あんしんフィルター。 【裏技・最新版】Android・IPhoneで「あんしんフィルター」を無効(解除)にする方法!【30分以内!!】

【裏技・最新版】Android・IPhoneで「あんしんフィルター」を無効(解除)にする方法!【30分以内!!】

あんしんフィルター

トップ画像引用元: ソフトバンクの『あんしんフィルター』とは? まず、ソフトバンクが提供している『あんしんフィルター』について詳しく説明していきます。 あんしんフィルターとは、• 子供の年齢• 判断力 に合わせてフィルタリング(インターネット上で行うアクセス制限)機能を持つアプリのことです。 この機能により、 子供にとって有害なサイトやアプリを使う前にブロックし、犯罪から子供を守ることに繋がります。 小・中・高校生によってフィルタリングモードが選べる ソフトバンクのあんしんフィルターでは、年齢に合わせて選べる4つのモードが存在します。 フィルタリング の強度 内容 制限対象 小学生 モード インターネットを使う前、 または使い始めの年齢 主に通話とメールを スマホで行う子供向け ゲーム、動画 音楽、SNS 出会い アダルト 中学生 モード インターネットに慣れ始めている 犯罪や有害なものから 守りたいという子供向け 動画、音楽 SNS、出会い アダルト 高校生 モード インターネットに慣れている オークションや掲示板なども 活用したい子供向け SNS、出会い アダルト 高校生プラス モード 高校生モードよりも フィルタリングを緩和 出会い アダルト 最初からモードが設定されているため、子供に合わせたモードを選ぶことで、サイトやアプリに対して、個別にフィルタリングをかける必要がないので設定がとても簡単です。 サービス利用料金は無料だが申し込みが必要 あんしんフィルターは、無料で利用することができます。 しかし、 利用を開始するにはソフトバンクに申し込みを行う必要があります。 また、基本的にこのサービスが利用できるのは、ソフトバンクで購入したスマホが対象です。 フィルタリングの内容はスマホかパソコンから確定させる あんしんフィルターを使う場合、子供に持たせるスマホでアプリをダウンロードする必要があります。 しかし、フィルタリング設定を行うのは、• 他のスマホ(例えば保護者のスマホ)• パソコン からになります。 つまり、 1度あんしんフィルターアプリをダウンロードし、初期設定を行っておくことで、子供のスマホが手元になくても遠隔でフィルタリングが行えるのです。 次の項目から、あんしんフィルターの詳しい設定方法を紹介します。 ソフトバンクのあんしんフィルターの初期設定方法 画像引用元: あんしんフィルターのことがわかったところで、設定方法を見ていきましょう。 この項目で説明するのは 、あんしんフィルターを初めて使う人が行う「初期設定」の方法です。 あんしんフィルターの申し込みを行う My SoftBank・電話・店舗の3つの方法から申し込むことができます。 My SoftBank|営業時間は24時間対応• My SoftBankのログインページを表示• 子供のスマホの電話番号でログインして申し込む 電話|営業時間は9:00〜20:00• ソフトバンク携帯電話から(157:無料)• 一般電話(0800-919-0157:無料)• 音声ガイダンスに従って番号を選ぶ 店舗|営業時間は店舗により異なる• 自宅や会社近くの店舗へ出向く• あんしんフィルターだけの申し込みは受け付けていません。 必ず保護者が行いましょう。 アプリで初期設定・保護者の管理者登録を行う あんしんフィルターの申し込みが完了したら、アプリから初期設定を行い、保護者を管理者として登録します。 使用するスマホによっては、ダウンロードが必要な場合もあります。 Androidのスマホ・タブレットの場合• 子供のスマホのアプリ一覧からあんしんフィルターを探して選択• ポップアップ画面から「設定を行う」を選択• 有効の可否を聞かれるので「有効にする」を選択• 引き続き案内画面が表示されるので「次へ」を選択• サービスに「同意する」を選択• 保護者のメールアドレスを入力し「次へ」を選択• パスワードを入力し「次へ」を選択• メールアドレスとパスワードの確認後、「確認メールを送信する」を選択• あんしんフィルターからのメールが届いたことを確認する• 「受信が確認できたので登録する」を選択• 「完了」を選択すると初期設定が完了 iPhone・iPadの場合• 子供のApp storeからあんしんフィルターアプリをダウンロードする• ホーム画面の「設定アプリ」を選択• 「Wi-Fi」を選択し、オフにする• ホーム画面に戻り「あんしんフィルター」を選択して起動• 案内画面から「設定する」を選択• ポップアップ画面が表示されたら「許可」を選択• 案内画面から上部にある「インストール」を探してタップ• もう1度上部の「インストール」を選択• リモート管理案内から「信頼」を選択• インストール完了画面の上部から「完了」を選択• 「あんしんフィルターを起動する」を選択• 以降の設定はAndroidのスマホ・タブレットの4〜11を参照 次の章では、ソフトバンクのあんしんフィルターの管理者設定方法について詳しく紹介します。 子供の利用状況を確認するための設定 画像引用元: 初期設定が完了したら、次は 子供の「インターネット利用状況を確認するための設定」を行いましょう。 Androidのスマホ・タブレットの場合• あんしんフィルターアプリを起動させる• 右上のメニュー(縦三本線「…」)を選択• メニュー一覧から「アプリ設定」を選択• WEB履歴・電話着信履歴・位置情報履歴など確認したい項目にチェックを入れる• ポップアップ画面で「OK」を選択• 確認したい項目にチェックが付いてたら設定完了 iPhone・iPadの場合• 「あんしんフィルター」アプリを起動させる• 画面下部のメニューを選択• メニュー一覧から「設定」を選択• 「詳細設定」を選択し、「Web履歴」を探す• 「Web履歴」をオンに設定し、「はい」を選択• 「Web履歴」がオンになり緑色に変化していたら完了 ソフトバンクのあんしんフィルターの管理者設定方法 画像引用元: 初期設定やインターネット利用状況確認設定が完了したら、 フィルタリングの詳しい内容を決めていきましょう。 設定は、管理者ページ(保護者ページ)と呼ばれるサイトから行います。 スマホやパソコンからあんしんフィルターのログイン画面へ• 初期設定のときに決めたメールアドレスとパスワードでログイン 子供の情報を登録する フィルタリングを行うスマホを持つ子供の情報を登録します。 管理者ページのトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 左下にある「利用者情報の編集」を選択• アイコン・子供の名前・生年月日を入力し「設定を保存」を選択して完了 ウェブフィルタリング設定を行う 子供の情報の登録が済んだら、ウェブフィルタリング設定をしてみましょう。 管理者ページのトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「ウェブフィルタリング設定」を選択• 左側にフィルター設定ボタンが表示される• 小学生・中学生・高校生・高校生プラス・フィルターOFFの5つから選択• 右側に項目ごとにチェックマークが付くのを確認• フィルタリングを行いたい項目のチェックマークを確認したら「設定保存」を選択して完了 見せて良いサイト・見せたくないサイトを個別設定もできる 画像引用元: 小学生・中学生・高校生・高校生プラスの4つのモードを設定するだけで、ある程度フィルタリング設定は完了します。 その他に、個別に設定したいサイトがある場合は、 「見せて良いサイト」 「見せたくないサイト」ボタンから行いましょう。 管理者ページのトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「ウェブフィルタリング設定」を選択• 左側にフィルター設定ボタンが表示される• 見せて良いサイト・見せたくないサイトのどちらかを選択• 「新規登録」を選択• 指定したいサイトのURLを入力する• 「設定保存」を選択して完了 アプリフィルタリング設定を行う 続いては、 アプリフィルタリング設定の方法です。 Androidのスマホ・タブレットの場合• 管理画面のトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「アプリフィルタリング設定」を選択• 左側にフィルター設定ボタンが表示される• 小学生・中学生・高校生・高校生プラス・フィルターOFFの5つから選択• 右側に項目ごとにチェックマークが付くのを確認• フィルタリングを行いたい項目のチェックマークを確認したら「設定保存」を選択して完了 iPhone・iPadの場合• 管理画面のトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「アプリフィルタリング設定」を選択• アプリフィルター強度設定の一覧が表示される• すべてのアプリを禁止・8歳以下向け・11歳以下向け・16歳以下向け・フィルターOFFの5つから選択• 「設定保存」を選択して完了 時間帯制限設定を行う あんしんフィルターでは、有害なサイトのブロックだけではなく、 時間帯による制限をかけることも可能です。 管理画面のトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「時間帯制限設定」を選択• 曜日ごとにスマホの利用時間帯設定を行う• 「設定保存」を選択して完了 ソフトバンクのあんしんフィルターを使う上での注意点 子供を有害なサイトやアプリから守ることができるあんしんフィルターですが、いくつか注意点も存在します。 申し込む前に必ず目を通しておきましょう。 あんしんフィルターが利用できる対象機種の確認 全てのスマホが対象というわけではありません。 子供に持たせている・持たせる予定のスマホが対象になっているかを確認しましょう。 機種の種類 バージョンやiOS スマホ Android 4. 0以降• iPhone、iPadは持ち込みでも利用可能• スマートフォン・タブレット・ケータイは「ワイモバイルのあんしんフィルター対応機種」なら利用可能• その他の他社製品のスマホは利用不可 子供にパスワードを知られないようにする フィルタリング設定が行える管理者ページは、メールアドレスとパスワードでログインすることができます。 子供にパスワードを知られると勝手にログインされ、フィルタリングの設定を変更される恐れもあるので、パスワードの管理はきちんと行いましょう。 心配な場合は、パスワードを定期的に変更することをおすすめします。 あんしんフィルターと同時に「ウェブ利用制限(弱)プラス」が自動加入される あんしんフィルターをソフトバンクに申し込むと、「ウェブ利用制限(弱)プラス」というサービスに自動加入されます。 ウェブ利用制限(弱)プラスは、ソフトバンクがあらかじめ子供にとって危険と感じたサイトを制限するサービスです。 ネットスター株式会社のURLリスト分類基準にて「子どもの利用への配慮レベル1~3」に分類されたコミュニケーションサイト• モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)に認定されているサイト• Twitter・Facebook・LINEなど国際的に認知されているコミュニケーションサイト あんしんフィルターのウェブフィルタリング設定の内容を変更しても、閲覧したいサイトが見られない場合、ウェブ利用制限(弱)プラスで制限されている可能性があります。 ウェブ利用制限(弱)プラスを解除するためには、店舗にて解除手続きを行わなければなりません。 あんしんフィルターの解除は店舗でのみ受付している あんしんフィルターを申し込む場合は、My SoftBank・電話・店舗の3つから選ぶことができました。 しかし、 あんしんフィルターのサービスを解除したい場合は、店舗でしか受け付けることができません。 あんしんフィルターは4つのモードで簡単に設定できる 今回は、ソフトバンクが提供するあんしんフィルターについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。 もう1度ポイントをまとめます。 フィルタリング設定は管理者ページで行う• AndroidスマホかiPhoneかで設定方法が異なる• 小・中・高校生・高校生プラスの4つのフィルタリングモードが選べる• ウェブフィルタリング・アプリフィルタリング・時間帯制限の3つが設定できる• 見せて良いサイト・見せたくないサイトを個別に設定もできる 小・中・高校生・高校生プラス4つのモードがシステムの中に設計されているので、 フィルタリング設定自体難しく感じることはないでしょう。 見せて良いサイト・見せたくないサイトを個別に設定できるのも嬉しい特徴です。 あんしんフィルターを使うことができる対応機種が決まっているので、サービスの利用開始には、申し込みが必要などの注意点があります。 また、 解除の手続きは店舗でしかできないということも覚えておきましょう。

次の

先日、親にソフトバンクの「あんしんフィルター」をダウンロ...

あんしんフィルター

アプリの場合(ドコモケータイ(spモード)・Android TM)は、例示したカテゴリ以外でも、コミュニケーション機能の有無などその他の要素でも利用許可/制限を判定しています。 カテゴリやその他要素の考え方およびそれに基づく各サイト・アプリの評価やルール別の制限対象の選定はネットスター株式会社の評価情報に基づいています。 保護者ページでの「あんしんフィルター」設定カスタマイズ ドコモケータイ(spモード)対応 iPhone・iPad対応 ドコモ スマートフォン対応 保護者アカウント登録をすると、「あんしんフィルター」アプリ(Androd・iOS)や保護者ページ(スマートフォン・パソコン)から、お子さまがご利用されている「あんしんフィルター」の設定をカスタマイズすることができます。 またあんしんフィルター for docomoアプリを保護者モードで初期設定すると、保護者ページへ直接アクセスすることができます。 詳細はにてご確認ください。 保護者モードはAndroidスマートフォン、iPhone・iPadでご利用になれます。 アプリの利用を制限 アプリ利用制限とは? ドコモケータイ(spモード)対応 ドコモ スマートフォン対応 インストール済みアプリの利用を制限できます。 制限されたアプリを利用する度に、パスワードの入力が必要となります。 どのアプリを制限するかは保護者が考えないといけないの? ドコモケータイ(spモード)対応 ドコモ スマートフォン対応 保護者アカウント登録必要 あらかじめ設定した制限レベル(小学生/中学生/高校生/高校生プラス)にもとづき、お子さまの学齢に適さないアプリを自動で判定し、制限します。 制限レベルはをご確認ください。 利用制限されたアプリを利用できるようにしたい場合、どうすればいいの? ドコモケータイ(spモード)対応 ドコモ スマートフォン対応 保護者アカウント登録必要 保護者ページからアプリのカスタマイズ設定をご利用ください。 アプリごとに利用許可/制限の設定ができます。 設定方法はをご確認ください。 制限は曜日ごとに30分単位単位で設定できます。 保護者ページで設定した利用制限時間になると・・・.

次の

サービス詳細

あんしんフィルター

もちろん使用制限だ! 善悪の判断も金銭感覚もないのだから制限して当然デス ! 大人ですら引っかかるんですからね。 ちょっと前に職場の上司が佐川急便偽メールにひっかりそうになってました。 子どもに携帯を買い与える際には各キャリア、こども用のフィルター加入義務づけらしいです。 我が家はauなので、auあんしんフィルターに必須加入です。 もちろん無料です。 auあんしんフィルターだけでは我が家的には物足りなかったので、後日Googleファミリーリンク追加しました。 使用制限を二つかけるとまぁメンドクサイ。 でも、13歳までの数か月は 親子で楽しいスマホライフを送るために刷り込み含め頑張ろうと思います。 13歳以降はどんな管理体制になるのかはなってみないとわかりませんが。 抜け穴発見してしまった。 今後は細かなチェッ クを覚悟!!! auあんしんフィルターで物足りないこと *アプリを利用時間内、年齢制限を満たしていれば、制限なくダウンロードできてしまう。 あれもこれもとそんな入れんだろう?なんて考えは甘いですからね。 「とりあえず入れとこう~ 」で入れたアプリをWi-Fi無いところで使って、データダウンロードとかした日にゃあ…。 *利用時間数を設定できない 時間帯は設定できるんです。 でも、8:00~20:00までの間使用できたとしても、12時間使用し続けてもらっても困るわけで…。 一日の上限はあっても悪くはない思うのです。 「罰則」に利用できたりもするので便利ってのもあります。 *ギガ使用にく上限がなく、使った分だけ請求が上乗せ(auピタットプラン加入のため) 大手キャリアの料金が高いといわれる所以ですよね。 あんしんフィルターには関係ないのですけど、ここ切実な問題。 使ったら使った分だけ料金が上乗せされてゆく… 子どもには定額プランがいいですよ、やっぱ。 口うるさく言い続けなければいけませんのでね。 子どものスマホはauではなく格安へどうぞ~って言ってるようなものですよ、とau批判してしまいそうです。 期間限定の学割ではなく学生プランを切望します。 でないと2年後は子どもだけau離脱かも…。 うちは上乗せされた分の料金はお小遣いから天引きという制度にする予定なので、良しとしますけど。 Googleファミリーリンクを導入した理由(併用の利点) * アプリのダウンロード制限 いくら年齢制限に見合うものばかりとはいえ、制限なくアプリ入れられてもね…。 使われたくないアプリがあれば、ダウンロードされたものを規制すればいいだけの話。 それはauあんしんフィルターでも可能です。 でもね、 もし最初の中間テストで成績ひどかったら…利用時間短縮してやる! ともちろんと脅しております。 *位置情報が正確なうえにアプリを開くと表示される。 道案内までしてくれる auあんしんフィルターでもGPSによる位置確認ができます。 でも、管理者ページに行って、2クリックして検索実行して、さらにしばらく待って位置情報が拾われ、さらに30秒待ったら真の位置情報が得られます。 Googleファミリーリンクなら、アプリを立ち上げて、見たい端末をクリックすれば、Googleマップが表示されており位置情報が表示されてます。 しかもナビまで出来てしまう。 一度、友達と遊びに行った 娘の居場所を検索し、ナビしてみたら、最短で案内してくれました。 公園内のどこかっていうのも結構正確に。 これは 非常時には使えますよ。 今後使うことが無いように祈りますけどね。 19時やのにどこ行っとるねん!! って時には使うかも。 で、さらに怒られる、っと。 Googleファミリーリンク併用の欠点 *どっちで制限してるかわからなくなる アプリで複数端末を管理できるGoogleファミリーリンクを主に利用するようにしてますが、いろんなパターンがあったり、で。 フィルタリングに引っかかるものは両方の許可が必要となるものがあります。 どっちで規制かかっとるねん、とはなりますけど、しっかりフィルタリングできてるんだと思うことにしてます。 *必要な機能まで制限してしまってめんどくさいことにもなる au WALLETとかau Marketとかいらんし。 My auも子供にはいらんやろ~。 なんていう自己判断は恐ろしいですよ。 My auがないことにより、auの機能を正常に遂行することができなくなり、auあんしんフィルターでの位置情報を拾えず、でした。 非常事態になった時に使い物にならないなんてあってはならないですからね。 子どものスマホのGPSなんて確認したことないわ~、する必要ある? って職場の方に言われましたけど、使い物になるかどうかの確認はしておいても損にはならないかと思います。 フィルタリングの抜け穴 *LINE 時間外利用 LINEはアプリなので、アプリ利用時間外では使用できません。 基本的には。 LINEだけではないのですが、アプリから「通知」ってきますでしょう? この通知を表示させると、送られたメッセージの一部が見れ、返信が可能になります。 利用時間外に自分の部屋にこもり、友達とLINEしていた…と。 メッセージは一部しか見れないし、スタンプは見れないけど、短文ではやりとり可。 ようやるわ…。 解決方法はLINEの設定から、メッセージ通知の内容表示をOFFにすることで解決。 *GoogleのDiscover(見出しのみ) 時間外利用 Googleに表示されるニュースの見出しが24時間365日見れるってところが問題。 もちろん見出しだけ。 その記事の内容を詳しく見に行くとか、検索するとかは出来ないけれど、更新すれば新しいニュースの見出しが表示される。 見出ししか見れないけれど… 見出ししか見れないから、長時間見ることはないやろうけど… 今入ってるアプリをアンインストールするから新しいの1つ入れてよ~ と言われて苦肉の策をよく考えたものだと感心して承諾しました。 おかげさまで発見できました。 一度許可すると、アンインストールしたあとでも、申請を出さなくても、再度インストールしなおすことができる、ということを。 「このアプリなら使ってもいいか」と思って一度は許可したけど、「こんな内容なんかあかんわ!」と考えを改め、アンインストールした。 これだけではそのアプリから遠ざけたことにはならんということにご注意を。 正解は インストールした状態でアプリの規制をしないといけない、のです。 アプリがスマホに残ったままで容量を食ってしまうのですが、それ以外の対処が今は思いつかない。 許可する場合は親もよく考えて許可しなくてはならない ということを認識させられました。 子どもの使用1か月目のデータ通信量と利用状況 頑張ってくれたと思います。 そこはべた褒めです(笑) 小学校最後の月なんて学校に半分しか行ってません。 休みの日はほどんど友達と遊びに行ってましたが、気を付けて使ってくれましたね。 LINE以外のアプリを使うときはできるだけ家で、というのを守ってくれたんでしょう。 利用したものはもちろんダントツLINEが1位です。 あとはインターネットで調べものってのが多いですね。 時間外使用のGoogleニュース大きく含め…。 理科や社会の問題集でわからないところは教科書ではなくスマホで調べて書く、とか。 問題集で解く意味あるんか?とツッコむところですが、「わからないことは調べる」って考え自体は大事な事なので「今は」良しとしましょう…。 今月から中学生。 どうなるやら…。 あとがき auあんしんフィルターはauユーザーであるならば必ず入れないといけません。 子どものために。 子どもはそう思わないんでしょうけど。 我が家的にauあんしんフィルターでは足りない部分があるのでGoogleファミリーリンクを導入しました。 併用は面倒な部分もありますけど、両方優秀なフィルタリングなのでどちらかは入れるべきです。 子どものために。 それでも犯罪に巻き込まれるときは巻き込まれるんでしょうけどね。 抜け穴はどこかには必ずあって、子どもはなぜか見つけてしまう。 そこは怒らずよく見つけたと褒めたくないけど褒めましょうか。 フィルタリングしてるからと安心せず、放置することなく、適度に管理するのがBEST。 管理しすぎると逆効果になるでしょうから。 難しいお年頃でしょうし…。 物わかりの良い娘なので、ちゃんと抜け穴教えてくれました。 この馬鹿正直さ、ちょっと将来を心配してしまいます。 でも私に気付かれずに抜け穴で楽しんでたしたたかさ…。 一応そこは褒めましょう。 その探求心を勉強方面に向けてもらいたいものですね(笑) ま、楽しいスマホライフを送るために、スマホバトルはこれからも!.

次の