就活 お礼メール。 就活でお礼メールを送る際の注意点4つ【例文つき】

Email Samples for New Graduates

就活 お礼メール

就活におけるお礼メールとは お礼メールとは、 説明会や面接などが終わった後、企業に感謝を伝えるメールのことです。 また、選考通過のお知らせの際にもお礼メールを送ることがあります。 就活で面接後にお礼メールは必要か 結論からいうと、 お礼メールはその人の気持ち次第で送れば良いものだと思います。 説明会や選考に時間を割いてもらったため、感謝の気持ちを伝えておこうとおもった場合には、お礼メールを送ると良いでしょう。 お礼メールは送らなくてはならないというルールはありません。 企業もお礼メールを期待して選考活動をしているわけではないので、個人の自由であるといえます。 お礼メールの選考に対する影響 「お礼メールを送ったほうが選考通過率が高まるよ」などといううわさを聞いたことがある人もいるかもしれません。 しかし、採用担当経験のある筆者の意見としては、 お礼メールは選考とは全く関係ありません。 もちろん、学生から送られたメールには全て目を通すので、感謝のメールが届けば嬉しい気持ちにはなります。 また、丁寧な学生という印象を持つでしょう。 しかし、私の経験では、お礼メールだけで選考が有利になることはないといえます。 採用の際には、学生と企業がどの程度マッチングしているかなどをみています。 そのため、選考に対して影響を及ぼさないといえるでしょう。 また、大企業になればなるほど学生の母数が大きいため、お礼メールが送られてくる数も多くなります。 そのため、誰がどんなお礼メールを送ってくれたのかを把握するのは難しいと言えます。 この点からもお礼メールは選考には関係しないといえます。 お礼メールの書き方 選考に関係なく、感謝の気持ちを伝えたいとお礼メールを書くときには、ビジネスマナーに従って書くとよいでしょう。 ここでは、メールの一例とポイントを4点紹介します。 お礼メールの例文 ーーーーーーーーー ポイント1 件名は内容と氏名を入れる 友人などとメールをする際には氏名を入れないことも多いかもしれませんが、 企業へ連絡する際は必ず件名を入れましょう。 件名には、用件を簡潔に入れたあと、大学名と氏名を入れると良いでしょう。 採用担当者は、一日に何通ものメールをやりとりするため、名前を入れたほうが丁寧です。 ポイント2 相手の会社名・部署名・氏名をミスなく入れる メールには、会社名と氏名は正確に入力しましょう。 もしも部署名がわからない場合には、記入はしなくてもよいでしょう。 万が一担当の方の名前がわからない場合には、採用ご担当者様などとすると確実です。 部署に対してメールを送りたい場合には、広報部御中という形にしましょう。 ポイント3 長文になりすぎないようにする 感謝の気持ちを書こうとすると長文になってしまう場合もあると思いますが、なるべくそれは避けましょう。 長文を書いてしまうと、最後まで読まれなくなる可能性が高くなってしまいます。 ポイント4 最後に署名を入れる 本文の後には必ず署名を入れましょう。 署名には、名前と大学名、メールアドレス、携帯電話番号の4点は必ず入れるようにしましょう。 住所については、企業と郵送でやりとりがある可能性がある場合には入れたほうが丁寧です。 ただし、住所を入れないからといってマナー違反にはならないので、それぞれの判断で良いでしょう。 お礼メールは気持ちを表したいときに送るべき 今回は、就活でお礼メールを送るべきかどうかと、メールを送る際のポイントを紹介しました。 お礼メールが選考の評価に繋がることはまれですが、感謝の気持ちを伝えたい場合には積極的に送ると良いでしょう。 その際には、今回紹介したポイントを踏まえて送るようにしましょう。

次の

面接のお礼メールは必要か? すぐに使える例文付|パソナキャリア

就活 お礼メール

【就活】間違えない質問メールの書き方 就活で必ず行うことになる、企業とのメールのやり取り。 この記事では正しい質問メールの書き方をお教えします。 しっかりとマナーを把握して、社会人に失礼がないように心掛けましょう。 2020. 慣れないメールを企業に送ることはなかなか緊張する作業なのではないでしょうか?しかし、心配はご無用。 意識すべきポイントを理解できれば、メールで困ることはなくなるはずです。 メールのマナーは、就活に留まらず、社会に出てからもずっと役に立つもの。 ぜひ最後まで読んで、きちんとしたメールを送るようになりましょう。 メールの基本ルール4箇条 就活での質問メールの書き方を説明する前に、メールを送るときの基本ルールを説明します。 就活に関連するメールに限らずどのメールでも同じことが言えるので、これを機に覚えてしまいましょう。 社会人は1日何十通ものメールを受け取っています。 そのなかで読むメールを決める判断材料になるのが件名。 用件と送り主が一目で分かれば、メールを開封してくれる可能性が高まります。 1つの文が長すぎたり、改行がされていなかったりすると、読むのに負荷がかかってしまいます。 メールの読み返しは誤字脱字を防ぐのにも有効なので、必ず実施してください。 具体的には、下記のようなものになります。 所属大学、氏名、住所や連絡先をまとめて記します。 詳しくは下記記事を参考にしてください。 こと就活においては、企業の採用担当や社会人が多忙の中でみなさんのために諸々の調整をしてくださいます。 遅くても 24時間以内にはメールに返信をするようにしてください。 質問メールを書くときの参考にしてみてください。 自分の知りたいことが分かったからそれで終わり。 と、言うわけにはいきません。 時間をとって回答してくださったことに対して、必ずお礼のメール返信するようにしてください。 以下がその例文です。 ぜひメール一通を送るのにもマナーを意識して、早くから社会人としての振る舞いができるようになってください。 質問メールのマナーはOB訪問のやり取りにおいても参考にしてください。 しかし、できればメールのやり取りすら回避したいもの。 そこでおすすめなのが Matcherです。 Matcherは、 所属大学や学年に関係なく社会人に就活相談にのってもらえるサービスです。 学生時代頑張ったことをはじめ、ES添削や面接対策に 18,000人以上の社会人が協力してくださいます。 メールでのやり取りは必要ありません。 ぜひ社会人に会いに行って、就活の糧にしてください。

次の

【就活】間違えない質問メールの書き方

就活 お礼メール

お礼をした先輩の約7割が「メール」を選んだ 最も多かった方法は「メール」(72. 1%)です。 メールを選んだ理由を聞くと、「すぐに返信できる」「手軽でタイミングも選ばないから」といった利便性を挙げる人がいました。 そのほか、「会いに行ったり、電話をかけたりすると先方が忙しいのに迷惑がかかるが、メールだと先方の時間がある時に確認し、返事がもらえるから」といったように相手に配慮してメールを選んだという声もありました。 中には「メールが来たからそれに返した」「メールをいただいたのでその返信として」という回答も。 次に多かったのが「手紙」という回答で、51. 9%に上りました。 手紙を選んだ人の回答からは、「最も礼儀正しく感謝の気持ちを表せる方法だと思ったので」など、気持ちをしっかり伝えたいという意図がうかがえます。 また、「直接会う」方法でお礼を伝えたという人も37. 7%いました。 このほか「メールで知らせがきたときはメールで返し、電話がきたときは電話で返した」「人により、対応を変えた」という声もありました。 内定・内々定連絡へのお礼メールの書き方 スピーディーにお礼を伝えられるのはメールの大きなメリットといえるでしょう。 また、メールは手紙と比べればカジュアルなイメージがありますが、メールで内定・内々定のお礼を伝えても相手に失礼にはなりません。 なお、 送る際は、誤字や脱字に気をつけましょう。 内定・内々定のお礼を伝える大切なメールですから、送信する前に今一度、しっかり読み直して間違いがないかどうか確認しましょう。 では、実際にお礼メールを送る場合、どんな点に気をつけるとよいのでしょうか? ここでは(1)内定・内々定を承諾することを決めている、(2)まだ検討している、(3)辞退を考えている、の3つのパターン別にお礼メールの例文を紹介します。 このたびは内定のご連絡を頂き、ありがとうございます。 謹んでお受けしたいと存じます。 来年4月の入社後に貴社で1日も早く活躍できるよう、残りの学生生活を大切に過ごしていきたと思います。 今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。 jp ————————————————— 【ポイント】 ・「内定」は、学生と企業が入社の意思を相互に確認し、労働契約が成立した状態になります。 法的拘束力も生じるので、 承諾に当たっては労働条件などをあらかじめ確認するとよいでしょう。 このたびは内定のご連絡を頂き、ありがとうございます。 現在ほかに選考を受けている企業があり、後悔のないようすべての結果を受け止めてから決めたい思いが強く、すぐのお返事が難しい状況です。 つきましては、誠に勝手ながら内定承諾のお返事は〇月〇日までお待ちいただけないでしょうか。 せっかくの内定のご連絡を頂いたところ大変申し訳ございませんが、何卒ご了承いただきたくお願い申し上げます。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のほどお願い致します。 (以下、署名挿入) 【ポイント】 ・内定・内々定を承諾するか悩んでいる場合は、その旨を企業に伝えるとよいでしょう。 その際は、 いつまでに回答ができるか目安の日時を提示して相談してみると、企業側とのやりとりがスムーズになるでしょう。 このたびは内定のご連絡を頂き、ありがとうございます。 せっかくのご連絡を頂いたところ大変恐縮ですが、貴社の内定を辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。 選考の過程でお会いした貴社の皆さまには、私の拙い質問にもわかりやすく分かりやすく丁寧にお答えいただき、温かな社風に大変魅力を感じておりましたが、本当にやりたい仕事と自らの適性などを考えた末、今回の結論に達しました。 選考には貴重なお時間を割いていただきましたのに、このような結果となり誠に申し訳ございません。 心よりおわび申し上げます。 本来であれば直接おわび申し上げるべきところ、メールでのご連絡となりますことをご了承いただきたくお願い申し上げます。 最後になりましたが、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。 (以下、署名挿入) 【ポイント】 ・メール文面を準備する際は (1)「辞退する」ことを最初にはっきりと明記、(2)辞退理由を簡潔に、(3)文末におわびを記載する、の3点を押さえて抑えておきましょう。 ・ 今後の社会人生活で、内定を辞退した企業とまたご縁があることも考えられます。 最後まで誠実な態度を忘れずに。 内定を受ける心づもりが固まっている場合は、手紙を出してもよいでしょう。 ただし、手紙にはさまざまな決まりごとがあります。 書き慣れていない場合は、下調べや下書きをするなど送るまでに時間がかかってしまうことも。 また、メールと比べて相手に届くのに時間がかかることも考慮しましょう。 以下に、お礼状の例文と構成要素ごとに気をつけるポイントを紹介します。 (1)頭語 頭語は手紙の初めにくる言葉で、結語とセットで使います。 頭語が「拝啓」なら結語は「敬具」、頭語が「謹啓」なら結語は「敬白」を使います。 なお、「前略」は前文を省略しますという意味の頭語なので、目上の人に手紙を送るときには避けた方がよいでしょう。 (2)あいさつと名乗り 本題に入る前にあいさつとして記す「あいさつ文」に加え、学校名・学部・学科などの所属を述べてから本題に入りましょう。 (3)本文 本文は、内定・内々定に対するお礼、内定受諾の意思表示に加え、内定・内々定を出してもらったことに対する喜びの気持ちや、入社に向けた前向きな意気込みなどを伝えるとよいでしょう。 気をつけたいのは、手紙の本文を書くときの一般的なマナー。 例えば、「皆さま」「〇〇様」などは、改行により文字が離れてしまうのは失礼とされています。 また、相手を指す言葉はできる限り行末に書かないようにしましょう。 相手企業の敬称はメールのときと同様、「貴社」とします。 これも改行により「貴」「社」が離れないよう、行末に表記がこないように注意しましょう。 (4)結びのあいさつ 最後に重ねてお礼の気持ちを伝えましょう。 最後に頭語に対応する「敬具」などの結語を入れます。 (5)日付 年号・月日までを書きます。 (6)署名 学校・学部・学科・フルネームを書きます。 (7)宛名 社名は「株式会社」なども略さず書きます。 行を変え、「部署名」「相手の名前+敬称」を書きます。 なお、内定・内々定のお礼を伝える手紙では、便箋と封筒はビジネス用に向くものを選びましょう。 シンプルな無地のものを使うのがベターです。 入社後どこかで顔を合わせたり、一緒に働いたりすることもあるかもしれません。 内々定または内定を得た企業について、業界の情報をチェックしてみよう。

次の