モーニング ショー リアルタイム。 玉川徹

玉川徹氏、岡田晴恵氏擁する『モーニングショー』一人勝ちへの違和感(現代ビジネス)

モーニング ショー リアルタイム

国内初の新型コロナ感染者が確認されてから約4ヵ月この間、新型コロナ報道をリードしてきたのはテレビ朝日のワイドショー『羽鳥慎一モーニングショー』 月~金曜前8時 に違いない。 もともと朝のワイドショーの中では最強で、昨年まで3年連続で年間視聴率トップだった。 新型コロナ報道に注力する今年はより数字が伸び、5月14日 月 には裏番組を大きく引き離す14. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区 を記録した。 独走状態だ。 この番組は熱心なファンが多いのが強み。 玉川氏の存在はカリスマ化している。 半面、番組のアンチが多いのも事実。 新型コロナ報道が始まった今年は視聴率が伸びた分、アンチも増えたように見える。 事実、SNSには数え切れないほどの批判が並んでいる。 著名人による非難も少なくない。 アンチが多い第一の理由は何かというと、この番組は「主張」が強いからではないか。 ジャーナリズムの役割は、基本的には「報道」「批評」「解説」とされるものの、この番組は「主張」が加わっている上、それが大きなウェイトを占めている。 番組はPCR検査の拡充を強く訴えてきた。 その是非は別とし、これも「主張」だろう。 同じく適否はとにかく玉川氏たちによる政府批判も「主張」であるに違いない。 「主張」が強いワイドショー、ニュースはファンもアンチも多くなる。 久米宏氏 75 がキャスターを務めていた『ニュースステーション』 テレビ朝日、1985~2004年 がその典型例だし、今は『サンデーモーニング』 TBS、日曜8時 が代表格と言える。 新型コロナ報道での度重なるミス ただし、「主張」が強かろうが、質が悪くてはファンもアンチも生まれない。 『モーニングショー』も完成度の高い番組であるのは間違いない。 今では当たり前になった説明用の大型パネルを最初に導入したのもこの番組であり、今でも見やすさや精度は一番だろう。 もっとも、厳しいようだが、新型コロナ報道では間違いも目立った。 4月28日放送では玉川氏がPCR検査について、東京都が土日の行政検査を休んでいると受け取れる発言をした。 だが、翌29日になって一転、「土日も行政の検査機関は休んでいなかった」と訂正した。 記者の取材メモの解釈を玉川氏が間違えたのだという。 実際、悪意や意図があったとは思えない。 だが、PCR検査を増やすべきだという「主張」と政府や都を攻めるという「主張」が潜在意識下にあったので、認知バイアスが生じてしまい、間違いを犯してしまったのではないか? 訂正に続く謝罪にも首を傾げざるを得なかった。 「全責任は自身にある」 玉川氏 全責任は番組責任者、番組を監督する報道局長にあるはず。 キャスター、コメンテーターの発言の全責任が本人にあることにしてしまうと、ミスが矮小化される。 番組と組織だけが守られる。 悪しき前例となってしまう。

次の

厚労省、『モーニングショー』に反論でデマ流布…原因は首相官邸の“素人”介入だった

モーニング ショー リアルタイム

朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。 昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。 だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。 民放プロデューサーは言う。 「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5~6%でした。 コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。 大きく変わったといえば、玉川徹さんが週1から毎日出演するようになったこと。 他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。 ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。 政府の後手後手の対応に、国民が何をやってんだ! と思っていたところに、彼が視聴者の思いを代弁していた感じでした」 番組内容もコロナ一色となって、白鴎大学の岡田晴恵教授という新たなスターも生み出した。 玉川氏の発言も相変わらずで、3月には国民へのマスク配布を決めた厚労省に対し、彼は「医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。 これに対し、厚労省は番組を名指した上で《医療用マスクの優先供給を行った》とツイート。 ところが、マスクの優先供給は《行った》のではなく、《開始した》だけだったことが番組の取材で明らかとなり、「モーニングショー」の信頼は増す格好となった。 「4月には玉川さんと政治ジャーナリストの田崎史郎さんの舌戦という目玉もあり、話題性も生まれたところに、在宅勤務、ゴールデンウィークで、普段番組を見なかったサラリーマンも『モーニングショー』を見るようになったのでしょう。 ただ同時に、その頃から、番組のアラが目立ってくるようになった」(同).

次の

玉川徹

モーニング ショー リアルタイム

国内初の新型コロナ感染者が確認されてから約4ヵ月この間、新型コロナ報道をリードしてきたのはテレビ朝日のワイドショー『羽鳥慎一モーニングショー』 月~金曜前8時 に違いない。 もともと朝のワイドショーの中では最強で、昨年まで3年連続で年間視聴率トップだった。 新型コロナ報道に注力する今年はより数字が伸び、5月14日 月 には裏番組を大きく引き離す14. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区 を記録した。 独走状態だ。 この番組は熱心なファンが多いのが強み。 玉川氏の存在はカリスマ化している。 半面、番組のアンチが多いのも事実。 新型コロナ報道が始まった今年は視聴率が伸びた分、アンチも増えたように見える。 事実、SNSには数え切れないほどの批判が並んでいる。 著名人による非難も少なくない。 アンチが多い第一の理由は何かというと、この番組は「主張」が強いからではないか。 ジャーナリズムの役割は、基本的には「報道」「批評」「解説」とされるものの、この番組は「主張」が加わっている上、それが大きなウェイトを占めている。 番組はPCR検査の拡充を強く訴えてきた。 その是非は別とし、これも「主張」だろう。 同じく適否はとにかく玉川氏たちによる政府批判も「主張」であるに違いない。 「主張」が強いワイドショー、ニュースはファンもアンチも多くなる。 久米宏氏 75 がキャスターを務めていた『ニュースステーション』 テレビ朝日、1985~2004年 がその典型例だし、今は『サンデーモーニング』 TBS、日曜8時 が代表格と言える。 新型コロナ報道での度重なるミス ただし、「主張」が強かろうが、質が悪くてはファンもアンチも生まれない。 『モーニングショー』も完成度の高い番組であるのは間違いない。 今では当たり前になった説明用の大型パネルを最初に導入したのもこの番組であり、今でも見やすさや精度は一番だろう。 もっとも、厳しいようだが、新型コロナ報道では間違いも目立った。 4月28日放送では玉川氏がPCR検査について、東京都が土日の行政検査を休んでいると受け取れる発言をした。 だが、翌29日になって一転、「土日も行政の検査機関は休んでいなかった」と訂正した。 記者の取材メモの解釈を玉川氏が間違えたのだという。 実際、悪意や意図があったとは思えない。 だが、PCR検査を増やすべきだという「主張」と政府や都を攻めるという「主張」が潜在意識下にあったので、認知バイアスが生じてしまい、間違いを犯してしまったのではないか? 訂正に続く謝罪にも首を傾げざるを得なかった。 「全責任は自身にある」 玉川氏 全責任は番組責任者、番組を監督する報道局長にあるはず。 キャスター、コメンテーターの発言の全責任が本人にあることにしてしまうと、ミスが矮小化される。 番組と組織だけが守られる。 悪しき前例となってしまう。

次の