バジ絆2 朧 流れ星。 バジリスク絆2【セリフ テーブル モード 高確示唆 演出】解析

【SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、設定判別、立ち回り、改善点 ※スルー天井詳細、高設定挙動も考察。

バジ絆2 朧 流れ星

基本的には前作「バジリスク絆」のゲーム性ほぼそのまま。 通常時はレア役等でバジリスクチャンス(BC)当選を目指す• BCではATバジリスクタイム(BT)当選を目指す• BTは前作と異なり、シナリオ管理となっている。 前作同様絆高確を活かしてBCの当選と絡めながら、BTを継続させて出玉を獲得していく仕様。 基本的な打ち方 目押しレベル 全リール適当押しでOKなので、目押しが出来ない人でも問題ない。 今作はBCも自動で揃う。 通常時の打ち方・リール配列 全リール適当押しでOK 立ち回りのポイント 情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。 天井&恩恵• 恩恵:同色BC当選• BCスルー天井:有利区間800G内でのBC7スルー後のBCでスルー天井。 恩恵:8回目のBCでBT当選となるつまり800G以内に8回BCを引かないとBCスルー天井の恩恵は受けられないことになる。 8回については、7回+天井同色BCでも良いかは不明。 おそらく大丈夫だと思われる。 ただ現実問題として、次の項目でお伝えするように6回、7回目でBT当選がほとんど。 天井に関する注意点 有利区間はBCでリセットされないため、やめる前にPUSHボタンを押し、ミニ液晶でG数と、スルーBC回数を確認して、離席するようにしましょう。 データから見たスルー天井詳細 以下の情報は、実際の台データから導き出したものとなるため、実際の解析とは異なる可能性があります。 現状の立ち回りの参考にしてみてください。 予想1:スルー天井は前作のモード同様、天井回数が設定されている前作のバジリスク絆同様、スルー天井はモードごとにスルー天井回数が設定されているようにデータ上は、見えます。 とりわけ、「5スルー(6回目のBCでBT当選)」「6スルー(7回目のBCでBT当選)」が非常に多いです。 逆に言うと、7スルー(8回目のBCでBT当選)は非常に少ないです。 予想2:7スルー8回目当選は、前作と異なる挙動 前作のバジリスク絆で言うところの「テーブルN」は、モード移行の関係で、次回のBC当選時にBT突入が確定するテーブルへ移行していました。 しかし、今回の最深天井である7スルー(8回目のBCでBT当選)では、次のBCでBT非突入を確認しています。 ただし、7スルー(8回目のBCでBT当選)では、サンプルは少ないもののATがロング継続しています。 おそらく、7スルー(8回目のBCでBT当選)では、高継続シナリオが選択されるという恩恵があるのではないかと推測しています。 とは言え、36台の終日フル稼働データであっても3例しかありませんので、ほとんど7スルーになることはないと言えるでしょう。 参考までに。 有利区間800Gで同色BCが当選するため、天井BCでBT非突入である場合、有利区間がリセットされ、スルー天井もリセットされます。 そのため、 データカウンター上では10スルー、11スルーといったことも起こるので、スルー天井を狙う際には、必ず筐体PUSHボタンを押し、リール左のミニ液晶で、有利区間とスルー回数を確認するようにしましょう。 やめ時 現状では、以下のやめ時が良いと思われる。 AT抜け後• その他で注意すべきは、朧でBCを消化した際の終了画面。 赤満月は次回BCまで続行した方が良いかもしれません。 細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。 設定確定パターン• 弦之介BCでの撃破人数表示 222人:設定2以上 246人:偶数設定 333人:設定3以上 444人:設定4以上 456人:設定4以上 555人:設定5以上 666人:設定6• 但しPBC後1セット目は除く) 弦之介&朧(朧鼻歌):設定6• 弦之介1001人撃破(詳細不明) 弦之介BC時の撃破人数が 1001人になった場合、設定5以上との情報が出回っています。 詳細が分からないので、状況を見て立ち回ってみてください。 注目すべき設定差 弱チェリー確率• 3というデータがあります。 当サイトとしては、 「レア役確率<BT当選までのスルー回数」を重視すべきと判断しています。 その時の詳細データはこちら。 BCの色比率 またおそらく前作同様、偶数奇数での設定差あり。 青頭が多い:おそらく奇数設定• 別の稼働では、逆のことが起こっているので、ほぼ奇遇での差があることは間違いないと思われます。 BT当選までのスルー回数 推測ではありますが、高設定ほど、スルー天井回数が少ないモードに移行しやすいと思われます。 高設定と思われるデータでは、少ないBC回数でのBT当選が多いように見えました。 但し、高設定と思われる台であっても、6スルーなども起こっているので、見切る際には注意してください。 《参考》通常時のテーブルデータ バジリスク絆2では、BCをスルーするごとに次のBCでのBT当選率が変わるテーブル方式を採用しています。 以下、テーブル以降について記載しておきます。 AほどBT当選確率が低く、Dであれば当選確定です。 スルーした次のテーブルが記載されているため、テーブル1であれば6回BCをスルーした次のテーブルがDとなるため、実際には7回目のBCでBT当選が確定するということになります。 左から順にモードを記載しているので、「初回BC、1回スルー、2回目スルー・・・となっています」• テーブル1:BBABABD• テーブル2:BABABAD• テーブル3:BBABBCD• テーブル4:BABACBD• テーブル5:AAAAAACD• テーブル6:BBBCBCD• テーブル7:BACBCBD• テーブル8:CCCCCCD• テーブル9:CACACBD• テーブル10:BCABABD• テーブル11:CBBABAD• テーブル12:BCBCBCD• テーブル13:CBCBCBD• テーブル14:ACAD• テーブル15:AD• テーブル16:D テーブル5のみ、スルー回数が多いですが、その分、データ上は連チャンしているように見えます。 シナリオまたは初期ストックがある状態でBTに突入すると思われます。 《参考》BT中継続率シナリオ バジリスク絆2のAT(バジリスクタイム)は、継続率シナリオ+ストックやBC当選により継続させる仕組みを取っています。 その基本となる「継続率シナリオ」について、記載しておきます。 なお、現時点では、設定により選択率の差があるのかは不明です。 さらに13セット目はシナリオに関係なく継続確定となっています。 シナリオはBT中のステージと完全リンクはしていないため、推測する程度となります。 以下、左から順に1セット目、2セット目・・・12セット目となっています。 しりあがり:BBBBCCCCDDDE• 朝駆け:DCBADADADADA• 普通:CBCBCBCBCBCB• 安定:CCCCCCCCCCCC• 超しりあがり:BBBCCCDDDEEE• 波乱:ADDADDADDADD• 超安定:CCCCCCDDDDDD• 超普通:CBCBDCDCEDED• 夢幻:EEEEEEEEEEEE• 激闘:DDDDDDDDDDD 14セット目以降は、10激闘のみDとなり、他のシナリオについては全てCとなる。 《参考》小冊子「絆を紡ぐ十箇条」詳細 確認できたものについて記載していきます。 推測している部分もありますので、間違っていたらごめんなさい。 通常時にPUSHボタンを押してみよう! 有利区間、スルー回数を確認することができます。 BCではリセットされないため、中途半端なところでやめる場合には、PUSHを押して確認してからやめた方が良いでしょう。 通常時に払い出しLEDが白く光ると・・・!?さらに紫に光れば・・・!!• 白発光:モードC以上確定• 紫発光:BTストックが確定 キャラセリフ演出で幼少期の「弦之介」や「朧」が登場すると・・・!? 前兆中以外であれば、「超高確5G滞在」の期待大! さらに、「超高確5G」は通常の状態移行契機の 共通ベル、チェリーではなく「その他の役」で移行しているとのこと。 BC中「開眼カットイン演出」やビリー音発生時に「CHANCEボタンを押してみると・・・!?• 開眼カットイン時:先告知の可能性あり。 ビリー音発生時:BTランプがレインボーになる可能性あり。 (ループストック80%が確定!?) 「弦之介BC」中は撃破人数に注目!撃破人数が赤文字なら・・・!? 設定示唆+AT当選。 詳細は「設定確定パターン」参照。 BT中に「愛する者よ、死に候え」が流れると、シナリオやストックが・・・!?• BTストック3個以上+シナリオ2・3・6否定• BT終了画面でサブ液晶をタッチしてみよう! 自身で確認できたセリフは以下の4種類• 朧の声で「では参りましょう」・・・おそらくデフォルトセリフ• 弦之介の声で「出立の準備じゃ」・・・おそらくデフォルトセリフ• 朧の声で 「何かが起こる予感がします」・・・実践で4回確認済み。 2/4で次回BCでBT当選しました。 弦之介の声で 「怪しき気配じゃ」・・・1回確認済み。 7回目のBCでBT。 6戦で負け。 そこまでオール黄色シナリオだったので、シナリオ示唆の可能性も。 初稼働の状況 初稼働はかなり苦しい展開となりました。 BCスルーしまくりで、辛い時間が続きました。 詳細については、記事最後にデータを乗せておきます。 おそらく設定1か3ではないかと思っています。 参考にしてみてください。 筐体関連 北斗天昇、まどか叛逆などと同じ「WIZARD筐体」 目押し不要のバジリスク絆2では、スライドできるボタンは相性が良いと思いました。 演出関連 前作バジリスク絆と、おそらく同じ映像は使ってはいないものの、テイストは同じなので、前作を打っている人には違和感なく受け入れられると思います。 ただ、逆に新鮮味はあまりないと言えるかもしれません。 また、問題としては弦之介BCの演出です。 今作では、設定示唆要素があるため、弦之介BCでの消化が目立ちます。 ほとんどの方が弦之介消化でした。 しかし、その弦之介BCは、演出としてはBT非突入が分かりやすく、最後まで期待感を持って消化することができないのです。 これはなんとかして欲しかったところです。 出玉関連 吸い込みはかなり緩やかになっている印象です。 またBCの当選も前作より遥かに軽い印象を受けます。 ただ、BCの獲得枚数が酷いです。 一番ひどかったBCは、「獲得枚数4枚」でした。 シナリオ管理にしたことで、継続しやすくなっているような気もしないでもないですが、実際に単発は当たり前のように起こります。 まとまった出玉を獲得するには、良いシナリオと、絆高確でのヒキが重要になってくるように思えました。 それ以外には、出玉につながるであろう「朧チャンス」「エピソードBC」「月下閃滅」は見える範囲(7台くらい)で、それぞれ1回しか確認できませんでしたので、もう少し入るようにして欲しかったところです。 個人的総評 良くも悪くもバジ絆。 打てないことはないですが、スルー回数が多くてしんどいという印象でした。 BCは、毎度どうにもならなそうで、しかも、出玉がほとんどないものです。 この繰り返しは、かなりしんどいです。 演出のところでも書きましたが、弦之介BCが期待できない演出バランスというのも、しんどさを増幅させていると感じました。 稼働継続予測と適正台数予測• 稼働継続:2~6か月• また、AT後ヤメ、有利区間終了後ヤメ(つまり0Gヤメ)が多発することが予想されるため、そこから打たせるだけの魅力が無ければ、稼働継続が難しくなります。 ホール側の企業努力で「バジ絆2」を生かすか潰すかが決まるのではないかと思います。 次回作改善要望 BCの獲得枚数が酷すぎるので、なんとかして欲しいところです。 流石に一桁枚数は勘弁してください。 またBCからのBT当選の自力当選が、非常に少ないように感じました。 多くがスルー天井での当選になっているように感じたので、そのあたりも改善していただけると、より打ちやすくなる気がしました。 他にも記事にいくつか書いているかと思いますので、対応いただけると有難いです。 メーカーさん、よろしくお願いいたします。 なんらかのヒントになれば幸いです。 以下、「ゲーム数、BCの色、台枠LEDランプの色」の順で掲載しています。 ATに関しては絆高確やボーナスを獲得していれば記載。 記載なしは何もなかったことを示します。 朝イチ0Gから~• 122G 赤異色 青• 148G 赤異色 青 巻物、強チェもヒットせず。 朧で消化。 終了画面「流れ星」• 39G 青異色 青• 353G 青同色 緑• 88G 赤異色 白• 12G 青異色 青 巻物もヒットせず。 50G 赤同色 黄色 ゲーム数的に800G天井が確定。 AT当選!• AT(7回目のBCで当選) 3戦継続 366枚獲得 シナリオ:黄青黄 1戦目 絆高確 黄 青異色BC当選 終了画面タッチ:弦之介「出発の準備じゃ」• 46G 青異色 黄 BC中の巻物から当選と思われる• AT(1回目のBCで当選) 4戦継続 449枚獲得 シナリオ:青赤赤青 1戦目 絆高確 赤 巻物で当選 青異色 2戦目 絆高確 赤 4戦目 絆高確 黄 終了画面タッチ:朧で「では参りましょう」• 54G 青異色 黄• 74G 青異色 白• 302G 青異色 白• 28G 赤異色 青• 193G 青異色 青• 126G 赤異色 黄• 35G青同色 緑 800G天井。 AT当選!• AT(7回目のBCで当選)単発139枚獲得 シナリオ:黄 1追想時に自力で高確獲得 三色点灯も活かせず。 58G 赤異色 緑• 167G 赤異色 青• 256G 青異色 青• 55G 赤異色 緑 AT当選!• AT(4回目のBCで当選) 単発105枚獲得 シナリオ:青• 27G 青異色 白• 77G 青異色 白• 10G 青異色 青• 337G 赤異色 白• 11G 赤異色 白• 20G 青異色 青• 57G 青異色 青 AT当選!• AT(7回目のBCで当選) 5戦継続808枚獲得 シナリオ:青赤赤青赤1戦目 絆高確 赤 弱チェで当選 青異色 2戦目追想中 巻物 青異色 2戦目追想中 強チェ 青異色 2戦目 絆高確 黄緑 巻物で当選 赤異色 3戦目追想中 巻物 青異色 4戦目 絆高確 黄 巻物 青異色 5戦目 絆高確 赤 終了画面タッチ:朧で「では参りましょう」 投資30000 回収15000 高設定、低設定の挙動、スランプグラフなどを知りたい方は、以下の記事もご確認ください。 低設定の見切りなど、立ち回りの参考にはなるはずです。

次の

【GAW関係なし】バジ絆2で天膳スタートした結果…

バジ絆2 朧 流れ星

,LTD. 紫に光るとBTストックが確定。 ビリー音発生時は、BTランプ(リール右)のLEDがレインボーになる可能性がある。 シナリオ1・5・8中に流れた場合は、ストック5個以上が確定する。 天井 天井 有利区間移行時から800G消化で天井到達となり、同色バジリスクチャンスが確定。 なお、バジリスクチャンス中の消化ゲーム数は天井到達までのゲーム数に含めない。 6 通常時のモード/モードテーブル モード概要 通常時には、「通常A」・「通常B」・「通常C」・「通常D」という4つのモードが存在。 滞在モードによって、「状態移行率」や「BC当選時のBT突入期待度」が異なる。 通常Dモードならば、BCを引けばBT確定となる。 モード移行抽選 モード移行抽選は、 「BT非当選のBC終了時」に行なわれる。 BCを引くたびに、セットされたテーブルに応じてモードが移行していく。 各モードテーブルの最終は「通常D」がセットされるため、BT非当選のBCが続くほど通常D滞在の可能性アップ。 モードテーブル モードテーブルは全部で16個存在。 テーブルによって早い段階で通常Dへ移行しやすいものや、通常Cへ移行しやすいテーブルなどがある。 テーブルは、有利区間移行時にセットされる。 有利区間移行時のモードテーブル振り分け 通常時のモード示唆演出 忍びの玉演出 文字出現時にモード示唆が行われる。 (各前兆中、レア小役成立時を除く) 「後ろを向く < ため息 < 左肩を出す < 両肩を出す < 妖艶なポーズ」の順で高モード期待度アップ。 「妖艶なポーズ」ならばモードDの期待度大幅アップ。 伊賀ミニキャラ「天膳」演出 パターンの内容でモード示唆が行われる。 (各前兆中、レア小役成立時を除く) 「去る < 不機嫌 < 微笑 < 笑う < 大笑い」の順で高モード期待度アップ。 「大笑い」ならばモードDの期待度大幅アップ。 通常時の液晶ステージ 1. 幼少期の朧登場で超高確率以上濃厚。 幼少期の弦之介登場で超高確率以上濃厚。 前作同様、揃う図柄の種類によって「BT突入期待度」や「設定示唆」に違いがある。 すべての押し順ベルでナビが発生する。 BT中に成立したBCは、すべての押し順ベルでナビが発生。 前兆 BC当選後は、一旦前兆を経由する。 駿府城ステージを経由したBCは、BT当選に期待が持てる。 BC中のキャラ選択 BC開始時に、「弦之介」・「朧」・「天膳」のいずれかからキャラを選択できる。 誰を選択するかで、BT告知方法が異なる。 敵を1000人撃破するとBT確定。 倒す人数は、「刑部 < 左衛門 < 弦之介」の順に期待が持てる。 最終ゲームで弦之介と出逢えればBT確定。 BT非当選時は、BC終了画面で次回モードの示唆を行なう。 死んでいる天膳が復活すればBT確定。 告知ゲームでBTシナリオ推測も可能。 各エピソードキャラに応じた絆高確も確定する。 エピソードBC当選契機別の絆高確振り分けは以下の通り。 BTストックの平均期待個数は4. プレミアムBC プレミアムBCは通常時のみから突入。 BT当選に加えて、初回は継続が確定する。 プレミアムBC当選時はフリーズが発生し、リールアクション後に白BARが揃って開始となる。 10)」が選択される。 さらに、絆高確は「絆モード」スタートとなるため、ロング継続に期待が持てる。 プレミアムBC当選時の祝言モードストック振り分け プレミアムBC突入時には、1個 or 2個の祝言モードのストックが確定。 祝言モードは、「絆モード+継続確定」の状態でスタート。 BCが継続する限り、絆モードも継続する。 祝言モードのストック個数振り分けは以下の通り。 — AT「バジリスクタイム(BT)」 概要 「バジリスクタイム(BT)」は、セット数ストック+継続率方式のAT。 消化中にBCが成立した場合は継続確定となる。 このあたりのゲーム性は前作と同じ。 純増枚数は約2. 1セット平均約40G継続。 追想の刻 最低10G継続となる、お馴染みの前半パート。 違いは、新システム「絆玉」が搭載されたこと。 成立役に応じて、BC抽選だけでなく絆玉の獲得抽選も行なわれる。 獲得した絆玉の個数に応じて、争忍の刻中の絆高確点灯数が変化する。 朧チャンス 追想の刻の上位版。 絆玉の獲得率が大幅にアップしている。 なお、朧チャンス中にBCが当選した場合は、BC終了後に再度朧チャンスへ突入する。 追想の刻開始時の朧チャンス格上げ抽選 追想の刻開始時は、セットごとに朧チャンスへの格上げ抽選が行われる。 追想の刻中にBCが当選した場合も同様。 なお、「絆レベル0」の状態で追想の刻中にBC当選で継続した場合は、格上げ抽選にハズれた場合でもBC後の追想の刻が「絆レベル1」でスタートする。 朧チャンス格上げ当選確率は以下の通り。 0 追想の刻の「次回予告」とキャラクターの法則 追想の刻中に発生する次回予告は、1~12セット目まで各2話ずつ対応していて、奇数話・偶数話のタイトルでシナリオNo. の奇数・偶数を示唆している。 また、以下のキャラは特定の継続率やシナリオを示唆している。 平均30G滞在し、甲賀が勝利するとBT継続確定。 まずは、甲賀・伊賀の人数と対戦するミニキャラを決定。 その後、ミニキャラでのバトルが開始される。 絆高確へは、「対戦人数」・「キャラの組み合わせ」・「絆玉の個数」に移行する。 継続率 BTの継続率は「12セット1組」のシナリオになっており、セットごとのシナリオに応じて継続率が変化。 BTシナリオは全部で10個存在し、有利区間移行時に決定される。 なお、争忍の刻開始時に移行したステージで、現在の継続率示唆が行われる。 10人状態 10人状態は、争忍の刻開始時に移行抽選が行われる。 10人状態とは、甲賀10人が出現する状態のこと。 なお10人状態に当選した場合は、当該セットは継続確定で、さらに絆高確の縁モードも確定する。 さらに、10人状態中に当選したBCはすべて月下閃滅確定で、MAXである41G継続となる。 10人状態はゲーム数で管理されており、規定ゲーム数を消化するまで滞在する。 10人状態ゲーム数振り分けは以下の通り。 エンディング エンディングは、40G間エンディング映像が流れる。 40G消化でBT終了となり、通常時へ戻る。 エンディング突入契機は以下の通り。 シナリオによって、各セットごとに継続率A・B・C・D・Eの5種類からいずれかが選択される。 継続期待度は「A < B < C < D < E」の順。 継続率示唆 BT中の滞在ステージによって、選択されている継続率が示唆される。 奇数設定は「波乱」が選択されやすく、偶数設定は「朝駆け」・「安定」が選択されやすい。 なお、プレミアムBC当選時は「激闘」が選択される。 有利区間開始時のBTシナリオ振り分けは以下の通り。 D 13セット目は、シナリオの種類に関わらず継続確定。 14セット目以降は、BT終了まで一律の継続率で抽選が行われる。 激闘シナリオならば「継続率D」、それ以外のシナリオならば「継続率C」となる。 なお、 シナリオ1(しりあがり)・シナリオ2(朝駆け)・シナリオ3(普通)・シナリオ5(超しりあがり)・シナリオ6(波乱)・シナリオ8(超普通)選択時は、BT開始画面は弦之介のみとなる。 その他のシナリオの場合のBT開始画面振り分けは以下の通り。 絆レベルは1~4の4段階。 セットごとに切り替わる絆高確テーブルによって、どの絆レベルが選択されるかが決まってくる。 絆レベルごとに、絆玉の獲得期待度が異なる。 絆レベル3・4は絆玉を1つストックした状態でスタートするため絆高確が確定。 なお、絆レベル4選択時は朧チャンスに突入する。 また、絆レベルはセット開始時とBCによる継続時に格上げ抽選も行なわれる。 絆高確テーブル 絆高確テーブルは全部で10種類。 どの絆高確テーブルが選択されるかは、BT突入時に決定される。 「選択されたテーブル」と「BTのセット数」によって、絆レベルが切り替わる。 設定6確定 争忍の刻開始画面は、「非継続」・「継続」」「継続(複数ストックあり)」の3パターンと、滞在シナリオとの組み合わせによって振り分けられる。 その際に、「設定示唆画面」が選択された時のみ、上記の設定を示唆する開始画面が出現する。 つまり、「非継続」の時に設定示唆画面が出現することはない。 ~~~~~~~~~~~~ 設定示唆画面が選択された場合の、各開始画面の振り分け率は以下の通り。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

バジリスク絆2 スペック・小役確率解析・PV・試打動画

バジ絆2 朧 流れ星

コンテンツ• 朧BC終了画面 パターン 示唆 星空 示唆なし 流れ星1つ 星空よりは期待 流れ星複数 流星群 次回 モードB以上濃厚 月 月食 次回 モードC以上濃厚 赤満月 次回 モードD濃厚 振り分けはこちら。 パターン 次回A 次回B 次回C 次回D 星空 50. 流れ星複数で次回モードB以上、月で次回モードC以上、赤満月で次回モードD濃厚となります。 次回モードC以上濃厚の月の場合もBT or ゲーム数天井BCまで打った方が良いと思われます。 ミッションを達成するほど閲覧可能なものが増える仕様なので打ち込むほど有利。 追記:累計ミッション 85%達成で全解放な模様。 BT後にサブ液晶タッチ BT終了後の 有利区間移行ゲームでサブ液晶にタッチするとボイス セリフ が発生、次回モードテーブルを示唆しています。 絆ランプが点灯することも! 「パチスロは適度に楽しむ遊びです。 」表示時がタッチタイミング パターン 示唆 朧「では参りましょう」 デフォルト 朧「何かが起こる予感がします」 テーブル8、9、11、12、13、14、15、16濃厚 弦之介「出立の準備じゃ」 デフォルト 弦之介「怪しき気配じゃ」 テーブル8、9、13、14、15、16濃厚 絆ランプ点灯 テーブル15、16濃厚 各演出時におけるモードを限定した表はこちら。 朧セリフ「何かが起こる予感がします」時 テーブル 0スルー 1スルー 2スルー 3スルー 4スルー 5スルー 6スルー 8 C C C C C C D 9 C A C A C B D 11 C B B A B A D 12 B C B C B C D 13 C B C B C B D 14 A C A D ー ー ー 15 A D ー ー ー ー ー 16 D ー ー ー ー ー ー 弦之介セリフ「怪しき気配じゃ」時 テーブル 0スルー 1スルー 2スルー 3スルー 4スルー 5スルー 6スルー 8 C C C C C C D 9 C A C A C B D 13 C B C B C B D 14 A C A D ー ー ー 15 A D ー ー ー ー ー 16 D ー ー ー ー ー ー 絆ランプ点灯時 テーブル 0スルー 1スルー 15 A D 16 D ー 絆ランプ点灯時は即止め厳禁! 上位テーブル示唆セリフ時も続行で良いかと思われます。

次の