アフィカス。 【アフィカス】15万円を1億円にするまでのブログ

アフィカスやってたらペンギンに10万円持って行かれました

アフィカス

成分を確認してみると、99. 9%は純水でした。 ただの水ということではなくて、独自製法で電気分解して作られた 「ph12のアルカリイオンの純水」だということです。 アルカリ性でも酸性でもない中性はph7で、ph9以降がアルカリ性の部類に入ってきますから、 ph12はかなり強めのアルカリ性であると言えます。 pH12のアルカリイオンの純水!!!??? まじで頭が痛くなります。 中学生程度の理科の知識があれば、pH12がかなり強いアルカリ性であることは分かるはずです。 というか、この人自分でそう書いてるし。 なのに、 強いアルカリ性の液体を食べ物にかけることの危険性には気づかなったのかな?? だって、 pH12って手や唇が溶けるレベルのアルカリ性だよ? というか、 pH12の時点で純水ではないと思いますがw いや、 pH12の液体をかけた食べ物を出す保育園とか最悪だよ・・・ 一応断っておくと、 「pH12」はあくまで個人ブログの記載なので、たぶん間違いです。 というか、間違いじゃないとやばいです。 本当はただの「アルカリイオン水」だと思われますが、 ただの「アルカリイオン水」で放射性物質を除去できるわけがないので、怪しい商品であることに変わりはないですね。 ミニトマトから黄色い液体が出る理由 現在削除済みですが、冒頭で述べた「なかのの夫」という人が、 ミニトマトにベジシャワーをかけると黄色い液体が出る動画を投稿しました。 曰く、これが 農薬ですと。 しかし、答えはおそらくこういうことかと思われます。 これはアミノカルボニル反応 メイラード反応 による変色の可能性が高いですね。 トマトにはフラボノイドが含まれているのでアルカリと反応して黄色く変色します。 なぜ、こんな怪しい商品をPRする人がたくさんいるのか? 簡単に言うと、「お金」になるからです。 よく、ブログに広告が貼っていますよね? 誰かが広告から商品を購入すると、お金を貰えるのです(これを 「アフィリエイト」といいます)。 確認したところ、ベジシャワーは初回注文で 4,420円もの報酬を貰えるようです!初回購入500円の商品で4,420円は超お得案件! ということで、たくさんの人がPRしているわけです。 ひどいもんですよ。 正直言うとね、ぼくもブログに広告は貼っています。 アフィリエイトしていますよ。 でもね、 少し調べただけで明らかに怪しいと分かる商品を担ぎ上げてまでお金を稼ごうと思わないですよ。 多くのブロガーは、そういう健全な人なんですよ。 えっとうちは料理ブログなので100万回くらい掲載依頼がきて全部断ってるんですけど、ベジシャワーとかベジセーフとか農薬落とします系の商品は買わないほうがいいです — 嵜山拓史 さきやまひろし sakihirocl でも、中には「なかのの夫」みたいな、 「自分が稼げれば、画面の向こうの人が不幸になってもどうでもいい」という悪い人もいるんですね。 本件、僕としては、実際に使っていて、良いと感じているものを紹介したいという思いで投稿をしました。 決してフォロワーの皆さんや、投稿をご覧になる方々を騙そう等と思っているわけではありません。 その点だけははっきり申し上げておきたいと思います。 ふつうのブロガーなら、商品を紹介するとき、デメリットなども調べるはずです。 ベジシャワーなんて、少し調べれば「怪しい話」はいくらでも出てきたはず。 でも、この人はそういう情報を伏せた(あるいは、調べすらしなかった)。 それどころか、「ミニトマトは農薬を49回使用している」とまで煽った。 なぜか。 お金に目がくらんだからでしょうが!!! 人ですから、間違いはあるかもしれません。 でも、間違ったときは誠意を持って謝罪しましょうよ。 自分の非を認めましょうよ。 なのにコイツは、あろうことか不都合なツイートはすべてブロックする始末。 みなさん、 コイツのような怪しいブロガーはたくさんいますし、怪しい商品もたくさんあるので、気をつけましょうね! え、お前も十分怪しいって?同じブロガーだろって?アフィカス氏ねよ? そうかもしれません。 それでは、また。

次の

アフィカスやってたらペンギンに10万円持って行かれました

アフィカス

お久しぶりです。 アフィカスまとめ速報管理人です。 昨日~今日未明にTwitterアカウントが凍結されました。 現在はを利用しています。 もし差支えがあればそちらをフォローしてください。 恐らく原因はここ数年間自身に関する情報(過去の犯罪や流出した卒業アルバムの写真など)をしらみつぶしに探し回り削除申請をしている「とある男」によるものだと思われます。 (最近、昨年あたりに「とある男」の顔写真だけを載せたツイートや、あだ名で呼んだツイートを探し出され運営から削除されました。 他に思い当たる節もないので間違いはないでしょう) ちなみにその「とある男」はTwitter上で自分の名前を出したユーザーを訴えようとした事があるので私もうかつに名前を出せませんが、分かる人には分かると思います。 このような形でサイトを更新したのは大変不本意ですが、ちびちびと記事は書き続けております。 現在取り掛かっている記事についてですが、 「2ちゃんねるが5ちゃんねると名称を変更し、運営会社が変わった事」 「一部のまとめサイトが訴えられ、特に悪質なブログの運営者は逮捕された事」 「まとめサイト作成を助長するツールを販売する企業がまだいた事」の3つです。 前回の記事からだいぶ時間があいてしまいましたが、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。 [20回].

次の

怪しい情報商材を紹介しているブロガーはアフィカスだから気をつけろ!|30代派遣社員の逆襲

アフィカス

アフィカスとは「 『アフィリエイト』と『カス』からなる造語。 アフィリエイトによる広告収入で利益を得ている人に対する蔑称」という意味です。 アフィリエイトとは、インターネットの成功報酬型広告です。 自分のウェブサイトに広告のリンクを掲載し、そのリンクをクリックして商品を購入したりサービスを利用してくれた人がいると報酬が出るという仕組みです。 そのようにして収入を得ている人たちのことを、通常はアフィリエイターと呼びます。 報酬を出すためには、そのページを見てくれる人が多くいなければなりません。 さらに、掲載した広告に興味を惹かれて購入したい、利用したいと思ってくれる人を増やす必要があります。 そのためアフィリエイトで報酬を増やしたければ、広告に関連する内容をサイトに書いて興味を引き付けるという方向性になるのが一般的です。 しかし、アフィカスと呼ばれる悪質なアフィリエイターは、2ちゃんねるなどのインターネットの掲示板に書かれた内容を無断転載してまとめサイトを作り、そこにアフィリエイト広告を載せて利益を得ようとします。 自ら書いた記事ではなく、他人が掲示板などに書いた内容で広告収入を得ようとする姿勢は卑怯者ととらえられがちです。 さらに、実際に書いた本人である転載元に迷惑がかかることも多いので、こういったまとめサイトを作る「アフィカス」は蔑称で呼ばれ非難されることになるのです。

次の