デイズゴーン 注射器。 【デイズゴーン】ナパーム火炎瓶のクラフト素材『酒瓶』の入手場所・収集ポイント【Days Gone】

【デイズゴーン】 超簡単!プラチナトロフィーガイド

デイズゴーン 注射器

大群チャレンジ『ブラックカオス』の攻略記事を作成。 2019年4月26日に発売した。 TPS(三人称視点)のゲームで、PlayStation4専用ソフトとして制作されました。 ゲームエンジンはUnreal Engine 4を使用してます。 Bend StudioはSIEの子会社。 アメリカ合衆国オレゴン州ベンドに開発会社がある。 これまでの主な開発ゲームは、『アンチャーテッド・地図なき冒険の始まり』 『Resistance: Retribution』『Syphon Filterシリーズ』などを開発してきた。 デイズゴーンは約6年ぐらいかけて制作されている。 開発コンセプトは、大前提として新規IPを作り出すというコンセプトがあり、 『 ストーリー性の強い作品』『 大量に敵が出現して倒す』『 オープンワールドへの挑戦』 『 広大な世界をバイクで旅をする』という、4つのコンセプトを重視して開発が始まった。 Days Goneというタイトル名は、過ぎ去った日という意味と、 メニュー画面に表示されるパンデミックから何日間自分たちの人生がなくなっていった 『〇〇 Days Gone』といった、ゲーム性のタイトルにもなっている。 デイズゴーンのストーリー、舞台、登場人物 デイズゴーンは世界規模で発生したパンデミックにより、 人類は壊滅的に追い込まれた後、2年余りが経過したのが今作の舞台となる。 世界は疫病の影響で、思考を持たないゾンビのようなと呼ばれる感染者と、 凶暴化した野生動物が徘徊し、人類のほとんどが死亡。 さらに野盗が悪事を働き、気が狂ったリッパーがいたりと、世界は狂気化している。 街は荒廃してフリーカーだらけ、腹が減れば血肉を求めて生存者を襲う。 飛行機や列車も動かなければ、エネルギーは底をついた状況。 生き残った人々は、森の中にあるキャンプで暮らしている。 そんな過酷な極限状態の中、必死に生き残ろうとする生存者たちの苦悩や葛藤、 そして争いを描いたストーリーです。 キャッチコピーは、 This World Comes For You(この世界全てが敵となる)。 アメリカオレゴン州を再現した、美しくも広大なマップで、恐怖から生き残るサバイバルを味わえる。 デイズゴーンの主人公は。 元傭兵で賞金稼ぎをしながら、各地をバイクで旅しながら、外の世界で暮らす流れ者。 最愛の妻・サラが亡くなり、自分自身を見失いながらも、生きる理由を探して旅を続けている。 デイズゴーンの舞台は、アメリカ合衆国オレゴン州を再現したフィールド デイズゴーンの舞台は、Days Goneの開発スタジオ『ベンド・スタジオ』がある を参考に作られている。 オレゴン州は全体的に自然豊かな地域で、アウトドアな山・森・川もあれば、 荒地や高地の砂漠など、過酷な地域などもある。 ゲーム開始時に起こるパンデミックの件以降、ゲームの舞台はフリーカーまみれで、 生存者はあまりいない状況と化してます。 そして生きるための食料・物資は不足気味。 そのため、野盗たちによる窃盗なども起きている。 生き残った人々は、たいていは生存者たちが集うキャンプ場にいるか、 野盗やリッパーのような連中になっている感じです。 自動車が走っていることもなければ、電気もほとんどの地域で通っていない。 自然地帯には、鹿や狼など野生動物をたまに見かけ、狩猟できる舞台です。 最愛の妻だったサラを失い、今ではすっかり自分自身を見失っている。 流れ者の賞金稼ぎとして、ブーザーと共にバイクで旅を続けている。 軍(第10山岳兵士団)に所属してた過去があり、銃や格闘武器を扱いこなす。 パンデミックの混乱の中、子供に刺されて命を落としてしまう!? 救助のためNEROのヘリコプターに乗せられて、その後は行方不明になる。 妻のジョアニーはバイク事故で亡くなった。 同じバイカー仲間で、ディーコンと一緒に旅を続けている。 唯一、相棒と呼べる存在で共に戦ってくれたりもする。 反対されてたディーコンとサラの結婚式においても、唯一来てくれた人物でもある。 ラジオ・フリーオレゴンという、哲学的な内容のラジオを放送することもある。 他のキャンプと比較すると、奴隷のように厳しく生存者を働かせたりするため、 生存者がキャンプから脱走しようとする者もいる。 リッパーとは協定を結んでおり、和平のため厳格に決まり事を守ろうとする。 マイクはリッパーとの戦争を頑なに避けたがっている。 しかし内心は協定を破ろうと企んでいたり、ディーコンのことを嫌っているが、 リッパーのことになると意見が合ったりと、敵なのか味方なのか分からない性格をしている。 ディーコンやブーザーとは面識がある。 辛い事を乗り越え、生き残ることに情熱があり、絶対に諦めない鋼の心を持つ。 診療所で唯一の医者。 たった1人で患者を治療している。 面倒見が良く、元患者のことを気にかける優しい心を持つ。 部下に忠誠を誓わせ、軍隊を保とうとして、兵士には規律を守らせようとする。 世界を取り戻すと言ったり、宗教と絡めた力強い演説を行ったりする。 スキンヘッドの黒人男性。 紳士な性格で腕の立つバイカー。 そして銃を使った戦いもできる。 知識があり、仕事もこなせる黒人の男性。 ウィザード島でフリーカーを燃やすため、『ナパーム火炎瓶』の開発を行っている。 軍隊経験はなく、ディーコンと同時期にデシューツ群民兵に入隊した男性。 ディーコンから見れば、テイラーはいいヤツ。 しかし、いいヤツだったアルバレスを半殺して、クスリを持ち逃げした。 怒ったディーコンとブーザーが、レオンを追跡することになる。 ディーコンから見れば、サラの妹に似ているのだという。 ディーコンに助けられて、その後は物語に関わることになる。 アイアンマイクとは協定を結んでいる。 理由はよく分からないが、モングルズの印を持つディーコンとブーザーをつけ狙っており、 行く先々でリッパーが付けて来て戦うこともしばしば。 いつも白色の防護服を着て、フリーカーを調査している。 サラが子供に刺されて重傷のときに、NEROのヘリに乗せたときに対応した人物でもある。 そのためサラの行方を求めて、ディーコンはオブライアンに近づこうとする。 過酷な世界で生き抜くために、無力な人々を殺害する悪党集団。 いろんな所で拠点を作って生活しており、日中になると生存者を襲おうと活発に行動する。 野盗はあちこちに存在し、10~15人規模の野営キャンプを持っていることも。 カルト宗教的な集団で『カルロス』がリーダー。 フリーカーを崇拝しており、フリーカーになりたがっている。 髪型はスキンヘッドで、体には無数の切り傷の跡が残る。 グループ勧誘のため、よく分からないことを言いながら、生存者に傷を付けようとする。 世界が終焉を迎えようとしている中、フリーカーの生態調査を行っている。 すっかり見かけなくなったヘリコプターで移動を行い、 パンデミックの拡大を防ごうと、ボンベを背負い、防護服の服装で何かを調査している。 2~3体程度のグループや、100体以上の大群でいることもある。 人間としての知性や理性が見られず、動物であれば凶暴的に襲っては死肉を食べようとする。 日中はフリーカーの巣で休んでいるのが大半で、夜になると巣から出て来る。 スウォーマーより体格が小さく、動物を見つけてもすぐに攻撃はしない。 体力が減って弱った者や、ニュートの縄張りである建物の屋根の上などに入ると攻撃してくる。 スウォーマーと比較すると、小道具を使用したりするニュートもいる。 外見がスウォーマーと似ているため分かりづらいが、 身体的な能力が向上しているため、若干スウォーマーよりも強く設定されている。 小走りで素早く移動することもあるが、普段はスウォーマーのようにゆっくりと動く。 生存者を見つけると叫び声を上げて、周囲にいるフリーカーを呼び寄せたりする。 強烈な叫び声で、バイクに乗ったディーコンを振り落とすほどの大声でダメージも受ける。 ボディービルダーのように体格が筋肉質で、パワー型に特化した素手で攻撃してくる。 スウォーマーのように群れで行動していることは少なく、単独でフィールドにいることが多い。 ストーリー上ではボスキャラとして登場するが、その後は一般のフリーカーとしてフィールドにいる。 動きが異常に早く、時速65kmも出せる。 それに力も強いフリーカー。 ストーリーではボス戦として登場するが、その後は一般のフリーカーとしてフィールドにいる。 バイクと同じ速度で移動することができる。 2~7匹ぐらいの群れで行動しており、動物やスウォーマーを見つけると俊敏に襲って来る。 生存者を見つけると牙や爪で襲いかかる。 基本的には野生の熊とあまり変わらないが、ストーリー上ではボスキャラとして登場する。 基本的には群れている。 電柱の上などに巣を作ることもあり、生存者を見つけると上空からクチバシで突進して襲いかかる。 また警戒声を上げて、周囲にいるフリーカーに気付かせる行為も行う。 デイズゴーンのゲームシステム オープンワールドを舞台にした、サバイバルアクションゲーム デイズゴーンのフィールドは、天候や時間の概念がある。 晴・曇・雨・雪・昼夜と変化し、天候が変わりやすい。 例えば雨で道路が泥だらけになればバイクが走行しづらくなったり、 夜になればフリーカーの活動が活発になったり、昼では野盗が盛んに行動するようになる。 人が住まなくなった廃墟では、敵を警戒しながらアイテムを収集したり、 見つけた材料を合わせて、新たに武器をクラフトしたりできます。 ディーコンの主な移動方法はバイク。 各地にあるフリーカーの巣を排除してれば、が利用可能になる。 デイズゴーンのストーリー攻略では人々が集うキャンプが各地にあり、そこを拠点に行動範囲を広げていく。 メインミッションだけ攻略していってもエンディングまで到達可能。 ストーリー分岐は無いが、サイドミッションにしか登場しないキャラクターイベントなどがある。 サイドミッションを攻略すると、ディーコンの体力・スタミナ・フォーカスゲージを強化できる。 バトルでは武器で攻撃するだけでなく、敵の背後からのステルスキルも有効。 エリアに爆破物がある場合、銃で狙撃して爆破ダメージを与えることもできる。 またトラップをバトル前に仕掛けておいて、敵を誘導して罠にハメるといった戦術もある。 経験値を獲得し、ディーコンの成長要素でもあるを修得して強化していきます。 デイズゴーンをプレイ中は、時間を止めてスクリーンショットを加工できる機能がある。 Days Goneの美しくレンダリングされた画像を調節して、ユニークな画像を作ることができます。 ディーコンが運転するバイクについて デイズゴーンのメインの移動手段はバイクになります。 バイクは敵から盗んだりすることも可能だが、ディーコンは1台の愛車のバイクを乗り続ける。 バイクは移動手段のみではなく、後部座席への荷物を積み下ろし、 ディーコンが死んだ時のリスポーン地点としての用途にもなります。 バイクはガソリンが必要でガス欠することもある。 ダメージを受ければ修理も必要となる。 キャンプではバイクをカスタイマイズすることが可能で、 ドリフターバイクの見た目を変えたり、性能を強化したりもできる。 バイクの攻略記事• ディーコンが乗るドリフターバイクの基本的な攻略解説。 バイクはメリットとデメリットがそれぞれある。 ゲーム内ではあまり多くのことは解説 されておらず、ゲームをプレイする前にバイクの仕様を理解しておくと遊びやすくなりそうです。 キャンプのメカニックの所でカスタマイズできるバイクのアップグレード一覧。 バイクのカスタマイズは大きく分けると、『性能』『外観』『ペイント』に分かれる。 改造するには、クレジットとキャンプの信頼レベルが必要になる。 ミッションを攻略して、クレジットと信頼を得てからでないと満足なアップグレードにはならない。 キャンプ デイズゴーンのバトルシステムについて デイズゴーンのは、銃で射撃したり、身を守ろうと遮断物へ隠れたりできる。 近接攻撃は格闘攻撃と呼んでおり、バットや角材などで攻撃します。 敵から気付かれない状況化では、背後から忍び寄り、ステルスキルで敵を始末できる。 さらにトラップを仕掛けて敵を罠にハメたり、妨害物で敵をおびき寄せたりもできます。 近接武器はブーツナイフを除き、武器耐久が設定されている。 敵を攻撃すると壊れて無くなったりします。 もしくは修理して耐久度を回復させる。 トラップや爆弾・妨害物などは、1回使用すると無くなってしまう。 またフィールドには、赤色のドラム缶や丸太などが設置してあるエリアも存在する。 銃で撃ったりすることで罠が発動し、敵をそこへ巻き込んで始末することもできる。 その他、フリーカーを誘導させて、野盗と戦わせるといった戦術なども用意されてます。 敵を倒せば経験値を得て、ディーコンがレベルアップする。 その際にスキルポイントを獲得できるので、3種類の『 格闘戦スキル』 『 遠距離戦スキル』『 サバイバルスキル』を習得して強化できます。 クラフト 武器やアイテムを作れるクラフトについて 要素は、サバイバルホイールを開いた状態から実行することができる。 素材を消費して格闘武器を強化したり、爆弾・妨害物・トラップなども作れます。 作るためにはレシピが必要で、ミッションを攻略したりするとアンロックされたりする。 クラフトは基本的にミッションを攻略しまくって『 クラフトマニュアル』を得ることから始めます。 クラフト素材はミッションプレイ中に立ち寄ることになる、廃奥や廃車などから見つけれるので、 デイズゴーンでは収集することが基本行動になります。 サバイバルスキルで『 健脚』を習得すると、 所持できるクラフト素材や小道具の数が増えるので、早い段階に習得しておくのがポイントになる。 武器 ディーコンが装備できる武器について ディーコンのは メインウェポン(銃)、 サブウェポン(拳銃など小さい銃)、 特殊ウェポン(スナイパーライフル、クロスボウ)、 格闘武器(近接武器)にわかれている。 そこに基本装備となるブーツナイフ、石、双眼鏡、懐中時計を装備してます。 格闘武器はブーツナイフ以外は消耗品で、敵を攻撃すると耐久値が減ってやがて壊れる。 修理することも可能だが、フィールドで拾ったり、クラフトで作ることもできます。 クラフト武器には 爆弾、 トラップ、 妨害物といった消耗する武器が用意され、 それらを駆使しながら敵と戦うことになる。 ウェポンは敵が所持しているものを拾って自分の武器にすることが可能だが、 新たな武器を拾った場合はその場に捨てられる。 そういったウェポンはガンロッカーに収まらない。 捨ててもずっと所持してられるウェポンは、キャンプの商人で購入した武器や、 ミッションを攻略してアンロックされる武器などです。 捨てるとガンロッカーに自動的に戻る仕様。 ディーコンがサラとの昔の想い出にケジメをつけて、過去を忘れて人生を仕切り直そうとする。 ディーコンがデシューツ群民兵に残る。 二度と失う訳にはいかない、サラのために任務を手伝う。 ディーコンの相棒ブーザーがリッパーの攻撃を受けて、あの手この手でブーザーを救おうとする。 ブーザーは助かったものの、ブーザーが生きるための理由が必要となり、元気付けようとする。 パンデミック発生以降、謎の組織・NERO(ネロ)が一体何をしているのかを探る。 イカれたカルト集団のリッパーの動向を探る。 なぜかモングルズを背負ったバイカーを付け狙う。 ディーコンの壊れたドリフターバイクを修理して、ブーザーと一緒に北の地へ行こうと試みる。 ディーコンの仲間のアルバレスを殺して逃走した、レオンを捕まえようとする。 マリオンフォークスで生存していた、サラの妹に似ているリサを守ろうとする。 怪我したブーザーをキャンプに置いてもらうため、ロストレイクキャンプに尽くそうとする。 ロストレイクキャンプのメンバーであるリッキーを手伝い、関係性や信頼を取り戻そうとする。 ロストレイクキャンプのメンバーで、唯一の医者であるアディーを手伝う。 ロストレイクキャンプのリーダー・アイアンマイクとの関係や信頼を取り戻そうとする。 ロストレイクキャンプのメンバー・スキッゾは、ディーコンを敵視するため用心しておく。 リッパーと和平を結んでいるロストレイクキャンプ。 不穏な動きを見せるリッパーに警戒する。 デシューツ群民兵のクーリ大尉が、なぜかディーコンのモングルズの指輪を持つため探る。 同時期にデシューツ群民兵に入隊した、テイラーのトラブルに関わることになる。 デシューツ群民兵のギャレット大佐が、どんな人物なのか知ろうと、忠誠を誓って探ろうとする。 デシューツ群民兵で研究を勤める、ウィーバー少尉を手伝うことになる。 デシューツ群民兵とは最悪な組織だった。 民兵を阻止し、サラをウィザード島から救おうとする。 生存者のキャンプからの依頼もあり、野盗やリッパーに捕まった人々を助ける。 人殺し・窃盗などを行った、賞金首をかけられた悪党を始末する。 各地のフィールドにあるフリーカーゾーンにある巣を燃やして、フィールドを安全にしていく。 野盗やリッパーたちがアジトにしている、キャンプを襲撃して始末していく。 各地のフィールドにいるフリーカーの大群を一掃して、フィールドを安全にしていく。 パンデミックが発生して世界が終わった。 当時は一体何が起こったのか手掛かりを探す。 襲撃してきた野盗どもを、野盗のアジトまで追って始末する。 あえてデシューツ群民兵に入隊して、軍の仕事をこなしながら情報を得ようとする。 対象のキャラクターに関する情報を得れるコレクション。 そのキャラクターの所持品など。 NEROが調査したボイスレコーダーやノートから、フリーカーに関する情報を得れる。 サラの研究に関するコレクションで、ストーリーミッションを攻略すると自動入手する。 あるミッションを攻略すると、コープランドが勝手に放送するラジオを聞くコレクション。 ウィザード島のサブミッションで、デシューツ群民兵のギャレット大佐の演説を見る。 リッパーの長・カルロスによる、説教のようなありがたいお言葉の録音機を止めるコレクション。 Days Goneの舞台の観光名所の場所となる、パンフレットやポスターなどを調べるコレクション。 Days Goneの舞台に残る歴史跡に関する石碑を見て、どんな場所だったのかを知るコレクション。 植物研究は、各地域に生えている植物を採取するコレクション。 アイアンマイクのキャンプで、夜にギター演奏している様子を眺めるコレクション。 チャレンジは12週に渡り配信された、ミニゲームのようなエンドレスコンテンツ。 特定の条件を満たしてミッションを攻略すると、それに応じたスコアやクレジットを受け取れ、 キャラクタースキン、カスタムアクセント、指輪、パッチと交換できる要素が含まれている。 入手したカスタムアクセントとパッチは、本編でも自動で引き継いだ状態でプレイできる。 サバイバルモードは、ゲーム難易度『HARD』よりも難易度を高くしたモード。 ファストトラベルを使用できなかったり、HUD情報が非表示にされたりと、 上級者向けの難易度に設定されてます。 ユーザーからの要望もあり、クリアデータを引き継いだ状態で、ゲームを最初からプレイできる。 難易度サバイバルはクリアデータを引き継げなかったが、NEW GAME+の登場により引継ぎ可能。 その他、新しい武器の特殊ウェポン『BND-150』などが追加されました。 その他:Days Goneに関連する内容 デイズゴーンの当初の発売日は2019年2月22日だった。 しかし、『できるだけ多くの皆様にプレイしていただけるタイミングを鑑み、 2019年4月26日に発売日を変更いたしました。 今後さらなるブラッシュアップを行います。 』 とTwitterで発表し、 2019年4月26日に発売日が延期されました。 Days Goneの体験版は無し。 各地のゲームイベントにて、ゲーム発売前に試遊台でプレイすることができた。 デイズゴーンのは、ゲームを少し有利に攻略できる 『バイクアップグレードパック』『ドリフタークロスボウ』『PS4用テーマ』が付いている。 バイクのアップグレードとドリフタークロスボウは、特典無しでゲームを進めても獲得可能です。 ただし、は強い武器なので、序盤からあれば便利。 デイズゴーンのダウンロード専用販売のデジタルデラックスエディションでは、 早期購入特典に加えて『デジタルミニアートブック』『デジタルサウンドトラック』 『ドリフターバイクスキン3種類』『PS4用プレミアムテーマ』『スパナマスター』が付属する。 その他、なども用意されているが、 海外向けの販売では『スペシャルエディション』『コレクターズエディション』といった、 日本販売には無い特典が付属して販売されてます。 また海外販売では、200ページ以上のアート集『The Art of Days Gone』なども販売されている。 アパレルブランドのした。 ゲームから着想を得てDays Goneのロゴなどをあしらった洋服で、 ゲームの発売日と同時に全国のDIESEL主要店舗とオンラインストアにて販売される。 デニムジャケット、デニムベスト、Tシャツ、キャップがラインナップされた。 デイズゴーンのは、デジタルデラックスエディションの購入特典の他に、 各音楽配信サイトにてダウンロード販売されている(全25曲)。 ソニーは2019年6月7日~6月17日の期間中、『Days of Playセール』を開催。 PS4の400タイトルが最大で90%OFFで購入できるセールス企画で、 デイズゴーンは30%OFFで販売された。 通常価格7452円(税込)が5216円(税込)。 2019年11月28日には、通常よりも購入価格の安い『Days Gone Value Selection』が売り出される。 ゲーム内容は一緒で、パッケージ版が3900円+税、ダウンロード版が4290円 税込 、 デジタルデラックスエディション(DL版)が5390円で販売されます。 Days Goneの基本的なゲーム仕様 デイズゴーンのフレームレートは 30fps。 環境の表現を重視しているのでフレームレートは上げる予定はなし。 PS4 PROだと4K出力に対応している。 ディーコンの見た目の変更などは、ディーコンのキャラクターイメージを 大事にしているので、そういった要素はなし。 デイズゴーンはオンラインマルチプレイには対応していない。 ストーリー性の強い作品を重視したため、シングルプレイヤーモードのみとなった。 日本語版のボイスは、フィールドで出会うキャラクターも含めて 日本語吹き替え仕様になっている。 デイズゴーンのゲームボリュームは、メインストーリーの攻略だけでも 30時間程度、 そのうち6時間分のシネマティックシーンが含まれ、約20%がカットシーンになっている。 攻略を含んだやり込み要素になると、 100時間以上は遊べるとのこと。 デイズゴーンのゲーム難易度設定は、 EASYや NORMALはいつでも切り替え可能だが、 HARDはゲーム開始時のみの選択になる。 一度HARDを選ぶと他の難易度への変更不可。 難易度変更による影響は、敵の強さや弾薬の入手量に影響する。 Days Goneのゲームの容量は53. 59GB、ボーナスコンテンツは8. 85GB。 2019年6月7日より実施される無料配信のDLCでは、が加わる。 2019年6月29日より、無料追加DLCのが配信された。 12週に渡り、各チャレンジミッションが徐々に配信される。 合計12回分。 スコアボードで世界中のプレイヤーと争ったり、ステータス効果のあるパッチや指輪、 キャラクターの見た目を変更できるスキン機能などが追加され、一部本編にも引き継げるものもある。 2019年9月13日より、『決して諦めない』のストーリーラインを100%攻略したセーブデータから、 一部の引継ぎ要素を加えて、ストーリーの最初からプレイできる『』が配信される。 また、新たにゲーム難易度に『HARD II』『SURVIVAL II』を追加し、それに伴うトロフィー、 そして新しい武器『BND-150』も配信された。 製品名 Days Gone(デイズゴーン) ゲームジャンル オープンワールド・サバイバルアクション ゲームハード PS4 メーカー• 開発:SIE WWS Bend Studio(ベンドスタジオ)• 販売:SIE(ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント)• 発売日 2019年4月26日 希望小売価格• パッケージ通常版:6900円+税• ダウンロード通常版:7452円(税込)• デジタルデラックス版:8532円(税込) CEROレーティング CERO Z デイズゴーンの最新情報.

次の

【デイズゴーン】ディーコンの魅力はゲームを進めれば進めるほど出てくるよな【DaysGone】

デイズゴーン 注射器

バイクのアップグレード• NEROの注入器で強化したステータス• スキル• クラフトマニュアル• 各キャンプの信頼とクレジット• コレクション• トロフィー• チャレンジのパッチ• 銃のマガジンアップグレード• マップで行ったことのない場所のマスキング要素、経過日数はリセット• 所持中のクラフト素材、動物・植物素材、消費武器、フリーカーの耳 フィールドでは、に必要な上位素材が最初から解放されてます。 なので、いきなりナパーム火炎などを作ったりすることも可能です。 またストーリー序盤なのに、がフィールドを徘徊してたりします。 NEROの注入器は再び入手することは可能だが、すでにステータスがカンストしている状況だと それ以上は上がらず、ディーコンが注射するアクションだけが実行される。 一部のコレクションはすでに入手済みであれば、フィールドには配置されていません。 ラジオ・フリーオレゴンや植物採取などは、再び聞いたり、採取できる。 余計なことをしないで、メインストーリーだけ攻略していった場合、 カットシーンは全スキップ(タッチパッド長押し)の最速プレイで、 およそ15時間くらいでエンディングに到達します。 ただファストトラベルの利用を考えると、一部のフリーカーの巣は壊滅させた方がいい。 『ローガンの名残』は、特殊ウェポン『BND-150』を使って、 それぞれの弾薬で敵を1体づつ倒せばトロフィーを獲得できるので簡単です。

次の

NEW GAME+(ニューゲームプラス)

デイズゴーン 注射器

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2018年5月)• にに基づいており、精度に欠けるかもしれません。 ( 2018年5月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2018年5月)• 全体として に立って記述されています。 ( 2020年2月) Days Gone ジャンル ・ 対応機種 開発元 発売元 メディア ディスク 発売日 2019年4月26日 対象年齢 : Z : コンテンツ アイコン 暴力・犯罪 『 Days Gone』(デイズ ゴーン)は、より2019年4月26日 に発売された、の。 対応機種は。 概要 [ ] 謎のウイルスの蔓延でフリーカーと呼ばれるが発生 、文明と秩序が崩壊した世界を舞台に、バイカーを生業とする主人公 ディーコン・セントジョンとして極限状態をサバイバルしていくアドベンチャーゲーム。 人々は小さなコミュニティ「キャンプ」を作り、自給自足の苦しい生活をしているが、それぞれ敵対しており、フリーカーとは別にゲームの流れによって戦うことになるなど、オープンワールドゲームには珍しい濃いストーリー性も特徴。 物資の少ない世界を表現するため、序盤に関しては自由度も少ない。 ライターの渡邊卓也は「(宣伝で用いられる)ゾンビゲームではなく、バイクのゲーム」と批評している。 あらすじ [ ] ある年、謎の疫病の感染が世界中に広がり、パンデミックとなった。 この疫病は、感染者を凶暴なゾンビのような怪物 フリーカーに変貌させるため、至る所でフリーカーが人々を襲い、世界中が大混乱に陥った。 主人公の ディーコン・セントジョンは、妻 サラと相棒 ブーザーと共に脱出を図っていたが、ブーザーが負傷し、さらにサラも子供に腹部を刺されて負傷してしまう。 ディーコンは2人とともに救助ヘリで脱出しようとするが、救助ヘリの対応に当たっていた大学院生 オブライアンに、定員オーバーのため2人しか乗せられないと言われる。 迷った末にディーコンは、ヘリにはサラ一人だけを乗せ、自身はブーザーと共にその場に残った。 その後も疫病の感染は急速に拡大を続け、人類の大半がフリーカーと化していった。 これにより、人間社会は完全に崩壊した。 パンデミックから2年後。 わずかに残った生存者達は、各地に鉄柵で囲まれたキャンプを築き、自給自足の苦しい生活を送っていた。 キャンプの外は荒廃した危険地帯になっており、至る所をフリーカーが徘徊している他、野盗やお尋ね者、カルト集団などの凶悪な人間達、さらには凶暴化した野生動物たちまでが蔓延っていた。 ディーコンとブーザーは、各地のキャンプで物資調達やお尋ね者の始末などを請け負う"賞金稼ぎ"を生業として暮らしていた。 また、その一方で、2年前のパンデミックの時に生き別れになった妻サラをずっと探し続けていた。 だが、どれだげ探してもサラの手掛かりが一向に見つからないため、ディーコンは彼女の生存を諦めて気持ちに区切りをつけるべく、ブーザーと共に北への移住を計画していた。 ところが、ブーザーが狂信的なカルト集団 リッパーに襲われ、腕を焼かれて大火傷を負ってしまう。 ディーコンはアジトでブーサーを安静にさせ、単身で賞金稼ぎをこなしながら、ブーザーの治療法探しとサラの捜索を行っていく。 そんな中、ディーコンは国家緊急事態対応機構・通称 NEROのヘリに遭遇し、防護スーツに身を包んだ隊員達がフリーカーやその痕跡を調査している様子を目の当たりにした。 その隊員の一人が「オブライアン」と呼ばれたのを聞き、彼が2年前にサラを救助ヘリに乗せる時に対応した大学院生だと気づく。 サラと同じヘリに乗ったオブライアンが生きているなら、サラも生きているかもしれない。 そう考えたディーコンは、オブライアンと密かに接触することに成功し、サラの消息を調べる約束を取り付ける。 やがてディーコンは、民兵たちの集まる ウィザード島の軍事要塞で、軍研究者として研究活動していたサラと再会を果たす。 その後、様々な調査を続けるうちに、かつて製薬会社 クローバーデイルで研究していたサラの極秘プロジェクトこそが、このパンデミックの元凶であったことが判明する。 ウィザード島を率いる マシュー・ギャレット大佐の狂気と疑心暗鬼が加速する中、ディーコンとサラは島から逃亡しようとするが、かつてロストレイクでの因縁があった スキッゾの妨害により脱走に失敗。 この事が引き金になり、ディーコンは反逆者として収監され、サラはマシューに拘束され、民兵は北方地域へと進軍してキャンプを襲い始める。 クーリの手助けにより収監されず島を脱走出来たディーコンは、急いでブーザー達のいるロストレイクへ救助に向かうも、民兵の襲撃によりマイクが命を落としてしまう。 これ以上民兵に攻め込まれる前に、ディーコンはロストレイクの住人達と共に、ウィザード島を襲撃し大佐と戦うこと、サラを救出することを決意する。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] ディーコン・セントジョン(Deacon St. John) 声 - 本作の主人公。 特定のキャンプには所属しない流れ者で、各キャンプの依頼 物資の調達やお尋ね者の始末等 を請け負う「賞金稼ぎ」を生業とする男。 パンデミックが起こる前はバイカーギャングの「モングルズ」に所属していた過去を持つ。 それ以前には第10山岳師団の一員として、アフガニスタンにて従軍していた。 その経験から銃器や武器の扱いに長けており、これまで数多くのフリーカーを始末してきた。 両腕にはタトゥーがあり、右首には妻の名前を彫っている。 口が悪く喧嘩っ早いが、根は善良な性格。 無暗に人を殺す輩 リッパーや野盗 を憎むなど正義感が強く、仲間を裏切る行為を嫌う。 また、生き別れた妻のサラを探し続けたり、負傷した相棒のブーザーを助けるために尽力するなど、自分の大切な人の為なら苦労を厭わない。 マリオンフォークスで保護したリサに対して、キャンプで無理に働かせないようタッカーに配慮を求めるなど、弱者に対する思いやりも見せる。 サラ・アイリーン・ウィテカー(Sarah Irene Whitaker) 声 - ディーコンの妻。 2年前のパンデミック時の混乱中に子供に腹部をナイフで刺され負傷する。 定員オーバーだったためサラだけが救助ヘリコプターに乗り、ディーコンとブーザーと別れることになる。 スキンヘッドで頭にタトゥーを入れている。 序盤にリッパーに襲撃された際に右腕をバーナーで焼かれ、重度の火傷を負う。 その後はアジトに留まって安静にするが、後に重度のを患い、ロストレイク・キャンプに収容された。 その後、症状が悪化したためアディの手術によって右腕を切断し、ディーコンが集めた部品で製作された義手を装着された。 ジェームズ・オブライアン(James O'Brian) 声 - NEROの一員。 2年前のパンデミック当時は大学院生で、ディーコンが負傷したサラをヘリに乗せる際に応対した。 物語中盤にてディーコンと思わぬ形で再会し、サラの消息を調査するよう依頼される。 その際、他のNERO隊員が行っているフリーカーの研究の傍受を依頼した。 リサ・ジャクソン(Lisa Jackson) 声 - はぐれた両親との再会のため、荒廃したマリオンフォークスで長年独りで暮らしていた少女。 タッカーの依頼でディーコンに救助され、ホットスプリング・キャンプで保護された。 しかし、タッカーのやり方に着いていけず、その後各地を転々とする。 ディーコンによると、サラの妹に似ている。 コープランド・キャンプ [ ] マーク・コープランド(Mark Copeland) 声 - 生存者キャンプ「コープランド・キャンプ」のリーダー。 ラジオ・フリーオレゴンを放送し、自身の思想を流布することでカリスマ的な地位を得る。 主人公にアイテムの回収を依頼する。 メカニック。 ディーコンとは顔馴染み。 ホットスプリング・キャンプ [ ] エイダ・タッカー(Ada Tucker) 声 - 生存者キャンプ「ホットスプリング・キャンプ」のリーダー。 白髪の女性。 働かぬものは暮せないという厳しい規律をキャンプ内で敷いており、キャンプのメンバーには「奴隷」ともとれる程に苛烈な労働を強いている。 その上十分な食料を与えないため、メンバーの反発を招く事も多い。 主人公へは賞金首の依頼をする。 リサとは顔馴染みで、パンデミック以前は近所に住んでいたという。 アルカイ・ターナー(Alkai Turner) 声 - ホットスプリング・キャンプの副官。 カウボーイハットがトレードマークで、キャンプでは商店を営んでいる。 レオン(Leon) 声 - ホットスプリングス・キャンプでクスリを盗んで逃走し、ディーコン達に追われていた。 アルヴァレス(Alvarez) 声 - ホットスプリングス・キャンプのメンバーの一人。 レオンに殺された。 あるミッションで、ディーコンが墓地の前で遺体を燃やすことになる。 ウエスタンハットをかぶっている博愛主義者の穏健派。 平和主義者であり、リッパーと協定を結んでいる。 元々はディーコンと共に働いていたが、流れ者となったためあまり良く思っていなかった。 しかし、ディーコンの活躍により次第に信頼をするようになる。 スキッゾが軍隊と共に乗り込んできた際に交渉しようとするも銃で撃たれてしまう。 ディーコンがサラを見つけたことを報告した際に、自身の考えが間違っていたと言い息を引き取る。 リッキー・パティル(Rikki Patil) 声 - ロストレイク・キャンプの副官。 黒髪の白人女性で、ディーコンやブーザーとは顔馴染み。 釣り好きの元機械技工士。 協力者ではあるが、アイアン・マイクのやり方に近年はよく思っておらず、時に敵意も見せる。 後にリッパーと密約 ディーコンとブーサーを渡す代わりにロストレイクの安全を保障する を交わしていたことが判明し、ロストレイクを追放される。 その後、ウィザード島の民兵に加わった際にディーコンの正体を告発し、ロストレイクに復讐すべく民兵と共に乗り込む。 黒人の女性で、キャンプで唯一人の医者。 医療設備や薬は足りていない状況だが、診療所で患者を懸命に治療している。 けが人や病人を放っておけない優しい性格で、突然現れたディーコンの依頼も受けて、敗血病のブーザーを治療した。 後に、実は医師ではなく獣医だったことが判明する。 正体は、かつてディーコンやブーザーと同じバイカーギャング「モングルズ」に所属していた男。 破門にされたことで、ディーコンとブーザーを逆恨みしていた。 ダイヤモンドレイク [ ] デリック・クーリ (Derrick Kouri) 声 - デシューツ群民兵の隊員で、階級は大尉。 ダイヤモンドレイクを仕切っているスキンヘッドの黒人。 ロングコートを羽織っており、ディーコンがサラに渡した指輪を身に着けていた。 内心ではギャレットの事を「イカれている」と評しており、造反者として処刑されそうになったディーコンを島から逃がし、その際に指輪を返し、自身も仲間と共に島を脱出し東へと向かう。 グレン・ラッセル(Glen Russell) 声 - デシューツ群民兵の隊員で、階級は伍長。 レイジャーに襲われていたところをディーコンに助けられる。 マリンズ(Mullins) 声 - デシューツ群民兵の隊員で、階級は二等兵。 レイジャーに襲われていたところをディーコンに助けられる。 ウィザード島 [ ] マシュー・ギャレット(Matthew Garret) 声 - 口髭の生えた白人男性。 デシューツ郡民兵を率いる。 階級は大佐。 人間の統率を求め、南地区を蹂躙。 裏切り者は絶対許さない。 ジェームズ・ウィーバー(James Weaver) 声 - デシューツ群民兵の研究者で、階級は少尉。 巨大な爆薬を制作するためディーコンに素材集めを依頼する。 後にナパーム火炎瓶を開発する。 ウェイド・テイラー(Wade Taylor) 声 - デシューツ群民兵の隊員。 元ドリフターであったが、ディーコンが入隊すると同時に知り合う。 軍隊経験などは一切無いらしく、新人民兵のような存在。 野盗に捕まった際、片耳を削ぎ落とされヒメネスに治療された後、診療所の護衛につく。 後に麻薬中毒であったことが判明し、ヒメネスを殺害して(本人曰く殺すつもりはなかった)薬を盗んで軍から逃亡する。 後にディーコンに発見されるも命乞いをし、ディーコンにより麻薬を過剰摂取され温情死する。 最終的にはクーリによって野盗とともに火葬された。 周囲からは「ドック」と呼ばれている。 マシューとは古くからの友人。 ディーコンの火傷の治療をする。 後にテイラーによって殺害される。 その他 [ ] ジム(James Moore) 声 - サラがかつて務めていた研究所の元警備員。 昔、クローバーデールまでサラを迎えに行った時に、ディーコンを撃とうとした。 パンデミック後に研究所に仲間と立てこもり、その際に多くの研究者たちを殺害、ディーコンとサラが研究所に来た際には仲間に指揮をとったり研究所のシステムの主導権を握っていたが、最終的にサラに射殺される。 登場する敵 [ ] フリーカー Freakers 2年前にパンデミックとなった疫病に感染して変異した人間。 下記に示すように様々な種類がいるが、それらを総称して「フリーカー」と呼ぶ。 ゾンビのような外見をしているが、甦った死者ではなく、生きている。 服装は、人間だった頃の服をそのまま着ている。 人間だった頃の知性は失われており、言葉を話すこともなく、本能的で凶暴。 生物であれば、人間でも動物でも見境なしに襲う。 音に敏感で、物音を立てると襲って来る習性を持つ。 光が苦手で、暗く冷たい場所を好む。 そのため、日中は巣に籠っていることが多く、夜間や悪天候時に活動が活発化する。 マップ各所に巣を作っており、その巣を焼き払うことで、周辺のフリーカーの数を減らすことができる。 討伐の証拠品として耳を回収して換金可能であり、各々のキャンプで通貨に変えられる。 人間以外にも、疫病に感染しフリーカー化した動物達 狼や熊、カラス も存在する。 動物の場合は、毛皮を回収してキャンプで換金できる。 スウォーマー 成人の男女のフリーカー。 フリーカーの基本形態で、登場する個体数が最も多い。 多くの場合は2~3体で行動しているが、100体を超える大群で群れていることもある。 素手で掴みかかってきたり、噛みつく攻撃をしてくる。 ニュート 子供のフリーカー。 スウォーマーより小柄で、高い場所を好む。 通常は見つかっても攻撃を仕掛けてこないが、ディーコンの残りHPが少なかったり、ニュートの縄張りに侵入した場合は攻撃を仕掛けてくる。 ディーコンの首や肩に乗るように回り込み、素手や噛みつきで攻撃してくる。 スクリーマー 女性のスウォーマーの変異体。 生存者を見つけると大きな叫び声をあげて、周囲のフリーカーを呼び寄せる。 また、この叫び声を聞くと、ディーコンが少しダメージを受ける。 ブリーチャー 男性のスウォーマーの変異体。 体色が白いのが特徴。 通常のスウォーマーより身体能力が高い。 ブレイカー 男性のスウォーマーの変異体。 筋骨隆々のマッチョ体型のフリーカー。 恐ろしくタフで凄まじい筋力を持ち、そのパワーを生かした攻撃を繰り出す。 リーチャー 男性のスウォーマーの変異体。 外見はスウォーマーと似ているが、スウォーマーとは桁違いのパワーとスピードを持つ。 特に足が異常に速く、時速65kmものスピードで走ることができる。 作中ではボス戦として登場する。 レイジャー 熊のフリーカー。 感染前より凶暴性が増しており、鋭利な牙や爪による攻撃で獲物を襲う。 ランナー 狼のフリーカー。 非常に俊敏かつ凶暴で、バイク同等のスピードで走ることができる。 また、バイクに乗った人間を弾き飛ばすほどの力を持つ。 クライアー カラスのフリーカー。 大群で行動し、空から獲物に向かって嘴で突く攻撃を行う。 木の枝の上に巣を作っており、これを焼き払うことで数を減らすことができる。 野盗 生存者のうち、キャンプに避難していないならず者達。 マップの各地で窃盗や強盗を行い、物資を盗む。 ディーコンのバイクの部品を盗もうとすることもある。 武器で攻撃してくるほか、フィールドに罠 を仕掛けることもある。 一般人とは別に、地下シェルター付きのキャンプを築いて活動拠点にしている。 野盗のキャンプは、制圧するとディーコンのアジトとして使えるようになり、ファストトラベルの拠点として利用できるようになる。 リッパー フリーカーを崇拝しているカルト集団。 メンバーは全員がスキンヘッドで、体中に切り傷があるのが特徴。 疫病に感染していないが、フリーカーになることを望んでいて、そのために自ら体を切り刻んでいる。 生存者を勧誘するため襲い掛かり、 勧誘を断られた場合はバーナーで腕を焼くなど、残虐な拷問を行う。 「リッパー Ripper 」とは「切り裂く者」を意味する。 NERO(ネロ) 国家緊急事態対応機構。 国家警察や軍に代わってフリーカーの生態調査などを行っているはずの、謎の集団。 初期に基地としていた避難所やベースキャンプはフリーカーにより壊滅し、ほとんどはフリーカーの巣窟となっている。 現在はボンベを背負った防護服でマップ各地を調査している。 彼らの着ている防護服は特注のもので、刃物や銃弾に対する高い防御性を発揮するため、ディーコンの攻撃がほとんど効かない。 武器 [ ] メインウェポン [ ] サブウェポン [ ] 特殊ウェポン [ ] 格闘武器 [ ] 爆弾 [ ] トラップ [ ] 妨害物 [ ] 開発 [ ]• ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2018年6月8日. 2018年6月11日閲覧。 Inc, Aetas. www. 4gamer. net. 2019年5月13日閲覧。 株式会社インプレス 2019年4月26日. GAME Watch. 2019年5月13日閲覧。 IGN Japan. 2019年8月24日閲覧。 脅威がはびこる世界で極限のサバイバル! 『Days Gone』に用意された遊びを掘り下げる【特集第1回/電撃PS】 PlayStation. Blog. 2019年8月24日閲覧。 Engadget JP. 2019年8月24日閲覧。 WIRED. 2019年8月24日閲覧。 PlayStation. Blog 2017年6月16日. 2018年6月7日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル• - プレイリスト - PlayStation Japan.

次の