マイル 貯め方 タイミング。 【これで完璧!】ANAマイルの貯め方・使い方~ANAカード~ANAステータスまで基礎から徹底解説。

セブンマイルの使い道・貯め方を解説【2020年】セブン

マイル 貯め方 タイミング

ビジネスクラスの機内食 JALマイルは誰でも貯めることができますし、JALの飛行機に乗った時以外にも貯めることができて、誰でも今日から貯めることができます。 しかもふだんの生活でコツコツと貯めることができ、年イチで国内旅行をする分のマイルくらいならほぼ確実に貯まり、数年で海外に行けるほども貯まります! 最初は「そんなうまい話があるのか…」と思うかもしれませんが、僕自身はJALマイルを貯めたおかげで航空券代をかなり安く済ませられ、好きな旅行を我慢しなくてよくなりました。 なので「もしもマイルのことを知らなかったら…」と思うとゾッとします。 それほどJALマイルはすごい可能性を秘めているので、ぜひこの記事でJALマイルの貯め方を知り、実際に貯めてみてください。 加入方法は「」をご覧ください。 仮に、東京からパリにエコノミークラスのダイナミックパッケージ お得なプラン で行った場合を例にしてみます。 東京〜パリの距離:6,194マイル• 1年に2回ほど海外に行くと国内線1往復分ほどのマイルが貯まるイメージです。 もしかすると「 飛行機に乗っても、意外とマイルがたまらない…」と思ったかもしれませんが、JALカードを保有していればグッともらえるマイル数は上がります。 そうすると、 まったく同じ条件でも、JALカードを持っているだけで一回のフライトで13,936マイルも貯まることになります! 飛行機だとなかなかマイルはたまらないと言われますが、JALカードを保有してオプションを加えるだけで、十分にためることができます。 海外に1回行くと国内往復分に交換できるマイルがもらえるのは嬉しいですよね! もしも飛行機搭乗でマイルを貯めたいと思っていたら、JALカードは必須なので保有しましょう。 クレジットカードの利用額に応じてマイルが貯まるので 「いやいや、そもそも支払いが少ないから、マイル貯まらないかも」と思ってしまうかもしれません。 しかし、カード払いに集中させると意外にも決済額は100〜200万円は集まります。 ふだんのショッピングはもちろん、光熱費や税金などもカード払いできるからです。 年間100万円の支払いがあれば、国内旅行分の航空券が発券できますし、年間200万円の支払いがあれば、近場の海外旅行分の航空券が発券できます。 効率的かつたくさんのJALマイルを貯めることができるカードを3枚厳選して紹介します。 JAL普通カード JAL普通カードは、できる限りお金をかけず、ふだんの支払いでJALマイルを貯めるのにもっともオススメなクレジットカードです。 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ・ビジネス)JALマイル還元率が1. JALカードでもショッピングにおいての還元率が最大1. なので、飛行機に乗らずにショッピングでマイルを貯める陸マイラーにはぴったり。 世界1,000以上の空港ラウンジが利用できたり、コンシェルジュサービスまで利用できるのに、年会費が22,000円とコスパ抜群です(年間200万円利用したら次年度は年会費が11,000円に) 人気高いカードであり、価格コムの法人カード部門とプラチナカード部門で2年連続で1位を獲得しているほどの実力があります。 国際ブランド AMEX 年会費 常時 34,100円 割引 なし 還元率 常時 1. SPGアメックスカードを利用して獲得できるポイントはJALマイルではなく、あくまでSPGアメックスカードのポイントです。 SPGアメックスカードのポイントをJALマイルに交換するときのレートが1. SPGアメックスカードはポイントはとても魅力的であり、その理由が「有効期限なし」と「40以上の航空会社のマイルに交換可能」という点です。 年会費が34,100円ですが、カードのスペックや特典を考えると高いどころかコスパ良いと言えます。 2年目以降はマリオット系列のホテルに無料宿泊できるので、この特典だけでも年会費をペイすることもできます。 最近だと「ポイ活」なんて呼ばれ方もしています。 主婦の人らが割引目当てやお小遣い稼ぎでやっているイメージがあるかもしれませんが、ポイントをマイルに交換すればマイルを貯められます。 アンケートに答えたり、掲載されている商品を取り寄せたりすることでポイントをもらうことができ、そのポイントを現金化することができたり、JALマイルに交換することもできます。 実はこの ポイントサイトの活用こそ裏技級の方法であり、沢山のJALマイルを貯められます。 ポイントサイトの活用は一過性であり、毎年のようにマイルを貯めれるわけではありませんが、取り入れなければ損と断言できる方法です。 リアルな知人などにポイントサイトを勧めると怪しがられることもありますが、ポイントサイト自体の仕組み(ビジネスモデル)を理解すれば納得して実践します。 ちなみに このサイトで紹介するポイントサイトはモッピーです。 利用者が700万人&運営会社が東証一部上場企業と信用も担保されていて、JALマイルへの交換レートが高いため、陸マイラーに人気があります。 ポイントサイトの仕組み(ビジネスモデル)は以下のようになっています。 企業は商品やサービスの宣伝等をしてもらうために、ポイントサイトで広告を出す• ポイントサイトを通じて、商品購入やサービス利用をした人がいた場合、企業はポイントサイトに報酬を支払う• ポイントサイトは、企業から得た報酬の一部を、商品購入やサービス利用をした人にポイントとして還元する つまり「企業は効率的に広告を出すことができ・利用者はポイント還元をもらえて・ポイントサイトは差額分の儲けが出る」というように三者が得をする仕組みになっているわけです。 しかし、クレジットカードの発行だと1枚でだいたい5,000マイル相当のポイントがもらえて、多ければ20,000マイル相当のポイントをもらえることもあり、一撃で旅行できるなんてことも 笑 難しいことをだったりリスクが高いわけではなくズバリ企業側の予算です。 予算が出ればたくさんポイントをもらうことができます。 たとえばクレジットカードやFXの口座開設、保険の無料相談などは企業側がたくさん予算を出しているので、ポイント還元がかなり多く、爆発的にポイントが貯まります。 ポイントサイトでJALマイルを貯める方法は、以下の記事でまとめていますのでぜひ参考にしてください。 それがJALイージーホテルとKaligo、Agoda いずれもホテル予約サイト です。 なかでもおすすめなのはKaligoです。 Kaligo Kaligoは世界中の40万件以上のホテルを予約できるホテル予約サイトであり、JAL公式サイトからKaligoにアクセスしてホテルを予約すると100円につき3マイルが自動的に貯まります。 さらにKaligoのポイントも貯まり、それをJALマイルに交換することができるのでポイント マイル の2重取りが可能です。 もしも支 払いをJALカードにしたら、さらに決済額に応じてマイルが貯まるのでポイントの3重取りになり効率的にJALマイルを貯めることができます。 ちなみにJALマイル以外にもさまざまな航空会社のマイルに交換でき、そのひとつがJALマイルです。 さらにagodaはJALのなので JAL公式サイトからagodaにアクセスして予約すると200円につき1JALマイル貯まるため、ポイントの2重取りができてお得です。 もしも支払いをJALカードにしたら、さらに決済額に応じてマイルが貯まるのでポイントの3重取りになり効率的にJALマイルを貯めることができます。 JALマイルを貯めることができる電子マネーはWAONとPASMO、Suicaがあり、 電子マネーチャージでJALマイルを貯めるにはJALカードが必要です。 また提携ブランドによって対応しているJALカードブランドが異なるので注意してください。 WAON JMB WAONカードを作って電子マネーのWAONで支払うと200円ごとに1マイル貯まります。 5マイルも貯まります。 JALカード VISA• JALカード Master• JALカード JCB• JALカード TOKYU POINT ClubQ ノーマルグレード JAL普通カード なら初年度年会費無料で保有することができるので、1年間お試ししてみるのもアリです。 JALカード OPクレジット 100円につき1マイル• JALカード TOKYU POINT ClubQ 100円につき0. 毎月1日〜末日までの1ヶ月間の小田急線の対象運賃総額から毎月のポイント付与率が決まります。 またSuicaの利用でJALマイルを貯めることもできます。 100円につき0. ちなみに 年会費34,100円のJALプラチナカードですらショッピングでのJALマイル還元率が1. 1年で12,000dポイントなので年間6,000JALマイルを貯めることができます。 ポイントサイトの活用 ポイントサイトには、商品を購入することでポイントを獲得できる案件が多々あり、購入したことでもらえるポイントをJALマイルに交換することでJALマイルを獲得できます。 たとえば、JALマイルを貯めるのにおすすめなポイントサイトであるモッピーの案件を例に出してみます。 25円で購入できるのは圧倒的にいいレートです。 しかも自分で使わない場合には、ヤフオクやメルカリでも販売できて、少しお金も返ってくるかもしれません。 今回でいうと、1個あたり1,800円ほどで売れる感じなので、手数料や送料を抜いたとしても1,400円ほどは手元に戻ってきそうですね。 マリオットポイントを購入してJALマイルに移行する 陸マイラー界で人気がある「SPGアメックスカード」というクレジットカードのポイントであるMarriott Bonvoyのポイントは購入することができ、しかもJALマイルやANAマイルなどに移行できます。 50米ドルです。 40,000円で10,000マイルなので1マイルあたりは2. 5円です。 ですが、マイルでの航空券は解放数が制限されているために発券できないケースもあるので、本当に購入すべきかはその時その時でしっかり考えたほうがいいかもしれません。 ちなみに年に何度かはマリオットのポイントセールが行われてるのですが、それをうまく使いこなせれば1マイル=2円程度での購入は可能になるので、マイルを購入したい場合にはセール情報にアンテナを立てておきましょう。 JALマイルの貯め方についてのFAQ さいごにJALマイルを貯めるにあたっての「FAQ」を紹介します。 初心者がJALマイルを貯めるにはまず何をすべき?• 家族で協力してJALマイルを貯めることはできますか?• ANAマイルとJALマイルを一緒に貯められますか?• カードさえ使っていれば自動的にJALマイルが貯まりますし、JALグループ便や提携航空会社を利用したときも 気づかぬうちに ボーナスでJALマイルがもらえるからです。 JALマイルを共有できるようになるためには、いくつかの条件があるので以下の記事を参考にしてみてください。 たとえばマイルでバンコク(必要マイル数:3万マイルとします)に行きたいときに「ANAのマイルが2万マイル・JALのマイルが2万マイル」あっても航空券は獲得できませんが「ANAマイルが4万マイルやJALマイルが4万マイルある」とバンコク行きの航空チケットをマイルで獲得できるからです。 分散させてしまうと、特典航空券 マイルを使って発券する航空券 までのハードルが上がってしまうため、JALかANAに絞るのがオススメです。 しかしマイル初心者であればJALマイルをオススメしています。 理由は 特典航空券 マイルを使って発券する航空券 がANAに比べて取りやすいからです! 例えばハワイに行きたいならJALマイル一択です。 ANAはハワイ便で特典航空券で獲得できる座席数をかなり制限しているためANAマイルを貯めてもハワイゆきの航空券が取れないという壁にぶち当たります。 他には提携航空会社が違うため、それぞれのマイルで利用できる航空会社が異なって行き先に多少の差があります。 自分の利用したい航空会社や特定の行き先がある場合は、それが有利になるマイルを貯めるのをおすすめします。 200円ごとに1マイルなのでスローペースにはなりますが、無料で貯めることができるもっともおすすめな方法です。 無料にとらわれすぎると結果的に損をしてしまう可能性があることも是非知っておいてほしいです。 たとえば、年会費2,200円 初年度無料 のJALカードを保有しているとWAONへのチャージで200円ごとに1マイル貯まるので、無料で貯める場合よりも2倍もJALマイルが貯まります。 JALマイルを特典航空券に交換するときの1JALマイルの価値は2円以上になるため、年間で33万円以上WAONで買い物したらJALカードを保有した方がお得になります。 さらに、ふだんの支払いでもJALマイルを貯めることができるので、損益分岐点はもっと低くなるでしょう…! 無料にこだわりすぎると結果的に損してしまうこともあるので注意してください。 コツコツと貯めたのに有効期限で失効してしまう可能性があるのは悲しいですが、JALマイルを貯める上では仕方のないことです。 ところでカード決済でJALマイルが貯まる流れには「直接JALマイルが貯まるパターン」「ポイントをJALマイルに交換するパターン」の2つがあります。 飛行機に乗ったときには直接JALマイルが貯まってしまうため有効期限への対策はできませんが、 クレジットカードを使った方法ではJALカード以外のクレジットカードを選べば有効期限の壁を避けられます。 たとえば、SPGアメックスカードというクレジットカードがあります。 また、ワンワールドとは別に、JALが独自に提携している航空会社があり、それらの航空会社でもJALマイルを使うことができます。 ちなみにJALマイルを使って中東御三家の一角であるエミレーツ航空のビジネスクラスを利用してきました()。 JALだけではなく自分の乗ってみたい航空会社にも是非乗ってみてください! おまけ:陸マイラーが大量のJALマイルを貯める裏ワザについて ネットでJALマイルの貯め方について調べていると「裏技」「大量に貯める方法」などのコンテンツがたくさん出てくると思います。 僕自身マイルの貯め方を調べていた時に「 やたらみんな紹介してるけど、なに?!」と最初は困惑しました。 ですが今となってはぼくもその裏技を使っているひとり。 ポイントサイトを利用することでJALマイルという桁違いのマイルを獲得することもできるので、マイルがたくさん欲しい方は実践しない手はないといったところでしょう。 飛行機に乗ったりクレジットカードを使ってJALマイルを貯める正攻法だと、貯められるマイル数は年間40,000JALマイルほどなので、文字通り桁違いです。 20万マイルあると、エコノミーだとハワイ5往復分であり、さらにはビジネスクラスに止まらずファーストクラスも利用出来るほどのマイル数なので、裏技と呼ばれるのにも納得せざるを得ません 笑 陸マイラーがこぞってポイントサイトを紹介している理由は? 陸マイラーの方々がブログでポイントサイトでJALマイルを貯める方法を紹介しているのは、純粋に魅力を知ってもらいたいというのが大きいと思います。 ごくごく一般的な人でも大量のマイルを貯めて ビジネスクラスやファーストクラスなど夢のような体験ができますからね。 こちらはJALマイルを使ってビジネスクラスに登場したときの写真です。 エコノミークラスとは快適さが違いすぎました…! また、 ポイントサイトを第三者に紹介することで自分自身にポイントが入りJALマイルを貯めることができるというのも理由のひとつです。 僕自身がたくさんのマイルを貯められたのは、当時ブログで紹介してくださっていた陸マイラーの方々のおかげです。 感謝してもしきれない恩があります。 陸マイラーの方が僕にポイントサイトを紹介したことで、それなりのマイルが手に入っていると思います。 ですが、 有益な情報を教えその対価としてポイントを得ているのでWin-Winの良い関係になれていたと思っています。 あなたの周りの陸マイラーの方で頑張ってポイントサイトを紹介している方がいたら、ぜひ力を貸してあげてください。 陸マイラーのように大量のJALマイルを貯めるなら裏技を使おう! JALマイルを沢山貯めるのにはポイントサイトが一番です。 家族でハワイ旅行に行きたい、ビジネスクラス・ファーストクラスを体験してみたい、を叶えてくれます。 当サイトでもポイントサイトを使ってたくさんのJALマイルを貯め方をわかりやすく解説した記事を用意していますので、興味がある場合にはあわせてお読みください。 まとめ:JALマイルの貯め方をマスターしてお得に旅行しよう! 以上、JALマイルの貯め方の解説でした。 ボリュームがある内容ですが、これだけ読んだもらえたら「JALマイルの貯め方」はイメージでき、早速貯め始めることができるのではないでしょうか? JALマイルを貯めたいという方は是非このページをブックマークして定期的に読んで知識をつけてみてください。 JALマイルの貯め方はややこしい部分もありますが、 一度貯め方を覚えてしまえばとくに労力をかけることなくザクザクと貯めて旅費をお得にできます。 是非家族でお得に海外旅行をしたり、そしてビジネスクラスやファーストクラスを体験してみてください。 オススメのJALマイルを貯める流れとしては 「クレジットカードでふだんからJALマイルを貯めつつ、ポイントサイトでボーナス的にマイルを貯める」という感じですので、まずはカードを手に入れてみてください。

次の

初心者向けマイルの貯め方!空港カウンターでもマイルは貯まる?

マイル 貯め方 タイミング

2020-06-14 ようこそブログにお越し下さいました。 寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」()です。 マイル貯めたいけど、貯める方法がよく分からないマイル初心者のために、 「ANAマイル貯め方入門講座」と題して、 ANAマイルを貯めるために必要な基礎知識~陸マイラーとしての基本的な考え方・・・みたいなことをまとめています。 「裏技」など使わずに(そもそも裏技なんてないけど)多くの人がやっている正攻法でしっかりとマイルが貯まります。 ANAマイル・・・ 555,079マイル(少し前に9万マイルほど使ってます)• JALマイル・・・ 86,198マイル• UA(ユナイテッド航空)マイル・・・ 24,450マイル• ANAマイルに移行可能なポイント・・・ 38万マイル相当ポイント これだけ保有しています。 私はANA派なので(JALも好きですけど)、どうしてもANAマイルに偏ってしまう傾向があります。 一応ちゃんとマイルを貯めた実績があった上で書いてます。 「」でもマイルを使った内容に触れてますので是非お読み下さい! 目次• マイルを貯める3つの方法 マイルを貯める方法は基本的にこの 3つのパターンになります。 飛行機に乗って貯める• クレジットカード決済で貯める• ポイントサイトで貯める ちなみに、 飛行機に乗ることなく「クレカ決済」や「ポイントサイトを活用」などをして、マイルを貯める人達のことを 「陸マイラー(おかまいらー)」といいます。 ではこの3つを順番に見ていきましょう! 飛行機に乗って貯める これは知っている人も多いはず。 しかし実際は、飛行機に乗ってマイルを貯めるのはとっても大変なのです! 理由はたいして貯まらないからです。 これホント! 例えばANAで下記ルートを 1往復したとして、 羽田-那覇 1,476 マイル(マイル積算率75%の割引運賃の場合:普通席) 羽田-ハワイ 3,830マイル (マイル積算率50%のツアー利用の場合:エコノミー) これだけ! 片道じゃないですよ!1往復してこれだけ(「ANAカード」を持っていれば、カードの種類に応じたボーナスマイルが加算されます。 予想より少なくないですか? ハワイを往復するために特典航空券を発券しようと思うと「40,000マイル」が必要です(ANAの場合:レギュラーシーズン)。 飛行機に乗ってこの「40,000マイル」を貯めるには、羽田-沖縄をなんと 約27往復もする必要があります。 毎月2回以上沖縄に行かないとなりません。 ハッキリ言います。 飛んでマイルを貯めるのは非効率ですからキッパリ諦めましょう! これができるのは、仕事で頻繁に飛行機に乗る機会があるような「出張族」だけです。 (お金を使わずマイルを使って)飛行機で飛び回るためにマイルを貯めようと思っているのに、そのためにお金を使って飛行機に乗る・・・なんて本末転倒ですよね。 たまたま飛行機に乗る機会があったときは 「マイル貯まるからラッキ~!」程度に考えるのがよいのではないでしょうか。 クレジットカード決済で貯める 日々の買物での支払を、現金ではなくクレジットカード決済に変更し、貯まった「クレジットカードのポイント」をマイルに交換して貯める方法です。 同じ金額を決済したとしても、使うクレジットカードによって、 ポイント付与率(マイル付与率)は様々。 どのカードを使うのかというのも、なかなか難しい選択が必要になったりするんですよね。 クレカ決済の地道な作業は陸マイラー必須!毎月の電気代や携帯代などの固定費を全てクレジットカードに集約すれば、10万円/月程度の決済額にはなりませんか?。 100円=1マイルとすると「毎月1,000マイル」、年間12,000マイルが自動的に沸いてくるわけですから、やらない手はないですよ! ・ANA陸マイラーにとってベストなANAカードについては、この記事で詳細に検討しています。 参考にどうぞ! ・JAL陸マイラーの方向けベストJALカードについてはこちらです。 ・多少年会費がかかっても、とにかく最高にお得な1枚がいい!・・・という方は迷わずこれ一択!ホテル特典も旅好きには相性抜群。 「ポイントサイト」とは、ネットで商品を買ったりホテルを予約したりするような場合に、 そのポイントサイト経由で申し込むと、ポイントサイト独自のポイントが付与されるという仕組み。 そのポイントはマイルに交換することが可能です(現金化することもできます)。 これによって私は、 僅か9ヵ月で19万マイル以上ものマイルを貯めることができました。 その後も継続的に「ポイ活」を続けていて、毎月 どんなに少なくても1万マイル以上は貯まり続けています! 『おれ、10万マイル貯めて持ってるんだ!』なんて聞くと普通は、『すごいなお前!』 ということになリますが、一度ポイントサイトでマイルを貯める方法を覚えてしまうと、 10万マイルとかまったく普通の世界です。 年間100万マイル、200万マイルを貯めている強者もいます。 貯まったらすぐ使っちゃうから100万マイルまでは貯まったことないな! 旅ガエル 普通では考えられない非常識なほど大量のマイルを貯めるには、「ポイントサイト」を利用する以外あり得ません! いったいどんな風にして貯めるのか? 毎日広告をクリックすれば1ポイント貯まる・・・みたいなのもありますが、 陸マイラーという観点からいうと、ある程度ガッツリポイントを貯めたいという方が多いと思うので、それを考慮すると• クレジットカード案件• FX口座開設案件• 不動産・保険の面談案件 この3つが大量のポイントを稼ぐには極めてインパクトが大きい案件となります(それ以外にも時々「おいしい案件」が登場します!)。 【FX案件】 私はFXに関する知識がなく、かえって損をしそうなのでやったことはありません(口座開設のみでポイントが付与されるものも以前はありましたが、開設後一定量の取引が条件となっているケースが最近は多いように思います。 【不動産案件】 また、「無料で面談するだけで高額ポイント」が売りの不動産や保険の面談案件も確かにあります。 しかも2万~3万ポイントがもらえるような一撃必殺の超ビックリ案件も多数。 しかし色々と条件が厳しくて(やれ収入証明書を提出しろとか、健康保険証を提示しろなど)、実際に嫌な思いもしたことがあるので、これも正直強くお勧めしません。 私は、 基本的に毎月1~2枚のクレジットカード案件と、ネットショッピングをする際にポイントサイト経由で購入するのを、コツコツやっています。 陸マイラーをやるにはクレジットカード(その時々によって必要となるクレジットは変わりますが、今だと「ANA TOKYUカード」)は必ず必要になるので、クレジットカード自体の知識も増えますし、自分にピッタリのクレカを見つけることができる可能性もあります。 陸マイラーとクレジットカードはとても相性がよく、相乗効果もあってメリット大! 定期的にポイントサイトを見ていると、毎月必ず 「おいしいクレジットカード案件」が出てきますから、マメな案件チェックが一番のポイントです。 なんと言ってもクレジットカード発行案件は、 「ポイントの付与条件がシンプルで明確」なので、個人的にはクレジットカード案件が最もオススメです!私もポイントサイトをスタートした初期からクレカ発行案件を中心にスタートし、今でも毎月1~2枚のクレジットカード発行を地道に続けています(長くポイ活をやっていると新規に発行できるカードは徐々に減ってきますが、それでもどんどんと新たなクレジットカードが出てくるので、今のところあまり困ったことはありません)。 また、最近は政府をあげて 「キャッシュレス決済」への移行を推進していますよね。 クレジットカードで決済するとそのクレジットカードの「ポイント」が貯まるのはご存じだと思いますが、結局はこのポイントって商品を販売する者がクレジットカード会社に支払う手数料の一部がカード利用者に還元されているだけの話です。 「キャッシュレス決済」の割合が増えてくると、キャッシュカード等で決済されることを前提にして、その手数料が最初から組み込まれた商品の価格設定に変わっていくはずです。 そういった時代にポイント還元がない現金決済を頑なに貫いていると、それだけで「損」をすることになってしまいます。 これからの時代、クレジットカードでの決済は益々不可欠な時代になっていきますから、クレジットカードに関する知識(どのカードがポイント還元率が高い・・・といった知識)は持っていてぜったいに損はありません。 そうした知識の勉強にもなりますから、クレカ発行によるポイ活は一石二鳥にも三鳥にもなるというわけなのです! 下の記事の中にも、実際に私がどのようにポイントサイトの案件を利用したのか詳しく書いています。 よければ参考にして下さい。 陸マイラー初心者にお勧めのポイントサイト ポイントサイトでポイントを稼ぐ行為のことを 「ポイ活」といいます。 ポイントサイト自体は本当にたくさん種類があって(20種類、いやもっとあるのかな?)、選ぶもの一苦労・・・ T-T。 「クレジットカード発行案件に強い」「ポイントの交換先が多い」といったように、ポイントサイトにはそれぞれ特徴があります。 自分の好みで選ぶのもよいですが、 「マイルを貯める」という最終目標がありますから、それを踏まえて使い易いポイントサイトを選択しなければなりません。 また、陸マイラーは 「稼ぐためのポイントサイト」 「移行経由地としてのポイントサイト」 の 2種類のポイントサイトを上手く利用する必要があります。 「ポイ活」によって貯まるのはあくまで 「ポイントサイトのポイント」なので、そのポイントを 「ANAマイル」(若しくはJALマイル)に交換する必要があります。 この交換を可能にするのが 「移行経由地としてのポイントサイト」なのです。 イメージとしてはこんな感じ 陸マイラー初心者にオススメする 「稼ぐためのポイントサイト3選!」 をお勧め順に紹介!• ・・・広告案件が多いのが特徴。 また色々な保証制度が整っていて、 「広告を利用したけどポイントが付与されない」といった心配が少ないのが初心者には嬉しいところ。 私もこの保証制度に何度も助けられました。 ・・・JALマイルに直接交換できるのが最大の特徴!JALマイラーなら迷わずモッピーですね!• ・・・ハピタスと同じく外食モニター案件アリ。 こちら経由でもモニターすれば1つの店舗で2度モニターできちゃうという裏ワザも?更に還元ポイントが高めの広告案件多し! MEMO慣れてきたら少しずつ増やしていっていいと思いますが、ポイント交換作業が煩雑になるので最初は 「ハピタス」あたりからスタートするのが理想です。 (ドットマネー)・・・陸マイル活動の「要」となるポイント交換サイト。 登録は必須!TOKYUポイントルートを利用してANAマイルへの交換を実現してくれます。 ・・・ ソラチカルート閉鎖後は必須ではない。 ただし、マイル以外への交換も視野に入れると使えるようになっていて損なし。 カエルも実際に利用してます。 また、意外にも「稼ぐポイントサイト」としての側面も持っているので、そういった意味でも登録しておいて損なし。 具体的にどの場面で必要になるのかは、下の図を見て下さい。 ポイント移行ルート(貯めたポイントをマイルに交換するルート) 注意2019年12月27日をもって ソラチカルートは終了となりました。 この記事ではソラチカルート終了後のポイント交換を前提に最新情報で記載しています! 各ポイントの関係を分かりやすく図にしてみました。 各種ポイントサイトで貯めたポイントを「. money」経由で「TOKYUポイント」に交換し、最終的にANAマイルへと移行します。 全体の交換レートは75%。 要するにポイントサイトで貯めた1万ポイントが7,500ANAマイルに交換できるという意味です。 「旧ソラチカルート」に比べて交換回数も少なく、早くANAマイルに辿り付けます(最短だと3週間くらい)。 「旧ソラチカルート」の81%に比べると全体での交換レートが落ちますが、 各ポイントサイトのキャンペーン(一定の条件を満たす必要あり)によって「旧ソラチカの81%」を超える交換が実現しつつあります。 「旧ソラチカ」の81%を超えるキャンペーン モッピー(2020年1月以降キャンペーン常設決定) 86. 3% ハピタス(今のところ期間限定) 90% この交換レートを実現するには 一定の条件を満たす必要があるし、利用できる 月間上限もありますが、使わない手はありません。 上手に利用すれば、旧ソラチカルートの81%を大きく超えるレートでの交換が可能です。 「ハピタス」は今のところ期間限定キャンペーンとなってますが、恐らくモッピーに対抗するべく定常キャンペーン化するだろうと予想してます。 3~80%)がありますが、これはモッピーのキャンペーンによって変動しています。 「ハピタス」「ポイントインカム」からJALマイルに交換したい場合は、「.money」を経由させれば可能ですが、全体での交換レートが50%止まりとなる。 MEMOその他、各ポイントサイトからTポイントを経由してANAマイルに交換する「Tポイントルート」もありますが、交換率が50%と極端に落ちてしまうため、ここでは考慮していません。 毎月フルで交換できれば理論的には年間90万マイルまで貯めることができます。 必要な方はこちらをご覧下さい! また、 Point Income(ポイントインカム)と当サイトは特別提携していて、他サイトから登録するよりも入会・登録で貰えるポイント数が多くなってます!興味ある方は是非当サイト経由での登録をオススメします(バナーを含む全てのリンクからの登録が有効なのでご安心下さい)。 マイル以外の交換先の確保もオススメ! この記事を読んでいる方は「マイルを貯めたい」という気持ちが強いと思いますが、マイル以外の交換先として実際にカエルも利用しているのが「」の投資。 マイルを貯めると本当にお得に飛行機に乗れるようになりますが、その反面、お金を使う場面も増えてしまうのです。 これホントww だって旅行に頻繁に行くようになると、食事やお土産、観光などでどうしても支払は発生します。 即ち、 散財する傾向が強くなります。 そこでカエルは、貯めたポイントを全部マイルに交換するのではなくて、一部を「投資」に回してます。 どうして「」をお勧めするかというと、各ポイントサイトのポイントで投資できるから!これに尽きます。 「ハピタス」「モッピー」「ポイントインカム」はGポイント経由で投資できます! ジワジワ投資額が大きくなってくると、意外とハマりますよww 陸マイラー必須のクレジットカード 最後に、陸マイル活動を行うには、 「」が必要になります。 ANAが発行するクレジットカード(ANAカードの一種)。 年会費2,000円(税別)が必要になりますが、これは陸マイラーになるための投資だと思っていただくしかありません。 しかし「入会時」及び「更新時」にそれぞれ1,000マイルがプレゼントされるので(要するにカードを所有しているだけで毎年1,000マイルずつもらえる)、大きな損失はありません。 また「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の場合、「マイペイスリボの登録+年間1度のリボ利息の発生(1円の利息でもOK)」の条件を満たせば年会費が751円(税別)にまで割引きされるので、751円で1,000マイルをバイマイルしたと考えれば、かえってお得になりますね。 入会キャンペーンなどやってることも多いので、早めに発行しておきましょう! 色々なポイントサイトで「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の広告案件が出ているケースも多いので、発行する際はポイントサイトに登録してしっかりポイントをもらって下さい! なお「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」についてはメリットデメリット含め下の記事で詳細に検討してるので参考にして下さい。 「ポイ活」のスタート手順をもっと具体的に知りたい方は・・・ 知識が断片的になっていて、具体的にどうスタートしていいか今一つ理解できてない・・・って方。 オススメ一例を具体的手順として書いているので参考にしてみて下さい! 最初からロケットスタートしたい方は! 最短距離で一気に中級レベルに辿りつきたい方に向けてまとめてます! 実際に始める人は1割未満 私がマイルを貯めて飛び回るようになってから、マイルの貯め方を聞かれるケースが非常に増えました。 そういった方には今まで上に書いたような事を時間をかけて説明するのですが、実際にその情報を聞いたあと、マイルを貯め始める人の割合は 10%にも届きません。 「そんなうまい話はない」と信じないのか? それとも単に面倒なだけなのか? 理由までは分かりませんが、 とにかくスタートしない人が圧倒的に多いです。 旅行だけでなく仕事面で活用している人も。 「ポイ活」をやることによるリスクは正直殆どないので(最初慣れるまでちょっと手間だなぁと感じるくらい)、実際に一度やってみることをオススメします。 読者の方が「陸マイラー」になって、日本中~世界中の空を飛び回るようになれば、私も本当に嬉しいです。 【関連記事】 by旅ガエル().

次の

マイル部

マイル 貯め方 タイミング

繁忙期に予約が取れないのにはワケがある 「マイレージには夢があるかもしれないが、貯めたマイルを特典航空券に変えようとしてもなかなか予約ができないのは何故?」という声をよく聞きます。 ゴールデンウイークやお盆休み、年末・年始の繁忙期に海外旅行に行こうとしても予約が取りにくいのは事実。 一般のサラリーマンが海外旅行に行くとなると、繁忙期以外には難しいので、みながこの時期に殺到するからです。 そのために冒頭のような言葉がでてくるのです。 1年前にしっかり予約を入れておくのがコツです しかし、諦めてはいけません。 繁忙期でも特典航空券を予約する方法があるのです。 それを紹介しましょう。 国際線の予約はじつは1年前にスタートしているのです。 ですから、もっとも確実なのは、予約受付開始日の開始時間に予約を入れることです。 国際線の場合、JALは搭乗330日前から、ANAは搭乗355日前から電話またはインターネットで予約を受け付けています。 これをしっかり覚えておいてください。 とにかく取ってしまえばこっちのもの。 あとで変更もキャンセルもできます しかし、なかには、一年前のスケジュールなんて分からないという人もあるでしょう。 それでもかまいません。 まず、日程を決めて予約だけはしておいてください。 というのも、発券から1年以内であれば、日時の変更を無料で受け付けてくれるからです。 行き先の変更やキャンセルも受け付けてくれます。 あとで何とでもなりますから、とりあえず予約だけは入れましょう。 いよいよとなれば、クーポンへの交換かビジネスクラスへのアップグレードを狙いましょう それでも予約が取れないという場合があるでしょう。 そのときには、一旦クーポンに交換するのがよいでしょう。 JALマイルは、1万マイルで1万5000円分のクーポンに交換できます。 このクーポンはJALの国内線・国際線航空券の購入はもちろん、一部パックツアーの支払いにも使えます。 一方のANAは、1万2000マイルで1万8000円分のeクーポンに交換できます。 このクーポンはオンラインでの航空券購入に限って使えます。 いずれにしろ、マイルの有効期限は最大3年間です。 その期間に貯めたマイルをうまく使い切るように航空会社のマイページでこまめに確認するとか、アグリゲーションソフトを使ってウオッチするようにしましょう。

次の