に使用する場合も失礼にあたりません。 「努力していただき…」と使うよりスマートな印象をあたえますので、ビジネスシーンに相応しいといえますね。 時々「ご尽力をつくしていただき…」や自分の行動に関して「尽力をつくします」などと使用する人がいますが、重複表現となってしまうので気をつけましょうね。 「頭が頭痛」と同じ言い方なので笑われてしまいますよ! スポンサーリンク 「ご尽力」の正しい使い方の例をご紹介しましょう 相手に対して使用する時は… 「ご尽力いただきありがとうございます。 「関係者皆さまのご尽力に心から感謝致します。 「感謝…」を「敬意を表します」という言い方はより感謝を伝える方法として相応しいかもしれません。 自分に使うときは? 「尽力させていただきます。 という風に自分を下げる形で使用します。 「これからも一同、尽力して参ります。 「一同」を「私(わたくし」」という具合に一人称で使用するのも可です。 スポンサーリンク お力添えとは… 力添えの意味は「助ける・援助・協力」です。 力添え…だけですと敬語にはあたらないので、友人や後輩など目下の人からの行為に対し使用しますが、目上の方などの場合では「お」をつけて「お力添え」とします。 そうすることにより謙譲語となるのです。 上司や取引先の人など、目上の方へお願いする場合やお礼の際に使うことが多いでしょう。 詳しくは、を参考にして下さい! 「お力添え」の正しい使い方の例をご紹介 お礼をいう場合 「これもひとえに皆様のお力添えのおかげです。 」 よく耳にする言葉じゃないでしょうか?「のおかげ」ですの箇所を「でございます」に変えると、より丁寧になります。 「常日頃よりお力添えいただき、心からお礼を申し上げます。 」 「お礼を申し上げます」を「感謝致しております」に変えてもいいでしょう。 お願いをする場合 「なにとぞお力添えいただけますよう、心よりお願い致します。 」 これもよく聞くことばではありませんか?このフレーズは覚えておくといいでしょう! 「今後とも一層のお力添えをよろしくお願い致します。 」 協力していただいた後に、お礼とその後のお付き合いも含めて…の時に使います。 「一層の」という言葉は強引な感じにもとられますので、協力していただいた内容によっては使わないほうがいいかもしれません。 「お力添え」はスピーチにもよく使われるのでパターンを考えて覚えておくといいですね。 覚えてしまえば、難しい言葉ではないので用途ごとに使用してみましょう。 スポンサーリンク 「ご尽力」「お力添え」のスピーチ・お礼状の例 かしこまった言葉でもあるので、意外と結婚式のスピーチやお礼状などに使用されることが多いのです。 そんな一例をご紹介しましょう。 そんなお礼状をいただいたら可愛い後輩だな!成長したな!と思われる事必至です。 この度は私たちの結婚式のために色々とご尽力いただき、いろいろとありがとうございました …• 本日は未熟なふたりの為にご尽力をたまわりありがとうございました …• お陰様で無事に結婚式を終え、本日新居に落ち着くことができました。 思い当たる節がないですか?社会に出てからは思わぬところで、いろんな方の助言、アドバイス、協力により現在に至っていることが多いものです。 結婚式・新婚旅行に合わせて仕事のスケジュールを調整していただいた事や、悩んでいた時、相談にのってもらい今の自分がある…という事など、何かしら助けていただいたことがあると思います。 そういう時にはこのような言葉にしてみましょう。 堅苦しく感じるかもしれませんが、大人のマナーとして覚え、使いこなせるようにマスターしましょう。 その他「お骨折り(おほねおり)」という言葉は「ご尽力」「お力添え」の類語になります。 この言葉はさらに相手の方への敬意が高くなりますので、使い方も覚えておきましょう。 「お骨折り」の意味は「精を出し働く、苦労する」ですが、これはその内容を表すのではなく、相手の方への敬意という意味で使用します。 もちろん本当にいろいろと難しいことを助けていただいた時にはこの言葉を使用しても構いません。 とてもかしこまった状況で使うことが多いでしょう。 ひとかたならぬお骨折りをいただき、誠にありがとうございました。 ご自身の状況を判断して使用してみましょう。 スポンサーリンク その他の似た言葉をご紹介しましょう どちらかというとフランクな状況で使用することが多いのが「支援」「協力」「お手伝い」「お力」という言葉です。 では早速使用例でご紹介しましょう。 「ご尽力」を使う場合よりはもっと身近な上司、ご近所の年長者などに気楽な感じや、内容次第で使用します。 助けていただいた時の例 「温かいご支援をいただき、ありがとうございました。 」 選挙後のご挨拶などでこういう言葉をききませんか?直接何かをしてもらったわけではないが、気にかけていただいた、声をかけてもらった、優しくしてもらったというニュアンスの時に効果的でしょう。 「ご協力いただき、ありがとうございました。 」 これはストレートなお礼の言葉ですね。 「ご尽力」というには親しすぎる、堅すぎるという場合や同僚や友人らに使用するといいでしょう。 助けるほうの立場のときは… 「ぜひ協力させていただきます。 」 「協力」を「お手伝い」に変えることもよくあります。 「何かお手伝いできることがありましたら、いつでもお申し付け下さい。 」 ビジネスライクな内容ならば「お手伝い」を「協力」とするほうがいいかもしれません。 社内でちょっと言葉をかわす際、相手の方が忙しそうだったり、大変そうだったりする時に、さりげなくお声を掛ける時などに適しています。 その他では、まだチームではないがそこに加わりたい!などのアピールする方法としての言葉としてもいいでしょう。 このように使いやすいセリフと言えますね。 「微力ながらお力になれれば幸いです。 」 自分の力を控えめに伝える際に使います。 協力したい、手伝いたいという事を伝える際に使用することが多いです。 せっかくお礼を伝えたのに、相手の気分を害するのは本意ではないですからね。 意味を理解し場面ごとに使い分けができるように! 今までご紹介したように、場面や状況によっては選ぶ言葉が違ってくることがあります。 それは慣れでもあるのですが、先輩などがどういう風に使用しているのかも日頃からよく聞いておくことが大切でしょう。 誰だって、いきなりの場面では間違った言葉を口にしてしまうこともあるでしょう。 そうなって恥ずかしい思いをしない為にも、周りの会話も意識して聞いておくと自然と身についていくものです。 またビジネスや政治社会がメインとなっている小説などにもよく出てくる言葉なので、目を通しておくとわかりやすいかもしれません。 いろんな状況で身についていけば、スムーズに口から出てくることでしょう。 そうなる頃にはビジネスマンとして成長している証ですね!.

次の

「ご尽力いただき」の意味や使い方!ビジネスやメール例文やマナーを解説

ご尽力いただきました

尽力の使う上での2つのポイント 相手に対しては「ご尽力」、自分に対しては「尽力」を使うこと 「ご尽力」とすると、その言葉自体が敬語表現になります。 そのため、 自分に対して使う場合には「ご尽力」という言葉は使いません。 かならず「ご」を取って「尽力」を使うようにしましょう。 逆に、相手に対して使う場合には、かならず「ご尽力」の方を選ぶ必要があります。 意識して使い分けるようにしましょう。 「尽力を尽くす」という使い方はしないこと 「尽力を尽くします」という使い方、これは、 「尽力」と「尽くす」が全く同じ意味の重複表現になっているため間違った日本語です。 威勢よく「尽力を尽くします!」などと言ってしまうことのないように、気を付けて使いましょう。 「お力添え」と「尽力」の違い 「お力添え」と「尽力」は、どちらも「助ける」という意味の敬語表現ですが、そのニュアンスに微妙な違いがあります。 簡単に言うと、力を尽くして努力してもらったときや、自分が努力したいときは「ご尽力」や「尽力」の方を使います。 そして、温かい支援をもらったとき、 相手に援助をお願いしたいときは「お力添え」の方を使うと効果的です。 その他の「助ける」の敬語表現 「お力添え」「尽力」以外の敬語表現としては、 「ご協力」「ご支援」「お手伝い」などがあります。 これらは、「お力添え」「尽力」よりはフランクな表現になるため、年齢や立場の近い目上の相手に使う場合などには、こちらの表現の方が適していることもあります。 丁寧に書いたつもりが、相手からすると「ただの嫌味にしか聞こえない」と思われてしまい慇懃無礼(いんきんぶれい:表面だけ取り繕ったさま)と、とらわれかねません。 このようなリスクがあるときは、少しフランクな敬語表現にしましょう。 うまく使い分けると、さまざまなビジネスシーンで重宝するはずです。 お手伝いの正しい使い方と使用する場面 「助ける」の敬語表現の中に「お手伝い」という言葉があります。 「お手伝い」は「手伝い」の敬語表現です。 人に手助けをお願いする場合、または自分以外の誰かの手助けをする場合などに使用します。 「お手伝い」を使用した例文は以下の通りとなります。 例文 今回のプロジェクトでの、あなたのご尽力には本当に感謝いたします I really appreciate your great effort on this project. お力添えのまとめ ビジネスシーンにおいては、自分一人で出来ることばかりではありません。 誰かを助けたいとき、相手に助けてもらうとき、感謝の気持ちを伝えたいときなど、「助ける」の敬語表現を使うシーンは意外に多いものです。 常に助け合いながら仕事を進めていく必要があるなかで、きちんと正しい敬語を使えるかどうかは、とても重要です。 また、使う敬語次第で、ニュアンスはガラッと変わるものです。 この例文集のフレーズを参考に、TPOに合わせた表現をしていただけたら嬉しいです。

次の