わかめ 酢の物 レシピ。 「たこときゅうりの酢の物 レシピ」胡瓜、わかめ、タコの酢の物

キノコの酢の物(副菜)のレシピ・作り方

わかめ 酢の物 レシピ

おかわかめは栄養価の高い野菜の一種 おかわかめは葉に厚みがあり、刻むとぬめりが出てきます。 生のままでは青臭さがあり、抵抗があるという人もいるかもしれませんが、茹でたりすると食感も見た目もわかめにそっくりなのです。 家庭のプランターや緑のカーテンとして育てているという人もいるようですね。 おかわかめは 栄養価がとても高く、人間の体に必要な必須アミノ酸を含んでいます。 血管の生成に役立ち、糖尿病や骨粗しょう症を防いでくれるマグネシウム、細胞分裂や新陳代謝を活性化させてくれる亜鉛、骨や歯の形成をしてくれるカルシウム、免疫力のUPやアンチエイジングにも効果のあるミネラル、目や肌を乾燥から守ってくれるビタミンA…。 おかわかめにはこれだけの栄養素がしっかりと含まれているのでぜひ食べたい食材ですよね。 おかわかめはアレンジの効くレシピ おかわかめの厚みのある葉はとても弾力があり、 茹でると青臭さもなくなり、アレンジしやすい食材です。 シンプルにおひたしで食べてもいいですし、味噌汁の具材やうどん、そばのトッピングとしても合うのではないでしょうか。 また、おかわかめは葉の部分だけではなく、球根やムカゴ、茎も全ての部分を無駄なく食べることができます。 山芋のような食感のする球根やムカゴはすりおろして食べてもいいですし、刻んでサラダにしてもいいでしょう。 てんぷらや煮物にしてもおいしいですね。 おかわかめはアレンジしやすい食材なので食べる部分によって色々と食べ方をアレンジしてみると意外な食べ方や組み合わせが発見できるでしょう。 おかわかめのレシピ『卵とじ』 誰でも簡単に作れるおかわかめの卵とじはいかがでしょう。 材料はおかわかめと卵があればできますが、お好みでしめじやエリンギといったキノコ類やソーセージを入れてもいいかもしれません。 味付けもいたってシンプルに塩コショウやコンソメ、中華の素、めんつゆなどお好みのものを使ってみるといいでしょう。 その日の気分やほかのおかずとのバランスで味付けを変えても楽しめますね。 おかわかめの卵とじは作り方もとても簡単です。 おかわかめは半分ぐらいにカットして10秒ほど炒めれば大丈夫なのですぐに卵を流し入れて混ぜ、卵が固まってくれば完成となります。 本来は生でも食べることができるおかわかめですから、本当にさっと炒めれば良いですね。 時間のないときでもすぐに作れますね。 おかわかめのレシピ『ポン酢和え』 おかわかめは茹でることで見た目も味もわかめにそっくりになります。 そのためアレンジレシピとしておかわかめのポン酢和えはいかがでしょうか。 時間もかけずに簡単に作ることができますし、さっぱりとしていて食べやすいですね。 おかわかめをさっと熱湯にくぐらせて水にさらし、軽く水気を絞ってポン酢をかければ出来上がりです。 熱湯にくぐらせる時間は本当にさっとで大丈夫ですよ。 さらにポン酢だけではなく、ゆずやしょうがを加えて味にアクセントをつけてもいいですね。 おかわかめにちりめんじゃこやきゅうりを一緒に混ぜてもおいしくなりますよ。 夏の食欲のないときなどには 栄養価も高いうえにさっぱりと食べることができていいかもしれませんね。 おかわかめのレシピ『納豆のネバネバ和え』 おかわかめは刻むとネバネバ感が増しますので、それを利用して納豆と合えてみてもいいですね。 ダブルのネバネバでとても体にも良い組み合わせとなります。 さっと熱湯にくぐらせたおかわかめに納豆を混ぜてめんつゆで味を調えるだけですからとても簡単です。 もっとネバネバ感が欲しいという人はおかわかめを刻むといいでしょう。 熱湯にくぐらせたおかわかめを刻んでから納豆と合えて粘り気をマシマシにしてご飯に乗せて食べてもおいしいですよ。 そこへしらすをプラスしたり、トマトをプラスしても意外と合いますよ。 オクラでさらにネバネバさせてみたり、 生卵を入れてもご飯が進みそうですね。

次の

わかめレシピ22選!人気1位は?【つくれぽ1000超】大量消費にもおすすめ

わかめ 酢の物 レシピ

ei cooking(エイクッキング)は料理を作ること、食べること、食を楽しむことを通してハッピーを広げるメディア。 初心者も料理好きも、女性も男性も楽しめる、プロの料理家による簡単&手軽で失敗のないレシピをお届けします。 今回は、「オクラとわかめの酢のもの」をご紹介。 酸っぱい味を箸休めに。 オクラは切り方にひと工夫加えます。 オクラとわかめの酢の物の材料(2人分) ・オクラ……50g ・わかめ(塩蔵を塩抜きし、水気をふいたもの)……30g ・スプラウト……10g (A) ・しょうゆ……小さじ2 ・酢……大さじ1 作り方 【1】 鍋に湯を沸かしてオクラを30秒ほどゆで、ざるに上げて水気をきる。 へたの部分を切り落とし、縦半分に切る。 わかめは食べやすい大きさに切る。 【2】 ボウルにAを入れて混ぜ、【1】とスプラウトを加えてあえる。 レシピ考案:料理家・村山由紀子 むらやまゆきこ。 武蔵野美術大学卒業。 2003年、友人とともに、東京・吉祥寺にてパンの移動販売『吉ぱん』をはじめる。 2006年に大学時代の友人3人で、カフェ『Yucca. 』をオープン。 2012年に閉店してからは、料理家として活躍。 素材の持つおいしさを引き出し、ベーシックながらも、調味料やスパイス、ハーブでアクセントをつけた料理にはファンが多い。 プライベートではお酒が好きなご主人のために、ささっとおつまみを作る日々。 著書に『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書 房新社)、『ベジヌードル』(主婦と生活社)などがある。

次の

オクラとわかめの酢のもの レシピ・作り方

わかめ 酢の物 レシピ

ei cooking(エイクッキング)は料理を作ること、食べること、食を楽しむことを通してハッピーを広げるメディア。 初心者も料理好きも、女性も男性も楽しめる、プロの料理家による簡単&手軽で失敗のないレシピをお届けします。 今回は、「オクラとわかめの酢のもの」をご紹介。 酸っぱい味を箸休めに。 オクラは切り方にひと工夫加えます。 オクラとわかめの酢の物の材料(2人分) ・オクラ……50g ・わかめ(塩蔵を塩抜きし、水気をふいたもの)……30g ・スプラウト……10g (A) ・しょうゆ……小さじ2 ・酢……大さじ1 作り方 【1】 鍋に湯を沸かしてオクラを30秒ほどゆで、ざるに上げて水気をきる。 へたの部分を切り落とし、縦半分に切る。 わかめは食べやすい大きさに切る。 【2】 ボウルにAを入れて混ぜ、【1】とスプラウトを加えてあえる。 レシピ考案:料理家・村山由紀子 むらやまゆきこ。 武蔵野美術大学卒業。 2003年、友人とともに、東京・吉祥寺にてパンの移動販売『吉ぱん』をはじめる。 2006年に大学時代の友人3人で、カフェ『Yucca. 』をオープン。 2012年に閉店してからは、料理家として活躍。 素材の持つおいしさを引き出し、ベーシックながらも、調味料やスパイス、ハーブでアクセントをつけた料理にはファンが多い。 プライベートではお酒が好きなご主人のために、ささっとおつまみを作る日々。 著書に『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書 房新社)、『ベジヌードル』(主婦と生活社)などがある。

次の