インコ 虐待 動画。 【鳥ニュース】Twitterインコ虐待で名古屋市の坂野嘉彦が逮捕!虐待事件の経緯まとめ

坂野嘉彦の経歴やTwitterアカウントは?インコ虐待で逮捕は懲役何年?

インコ 虐待 動画

坂野嘉彦 経歴 生年月日 1985年 住所 愛知県名古屋市中村区 学歴 名古屋大学医学部医学科中退 職歴1 陸上自衛隊 職歴2 ラブホテル社員 職歴3 社会福祉法人総合職 職歴4 社会福祉法人副理事 2019年 NPO法人ヒューマンサポートあいちセントラル総合職 病歴 精神科病院入院2回 番地は 椿町8-7 です 坂野嘉彦のTwitterアカウント インコ虐待のニュースです。 失ったものは甚大でしたが、得られたものは貴重でした。 コンサータ・ストラテラを服薬しています。 昔という程でもないですが、「ひこ」という名前でツイッターをしていました。 一時期はフォロワーさんが2500人を超えていたので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。 今はもう、メンヘラ芸やネタを探して生活するのに疲れてしまったので、このアカウントでは穏やかに、静かに、身近にあった事を呟こうと思います。 趣味 🎹ピアノ ソナチネ修了。 16記 坂野嘉彦のさらなるプロフィール、顔画像、経歴 政治家との癒着を自慢する坂野嘉彦くん。 — オオちゃん oochandesu57 金持ち自慢する坂野嘉彦くんは何故生活保護受給者の寮に入ってたのかな? — オオちゃん oochandesu57 ピアノを弾く坂野嘉彦 — オオちゃん oochandesu57 女職員を脅してわいせつ行為を強要、さらに法人の乗っ取りまで行う坂野嘉彦くん — オオちゃん oochandesu57 インコ虐待のTwitterアカウント インコをコンドームで窒息死させる動画を消したみたいです。 ふざけるなよ。。 人間と違って動物だからって…どちらも重く尊い命に変わりはないのに。 おかしい。 刑罰をもっと重くすべきだと思う。 そうじゃないと今後も繰り返しそうだしなによりこんな奴が1〜5年で出てくるとかおかしい…坂野嘉彦、名前と顔覚えたから。

次の

避妊具・熱湯・ヤケドに刺激薬、インコばかりを虐待した嘘つき男の素顔 (2019年8月1日)

インコ 虐待 動画

『弁護側は「内省を深め、再犯は考えられない」として寛大な判決を求めた。 』!? 何故再犯は考えられないんだ? 実際一度だけでは無く何度も虐待動画を作成してサイトに投稿してるんだけど。 何度もやるって事は、依存症になってる可能性が高いでしょ。 小動物だからたいした事じゃ無いと思っているのかもしれないけど、どんどんエスカレートしていって子供を殺すようになるんだよ。 検察側は罰金20万円を求刑し、弁護側は寛大な判決を求めて結審した。 判決は18日。 男は虐待の様子を会員制交流サイトに投稿し、動画を見た愛鳥家が愛知県警に相談して事件が発覚した。 起訴状によると、男は6月22日ごろ、名古屋市内の当時の自宅で飼育していたインコに避妊具をかぶせて動けなくした上で、棒を押しつけるなどの虐待行為をしたとされる。 被告人質問で男は、当時の自宅はペット飼育が禁じられており、インコが鳴くため「隣人に聞こえ、追い出される危機感があった」として虐待に及んだと答えた。 動画投稿は「承認欲求を満たすため」だったという。 インコは死んでゴミ袋に入れて捨てたという。 検察側は論告で「怒りにまかせた犯行。 本件以外に水に沈める動画もあり、常習的犯行の一端であることを否定できない」と指摘。 「社会的にも悪影響があり、厳しい処罰が必要」と訴えた。 弁護側は「内省を深め、再犯は考えられない」として寛大な判決を求めた。 インターネット上では、愛鳥家の間で厳罰を求める署名活動が広がり、名古屋簡裁宛てに1万1000人以上分の嘆願書が提出されている。 インターネットに動物の虐待動画を投稿するなど悪質な事例が後を絶たないため、今年6月に改正動物愛護法が成立している。 【川瀬慎一朗】 『住所不定、無職の男(34)』って何で名前が伏せられてるんだ? 住所不定、無職 坂野嘉彦被告(34)と報道出来無い理由でもあるのか?毎日新聞。

次の

避妊具・熱湯・ヤケドに刺激薬、インコばかりを虐待した嘘つき男の素顔

インコ 虐待 動画

避妊具を被せチャッカマンで火を近づけたり、虫刺され薬 ウナコーワクール を貼付したり、強い水量での強制的な水浴びさせるなどの虐待行為を撮影した動画をアップロードしていました。 インコ生活でも110番通報を行い、最寄りの警察署の捜査員に投稿内容を報告しました。 しかし、残念ながら住所等が分からないため、警察としてはすぐに捜査を行うとのことでした。 その後、犯人が自ら削除した、もしくはTwitter社の通報によってか、インコ虐待投稿を行っていた「インコ可愛がり総合ニュース」のアカウントがなくなってしまいました。 犯人はアカウント名を変え、インコ虐待投稿を続ける 6月22日に「インコ可愛がり総合ニュース」が虐待動画を投稿した1週間後の6月29日に、今度は「インコは最強のおくすり」というTwitterユーザーが現れました。 「インコは最強のおくすり」もインコを虐待する写真や動画をTwitterに投稿し、その後アカウントを削除していました。 その後も再び新しいアカウントが作られ、さらなる虐待を匂わせる投稿が行われていました。 そうした残虐な投稿に多くの愛鳥家が心を痛めていました。 インコ虐待犯に憤りを感じた人々が動物愛護団体とも連携し、警察やマスコミに通報されていたものの、犯人逮捕などの情報がないまま、1カ月弱経過していました。 ニュースによると、インコ虐待容疑で逮捕されたのは、愛知県名古屋市中村区椿町に暮らす無職・坂野嘉彦容疑者(34)でした。 坂野嘉彦容疑者は容疑を認め、取り調べに対し「鳴き声がうるさくて腹が立った」と動機を語っています。 今回の逮捕容疑以外にも、虐待動画を投稿しており、さらなる捜査が進められているとのことです。 さらに朝日新聞デジタルでも報じられ、保護された2羽のセキセイインコを含め、押収された証拠品の写真が掲載されています。 保護されたセキセイインコは幸いにもケガ等なく、虐待された痕跡もないそうです。 大勢の人々の警察への通報が、犯人逮捕に貢献 今回のインコ虐待犯の逮捕の裏には、セキセイインコの虐待投稿に心を痛めた人々による、警察への多数の通報がありました。 ニュースでもそうした情報が報じられています。 各地から愛知県警に「インコを虐待している動画を投稿している人がいる」などと相談が寄せられたため、ネット上でこうした動画を確認したという。 朝日新聞デジタル 虐待投稿の写真や動画に映ったケージや物品から、犯人と思しきアカウントと居住地について特定が行われました。 その結果、愛知県警への通報が行われ、今回の逮捕に至りました。 もし、そうした行動がなければ、こうした動物虐待犯は逮捕されずに野放しになっていた可能性は高いと考えます。 現行の動物愛護法違反は2年以下の懲役または200万円以下の罰金 今回、インコを虐待してきた男が逮捕され、もしかしたら殺されていたかもしれないセキセイインコ2羽の命を救うことができました。 しかし、現行の動物愛護法では、「愛護動物をみだりに殺したり、傷つけた者」への刑罰は、 2年以下の懲役、または200万年以下の罰金 と非常に罪が軽いのが現状です。 これまでにも動物愛護法違反は、逮捕・起訴されて刑事裁判になっても、執行猶予付きの判決しか出ていません。 2019年6月に国会で動物愛護法の改正が可決され、動物愛護法違反の厳罰化が進む方向ですが、それでも「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」とまだまだ罪は大きくありません。 今回、インコ虐待犯が逮捕されましたが、刑事裁判で有罪判決は出るものの、実刑を受ける可能性は非常に低いと推測されます。 こうした悲しい事件を防ぐためにも、さらなる厳罰化が求められます。 元々は名古屋簡易裁判所で行う予定でしたが、場所変更に伴い、地方裁判所で開催されることになりました。 そのため、実質的には簡易裁判として裁かれることになり、罰金刑が下されると見られています。 沢山の生き物の命を奪った罪の重さは計り知れません。 適切な厳罰に処されることを願っています。 2019年10月18日追記 名古屋簡易裁判所が罰金20万円の判決! 動物愛護法違反の罪で公判中だった坂野嘉彦ですが、10月18日に名古屋簡易裁判所が罰金20万円の判決を言い渡しました。

次の