七夕 飾り。 七夕飾りの名前に意味や由来!作り方に飾り付けはいつからいつまで?

七夕飾りペーパークラフトを無料ダウンロードして手作り! [子供とインターネット] All About

七夕 飾り

七夕飾りの作り方 種類とその意味は? 七夕飾りというと、涼しげな笹に付けられたきれいな飾りが印象的ですよね。 風に揺れたりしてカサカサを鳴る七夕飾りは風流で心が和みます。 七夕飾りは短冊も含め、7種類の飾りが由緒正しい飾りと言われています。 この流れを現代で強く残っているのが仙台の七夕祭りで7種類の七夕飾りはなくてはならないものとされています。 まずはそれぞれの種類と意味についてお話します。 短冊 現在では短冊にお願い事を書くのが当たり前になっていますが、昔は詩や歌を書いたり、学問や習いごとの上達を願いました。 さらに字がうまくなりますように、という願いも込められています。 紙衣(かみごろも) 棚機女(たなばたつめ)が織り、神に捧げたという衣で、七夕竹の一番上に吊るす習わしがあります。 病気や災難の厄除けの意味があります。 昔は母や師匠に教えられ、裁縫の腕が上がるよう願いながら縫われました。 吹流し 織姫の織り糸を象徴し、昔の織り糸を垂らした形を表して機織や技芸の上達を願いました。 くす玉が最上部飾られ、飾り付けの主役となっています。 千羽鶴 家の長老の年の数だけ折り、延命長寿を願いました。 折り方を習う娘たちは折り紙を通じ、教わる心、人に教える心を学びました。 投網(とあみ) 昔から重要なたんぱく源としての魚介をかかさないよう、豊漁や陸地では農作物の豊作を祈願しました。 また、幸運を寄せ集めるという意味も含まれております。 屑篭(くずかご) 七つの飾り物をつくり終えた裁ちくず、紙くずを拾い集めて屑かごの中にいれました。 ものを粗末にしないで役立て、清潔と倹約の心を育てました。 巾着(きんちゃく) 昔金銭を入れて腰に下げたもの。 富貴を願いながら、節約、貯蓄の心を養いました。 しっかりとひもで結ばれ、無駄遣いを戒めています。 出典: 七夕飾りの作り方 七夕飾りでぱっと浮かぶのは、投網(私はてっきりあれは天の川だと思っていました)と吹き流しとちょうちん、あと輪っかをつなげた輪飾り・・・そんなもんでしょうか。 頭の中ではたくさん飾りの付いた笹が浮かぶものの、いざ作ろうとするとさっぱりです。 簡単に思える短冊や投網も実際作ってみようとすると、短冊の厚みの素材だったり、投網の切り込み具合だったり気になるところもでてきます。 短冊は折り紙で作る場合もあるようですが、「飾り」としてはそれでいいでしょう。 お子さんとしっかり願い事を書くのであれば、色画用紙のような多少厚みのある紙がいいでしょう。 吹流し こちらにわかりやすい解説図があるので載せておきます。 ポイントは切り込みを入れる幅を等間隔にすることです。 切り残す部分の幅もマチマチにならないようにするときれいにできあがります。 単色だと見栄えが気になる方は繋がっている部分に別の色紙をまくといいでしょう。 投網(とあみ) こちらもポイントはハサミで切り込みを入れる間隔です。 1cmあたりが妥当ですが、さらに間隔を狭くすると、繊細な印象の飾りに仕上がります。 屑篭(くずかご) 上記リンクでは網飾りが2種類ありますが、網やくずかごは薄い紙(折り紙で可)で作るのが柔らかさもあり、仕上がりがいいです。 鶴 鶴の折り方です。 小さいお子さんでは難しいところもありますね。 細かいところがあるので、丁寧に折っていくのがいいですね。 ちょうちん ポイントはやはりハサミを入れる間隔です。 両面に色のついた折り紙を使用すると、中側の色も見えてさらに提灯らしくなります。 菱飾り 七夕飾りの作り方 かわいくアレンジするには? これまで七夕飾りの作り方についてご紹介してきました。 小さいお子さんがいる場合はさらにかわいらしくもしたいものですね。 色のアクセントを加えてアレンジ 吹き流しのように単色で作るとどうも味気ないと思われる方は、手を加えてアクセントをつけるのもいいですね。 お花紙などのやわらかい紙をふんわりと丸めててっぺんに付けるのもいいでしょう。 天の川(網)のアレンジでおすすめなのは、100円均一などで売っている星の型抜きで金色の色紙を抜いて貼り付けると華やかに見えますよ。 素材を変えてアレンジ スズランテープはご存知でしょうか?チアリーディングなどで使うポンポンをつくるアレです。 50cmほどで切手何本かに裂いて飾ったり、3本ほどを横につなげて天の川風に見せるのもいいですね。 素材に光沢があるので色紙の質感とはまた違った魅せ方ができます。 おりひめやひこぼしを加える このように折り紙で作ってもいいですし、お子さんに塗り絵をしてもらってそのまま飾るなり、おりひめとひこぼしだけ切り抜いて天の川の近くに飾るというのもお子さんは喜ぶと思います。 「おりひめ ひこぼし 塗り絵」で検索するといろいろな画像が出てきますよ。 まとめ 七夕飾りの種類と由来、作り方についてお話してきました。 かわいくアレンジしてお気に入りの笹に仕上がるといいですね。 七夕飾りや笹の後始末については、本来は川に流して清めるものですが、現在には何かと問題ありです。 小さく切ってごみの日に出しましょう。 願い事を書いた短冊は、近所の社寺に持ち込めばお焚き上げしてもらえますが、記念として残しておきたいですよね。 今年の七夕、お願い事を書くとともに楽しい飾り付けができるといいですね。 七夕についての関連記事はこちら.

次の

七夕飾りの名前に意味や由来!作り方に飾り付けはいつからいつまで?

七夕 飾り

スポンサードリンク 七夕飾りはいつからいつまで飾るの? 7月7日は七夕です。 この日に合わせて、笹の葉に願い事を書いた短冊や、 七夕飾りを飾っていくおうちも多いですよね。 近頃では七夕が近づくと、百貨店や大型スーパーなどでも買い物客用に短冊を用意して飾っているところを見かけます。 こういったイベントは6月早々から始まるところもあります。 幼稚園や保育園、学校などでは1週間ほど前からといったところでしょうか。 ところで実際、七夕飾りって一体いつからいつまで飾るものなのでしょうか? 七夕飾りはいつから飾るのが良いの? 家庭で七夕をする場合、 せっかく作るのなら長く飾りたいし、 できるだけ家族みんなで飾り付けも楽しみたいもの。 では、七夕飾りはいつから飾るものなのでしょう? 結論から言うと、 七夕の前日の夕方から夜にかけて飾る、です。 実は、 七夕飾りは7月6日の夕方から夜に飾る「一夜飾り」が基本とされているのです。 七夕飾りはいつまで飾るのが良いの? 七夕飾りの飾り始めは7月6日の夕方から夜。 一夜飾りが基本だということはわかったけれど、 「じゃあ、七夕飾りは具体的にいつまで飾るものなの?」 という疑問が湧いてきますよね。 その答えは、 7月7日の夜まで。 つまり、 七夕の飾り付けは、7月6日の夜に行い7月7日の夜までに七夕飾りを片付けるのです。 願いをこめて短冊を書いたり、折り紙を折ったのに、七夕飾りってたった一晩、一日の生命?! 私も初めて知った時は驚愕でした。 どうして一夜飾りが基本なのかという理由は、七夕の由来にありました。 七夕飾りが一夜飾りの理由 七夕は、日本古来の棚機女 たなばたつめ)の風習が由来になっていると言われています。 棚機女 たなばたつめ)というのは、 選ばれた乙女が7月6日に機(はた)屋で神様にお供えする着物を織って、7月7日の夕方に「禊ぎ」をするものです。 禊が7月7日の夕方に行われるため、7日の夕で「七夕」になったとされる説です。 ・ 七夕の飾り付けをした笹を飾る場所はどこ? 七夕の笹を飾る場所は、決まり事があるわけではありません。 なので家の中に飾っても良いですし、庭やベランダといったところに飾っても大丈夫。 マンションなどの集合住宅の場合は、ご近所や大家さんの許可を取った方が良いかもしれませんね。 飾る場所に決まりのない七夕飾りですが一点だけ注意してほしいことがあります。 笹の葉は造花のプラスチックそれとも自然? 生の笹の葉自体が手に入りにくいこともあって、この頃はプラスチックの笹の葉が使われるようになってきました。 プラスチックの場合は問題ないのですが、自然の笹の葉を使う場合は気をつける点が一点。 自然の笹だと、時に 「 虫が発生する」 という事態になってしまうことがあります。 笹が自然そのままの生の葉だと、環境によっては虫が湧いてしまうんですね。 部屋の中で飾るなら、これを一番注意しなければなりません。 なので、 できるだけ屋外で飾れる場所を見つけて、邪魔になったり周囲の迷惑になったりしないように飾るのがおすすめです。 屋外ならベランダや軒先など、極力雨を避けられる場所を選びましょう。 ですが、せっかく飾った笹の葉が外にあっては子供たちが寂しがるかも。 そういった場合は七夕の日だけ家に入れて、それ以外は外がベストでしょう。 ダミーの造花、プラスチックの笹の葉なら虫の心配もありませんので、みんなで楽しめるリビングなどにも飾れます。 水辺で七夕飾りを流し、穢を祓い清めると共に、神様に届けるなどの意味があります。 ですが今は河川を汚してはいけないという考えから、この方法は行われなくなりました。 ゴミの不法投棄につながってしまいます。 もし、地域のイベントとして「七夕送り(または七夕流し)」を行っている場合は、そちらに参加するのも手ですね。 こういったイベントでは、流した七夕飾りは下流でスタッフが回収するのだとか。 燃やすもしくはお焚きあげ 七夕飾りを燃やした時の煙が天に昇ることで、神様に願いが届くと考えられての処分方法です。 最近では煙や臭いの問題が取りざたされることが多いので、家の庭で燃やす場合は注意が必要です。 神社などでの お焚きあげで燃やしてもらう方法もあります。 地域によっては自治体で行っているところもありますので、役所や最寄りの神社に問い合わせてみると良いと思います。 可燃ごみとして出す 実家では、フツーに 可燃ごみで出していました。 わたしの周りでも大きなものはカットするなどして、 ほとんど可燃ごみで出しています。 でも、せっかく子供が一生懸命に作った可愛い飾りをゴミに出すのは気が引けることもありますよね。 そんな時は記念として写真に残しておくのがおすすめです。 想い出あふれるアルバム写真は子供の成長記録にもなりますよ。 七夕飾りはいつからいつまで飾る?飾る場所と片付けかた処分方法4つ まとめ 七夕飾りは7月6日の夕方から夜に飾る「一夜飾り」が基本。 ちょっと寂しい感じもしますね。 七夕の笹をどこに飾るのか、というのは家庭によって色々です。 1番飾りやすい場所を見つけて、みんなで楽しめるといいですね。

次の

おしゃれな七夕飾りを折り紙で作ろう!簡単可愛い作り方を紹介

七夕 飾り

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• 15種類の七夕飾り 1:短冊(たんざく) お願い事を書く短冊ですが、もともと短冊を使うようになったのは江戸時代に手習いや字の上達を願ったことからとされます。 なので短冊には 「学問や字の上達」という意味があります。 現在では、「〇〇が欲しい」とか本当に自由なお願いをするようになりましたけど、由来を考えれば勉学の向上を願うのが良いかもしれないですね。 短冊は細かく分けて5色あって、色ごとにも持つ意味が変化してきます。 短冊の色それぞれの意味についてはコチラのページをご覧になってみてくださいね。 で、作った「紙衣」 これ『裁縫上手くなりますように』という意味だと知りうりゃうりゃーと作ってる。 和柄の折り紙で作りたい… — 道 shihoru0901 織姫は機織りが上手であったとされているので、これにあやかり紙衣には 裁縫の上達や着るものに困らないように、という意味が込められています。 着物が飾りに使われるなんて少し不思議な感じがしますね。 口をしっかり締めることで、無駄遣いしないようにという戒めの意味があるそうですよ。 スポンサーリンク 4:投網(とあみ)・あみ飾り 網飾りは漁で使用される網を模した飾りなので、 豊漁祈願の意味があります。 また、網で魚をとるように、幸福も絡めとって集められるようにという意味も込められています。 5:屑籠(くずかご) くずかごは、飾りづくりをしたときに出た紙くずなどを入れてつるすので、 整理整頓をきちんとすることや清潔にすることを願う意味があります。 散らかしたものをそのままにしない、という意識を養うんですね。 6:鶴 鶴は昔から縁起がいい鳥で、長寿の象徴とされてきたことから 家族が長生きするようにとの願いが込められています。 鶴は、実際のところ20~30年くらいしか生きないのだそうですが、鳥にしては長生きですよね。 7:吹き流し 吹き流しは機織りが好きな織姫の織り糸を表しているので、 機織りや裁縫の上達の意味があります。 仙台七夕の吹き流しは有名ですね。 8:星飾り 星飾りは、 お願いごとが空まで届いて星が願いを叶えてくれますようにと言う意味です。 星は七夕の象徴のようなマークなので、お家でつくるときもあるといい飾りですよ。 9:輪つなぎ 輪つなぎは、輪っかをいくつもつなげて作ることから、 願いが消えずにつながっていくように、という意味があります。 いい人との関係がずっとつながって続いていくように、という願いも込められているそうです。 スポンサーリンク 10:菱飾り 菱飾りは天の川を表した飾りです。 七夕の日は梅雨時で実際に天の川を見れるかは微妙な所…なので、飾りで華やかにすると良いかもしれないですね。 11:ちょうちん 七夕飾り製作中。。 折り紙で作るときは、暖色系がいいかもしれないですね。 ^^ 12:ナス、スイカ ナスやスイカには 豊作を願う意味があります。 どちらも夏の食べ物なので、七夕の時期にちょうどいいですね。 13:貝かざり・魚 七夕飾り作り。 この懐かしいの、貝飾りという名前であった。 マカロニみたいでかわいい。 — 鳥彩子(ぷよ) toriayako 貝つなぎや魚には 海の恵みをたくさん受けらるように、という願いがあります。 昔は肉を食べることよりも魚や貝を口にすることのほうが多かったので、投網と同じで豊漁を願う意味が込められているのです。 14:三角つなぎ・四角つなぎ 子ども達と作った七夕飾りの 四角つなぎ、 色合いが何かに似てると思ったら NEWSのカラーだったww この色合いは可愛くて 個人的に好きかも• 15:笹 さいごに飾りとして忘れちゃいけないのは笹。 なぜ笹に飾り付けをするのかというと、笹は繁殖力や生命力が強い上、中に空洞ができているので神さまが宿るなどと考えられていたのです。 笹は神聖なものとして扱われてきたので、七夕でも笹を飾るようになったのです。

次の