スマホ 機種変更 自分で。 ドコモオンラインで機種変更する流れ。開通手続きまでの手順を画像付き解説

楽天モバイルの機種変更の方法を徹底解説!意外と簡単な3つの手順

スマホ 機種変更 自分で

オンラインで機種変更する手順 オンラインがおすすめな理由 ワイモバイルの機種変更は、 ワイモバイルの店舗またはで手続き可能です。 おすすめは断然オンラインサイトです。 オンラインなら 機種変更手数料が無料で、 端末価格も店舗より安いです。 来店不要で手続きかんたん、待ち時間もありません。 機種変更手数料が無料• 端末価格が店舗より安い• 24時間いつでも手続き可• 送料無料• 来店不要・待ち時間なし• 端末を実際に触れない• 店員さんのサポートなし オンラインで機種変更する手順 ワイモバイルオンラインサイトで機種変更する手順は大まかに以下の5つです。 公式サイトで機種変更手続き• 商品発送• SIMの差し替え or 回線切り替え オンラインサイトで機種変更手続き後、 商品が当日・または翌日に発送されます。 この際、 端末のみ送られてくる場合と、端末とセットで新しいSIMカードが送られてくる場合があります。 端末のみ送られてきた場合は、現在の端末からSIMを抜いて新しい端末に挿せば機種変更は完了です。 回線切替が必要なパターン 前章で解説したとおり、機種変更後に 端末とSIMカードが送れられてくる場合と、 端末のみが送られてくる場合があります。 端末だけ送られてきた場合には古い端末からSIMを抜いて新しい端末に挿せば機種変更は完了です。 端末にSIMカードが同封されてきた場合、これまで使っていたSIMを無効化して新しいSIMを有効にする作業が必要です。 これを 「回線切り替え」と呼びます。 「新しいSIMが送られてきたら回線切り替えが必要」と覚えておいてください。 詳しい手順書が同封されていますので、それをよく読めば大丈夫です。 回線切り替えの手順と時間 SIMが届いた場合、元のSIMカードから新しいSIMへの 回線切り替えが必要です。 同封されている用紙に記載されている電話番号(0800-919-9809)に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。 回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7:00です。 回線切り替えの電話をするまでは元の機種に挿入されたSIMが使え、回線切り替えすると1時間後くらいに新しい機種のSIMが使えるようになります。 ただし、到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。 詳細は下記サイトをご覧ください。 機種変更受付時間 ワイモバイルオンラインストアなら 24時間機種変更の手続きが可能です。 来店不要で待ち時間もありませんので、断然ワイモバイルオンラインストアでの機種変更がおすすめです。 ただし、機種到着後の回線切り替えはAM10時~PM7時のうちに行ってください。 これはオンラインサイトも店舗も共通です。 ただし、オンラインサイトではを実施しています。 オンラインで機種変更すれば手数料が無料です。 店舗や家電量販店では手数料3000円がかかりますので、機種変更はオンラインが断然お得です。 機種変更時の審査 ワイモバイルで機種変更する際、必ず審査があります。 特に以下の場合には審査が厳しくなり、審査を通過しなければ機種変更はできません。 端末代金を24回分割払いにする• 端末代金が10万円を超える 審査の通過基準は公表されていませんが、 過去に料金の滞納があったり、 機種変更回数が多い場合は審査に落ちることもあるようです。 また、ワイモバイルで10万円を越える端末は多くありませんが、今後新しい機種が出た場合には注意が必要です。 古い機種は下取りも可能 ワイモバイルで機種変更する際、 古い機種は下取りしてもらうことも可能です。 ただし、ワイモバイルの下取り額はそれほど高いものではありません。 状態がよければ街中の中古スマホ買取ショップなどで見積もってもらうことも検討してください。 店舗での機種変更に必要なもの ワイモバイル店舗で機種変更する際に必要なものは以下の通りです。 <必要なもの>• 運転免許証• 日本国パスポート• 個人番号カード マイナンバーカード• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者手帳• 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類• 健康保険証+補助書類 店舗での機種変更受付時間 店舗で機種変更する場合、機種変更は 店舗営業中ならいつでも可能です。 ただし、機種変更手続きにはかなりの時間を要しますので、閉店間際に駆け込むとかなり遅くなってしまいます。 (場合によっては受け付けてもらえない場合もあります) できるだけ時間に余裕を持って来店しましょう。 店舗はおすすめではない 正直、 店舗で機種変更するのはおすすめではありません。 店舗で機種変更すれば手数料もかかりますし、端末価格もオンラインより高いです。 「店員さんのサポートが無いと不安…」という方は仕方がないですが、オンラインでの機種変更は非常に簡単です。 端末が届いたら電話をして回線切り替えするだけです。 店舗だと1万円近く損になりますので、できるだけオンラインで機種変更しましょう。 自分で機種変更する手順は以下の通りです。 ドコモ・auのAndroid端末は、・など一部を除き、ワイモバイルのバンドに対応していません。 使えないことはないですが、 使わないほうが無難でしょう。 ソフトバンクのAndroidはワイモバイルのバンドに対応していますので、SIMロック解除すれば使えます。 しかし、 ソフトバンクのAndroid端末は2018年5月以降に発売された機種でないとテザリングできません。 その他にも一部例外があるので必ず事前に確認してください。 中古スマホに機種変更も可 持ち込み端末は、 もちろん中古でもOKです。 大手スマホ通販サイト「」などでは、中古スマホが格安で手に入ります。 ワイモバイルで機種変更できる中古スマホはざっくり以下の通りです。 また、他社版のiPhoneは、6S・SE以降の機種ならSIMロック解除すれば使えます。 Androidは、SIMフリー端末以外にソフトバンク版のAndroidスマホもSIMロック解除後に使えます。 詳細は動作確認端末一覧を確認してください。 その後、 APN設定(プロファイルのインストール)が必要です。 APNをしないと、SIMカードを挿してもデータ通信ができません。 手順: 自分で機種変更時の注意点 ワイモバイルユーザーが 自分で機種変更する際の唯一の注意点はSIMカードのサイズです。 スマホ端末によって、使えるSIMカードのサイズが異なります。 現在販売している端末はほとんどがnanoサイズですが、一部の古い機種はmicroの場合があります。 その場合、SIMカードサイズを変更してください。 SIMカードサイズの変更はワイモバイルショップのみの受付で、 手数料が3,000円かかります。 Ymobile版iPhoneから機種変更する場合 ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、他で購入したスマホに機種変更する場合は、 SIMカードの変更が必要です。 通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。 しかし、 ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。 使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。 ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方が他で購入したスマホに機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。 ワイモバイルの店舗で 「n101」に交換してもらってください。 厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。 どうしても知りたい方は「」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。 参考記事: HUAWEI P30 lite 私がワイモバイルでもっともおすすめする機種は、 HUAWEI P30 liteです。 搭載CPUはKirin710、メモリーRAMも4GBと性能は十分です。 15インチの大画面なのでゲームも快適でしょう。 カメラにはAIが搭載されており、被写体に応じて最適な撮影モードに切り替えてくれます。 ワイモバイル版はシングルSIMに改良されているのが残念ですが、普段使いには問題ありません。 安心の京セラ製スマホで、初めての方でも使いやすいのが特徴です。 端末価格も安いので、 電話やメール・LINEが中心でそれほどスマホは使わないという方におすすめです。 CPUやメモリーは最低限ですが、 カメラはデュアルレンズです。 同時期に発売されたAndroid One S7と悩む方が多いですが、S7のカメラはシングルレンズでしたので、その点ではS6の方が良いですね。 S7にはなかった指紋認証センサーにも対応しています。 価格もAndroid One S7より安いので、S7と比べるとこちらの機種のほうがおすすめです。 <端末価格>• 店舗での価格:25,920円• オンラインの価格• なら月額料金をシミュレーションできますので、ぜひ事前に試算しましょう。 iPhoneはやはり非常に人気ですね。 iPhone7は2018年末に発売され、圧倒的な人気を誇っています。 3Dゲームもできる高性能端末で、おサイフケータイや防水にも対応しています。 この場合、機種はアップルストアなどで購入することになりますので、SIMカードがあれば十分です。 詳細は以下の記事を参考にしてください。 店舗とオンラインでは端末価格が異なり、オンラインの方が安いです。 なら機種変更時に 7,200円の割引が自動適用されます。 しかし、店舗だとこの割引はありません。 しかし、 なら事務手数料が無料です。 ワイモバイルは店舗や家電量販店で機種変更する方が多いですが、この場合は機種代金に手数料が上乗せされます。 できるだけ安く機種変更したい方はで機種変更しましょう。 それは、 家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。 家のネットをソフトバンク光・Airにすると 「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。 <おうち割による割引額>.

次の

楽天モバイルの機種変更の方法を徹底解説!意外と簡単な3つの手順

スマホ 機種変更 自分で

iPhoneを準備• 現在の端末からSIMを抜く• 抜いたSIMをiPhoneに挿入• APN設定 手順としては、現在の端末からUQモバイルのSIMカードを抜き、用意したiPhoneに挿してAPN設定するだけです。 使えるiPhoneを準備 まずはUQモバイルで使えるiPhone本体を準備します。 同時に、 使いたい持ち込みスマホがUQモバイルで使えるか確認しましょう。 ドコモ・ソフトバンクなどで購入したスマホは、SIMロック解除しないと使えません。 これからiPhone本体を購入される方は、アップルストアでSIMフリー端末が購入できます。 また、大手スマホ通販サイトの「」なた未使用品や中古iPhoneが安く購入できます。 まずは端末の電源を切り、取扱説明書などを参考にSIMカードを抜いてください。 ほとんどの場合は、SIMスロットの小さな穴にSIMピンを挿すと、SIMカードが取り出せます。 一部のスマホはSIMピン不要で、手で開けることもできます。 iPhone本体にSIMを挿入 現在のスマホからSIMカードを抜いたら、 iPhoneにSIMカードを挿入します。 iPhone本体の右側面にある小さな穴にSIMピンを差し、SIMトレイを取り出してSIMカードをセットします。 挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。 詳細: iPhone7・6S・iPhone SEはSIMを挿せば設定は終了です。 iPhone8以降の機種はAPN設定に進んでください。 iPhoneのAPN設定 iPhone本体にSIMカードを挿入したら、 機種によってUQモバイルのAPN設定(プロファイルインストール)が必要です。 APN設定とは、iPhoneでUQモバイルのデータ通信ができるようにするための設定です。 ただし、APN設定が必要なのはiPhone8・iPhone X以降の機種です。 iPhone7までの機種はAPN設定が不要なので、SIMを挿せばそのまま使えます。 Wi-Fiに接続• にアクセス• プロファイルの表示を「許可」• ファイルDL後に「閉じる」• UQのプロファイルをタップ• 「インストール」をタップ• パスコードを入力• 繰り返しになりますが、APN設定は Wi-Fiに繋がった状態で操作してください。 APN設定が終われば、UQモバイルでiPhoneが使えるようになります。 iPhoneに挿して使えるSIMカードの種類は マルチSIM(nano)です。 現在使用している端末に挿入されているSIMがVoLTE非対応のmicro・nanoSIMの場合は、VoLTE用マルチSIMへ交換が必要です。 UQモバイルサポートセンターに連絡し、SIMサイズの交換を申請しましょう。 その際、手数料3,000円がかかりますので注意してください。 問い合わせ先: 厳密にはiPhone7以前の機種ならVoLTE非対応のnanoSIMでも使えますが、すでに取り扱いが中止されていますので素直にマルチSIMに変更しましょう。 使えないiPhoneも 他で購入したiPhoneの中にはUQモバイルで使えないものもあります。 まず、iPhone6やiPhone5S、iPhone5やそれより古いiPhoneは使えません。 また、ドコモ・ソフトバンクなど他で購入したiPhoneでSIMロック解除されていないものは使えません。 詳細は次章で解説します。 UQで使える持ち込みiPhone この章では、UQモバイルに持ち込んで使えるiPhoneの種類を解説します。 一部、UQモバイルでは使えないiPhoneもありますので注意してください。 SIMフリーのiPhone 持ち込みのiPhoneで最も多いパターンが、 アップルストアで購入したiPhoneをUQモバイルで使う方法です。 アップルストアで販売されたiPhoneはすべて SIMフリーなのでUQモバイルで使えます。 これから購入される方は、店舗やオンラインストアで購入できます。 詳細: 端末価格は以下の通りです。 SIMロック解除は不要なので、SIMカードを挿してAPN設定すれば使用可能です。 auのiPhone auで販売されたiPhoneもiPhone6S・6S PlusやiPhone SE以降の機種がUQモバイルで使えます。 ただし、SIMロック解除について少々ややこしいです。 au版のiPhone端末は種類によってSIMロック解除要否が異なります。 iPhone7・iPhone7 plusまでの機種はSIMロック解除が必要です。 iPhone8・iPhone8 plus以降はSIMロック解除不要で、SIMを挿してAPN設定すればそのまま使えます。 これから中古のiPhoneを買う場合は「」がおすすめです。 格安中古はもちろん、未使用のiPhoneも在庫が豊富です。 購入時はできるだけSIMロック解除済のものを選びましょう。 iPhone本体を準備すれば、SIMカードを入れ替えれば自分で簡単に機種変更できます。 ただし、SIMロック解除とSIMカードの種類に注意してください。 これからiPhoneを買う方はiPhoneが格安の「」がおすすめです。

次の

ドコモオンラインで機種変更する流れ。開通手続きまでの手順を画像付き解説

スマホ 機種変更 自分で

スマホを選ぶ• 配送方法を選ぶ• SIM入れ替え• 開通手続き• データ移行 オンラインショップで購入手続きにかかる時間は15分くらい、そこから数日してから受け取って、SIM入れ替えや開通手続きで1時間見ておけば大丈夫です。 受取からの1時間ははじめての人の目安です。 慣れていたり、開通手続き不要だったりするともっと短時間で完了します。 機種変更する手順【画像付き】購入手続き まずはオンラインショップでスマホを購入するところを説明していきます。 機種変更したい機種を選ぶ まずはソフトバンクオンラインショップにアクセスします。 【公式サイト】 公式 好きな機種を選び、購入するボタンを押します。 パスワードを忘れた場合でも、4桁の暗証番号や本人確認でログインできるので手続きを進めてくださいね ログインできれば料金プランを選択。 今までと同じでよければ変更する必要なし。 機種変更手続きが完了すれば、受け取りまですることはありません。 機種変更する手順〜受取から開通まで〜【写真つき】 先ほど、公式サイトで購入手続きするまでの手順を説明しました。 次はソフトバンクから新しい機種を受け取ってからの手順です。 店舗で受け取ることもできますが、今回は 自宅で受け取る場合の手順を中心に解説します。 (ソフトバンクショップで受け取った場合はスタッフさんにほぼやってもらえるので、迷う部分はありませんよ〜) 細々手続きがあるので、自宅で受け取ってから新しいスマホが使えるまで1時間くらい見ておくと安心です。 まず、受け取ったら中身を確認します。 開通手続きの要否が変わってくるので、USIMカードが入っているか確認。 購入した機種の箱の上に白い封筒がついていたらUSIMカードありです。 USIMカードはこんな感じの名刺サイズのカード。 パキパキするとnanoまで対応できる SoftBank マルチUSIM Fらしい — ぶちを Buuuchi408 USIMカードが同封されている場合は、SIMカードが新しくなるので開通手続きが必要です。 新機種にUSIMカードを取り付ける まずは新しいスマホにUSIMカードを取り付けます。 USIMカードという名前ですが、SIMカードのこと。 SIMカードがないと電話も外でネットもできないのでSIMカードの取り付けはかなり大切。 新しい端末に取り付けるUSIMカードは届いた荷物にUSIMカードが入っていたかどうかで違います。 図にしてみました。 SIMカードの向きだけ注意。 切り欠きがをよく見てトレーにおきます。 新しいUSIMカードを使う場合、今の機種に入っているUSIMカードは使いません。 今の機種に入れたままで問題ありません。 今まで使っていたSIMカードから新しいSIMカードが使えるようにする手続きです。 手続きはWEBもしくは電話で行います。 詳細と開通手続きできるページはこちら【公式サイト】 公式 電話なら契約している携帯電話番号と4桁の暗証番号 WEBならさらに生年月日や機種購入手続き時にメールに書かれた受付番号も必要です 電話がつながるなら 電話の方が楽 手続き自体は案内に沿って5分くらいで終了。 30分くらいで新しいSIMカードが使えるようになります。 スマホの初期設定(アクティベーション) SIMカードを入れてSIMカードが使えるようになったら新しいスマホの初期設定です。 と言ってもスマホの電源を入れたら案内に沿って言語を設定(日本語)したり、Wi-Fiを設定したりするだけ。 地味に時間がかかりますが、難しい部分はスキップで問題ありません。 (後でも設定できます) データ移行(必要な場合) 必要な場合はデータ移行を行います。 microSDカードが使える機種ならカードで移行するのが便利です。 携帯ショップはいつも混んでるので、自宅で手続きできちゃうのは便利。 オンラインショップで購入した場合でも、スマホの故障とか、困った時にはソフトバンクショップで助けてもらえます。 待ち時間もなく、頭金もないので機種代もちょっとお得。 オンラインショップで機種変更に挑戦してみてはいかがですか? 公式.

次の