大塚 寿司食べ放題。 【大塚】ウニも中トロも!寿司「うみめし」食べ放題レポ【Lets】レッツエンジョイ東京

大塚駅(東京)周辺 食べ放題のお店の予約・クーポン

大塚 寿司食べ放題

この日は食べ放題オンリー 来店した日は食べ放題のお客さんオンリーだった模様。 開店と同時に来店しましたが、お客さんは数組。 1時間もすると店内に人が溢れて大盛況の様子です。 ルールは1テーブルごとにオーダーは最大20貫。 お寿司が提供されてから、新しい20貫を注文できます。 時間は2時間。 テーブルに据え置かれたオーダー票に記載して店員さんに渡します。 お寿司は10分ほどで提供されます。 男性は3800円、女性は2800円です。 ということで…まずは… 小ビールで乾杯です。 あまり飲むとお腹いっぱいになってしまうので、胃を刺激する程度に。 天ぷら、茶碗蒸し、お味噌汁が付きます お寿司が来る前に、天ぷら、茶碗蒸し、お味噌汁が来ます。 とろろ昆布のお味噌汁だけは飲み放題です。 最初にお腹いっぱいになっちゃいそうですが、案外お寿司だけだと飽きてくるので、お口直しとしてもいいかなと思います。 天ぷらは大ぶりの海老、ナス、かぼちゃ。 茶碗蒸しは小ぶりで、しっかり出汁がきいていて、具は海老オンリーでした。 最初は高級ネタから 最初はもちろん高級ネタから。 うに、いくら、中トロ、中トロ炙り、赤貝、キハダマグロ(多分これは頼んでない…けどまま頂きました) やっぱり雲丹は外せない…とりあえず一人2貫ずつ。 その日の仕入れによるかと思いますが、やや小粒な雲丹でした。 中トロは炙ったほうが、脂ののりを感じて好みでした。 一皿目を提供されたら、次に記載したオーダー票を渡します。 もちろん高級ネタリピート。 炙りキンメダイ、真鯛、赤海老、炙りえんがわ、そして本日のおすすめの生牡蠣です。 オーダー票にないその日のおすすめがあります。 生牡蠣の軍艦は、ありそうでないのかな。 初めて食しました。 こちらのお寿司は、具も大きめですが、シャリも大きめ。 なので、お腹が膨れるのも早い。 前回の食べ放題では23貫でしたが、今回は大ぶりなお寿司だけにそれを上回ることはできなそう… 最後の力を振り絞って 炙り中トロ、雲丹、桜えび、塩辛、赤貝、アワビ、うなぎ。 こちらをラストオーダーで。 今回は雲丹を食べに来たので、シメ雲丹を。 食べ残しは、正規のお値段を請求されるとのことで、お腹と相談して食べられる限界量を見極めたオーダーを。 もえのあずきのサインがありましたが、シャリも具も大ぶりなお寿司は、白米が得意な大食いな人は断然有利ですね。 中年世代の集まりだったので、途中からかなり満腹になってしまい、口数が減ってきてしまいました…汗 女性は他の食べ放題店より安めの価格設定ですが、同席者があまり食べない男性だったので、元はとれなかったかもなー。 120分あるので、焦らずゆっくりと食べられますので大食い自慢の方はぜひ。 食べログで予約.

次の

◇寿司・鮨・食べ放題◇ 食べ放題大好き

大塚 寿司食べ放題

予約方法&混雑状況(待ち時間) 食べ放題は、毎日17時からスタート。 それより前の時間もお店はオープンしていますが、早く到着した場合は席に座って時間ピッタリになるまで待機することになります。 今回は電話で予約しましたが、ぐるなびでリクエスト予約が可能です。 18時を過ぎると、食べ放題利用・通常利用ともに客が増えるので、あらかじめ早い時間に予約して訪れるのがベスト。 実際にこの店に訪れたことのある人のブログやSNSの投稿で「料理が出てくるまでかなり時間がかかった」と書いている人が多いので、土日や19時以降だと寿司の提供に時間がかかるのかもしれません。 たまに、その日のおすすめにぎりも登場するようです。 品切れしているネタには赤線が入っていました。 「食べ放題専用 お好み注文票」は5ブロックあり、点線がついていますが、こちらが提出する際には切り取る必要などはありません。 1回のオーダーは2名で20貫までで、すべてのネタが提供されたら、次のオーダーを提出することができます。 いざ実食!オススメは炙り系と軍艦! 注文票を提出すると、まず最初に寿司以外の料理が登場します。 天ぷら盛り合わせと、茶碗蒸しです。 天ぷらは、えび・茄子・イカ・かぼちゃの4種で、茶碗蒸しは上に蟹のほぐし身が添えられていました。 この2つはおかわりはできない1度だけ提供される料理となります。 そして、次に炙り系のにぎりがやってきました。 ふと気がついたのですが、最初にやってきたにぎりたちは全て、5ブロックのうちの1番左側のブロックのネタでした。 推測ですが、左側のブロックのメニューから順番に提供されるようです。 もしかすると、そのために切り取り線のようなものがついていたのかもしれません。 はじめに食べたのは「金目鯛炙り」。 レモンがのっており、あらかじめ塩がふられていました。 そして、中とろと中とろ炙りを食べ比べ。 中とろ炙りには、多数の切り込みが入っていました 日替りお椀はなめこのお味噌汁でした。 こちらは何度でもおかわり可能です。 いよいよお待ちかねの寿司の大皿がやってきました!大皿がくるまでには15分以上が経過していたので、あらかじめ2回目の注文票を記入しておき、この大皿と引き換えに紙を渡しました。 この中でもっとも高価なネタは「生うに」。 通常メニューでは1つ300円です。 シャリがかなりボリューミーなタイプなので、ドスンとお腹に響きます!シャリの大きさは当店規定でサイズ変更ができない旨が注意書きに記載されていたので、通常の寿司より大ぶりなのかもしれません。 私としては軍艦メニューがおすすめ。 ノーマルな「いくら」のほかに、「いくらサーモン」や「えんがわとびっ子」などをいただきました。 2回目のオーダーも、やはり1ブロック目のネタから登場。 炙りものからいただきました。 今回は中とろ炙りの他に、生サーモン炙りも。 そして、2回目の大皿の生うには、1回目と少し形状か違うタイプのものでした。 うにの量はアップしているようで嬉しかったです。 うなぎや穴子、あわびも食べ放題!今回はオーダーしませんでしたが、手巻きメニューも15種ほどあります。 最後の〆に選んだのがこちら。 たこ・数の子・いか納豆。 シャリがなかなか手強いサイズなので、天ぷらや茶碗蒸しもあるため、女性なら20貫で満腹になると思います。

次の

東京で“寿司食べ放題”するならココ!都内の“寿司食べ放題”実施店7選

大塚 寿司食べ放題

この日は食べ放題オンリー 来店した日は食べ放題のお客さんオンリーだった模様。 開店と同時に来店しましたが、お客さんは数組。 1時間もすると店内に人が溢れて大盛況の様子です。 ルールは1テーブルごとにオーダーは最大20貫。 お寿司が提供されてから、新しい20貫を注文できます。 時間は2時間。 テーブルに据え置かれたオーダー票に記載して店員さんに渡します。 お寿司は10分ほどで提供されます。 男性は3800円、女性は2800円です。 ということで…まずは… 小ビールで乾杯です。 あまり飲むとお腹いっぱいになってしまうので、胃を刺激する程度に。 天ぷら、茶碗蒸し、お味噌汁が付きます お寿司が来る前に、天ぷら、茶碗蒸し、お味噌汁が来ます。 とろろ昆布のお味噌汁だけは飲み放題です。 最初にお腹いっぱいになっちゃいそうですが、案外お寿司だけだと飽きてくるので、お口直しとしてもいいかなと思います。 天ぷらは大ぶりの海老、ナス、かぼちゃ。 茶碗蒸しは小ぶりで、しっかり出汁がきいていて、具は海老オンリーでした。 最初は高級ネタから 最初はもちろん高級ネタから。 うに、いくら、中トロ、中トロ炙り、赤貝、キハダマグロ(多分これは頼んでない…けどまま頂きました) やっぱり雲丹は外せない…とりあえず一人2貫ずつ。 その日の仕入れによるかと思いますが、やや小粒な雲丹でした。 中トロは炙ったほうが、脂ののりを感じて好みでした。 一皿目を提供されたら、次に記載したオーダー票を渡します。 もちろん高級ネタリピート。 炙りキンメダイ、真鯛、赤海老、炙りえんがわ、そして本日のおすすめの生牡蠣です。 オーダー票にないその日のおすすめがあります。 生牡蠣の軍艦は、ありそうでないのかな。 初めて食しました。 こちらのお寿司は、具も大きめですが、シャリも大きめ。 なので、お腹が膨れるのも早い。 前回の食べ放題では23貫でしたが、今回は大ぶりなお寿司だけにそれを上回ることはできなそう… 最後の力を振り絞って 炙り中トロ、雲丹、桜えび、塩辛、赤貝、アワビ、うなぎ。 こちらをラストオーダーで。 今回は雲丹を食べに来たので、シメ雲丹を。 食べ残しは、正規のお値段を請求されるとのことで、お腹と相談して食べられる限界量を見極めたオーダーを。 もえのあずきのサインがありましたが、シャリも具も大ぶりなお寿司は、白米が得意な大食いな人は断然有利ですね。 中年世代の集まりだったので、途中からかなり満腹になってしまい、口数が減ってきてしまいました…汗 女性は他の食べ放題店より安めの価格設定ですが、同席者があまり食べない男性だったので、元はとれなかったかもなー。 120分あるので、焦らずゆっくりと食べられますので大食い自慢の方はぜひ。 食べログで予約.

次の