ゲーム 評価。 フリーソフト超激辛ゲームレビュー

【海外評価】ゲームメタスコアランキング(2020年最新版)

ゲーム 評価

ネタバレ! クリックして本文を読む タイトルの通り、相当甘口にレビューしますが、それでも賛否レベルです。 以下の条件に合う方は、楽しめる可能性があります。 ・原作版「カイジ」より、実写化「カイジ」が好きな方 ・藤原竜也の演技が好きで、出演作をチェックしているような方 以上を踏まえて、「ストーリー」「テーマ」「ゲーム」の3つに関して評価していこうと思います。 まず「ストーリー」。 説教臭さを抜いて話の流れだけ見ると、これは意外に良くできています。 「帝愛がついに完成させた地下帝国で、クズ殲滅計画を叩き潰すために、カイジがギャンブルで戦う!」これが大まかな話の流れです。 この大筋に関しては、カイジらしさの残ったいいストーリーだと思います。 「カイジ1」でも「2」でも、はては原作版でもずっと建設中だった地下のサグラダファミリアこと帝愛地下帝国がついに完成し、カイジのギャンブルの舞台となるなんて、非常にワクワクしました。 ですが、この大筋に、鼻がひん曲がりそうな説教臭さや、おしゃべり伏線野郎ことMs. 9 ヒロインっぽい奴。 名前忘れた などのスパイスが加わる事で、なんとも言い難い評価になってしまいました。 説教臭さについては「テーマ」の方で語るので、ここではMs. 9と有名な「あるセリフ」についてお話しします。 まずは「Ms. 多分今回のヒロイン?で、序盤からカイジと絡みがあるのですが、非常にうざったいです。 多分客が不快になるのは想定されてはいるのですが、それを差し引いても魅力の足りないキャラクターです。 また、語尾の「キュー!」を聞いたとき、多分見た人全員背筋に悪寒が走り、こう思います。 「これ数字の9の伏線じゃないよな…?」この予想は後に悲しくも当たってしまい、そこでこのキャラクターが、「伏線から生まれた伏太郎」であり、伏線の為だけに作られた悲しい存在であると気づくのです。 次はあの台詞、「悪魔的だー!」についてです。 原作の名台詞が藤原竜也の演技によって超強化されたこのセリフは「1」「2」でも度々出てきて、その度に観客に強い印象を残して来ました。 本映画を予告編から楽しみにしてた私のような人にとっては、「今回はどこでいうんだ…?」という期待と不安でいっぱいでした。 ところが、実際待てど暮らせどそのセリフは出ず、最後、思い出したかのようにヤケクソで言って終わり。 拍子抜けもいいところです。 「この名台詞で映画を締めくくりたかった」と好意的に見れなくもないですが、バタバタと雑に処理されるせいで、忘れてたのを慌てて最後に付け足したみたいになっちゃってます。 次は「テーマ」です。 この映画からは様々な思い、伝えたいこと、メッセージが感じられますが、All of them are KUSO, 以上。 多分「日本が一つになって頑張ろう!」みたいな感じだと思うんですけど、これがいけない。 まず、俺このテーマ嫌いです。 根性論めいた感じで、考えたひとの加齢臭まで臭って来そうでうんざりします。 またそういう僕の主観抜きにしてもこのメッセージは、カイジに託すには少々重すぎる。 カイジは、両手の届く範囲の人しか救えない人間で、そこが彼の弱さであり強さであり魅力だったんです。 それが「日本が頑張んなきゃダメだろ」みたいな、御大層なスケールのことを言っても、茶番にしか感じませんでした。 次は「ゲーム」についてです。 まず、全体的に、出来うんぬんはさて置き、賭場の熱気、狂気の演出はとても良かったです。 ここはさすが「カイジ」という他ないです。 最初のゲームは「バベルの塔」。 最初のゲームなのでわりかしサラッと流されましたが、鉄骨渡りオマージュの戦法などはちょっとドキドキして楽しかったです。 次は「最後の審判」。 多分この映画の目玉ゲームで、実際僕も一番好きなゲームです。 内容は、総資産の重さ比べ。 内容はかなりシンプルですが、先述の賭場の熱狂はここが一番良くできており、派手に降り注ぐ金貨、鳴り止まない怒号のなかで、ギャンブルの狂気に呑まれていく体験ができます。 どんでん返しの仕掛けも良くできていましたが、「町工場スゲー」の混入により、熱が冷めました。 途中で挟まるのが「ドリームジャンプ」。 番号を選んで鉄骨からジャンプ!後は一人だけ生き残るよ!という、「1」の鉄骨、「2」の姫と奴隷のようなエグ担当のゲームですね。 一見鉄骨と似たゲームですが、鉄骨は主に「落ちるまで」の描写に力を入れているのに対して、こちらは「落ちてから」の描写に力を入れているのが、また新しい視点で面白かったです。 ですが、カイジがこのゲームに挑戦する際に問題が発生しました。 なんとこのゲーム、あの、二足歩行する伏線ことMs. 9の伏線発表会の会場に選ばれてしまっていたのです。 カイジのピンチに颯爽と現れ、視聴者全員が分かりきった伏線を回収しドヤ顔するMs. こうなるともう、押す番号で悩む藤原竜也の迫真の演技も茶番にしか見えません。 呪いですかね。 そして最後の「黄金じゃんけん」。 これは同じじゃんけんと名のつく「限定じゃんけん」よりはむしろ「Eカード」に近いルールで、頭脳戦、心理戦を担当するゲームです。 カイジの頭脳戦というのは特殊で、本来勝率0の勝負に、盤外戦術を張り巡らして、相手の虚を突くというのが基本戦術です。 Eカードでは出血とすり替えを使い 使わず 、沼ではビルを傾けて、さあ黄金じゃんけんはどんな仕掛けをして…あれ…普通にじゃんけんして…勝っちゃった。 なんか握ってるフリとかしてたみたいです。 …正直、かなりお粗末です。 ここまでボロクソ書きましたが、個人的に好きな映画です。 ここまで読んで見るような人なら楽しめると思います。 良い点が無いわけでは無いので、楽しんで頂ける助けとなれば幸いです。 【賛否両論チェック】 賛:新たな仲間と共に這い上がろうと戦うカイジの姿に勇気づけられる。 痛快などんでん返しも健在。 否:元々の設定が非常に荒唐無稽なので、そもそもの好き嫌いが分かれそう。 毎回主人公を中心に上手いこと物事が進んでいくのも、どうしてもご都合主義に感じてしまう。 特に前作までの説明はしてくれないので、予備知識はあった方がよさそうですが、一応ストーリーとしては本作だけでも充分楽しめそうです。 超格差社会にあって、這い上がろうと躍起になったカイジが、新たな仲間を得て難攻不落なゲームの数々に挑んでいく姿は、観ているだけで勇気をもらえます。 カイジが語る、 「誰が何にベットするかは、自分で決めるもんだ!!」 という言葉がステキでした。 そして何といっても本シリーズ特有の、相手が勝利を確信した直後のどんでん返しが、また非常に痛快です。 今回もその魅力は随所で存分に発揮されているので、観ていて溜飲が下がる想いです。 シリーズファンのみならず、ちょっと元気をもらいたい時に、是非オススメの作品です。 ネタバレ! クリックして本文を読む 今回、ファイナルということで、 1,2 と大変面白かったので、楽しみに観に行きました!! 正直な感想ベースだと {う~ん、いまいち。。。 」というのが印象です。 これまでの主要キャラクターや お馴染みの流れのような要素が多く詰め込まれていまして 作品がファンを楽しませようと作っていただいているのがとても 伝わる作品なのです!! ただ、これが逆にストーリーに、どう埋め込んでいくのかに 力が使われていて、ファンが期待していた「ドキドキ、ハラハラ」が 失われてしまっていました。 カイジといえば 「ざわざわざわざわ・・・・」の効果音。 この先、どうなるんだ~の緊張感や大どんでん返しを期待していたのですが 予想が簡単にできてしまっていました。 そして、描いたストーリーが本当に浅く、必要だったのだろうか? と、残念です。 今回のテーマは、 やはりクズ(カイジ)VS 投資家(人材業界でのエリート) ただ、カイジは不動産王(投資家、エリート)の味方として 正義の味方のような立場で、戦います。 正義のヒーローは、あまり求めていないように感じてしまいました。 または、私たちファンが過度な期待を込めて、「どう勝つんだろう?」という 視点を持ちすぎてしまったための、評価かもしれません。 はじめてカイジをみた友人は、楽しかったの評価です。 今回は、カイジらしいな~という終わり方でもあるので ここは、ぜひ映画館へ足を運んでみてください。 『あ~うめ~、ビールがキンキンに冷えてやがる』での 名言を聴けただけでも、なぜかほっこりできる嬉しいものがあったのも事実です。 クズがエリートを倒す、清々しい世界観があなたを、お待ちしております。 ネタバレ! クリックして本文を読む カイジの原作好きな方は、今までの1、2弾で原作へのリスペクトのなさや、キャストのミスマッチぶりに、裏切られたという人が多いと思いますが、ファイナルでもまた、予想通り裏切られます!原作やアニメのカイジファンの方は、やはりつまらないという確認では、おすすめです! もちろん、原作の要素は、登場人物が若干かぶる以外はほとんどないから、期待しないでください。 何より、ストーリーが非現実的であまりに粗く、ディテールはもちろん雑だし、話の流れが強引すぎます。 わかりやすいストーリーにするには仕方ないのですが、貨幣経済や国家財政もテーマにしてるので、本来複雑な話を、めちゃくちゃな結論にしてます。 日本の財政赤字を国民資産で穴埋めし、新札切替と銀行口座凍結により、政治家が利得を得るのを、カイジ達が阻止するストーリーです。 しかし、日本の対外債務はどうするのか、国債を買い込む銀行や大企業に対しデフォルトするのだから、国の通貨の信用はガタ落ちだし、自分で自分のクビをしめます。 また、ギャンブルの際、大金がかかった勝負なら、現物を換算する際のルールを細かく決めないとアンフェアです。 港区の土地なら、路線価なのか、実勢価格なのか?象牙もワシントン条約以前から輸入されたものならば、違法ではなく価値はあります。 美術品の換算はかなり恣意的になると思います。 最初から100億円差が開いたゲームで、取り分が対等とかアリなのか?友人や味方はどんな人でも可能で、制限なしなのか?ルールがよくわかりません。 最後に、コイン1枚の半分の重さで、天秤が傾くシーン、あり得ません。 500億円を金のインゴットで換算すると、だいたいキロ500万円として、10トンくらいになるから、1グラム程度では動きません。 人生かけた大勝負の前提がこれでは、内容が粗すぎて、意味がわかりません。 非現実的になればなるほど、話が陳腐でつまらなくなります。 多少誰か経済に専門的な人に監修してもらったら良かったのに。 こんな経済無知なら、政府の財政赤字やデフォルトをテーマに絡めるな!カイジの名が泣く。 内容が稚拙で恥ずかしいです。 1月公開映画で1番楽しみにしていた作品。 タイミングが合わなくて公開から2ヶ月ほどたってしまった。 面白い。 非常に面白かった! 前作前々作よりもさらに見応えがあり、 目が離せない展開が繰り広げられた。 トイレは映画始まる前に行っておきましょう。 日本は2020年に行われた東京オリンピックのせいで、経済が悪化し貧富差が激しくなった。 底辺を代表する男こそがカイジ。 根っからのクズだ。 今回は政治がメイン?ということもあってか、 少しだけ難しい作りになっている。 これが今までにない感じで、見てて楽しい。 この映画カイジシリーズは全体を通して評価が悪い。 派手な映像を見るのではなく、潰し合いを見るのではなく、人間の本質を見抜く姿を見る映画だから。 想像とは違うだろう。 私の見解ですが だが、それが好き。 今回は特に胸に刺さった。 ほんの小さな塵のようなものだったとしても、 ふとしたことで塵が大きく見える。 塵は馬鹿にできない。 小さなことを大切にする人間こそが成功を収めるのだ。 班長の使い方には雑さを感じた。 もっとあれからどうなったのかどうしているのかを描いて欲しかったな。 結構好きなキャラだから。 天海祐希、生瀬勝久の登場の仕方には驚いた。 前作前々作を見ているからこそ楽しめる特典だと思う。 この特典を味わいたいなら前も見ては? あと関水渚の演技が心配だったが、ええぜ。 今回のわがままラッキーガールという役がピッタリ。 お調子者もんってのが合いすぎて笑える。 今まで通り、カイジはそんなに運がいい男ではないからどうなるのか最後までわからない。 普通の主人公じゃないからいいんだよな〜。 面白かったです。 よかった、見れて ざわざわざわ. ざわざわざわ. 脚本、狙いすぎて撃沈した感が否めない。 リアルをいろいろ詰め込んだせいで、カイジ本来のファンタジーが失われた感が否めない。 ざわざわざわ. ざわざわざわ. 相変わらず声枯れ必至の台詞まわしで、どうしても吉田鋼太郎さんはそのままのノリで「はるたん!だいすきです!!」と言いそうだったけどw そのイメージがなければシェークスピアの舞台でも観ている感覚だった。 ざわざわざわ. ざわざわざわ. それはさておき、劣化しない男・藤原竜也と、隙が全くない男・福士蒼汰のゴールドジャンケン対決は確かに面白い。 ドリームジャンプも最高のアイディアだけど、 相変わらず撮り方が雑でwww まぁ、それがカイジらしくもあるけれどw 理由なんてどうでもいいけど、どうせなら起こりそうなリアルじゃなく、 ぜってーねーよ!という世界で楽しませて欲しかった。 あの設定はちょっと笑えないな。 ざわざわざわ. ざわざわざわ. にしてもキンキンも悪魔的も相変わらずサブリミナル効果抜群で、 観終わって生ビールに走りましたwww ざわざわざわ. ざわざわざわ. ざわざわざわ. ざわざわざわ. ネタバレ! クリックして本文を読む 原作未読。 映画も今作が初鑑賞の「カイジ」シリーズ…なのだが、肩透かし感が強かった。 冒頭で、物理法則を無視した鉄橋に強烈な違和感を感じ先行きが不安になった。 予想だと、首の皮1枚からの大逆転劇、土俵際で親指の先を残した状態からの電車道…起死回生の一手からの怒涛の巻き返しが見所と思っていたのだけれど、なんだこの茶番わ。 心拍数があがってくれない。 手に汗握らない。 あれ?おや?もうそろそろ盛り上がってくれるはずと思いながら終わってた。 カイジが有する奥の手への信頼感なのか、劇場型のセットのせいか、予定調和を最後まで崩せなかったような印象だった。 藤原氏自体に焦燥感が少なかったせいもあるんだろうけれど…力任せの台詞まわしにもその一旦はあったのかもしれない。 それでもさすがは藤原竜也と唸らずにはおれないのだけれど。 吉田氏の曲者ぶりは観てて楽しくて、精一杯の威圧をしながらも溢れ出す小物感が絶妙で、カタがついた後に首を締めようとする脱力感がたまらなく好き。 福士氏は藤原竜也の向こうを張るには、芝居が若すぎる印象だった。 パニックになる福士氏を一瞥し喝を入れる藤原氏はさすがの貫禄だった。 全体的に息苦しいまでの切迫感を感じられず…脚本的に大逆転ではあるのだけれど、全く爽快感もやり切った感も感じられずで、残念でした。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

コーエー『三國志』シリーズ、最新作まで5段階評価ーおすすめは?【UPDATE】|三国志

ゲーム 評価

配信技研は15日、日本におけるゲームカテゴリーのライブ配信を対象とした2020年5月の市場調査結果を発表した。 同社のリアルタイム分析ツール「Giken Access」を利用し、YouTubeやTwitchをはじめとする各種プラットフォームにおいて日本語で実施している7万5000以上の配信を集計したデータで、上位20タイトルは以下の通り。 Apex Legends 2. あつまれ どうぶつの森 3. フォートナイト 4. Dead by Daylight 5. スプラトゥーン2 6. リーグ・オブ・レジェンド 7. VALORANT 8. Minecraft 9. IdentityV 第五人格 10. 荒野行動 11. Shadowverse 13. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 14. ARK: Survival Evolved 15. ドラゴンクエストV 天空の花嫁 16. Jump King 17. マリオカート8 デラックス 18. ポケットモンスター ソード・シールド 19. モンスターストライク 20. アイドルマスター シャイニーカラーズ タグ : 2020年6月26日 12時0分 テレビアニメ『ポケットモンスター』に、オードリー・春日俊彰が出演することが決定した。 6月28日 日 放送のアニポケはシリーズ初の豪華2本立て。 「はねろ!コイキング」では、コイキング・ハイジャンプ大会にエントリーしたゴウが、チャンピオン・ カスキングに挑むべく、 シンオウ地方・リゾートエリアの池で釣り上げた「ヌシ」の巨大コイキングと特訓を始める。 大会9連覇中の王者・カスキング役は、ボディビルダーとしても活躍するオードリー・春日に決定。 【カスキング役・春日俊彰コメント】 ポケトゥース!! 出ました、お笑い界の最強トレーナー春日。 なんとこの度、アニメ「ポケットモンスター」にあの春日が登場してあげることになりましたぜ。 おめでトゥース!!「コイキング・ハイジャンプ大会」9連覇中の絶対的王者であり、人気マッスルトレーナーのカスキングとして、 パートナーのキンキングと共に登場!! 大会9連覇がどれ位凄い事なのかというと、ボディビルダー「ゴールデンボーイ」鈴木雅選手とまったく同じと言うことである。 素晴らしい!! しかも、見た目がほとんど春日。 ご本人登場と言っても過言ではない。 コロッケさんもビックリ! えーウソー!! 本物の美川さん!? 果たして大会の行方はいかに!? 今から正座して待ちなさい。 ではまた6月28日の夕方6時に、テレビの前でお会いしやしょう。 はねろ!キンキングー!! 画像 タグ : 6月27-28日 12:00~19:00 日本最大級のインディーゲームオンラインイベント 「BitSummit Gaiden」 イベントは2日に渡って行い、チャンネルは3つ用意。 おかころ」 17:10 IGN Japan 特番 18:15 クロージング LayerQ、J-mon カップヌードル賞の発表 Twitchでも配信 タグ : カプコンは現在、かつてない規模でバイオハザードの発売計画を立てており 過去2年のうちに2つのリメイク作を発表すれば、来年には8の発売も予定している。 そして今、新たに漏洩した情報によれば同社は再来年もこの路線を継続するらしく なんと22年には4リメイクを世に出す見通しのようなのだ。 これはカプコンの内部事情に詳しいダスクゴーレムが述べたもので 彼はバイオハザード4Rも2や3がそうであったように現代的な形に作り直されていると語ると オリジナル作を「大いに拡大」した作品になるだろうと発言。 そのうえで開発陣が今作を発売する前に一度決めたゲーム内容を変更する可能性もあるため断言はできないとしながらも 例えばチェーンソーマンがリメイクではより深く描写されるかもしれないと示唆している。 さらにダスクはゲームプレイの面でも変化が起きたと表明。 肩越しから見る戦闘をより正確に描写するだろうと話していた。 これはおそらく過去のリメイク作と同様な形になるという意味だろう。 バイオハザード4はシリーズの中でも際立って評価の高い作品だ。 それだけにストーリーにもプレイにも大幅な変更を加えたというのが事実ならば 控えめに見ても、彼らはかなり奇策に打って出たといえるのではないだろうか。 これらの変化がどのように機能しているのかまだ何とも言えない。 無論、そもそもが噂に過ぎないというのも否定できない。 現時点では一先ず静観してみる必要があるのは間違いない。 ちなみに今作のリメイクについてはシリーズの生みの親であり 4の開発責任者でもあった三上真司も好意的に見ているらしい。 業界内で駆け巡っている情報によれば、彼はこの再制作を良いことだと判断したようで 以前にも報道陣との対談で同作がリメイクされても何ら問題はないとも述べていた。 「すばらしきこのせかい」は,ニンテンドーDS向けに2007年に発売されたタイトルだ。 なお現在,特設サイトでは1週間後の7月3日に向けたカウントダウンが進行しており,詳細はこの日に開催される配信イベント「Anime Expo Lite」内の特別番組にて,世界同時に情報が公開されるという。 タグ : 「あつ森」攻略本、累計60万部突破 1072ページのボリュームが話題に 4月28日に発売したNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』(=あつ森)の攻略本『あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド』が、累計発行部数60万部を突破したことが、KADOKAWAより発表された。 これは、3月20日に発売され、大ヒットしたコミュニケーションゲーム『あつまれ どうぶつの森』のゲームシステムや遊び方を解説し、ゲーム中に登場するすべてのアイテムのデータを掲載する完全攻略本。 オールカラー、1072ページのボリュームとなっている。 発売前から多くのプレイヤーに注目され、以降もテレビ番組やSNSで情報量の多さなどが話題となり、Amazonランキング1位(本の売れ筋ランキング 2020年4月28日時点)を獲得。 ほかネット書店ランキングにランクインするなど高い評価を得ている。 また、「四季折々の素敵な風景を満喫したい!」「DIYで家具や道具を作りたい!」「自分の家や島全体を好きなアイテムで飾りたい!」「島を自分の理想に向けて造りかえたい!」「友だちや家族と一緒に楽しみたい!」といった、無人島への移住者=プレイヤーのさまざまな願いをかなえる、「あつまれ どうぶつの森」をより深く楽しむための一冊で、ゲームの導入部分や基礎知識等も冒頭に掲載し、シリーズ初心者の方にも楽しめる内容となっている。 タグ :.

次の

三國志シリーズランキングベスト14(個人的評価おすすめ)

ゲーム 評価

— ヒメソ ayahimeso Raziel 割と動かしてて面白いし、グラもいいからガッツリやってみようかな。 英語ボイスの上ストーリーの和訳がグーグル翻訳レベルであれ?とも思ったけど、普通に洋ゲーやってると思えば特に気にならなそう。 アッシュテイルはもう日課だけでいいや。 不思議な中毒性があるゲームだ。 しかし文字が小さすぎて目がシパシパする(笑)育成のコツも全くわからず…多分かなり遠回りしている様な気が…。 でもなぜか遊んでしまう。 まだ2日目のわりになんかもう動きが完成されててびびる。 まあスマホゲーだしそんくらいカジュアルな方が良いよな — ひょっぽら hyoppora ネガティブ ラジエルはUIのアイコンのサイズにキレてアンインストール。 以上が「ラジエル」の感想・評価になります。 もしよかったら、実際にプレイした方は評価感想などコメントください!.

次の