うらら か 意味。 春うららの意味とは何?どんな言葉?うららって何?

滝廉太郎の花の歌詞の意味がわからないんですど誰か1~3番までの意味をおしえ...

うらら か 意味

麗かの俳句 清月俳句歳時記/野田ゆたか遍のページです。 例句は原則として文語旧仮名遣いの有季定型の伝統的俳句を取り上げています。 清月俳句会の歳時記[季節] 晩春を主に三春(4月を主に2月から4月)時候季題[季題] 麗か(うららか)[副題] うらら. 麗らけし(うららけし). 副題『うらら』の例句ページへ リンク. 副題『麗らけし』の例句ページへ リンク春の日の光がうるわしくゆきわたり遠くは霞んで総てのものが明るく朗らかに美しく見えるようなありさまをいう。 又なごやかな春日に万象玲瓏と晴れ輝くさまをいう。 俳句で単に「うらら」と詠むと春の季語となる。 他の季節では「秋うらら」「冬うらら」と詠むが、夏には麗かがない。 の俳句/麗かの俳句 麗かや大正ロマンに浸る館 西川寿賀子の俳句/麗かの俳句 麗かや輝く鴎尾を中天に 西崎佐知の俳句/麗かの俳句 麗かや集合の人早くより 土井木賊の俳句/うららかの俳句 うららかに寄せ来る波も片男波 長嶺 勇の俳句/麗かの俳句 麗かや出港船の銅鑼の音 横田寿賀子の俳句/うららかかの俳句 うららかや子規のゆかりの三津浜へ 高橋泉也の俳句/麗かの俳句 麗かや老いも若きも歩く園 秋山英身の俳句/麗かの俳句 麗かや小学校の尊徳像 橋本幹夫の俳句/麗かの俳句 麗かや大仏さまの喉仏 橋本典子の俳句/麗かの俳句 麗かや満員となる美容院 古堂周子の俳句/麗かの俳句 うららかや岸に水禽毛づくろひ 山本青水の俳句/うららかかの俳句 うららかや句碑に一献師を偲ぶ 杉橋てつの俳句/麗かの俳句 うららかや茅葺村の二百年 竹中三津子の俳句/麗かの俳句 麗かや吟行日和賜はりて 迫間喜美子の俳句/麗かの俳句 うららかや入院の枷とかれ居て 辻多津子の俳句/麗かの俳句 麗かや川面を滑りゆくカヌー 松葉律子の俳句/麗かの俳句 麗かや行幸啓のホテルに居 田中雍子の俳句/麗かの俳句 麗かや筆に委ねり自詠句を 岩井純子の俳句/麗かの俳句 麗かや古代座法の小町像 野田ゆたかの俳句.

次の

【うららか】知っておきたい形容詞の意味や由来|「ゆらゆら」が語源?

うらら か 意味

うららとは、でゆったりしたの陽気を表した単である。 うららか。 時おりの名としても使用される。 曖昧さ回避• 方うらら - 「」の登場人物。 - にの・曲に絵をする。 うらら() -。 の現役。 - に、で活躍する、奏者。 うらら - 『 』の。 うらら - ・『 』に登場する、町に住むの師の名称。 登場人物の名前ではない。 うらら - 『 』のの一人。 うらら - 販売の形状の販。 麗(うらら) - の楽曲(「K」に収録)。 - 『 』の登場人物の一人。 (うらら) - 、。 ウララ - 所属の、。 - がしたとされる。 - 負け続けたことで逆に有名になったの。 - 『 』の登場。 に由来。 うつらうららか -。 代表は。 代表作に『 』など。 - ・『 』の登場人物の一人。 - 『』のの1種.

次の

うららとは (ウララとは) [単語記事]

うらら か 意味

春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂(かい)のしづくも 花と散る ながめを何に たとふべき 見ずやあけぼの 露(つゆ)浴びて われにもの言ふ 桜木(さくらぎ)を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳(あおやぎ)を 錦おりなす 長堤(ちょうてい)に くるればのぼる おぼろ月 げに一刻も 千金の ながめを何に たとふべき 一番の歌詞の意味 「うらら」とは、空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。 うららか(麗らか)。 「櫂(かい)」は、船を漕ぐ道具。 オール。 「花と散る」は、花びらのように散る。 ここでは「花」は桜か。 「何にたとふべき」は、何にたとえたらいいだろうか、といった意味。 源氏物語「胡蝶」の和歌 一番の歌詞は、源氏物語「胡蝶」の巻で詠まれた次のような和歌が元になっている。 春の日の うららにさして 行く船は 棹のしづくも 花ぞちりける <紫式部> 和歌の意味:春の陽がうららかに射す中、棹をさして(掛詞)行く舟は、そのしずくも花が散る様のようだ。 二番の歌詞の意味 「見ずや」は、「(こんな素晴らしい眺めを)見ないでいられようか」といった反語。 結果として、「見よ、ご覧なさい」といった意味で使われる。 「あけぼの」は夜明け、明け方。 が有名。 「露(つゆ)」は朝露(あさつゆ)。 「われにもの言ふ」は、私に語り掛けるような。 「夕ぐれ」は、における「秋は夕暮れ」を意識したものか。 もちろんここでは春の夕暮れ。 「さしまねく」の「さし」は、語調を整えたり強めたりする接頭語(意味はない)。 「まねく」は「招く」。 三番の歌詞の意味 「錦おりなす長堤」は、美しく織られた錦のように花に彩られた川の長い堤防・土手。 「おぼろ月」とは、もやで霞んだ春頃の月。 参考:『』 「げに」は、本当に、いかにも、まちがいなく。 「一刻も千金の」とは、ほんの少しの時間でも千金に値する、価値の高い様子。 漢詩『春夜』の一節に由来している。 元ネタの故事成語「春宵一刻値千金」 「一刻も千金の」のくだりは、中国北宋時代の詩人・蘇軾(そしょく)の詩『春夜』に登場する次のような一節に由来している。 春宵一刻直千金 花有清香月有陰 意味:春の夜はわずかな時間でも千金の値打ちがある。 花は清らかな香りを放ち、月はおぼろに霞んでいる。 関連ページ 『荒城の月』、『花(春のうららの隅田川)』、『箱根八里』など、明治時代に活躍した瀧 廉太郎(たき れんたろう)の有名な曲 解説と視聴まとめ 「春のうららの隅田川」でも歌われる中国の詩文 春夏秋冬それぞれの季節における趣深い情景や風物詩 『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ 菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし.

次の