フジ ロック 平沢 進。 平沢進のフジロック出演に対する様々なツイートが面白かったので管を巻く|憫(bin.)|note

【フジロック2019】平沢進氏のステージはとてもとても熱かった

フジ ロック 平沢 進

Photo by 平川啓子 2019年、平沢進+会人(EJIN)の〈フジロック〉でのパフォーマンスは、多くの者に衝撃を与える〈事件〉となった。 レーザーハープやテスラコイルといった独特の楽器、マスクをかぶった会人(EJIN)のSSHOとTAZZの出で立ち、そしてなにより、その唯一無二の音楽世界。 現場では生々しい驚きが観客たちを襲ったのであろうことは想像に難くないが、リアルタイム配信の視聴者たちが興奮した感想を投稿し、Twitterのタイムラインを埋め尽くしていたことが忘れがたい。 そして〈フジロック〉の余韻が残る11月、平沢進+会人(EJIN)は、新作『Juice B Crypts』を携えたバトルスの来日ツアー3公演に出演。 事前に平沢が〈〉とツイートしていたことから、〈戦法STS〉と銘打たれたそのパフォーマンスには強い思いが込められていたように感じられた。 新たに迎えたドラマーのユージ・レルレ・カワグチとのパワフルな演奏は平沢ファンの期待を大きく上回り、もちろんバトルスのファンをもあっと驚かせるものだった。 そのように今年一年、音楽ファンの話題をかっさらい続けてきた平沢進にメール・インタビューを行った。 バトルスと彼らの新作について、〈フジロック〉について、そして2020年の2月から4月にかけて大阪と東京で行うライブ〈会然TREK 2K20〉について。 ツアーを共にされたことについてのご感想や印象的なエピソードをお聞かせください。 「東名阪では特にツアーという感覚はなく、日常的にかかる負荷を超えるものではありませんでした。 バトルスにはこちらから挨拶に行こうと思っていましたが、モタモタしているうちに先手を打たれてしまいました。 それもドアをノックするでもなく、声をかけるでもなく、ただドアのところにヌっと巨体が立っているのを発見し、慌ててこちらから駆け寄った次第です。 挨拶バトルではバトルスに一本取られました」• そして、バトルスに〈新しいスタイル〉を感じたとのことですが、その〈新しさ〉について具体的に教えてください。 「ある標準的な演奏フォームをカッコ良しとする伝統的な美意識も新鮮さを失います。 私自身現状でカッコ良いとされるギタリストの姿勢には飽きており、音楽のスタイルと有機的な関係の深いフォームもそろそろ音楽スタイルごと転換期を迎えてもいいのではないかと感じていました。 そこで、ニューウェイヴの興隆と共に長髪から短髪に変わったように、高い位置にギターを構えて新しい音楽スタイルを完成させている人は居ないかと検索をしたところ、ピンポーンと鳴ってバトルスが出てきました。 バトルスの新しさは〈オーガニック・デジタル〉とでも呼べそうなその質感です。 非常に乱暴な言い方をすると、多くの電子的なニュアンスを持つ音楽は、扱う音源単位の整合化を経て得られるトータルな同期感覚が特徴なのに対して、バトルスは音源単位の整理度は低く、あるいは未整理のまま、時間軸に正確に打たれたタグにそれらを配置したという感覚です。 それは意図したニュアンスに加え、時に偶発的なバランスを発生させます。 総論的には同期しており、各論的には誤差や揺れが渦巻いている。 この奇妙な半機械感を横軸に、縦軸に生ドラムが加わるという肉体性。 これがバトルスの新しさです。 それとも未知の音楽と出会った驚きのほうが大きいのでしょうか? ギタリストの音楽とキーボーディストの音楽、その本質的なちがいはなんだと思われますか? 「質問を、ギタリストの打ち込み音楽とキーボーディストの打ち込み音楽の本質的なちがいは? というふうに置き換えてよいなら、どちらも本質的なちがいはそれほどなく、むしろそれぞれの楽器奏者がそれぞれの楽器奏者であることの執着をどれほど捨てられるかによって質感は変わる。 ということでしょうか」 バトルスの2019年のスタジオ・ライブ映像。 バトルスもカワグチさんについても、そういったアティテュードやスタイルに平沢さんは注目されているように思います。 それはなぜなのでしょう? 「昔から私はただ音楽が好きという理由で音楽をやっている人に関心がありません。 音楽に至る動機によって音楽の質は変わるものです。 どんな要求でも正確にこなしてくれるプレイヤーと、背景に音楽以外の何かを感じるがあまり上手ではないミュージシャンのどちらを選ぶかといわれれば、後者です。 常にそうしてきました。 その点ユージ・レルレ・カワグチは良いバランスです」.

次の

フジロック2019「平沢進 + 会人」セトリ

フジ ロック 平沢 進

これまでさんざ野外フェスなんか行かないと公言してきた手前どうにも言いづらいがフジロックへ行ってきた。 狭量な人間なので、たとえホールのオムニバス形式のコンサートであっても、興味のないバンドを聴いているのが非常に苦痛だったりする。 もちろんそこに音楽的な発見があるのもほんとうだし、これまで自分にもそうした発見があったけれども、もはやスタンディングで好きでもないバンドを観るような体力はない。 ましてや、フジロックのような過酷な自然環境の大会場に大勢の人間が集まるお祭り騒ぎの高揚感とか。 ああ、ぜんぶダメ。 そんなのダメダメダメダメ人間。 だが、そのフジロックにインドア資質の極北と思える平沢進が出るという。 相変わらずあり得ないとされることをやるひとだね。 その意味では、平沢進のフジロックというのは、孤高のへそ曲がりの現れである。 さあ、困った。 いまどきフジロック出演を勲章のようにして大騒ぎするのはどうかと思うが、これはちょっと気になるではないか。 しかしなー、平沢進と同じ最終日のヘッドライナーはキュアーか。 実は自分でも意外なことにキュアーにはまったく思い入れがない。 好きか嫌いかと言われれば好きな部類に入る程度である。 むしろ、初日のケミカル・ブラザーズとトム・ヨークが3日目であれば、迷わず行ったと思う。 最終的に背中を押したのは、レッド・マーキーという庇つきステージであることと Zeusaphone Z-60 が登場すること、そして会場内ホテルが取れたことである。 人生なにごとも経験だとかなんとか陳腐な言い訳で自分を言いくるめた。 かくして2019年7月28日・日曜日。 東京から新幹線でたった1時間半、9:30には越後湯沢へ到着。 さして並ぶことなく11時前にはシャトルバスで苗場着。 80年代にその名を轟かせたお洒落なはずのリゾートホテルは粉々に壊れ廃墟のようであった。 いや、壊れたというのは言い過ぎだがなかなか荒廃した感じ。 フジロックでしか稼働していない棟もあるという。 荷物を預け、昼食をとって奥地(フィールド・オブ・ヘヴン)へ辿り着くと、渋さ知らズオーケストラが終わるころであった。 雨はほとんど降っていないが、前日襲来した颱風のせいで濁流が流れそこらじゅうが泥濘(ぬかる)んでいる。 立ち並ぶ飲食ブースは、代々木公園のタイ・フェスなんかと同様だが、こっちが先なのだろう。 会場内各所を徘徊し、いったんホテルへ戻って着替えればもう夕刻。 ひぐらしが鳴いている。 カレーを飲みこみ苗場食堂裏ステージの苗場音楽突撃隊へ。 ゲスト・ヴォーカルも入って「ハッシュ」「アイ・ミー・マイン」とか(ルースターズ的には)意外な選曲をやる。 途中、雨足が強まりカッパをかぶる。 最後の3曲(だったかな)は花田裕之ヴォーカルのブルースっぽい曲で、門外漢にしてぜんぜん知らない曲だが、やはりよい。 にしても、隣の大音響DJブースが近すぎる。 いくらフェスとはいえ、音が混ざりすぎ干渉しすぎ。 バトル・ロッカーズとマッド・スターリン の対決ライヴを思い出したくらいだ。 苗場食堂と隣のレッド・マーキーは近くて助かるが、20時スタートの平沢進とは時間差たった20分。 ジンギスカン臭漂う会場はすでに満員。 前半分は立っているが、うしろ半分は自前の椅子。 雨宿りの客も多いとうかがえる。 オープニング・ナンバーとしてはおなじみの(とはいえ久しぶりの)「TOWN-0 PHASE-5」から始まり「Archetype Engine」「フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ」という完全に攻めの選曲。 すでに「HYBRID PHONON」以来、平沢ソロ名義だろうがなんだろうがなんでもアリになっている。 平沢目当てではないオーディエンスも多かろうことを前提に、持ち時間の1時間に詰め込めるだけ詰め込んできた。 「アディオス」「聖馬蹄形惑星の大詐欺師」「アヴァーター・アローン」と比較的最近の曲に続いていよいよ「夢みる機械」へ。 The Musical Tesla Coil Zeusaphone Z-60 は2008年の「PHONON 2551」で初登場して以来11年。 5年前の「HYBRID PHONON」からは使われてなかった(はず)ので、故障してないか心配だったのだが、健在である。 前は見えないし、平沢のヴォーカルもあんまり聴こえなかったが、スパークの光と音はしっかり届いた。 続くイントロはなにこれと思ったら「ジャングルベッド I」というより「Astro-Ho」か。 「Astro-Ho」シリーズはソロ曲の位置づけなのでまったく違和感なかったのだが「ジャングルベッド I」だとすれば95年の「ENDING ERROR」以来。 続く新曲(タイトル不明)は「Perspective」かと思ったほどに素晴らしい。 「Nurse Cafe」「AURORA 4くらい? 「AURORA」はまたぜんぜん変わっててイントロではわからんかった。 ラストはなにが来るかと思いきや「白虎野の娘」というのは、これが現在の代表曲ということか。 正しい。 フジロック的に当然なのか異例なのかはわからないが、予想外のアンコールで想定外の「回路OFF 回路ON」を演って解散。 仕込み段階の平沢tweetから力の入りようが伺えたけれども、雨宿りの連中を踊らせるほどに、選曲もパフォーマンスもアレンジも完璧であった。 1時間くらいのコンパクトなライヴっていいものだ。 惜しむらくは低音がびびりまくる音響。 「Astro-Ho」には歌詞があったというが、ぜんぜんヴォーカルなんて聴こえなかったし、心臓に悪い。 散見するtweetなどを鑑みるに、Youtube中継(たぶんライン出力)のほうは音がよかったようだし、意図的とは思えないので、音響システムの特性やオペレーションあるいは仮設会場の構造によるものなのだろう。 その流れで言うとキュアーのライヴで驚かされたのは音のよさ。 科学の進歩を感じる音響システム。 いまどきの野外ライヴ(行かないから知らない)では当たり前なのだろうが、下手なホール・コンサートよりよっぽど音がいい。 ところで、キュアーってあんなに演奏のうまいバンドだっけ? そっちも相当に驚いた。 キュアーのあとホテルでひと休みして卓球のDJへ行こうと思ってたのだが、気がついたらすでに朝。 かっこうが鳴いている。 エレヴェータでチェックアウトへ向かう卓球に出くわしたのが妙に気まずかった。 そういえば、ホテルは出演者やスタッフも泊まっているのでけっこう見かけたのだが、意外とファンが騒いでる様子もなく、そこは大人のイヴェントか。 不愉快だったのは、規制がほとんどないライヴ中の撮影、これまた規制がほとんどなく自由過ぎる喫煙、会場内・ホテル内の導線といったあたりか。 シャトルバスの列の長さに恐れをなして、帰りは路線バスを使ったが、これはなかなかしんどかった。 とはいえ、颱風が前日に通過してくれたおかげで、予想したより困難は少なく、遠出の泊まりがけライヴ程度で済んだ。 点検隊に比べればふつうのライヴの範疇である。 梅雨が明けて一転猛暑のなか帰途へついた。 しかし、一生のうちもう1回くらい行くかもしれない。 その時まで取っておこう。 検索: 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に saki より• に より• に labuffonne より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

フジロックで平沢進さんを知った人たちの例えがおもろすぎるwwww「ヤバいPerfume」「闇堕ちした坂本龍一」 : はちま起稿

フジ ロック 平沢 進

『平沢進』を満喫していました。 平沢唯じゃないぞ。 平沢進(ひらさわすすむ)だ。 活動40年超えのヒラサワだ。 師匠だ。 今年のフジロックに出る還暦超えのおっさんだ。 まさかの還暦迎えてのフジロックだよ。 ステルスメジャーとは一体…うごごごごご… そんなわけで 馬の骨(注:ファンの総称)の皆さんがワラワラと今年は苗場に行くのでしょうが、ライブでどうしても棒状のものを振りたくなったら サイリウムではなく印鑑を振りましょう。 私のライブではサイリウムを禁止する。 どうしても棒状のものを振りかざしたいなら印鑑にしなさい。 印鑑に。 — Susumu Hirasawa hirasawa 師匠もこう言っている つまりこう…? 決意の現れか元祖レコード会社爆破PV『論理空軍』も投稿。 ほんと未来に生きてるな… 2000年:『P-MODEL』「培養」。 再び活動休止。 実質解散? 2004年:平沢進が一人で『核P-MODEL』を活動開始。 サイバーテクノ系は変わらず。 要約…?って人は40年以上の活動ということで許してほしい。 現在は「平沢進」と「核P-MODEL」で活動していると伝われば良いです。 なんでソロとソロバンドの形態があるの?って疑問は「俺が!俺たちが!ガンダムだ!!」のようなもんです。 納得してくれ。 現在はソロ「平沢進」と、P-MODEL時代の作風を継承したプロジェクト「核P-MODEL」として主に活動中。 2018年現在、オリジナル・アルバムのみでも、P-MODELで12枚、平沢進で13枚、核P-MODELで2枚の作品を発表している。 公式もこう書いている。 で、アルバム数もトータル27枚。 関連載せたらもっとある。 やったー。 後は各アルバムから平沢進の不安定で安定感のある壮大な説法…じゃないや曲って良いよね…と淡々と紹介します。 子守唄にでもしてください。 さーいくよー。 着地点考えず書いてるけど、超長くなるのだけは分かるよー。 英語翻訳するとロイヤルロードパラダイス?• 個人的にソロ作品でも上位作品。 最初から最後まで美しくも切ない。 ディレイラマ(ボカロ僧侶)を採用しているせいか大乗仏教の風を猛烈に感じる。 サビ?前の上げて落としてからの 「ショーを…ショーをぉぉぉぉおお!!!! 」シャウトがマジ好き。 雄々しい。 この曲ではギター弾いてたのを思い出した。 ギターは指が痛いから嫌いといいながら馬鹿みたいなテクで引く師匠に萌える• 火ーがー!火ーがー!の終末感が狂おしいほど堪らない アルバム Virtual Rabbit 名義 平沢進 レーベル ポリドール(現・ユニバーサルミュージック) リリース 1991年5月25日 誰がなんと言おうと山登りソング• 当時挑戦中?だったストリングスで曲の壮大化の恩恵がパない。 『DETONATORオーガン』2話のエンディング曲。 まさかの『スパロボW』で参戦。 よかったね。 2016年頃にタワレコで見つけてビビった。 いつ再販した?• うちのiTunesはジャンルをポップに自動判定する。 ポップ…?ポップなの?(個人的には軍歌• 「さ~んちょ~う!は~れ~て~!!」を大人数で肩を組んで歌いたくなる• 女性担当は戸川純。 好き好き大好き。 「マントルが饒舌に火を吹き上げて」の部分などより、白虎野の元ネタはベトナムのバクホー油田 ホワイトタイガーフィールド 原作「筒井康隆」、監督「今敏」のアニメ映画『パプリカ』の主題歌にもなっている。 サントラ版だと「白虎野の娘」タイトルに変更に伴い、ボカロが女性に変更されている。 (動画はこちら) 全編通して堪らないのだけど、随所に使われる多重コーラスが聞いてて気持ちがいい。 いろんな楽器がそこらで踊っている。 そんな印象。 (直球 こちらも『パプリカ』のサウンドトラックに収録。 これは本家と違いあるんだっけ?イントロのコーラスが『Nurse Cafe』の逆再生となっている。 ともあれ2020年の東京五輪の行進でこの曲を流すのを提案するのは オセアニアじゃ常識。 さあ青空に向かって凱旋しよう、絢爛たる紙吹雪は鳥居をくぐり周波数を同じくする小学三年生を思いしれ。 いや説明したら駄目なのか。 詳しくは映画パプリカを御覧ください。

次の