高橋 大輔 ブログ カプチーノ。 高橋大輔 沼への道 番外 白鳥の湖

スケート・フィギュアスケート 人気ブログランキング OUTポイント順

高橋 大輔 ブログ カプチーノ

「その他スポーツブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 水泳(すいえい)は、船などの乗り物を使わず、身体のみで水中や水面を移動すること、またはその技術をいう。 古くは武術の1つ(水術)ともされたが、現在では一般にスポーツやレクリエーションとして行われる。 人間は本来、水中での生活に適応していないため、泳げるようになるには訓練が必要となる。 競技としての水泳は通常プールで行なわれるが、レクリエーションとしては河川・湖・海なども利用される。 海で泳ぐ場合は特に海水浴といい、健康法の1種ともされた。 泳ぎができない人間のことを、俗に「カナヅチ」という(槌参照)。 水泳は全身の筋肉を使った運動であり、水圧によるマッサージ効果によって全身の血行が促進されることから、健康維持に有効な運動として注目されている。 また、浮力によって重力による負担が軽減されるため、ジョギングなどで起きやすいヒザなどへの故障が少ないことから、リハビリテーションとしても積極的に活用されている。 卓球(たっきゅう)は、スポーツの一つである。 競技者は卓球台を挟んで向かい合い、セルロイド製のボール1個を相手コートにむかって打ち合って得点を競う。 競技は、シングルス、ダブルス、団体の3つに分けられる。 競技人口の多さは世界有数であり、メジャースポーツの一つといえる。 日本では温泉旅館の遊戯場で浴衣姿でするというイメージが付いてしまっているが、動体視力と反射能力、高い瞬発力や持久力が必要であり、技術面・フィジカル面ともに総合的な実力が必要である。 ただ、初・中級レベルだと身体能力よりも技術面の比重が上回り、「身体能力・体力が無くても勝てる」という側面や印象があることも否めない。 逆に言うとどんなに身体能力があっても技術がなければならず、絶対的練習量(上級までの)は他のスポーツと比しても多いであろう(上位選手が低年齢から始めた人が多く、上位選手に遅く始めた人があまりいないのはその表れ)。 しかしながら上級レベルの卓球はスポーツの中でも比較的身体能力を要求される競技であり、非常に体力を必要とする。

次の

高橋大輔 沼への道 番外 白鳥の湖

高橋 大輔 ブログ カプチーノ

Swan Lake ヒップホップバージョンと言えば、選手が界に起こした 革新。 とは、よくメディアで言われる紹介文ですが、めちゃめちゃ 同意! 革新でした、はい。 衝撃だった。 初回からすごく楽しくて、いつもワクワク待ってたプログラム。 の割に、このプログラムの感想を、まだ書いてなかった。 ワケは一応あるけど、あぁやっぱり書きたかった、もったいない事した…と後々何度も思ってました。 (そうゆうのいっぱいあるけど) でも今になってふと思う。 書きたかったら、じゃあ書けば良いじゃん。 折しものJスポで、2008年 このプロのシーズン のが放送されたそうで、自分もまた白鳥さん 黒鳥さん? が見たくなった。 という訳で、唐突ですが、2007-08年のプログラム感想を今書きます。 現在2020年なのでもう13年前なんですね。 2007-08ショート Version 初めてプログラムを見た時の感想は。 やってくれたぜ!!! でした。 とか小学生か。 でもこの言い回しでしかピッタリ言い表せない。 やってくれたぜ!!! 新しい試みとして、ヒップホップを取り入れたって前情報(というかTVの煽り情報)は見てて、でもプログラム見る前は自分はちょっと懐疑的でした。 振付兼コーチのさんの意気込みは分かるけど、ツルツル滑るスケートでヒップホップって本当に出来るのか?なんとかできたとしても上手くハマるのか?…と。 と言いつつ無責任な期待もあったんだけど、見事に応えてくれました! (ご本人は不服だそうですが…笑) 贅沢な、レベルステップ 2本時代。 失った事が(個人的に)なんとも惜しい ステップ2本時代! 皆さんはサーキュラーとストレートとどっちが好きですかどっちも好きですか私もです!しかし強いて言えばスワンではサーキュラーに、より滾ります! DJのスみたいな、あの速い腕の振りに、縦にと言うか斜めに、刻むように入るステップの足捌きが!が!!! それを右に左にすごい勢いで入れてくるから、こう、グワーーーーってカーブする勢いと、 キュッキュッって刻むアクセントが同時に入ってくるワケで、要するに視覚に入る動きの全てがスなのかな、 天才。 で、そのでなんじゃこりゃあああ!と沸騰させといて、更にがやってくる。 魅惑のヒップホップ黒鳥! キーターーーーーあああああ!!! さん。 よくぞ、このプロで高橋くんに王子様なんぞ(あ、失礼)させず、誘惑の黒鳥をやらせて下さいました。 そうともさ!この音でなら、王子より誘惑者ですよね。 (知らんけど) ジャンプは、久々にあらためて見ると、かなり硬質な感じのジャンプだったんだなと思った。 それがこのスワンの力強さによく合う。 このヒップホップにシットスピンは要らない派ですが、試合じゃしょうがないので目を瞑る(何様鑑賞者でゴメンナサイ)。 序盤にジャンプ固め打ちで、何しろ ステップ前面推し。 の ステップを みせて来い!と言う氏 振付 の 吼え…大声が聞こえるような。 なんか ダッと言うか ドゥっと跳ねるドラム音を、そのまま身体で見せてくるの、ホント心踊った。 自分まで踊ってる気分で入り込む。 ブレードのつま先で氷を蹴散らす、足元の跳ねとか。 腰を キュッと捻りながら上半身 グッと縮めて バッと伸びるあの、アレとか。 速い腕の動きと指先の緩急とか。 あと何と言っても、 首!首で踊れる人ならではの、絶妙なアクセント。 足元も、腰も、腕も、指先も、首も、全部が抜群のコンで絶え間なく繰り出されてくるの、たまりません。 のも良いですが、やっぱり全日本や四大陸がノッてたでしょうか。 世界選手権のステップも好きです。 全日本 四大陸 世界選手権 余談 このブログでは、自分が落ちてきたさんの過去プロを、「」って事にしてツラツラと書いてきてたんですが、このを書いてなかったのは、主に、同シーズンのバチェラレットに、気が逸り過ぎたから。 だったこのヒップホップスワンが、界の革新プロだったのはもちろん、用のバチェラレットも、私の中では大革新だった。 もう革命。 自分ののイメージを、ショートでブチ破ってきた、と思ったら、更にで破壊してきたんです。 なんで1シーズンで同じ人が2回も革命起こしちゃうの???高橋くんやり過ぎだよ。 受け止める方だってキャパオーバーになるじゃん!(責任転嫁) けどホント、今あらためて、やっぱりこののステップには心躍ったなと、つくづく思います。 余談2 この時ヒップホップを学びに、NYのBDC(ダンス教室)に通った事で、昨季フェニックスを振り付けたル・ムラカミさんに出会ったんですよね。 12年の時を経て繋がったご縁。 高橋選手21歳のスワンも、33歳のフェニックスも、の常識を覆す、異色のプログラム。 よくぞ皆様世に生み出して下さいました。 もうとりあえずこれだけでも、この世の全てにありがとうって気分になる。 何より選手、本当にありがとうございます。 でもやっぱりご縁の全てがありがたい。 しみじみ。 hatehatemarch.

次の

D1SK 髙橋大輔公式サイト

高橋 大輔 ブログ カプチーノ

Swan Lake ヒップホップバージョンと言えば、選手が界に起こした 革新。 とは、よくメディアで言われる紹介文ですが、めちゃめちゃ 同意! 革新でした、はい。 衝撃だった。 初回からすごく楽しくて、いつもワクワク待ってたプログラム。 の割に、このプログラムの感想を、まだ書いてなかった。 ワケは一応あるけど、あぁやっぱり書きたかった、もったいない事した…と後々何度も思ってました。 (そうゆうのいっぱいあるけど) でも今になってふと思う。 書きたかったら、じゃあ書けば良いじゃん。 折しものJスポで、2008年 このプロのシーズン のが放送されたそうで、自分もまた白鳥さん 黒鳥さん? が見たくなった。 という訳で、唐突ですが、2007-08年のプログラム感想を今書きます。 現在2020年なのでもう13年前なんですね。 2007-08ショート Version 初めてプログラムを見た時の感想は。 やってくれたぜ!!! でした。 とか小学生か。 でもこの言い回しでしかピッタリ言い表せない。 やってくれたぜ!!! 新しい試みとして、ヒップホップを取り入れたって前情報(というかTVの煽り情報)は見てて、でもプログラム見る前は自分はちょっと懐疑的でした。 振付兼コーチのさんの意気込みは分かるけど、ツルツル滑るスケートでヒップホップって本当に出来るのか?なんとかできたとしても上手くハマるのか?…と。 と言いつつ無責任な期待もあったんだけど、見事に応えてくれました! (ご本人は不服だそうですが…笑) 贅沢な、レベルステップ 2本時代。 失った事が(個人的に)なんとも惜しい ステップ2本時代! 皆さんはサーキュラーとストレートとどっちが好きですかどっちも好きですか私もです!しかし強いて言えばスワンではサーキュラーに、より滾ります! DJのスみたいな、あの速い腕の振りに、縦にと言うか斜めに、刻むように入るステップの足捌きが!が!!! それを右に左にすごい勢いで入れてくるから、こう、グワーーーーってカーブする勢いと、 キュッキュッって刻むアクセントが同時に入ってくるワケで、要するに視覚に入る動きの全てがスなのかな、 天才。 で、そのでなんじゃこりゃあああ!と沸騰させといて、更にがやってくる。 魅惑のヒップホップ黒鳥! キーターーーーーあああああ!!! さん。 よくぞ、このプロで高橋くんに王子様なんぞ(あ、失礼)させず、誘惑の黒鳥をやらせて下さいました。 そうともさ!この音でなら、王子より誘惑者ですよね。 (知らんけど) ジャンプは、久々にあらためて見ると、かなり硬質な感じのジャンプだったんだなと思った。 それがこのスワンの力強さによく合う。 このヒップホップにシットスピンは要らない派ですが、試合じゃしょうがないので目を瞑る(何様鑑賞者でゴメンナサイ)。 序盤にジャンプ固め打ちで、何しろ ステップ前面推し。 の ステップを みせて来い!と言う氏 振付 の 吼え…大声が聞こえるような。 なんか ダッと言うか ドゥっと跳ねるドラム音を、そのまま身体で見せてくるの、ホント心踊った。 自分まで踊ってる気分で入り込む。 ブレードのつま先で氷を蹴散らす、足元の跳ねとか。 腰を キュッと捻りながら上半身 グッと縮めて バッと伸びるあの、アレとか。 速い腕の動きと指先の緩急とか。 あと何と言っても、 首!首で踊れる人ならではの、絶妙なアクセント。 足元も、腰も、腕も、指先も、首も、全部が抜群のコンで絶え間なく繰り出されてくるの、たまりません。 のも良いですが、やっぱり全日本や四大陸がノッてたでしょうか。 世界選手権のステップも好きです。 全日本 四大陸 世界選手権 余談 このブログでは、自分が落ちてきたさんの過去プロを、「」って事にしてツラツラと書いてきてたんですが、このを書いてなかったのは、主に、同シーズンのバチェラレットに、気が逸り過ぎたから。 だったこのヒップホップスワンが、界の革新プロだったのはもちろん、用のバチェラレットも、私の中では大革新だった。 もう革命。 自分ののイメージを、ショートでブチ破ってきた、と思ったら、更にで破壊してきたんです。 なんで1シーズンで同じ人が2回も革命起こしちゃうの???高橋くんやり過ぎだよ。 受け止める方だってキャパオーバーになるじゃん!(責任転嫁) けどホント、今あらためて、やっぱりこののステップには心躍ったなと、つくづく思います。 余談2 この時ヒップホップを学びに、NYのBDC(ダンス教室)に通った事で、昨季フェニックスを振り付けたル・ムラカミさんに出会ったんですよね。 12年の時を経て繋がったご縁。 高橋選手21歳のスワンも、33歳のフェニックスも、の常識を覆す、異色のプログラム。 よくぞ皆様世に生み出して下さいました。 もうとりあえずこれだけでも、この世の全てにありがとうって気分になる。 何より選手、本当にありがとうございます。 でもやっぱりご縁の全てがありがたい。 しみじみ。 hatehatemarch.

次の