メカ クシティ アクターズ アニメ。 アニメにクロハがいっぱい出る!? 原作よりたくさん!? メカクシティアクターズ

アニメにクロハがいっぱい出る!? 原作よりたくさん!? メカクシティアクターズ

メカ クシティ アクターズ アニメ

こんにちは 此花 このはな です。 カゲロウプロジェクト を知らない方はこちら の情報なんですが、気になる情報なので公開します。 パッシュという雑誌のメカクシ特集みたいですね。 でも、クロハが出るということは、ループをするかもしれないという可能性があるんですが。 うーん、私は、見てみたいけど、ただ、バットエンドなりそうで怖い。 ただ、シンタローがどう動くかで決まってくるよね のメカクシ特集で、監督さんが気になることを言ってるんですよ! 謎のままで終わりたいですねって、インタビューで書いてあって。 今後の展開は、大きな謎を含んだまま、終わりそうな可能性大ってことですよね!それ まぁ、それもありかってなんて思っちゃうんですけどね。 だって、アニメは、大きな謎の解決の手がかりですもん 違った表現が見られれば、大きな手がかりでもありますし じんさん自身が、新ストーリーだって言っている時点で、変わるのが分かっている部分が大きいです 批判している人もいますが、はまっている人の違いは、最初の出会ったきっかけが 悪いイメージで、聴いたか、いいイメージで聴いたかの違いです。 私は、最初のヒット曲「カゲロウデイズ」から入ったので、まったく批判情報がなかった状態でした。 それから、ずっと追ってきたものですから、そうやって批判している人の気持ちが分かりません。 批判も意見だと思うので、別にいいんですが、最近のファンのマナーがひどいなぁと本当にそう思います 正直、カゲプロの動画が荒れてて、私自身 最近は、コメント非表示にしてます 本当に勘弁してほしいですけど、どうにかならないですかねぇ その人たちのせいで、イメージダウンにつながっている気がして、何ともいえない気持ちなんです。 こんな話して、読者の皆様 すみません。 どうしても気になっちゃって、言いたくなっちゃったんです さて、クロハがどう関わってくるか?が、アニメの重要ポイントですが、本当にどうなるんでしょうね。 原作よりですが、少し展開が違うっていう感じですけども、原作どおりにはいかないのは分かってます!! 個人的には「夕景イエスタディ」をやってほしい。 というか見たいんですが。 無理そうな予感…… 第3話「メカクシコード」第4話「カゲロウデイズ」ですもん!! 絶対飛ばすじゃないですか! いえなんでもありません ここまで読んでくれてありがとうございました 小説の記事 アニメの記事はこちら 」 このブログの情報をツイートしています ランキングを見る方はこちらにどうぞ こちらでCMのまとめの記事はこちら 公式サイトに関する記事 関連記事 konohana19.

次の

アニメにクロハがいっぱい出る!? 原作よりたくさん!? メカクシティアクターズ

メカ クシティ アクターズ アニメ

脚本初挑戦の原作さんが誰の力も借りずに全話書き切ります。 そのため、恥ずかしいギャグに時間を使い過ぎで素敵な設定を活かせいてません。 作者・じん(自然の敵P)さんはカゲプロを組曲として売りだし、それをもとに良く言えば楽曲の世界を広げた、悪く言えば楽曲未聴者には理解に困るような小説を発表しています。 彼はひとつの場所で物語すべての説明をするのが苦手なのか、CDの特典や楽曲で語っただけの設定について、読み手が理解していることを前提に話を進めていることが多々あります。 それでも今までは好んで追いかけてくれるファンだけがお金をかけて見ているのだからよかったのでしょう。 しかし、もちろんアニメはカゲプロを知らない多くの人の目にも留まります。 漫画版もなかなか初見にはキツいお話ですが、見るのはファンがほとんどなのでここまで酷くはなかったはず。 まとめると… 初見に厳しい上に、ギャグや関係ない話に尺を使いすぎ。 とどめにそのギャグが寒すぎる。 >制作会社のシャフトを批判するコメントを見かけるのですが 絵がカクカクしている、汚い、作画崩壊とのこと。 確か、当時シャフトは三作品の製作を任されていたはず。 きっと、脚本の完成度からこちらの作画は捨てて、他二作に全力を注ぐべきだと判断したのでしょう。 製作の時期が悪かったとしか言いようがありません。 アニメは、作者の不得意な点の目立って見える作品だと言えるでしょう。 こちらから入るのはおすすめできません。

次の

メカクシティアクターズ

メカ クシティ アクターズ アニメ

脚本初挑戦の原作さんが誰の力も借りずに全話書き切ります。 そのため、恥ずかしいギャグに時間を使い過ぎで素敵な設定を活かせいてません。 作者・じん(自然の敵P)さんはカゲプロを組曲として売りだし、それをもとに良く言えば楽曲の世界を広げた、悪く言えば楽曲未聴者には理解に困るような小説を発表しています。 彼はひとつの場所で物語すべての説明をするのが苦手なのか、CDの特典や楽曲で語っただけの設定について、読み手が理解していることを前提に話を進めていることが多々あります。 それでも今までは好んで追いかけてくれるファンだけがお金をかけて見ているのだからよかったのでしょう。 しかし、もちろんアニメはカゲプロを知らない多くの人の目にも留まります。 漫画版もなかなか初見にはキツいお話ですが、見るのはファンがほとんどなのでここまで酷くはなかったはず。 まとめると… 初見に厳しい上に、ギャグや関係ない話に尺を使いすぎ。 とどめにそのギャグが寒すぎる。 >制作会社のシャフトを批判するコメントを見かけるのですが 絵がカクカクしている、汚い、作画崩壊とのこと。 確か、当時シャフトは三作品の製作を任されていたはず。 きっと、脚本の完成度からこちらの作画は捨てて、他二作に全力を注ぐべきだと判断したのでしょう。 製作の時期が悪かったとしか言いようがありません。 アニメは、作者の不得意な点の目立って見える作品だと言えるでしょう。 こちらから入るのはおすすめできません。

次の