デュエマ 水 ジョーカー ズ。 デュエプレ(デュエマプレイス)攻略

デュエマ妄想構築録 vol.1

デュエマ 水 ジョーカー ズ

ジョージ [ ] 漫画・アニメ「」シリーズに登場するで、濃い顔立ちで動物の着ぐるみを模したベビー服を身につけている赤ちゃん。 自称「さすらいのダンディ赤ちゃんジョージ」。 その顔立ちと名前から外国人のように見えるが、本名は「 釜本譲司 かまもとジョージ 」であり、れっきとした日本人。 漫画でもアニメでも基本的に「ジョージ」としか呼ばれないが、アニメでは「ジョージ釜本」と呼ばれる事もある。 CV:若本規夫。 初登場時の年齢は1歳(と10ヵ月)でおしゃぶりとナプキンは欠かさず身に付けるが、流暢に言葉を話し、の腕も当時のよりはるかに上であった。 の一番弟子であり、過酷な特訓から逃げだしたことがきっかけでたちと出会い、仲間となる。 「デュエリストキラー」とも呼ばれたと初対面時には語ったが、これは後にガルドのデュエリストを示す単語になったため、無かった事になっている。 アニメでは度々漏らしているが、オムツは自分で履き替えている。 オムツは首から下が一体となっている様で、との「O・M・Tデスマッチ」に敗北して強奪された際には首から下が裸になっていた。 に数日幽閉された時には、乳児であるにも関わらず顔の髭が伸び、髭面になっていた。 外伝ではからの修行として託児所の赤ちゃんにデュエルを教えに行かされた際には「ふざけんな」「赤ちゃんがデュエルなんかできるわけねーだろ」「ベイビーは苦手」と語り、赤ちゃんがデュエルをやっている事に驚愕したりもしていた事から、只者ではない背景が感じられていたが「FE」の終盤でデュエルマスターであることが判明した。 初期の使用は、漫画・アニメ・ゲーム共にを中心とした。 アニメではのも多数使用。 からはをとした・のとなっている。 が初期と以降でをメインにしており、レギュラーキャラの中で使用が被ることからとられた措置だろう。 初期はをメインに使うレギュラーがいなかったのだが、当時のは他と比べて冷遇傾向にあったというのも影響しているのだろう。 松本しげのぶ大先生は彼の生い立ちを綴った外伝の構想として「敵の基地で誕生するが、産声を上げたら母親とともに殺されてしまうため、泣かずに生を受けた」と過酷なものを考えていた。 だが、編集部に「出産シーンは駄目」と没を食らい、外伝は彼が捨て子の頃から始まることになった。 彼が着ているベビー服の動物のモチーフはシーズンと共に推移している。 初登場〜バトルアリーナ参加前;クマ、バトルアリーナ直前の休日;キツネ、バトルアリーナ開催時;コアラ、不亞城への旅中:キリン、・襲撃時:ウサギといった具合。 戦績 [ ] アニメ「デュエル・マスターズSX」 [ ]• 通算戦績:1戦1勝0敗 話数 対戦相手 勝敗 1話 ザキラの手下 勝利 関連カード [ ]• 使用デッキ() [ ] 現在のところ全てのデッキに共通して文明のカードが入っている。 いずれも軽〜中量級のクリーチャーが中心のというアルバーノに近いデッキスタイル。 師匠の切札 [ ]• リリース後のシティバトル「デュエリストキラー!」で使用。 内容はとを中心にしたの。 バトルアリーナ前に彼ととデュエルした際に使用したカードが一部含まれている。 を自力で始末する手段がのとへの進化しかないため、放置したまま長期戦を仕掛けるとで自滅する光景が見られた。 また、クリーチャーがいないのにを出して自爆する事もある。

次の

ジョージ

デュエマ 水 ジョーカー ズ

覚醒ジョギラゴンvs. 零龍卍誕』に収録した各種マナドライブ持ちGRクリーチャーの登場により誕生したデッキタイプです。 そうしてGRゾーンのクリーチャーを全てバトルゾーンに出し、• 《ヨミジ 丁-二式》• 《斬罪 シ蔑ザンド》等の自壊系オーラ• 《黒神龍ザルバ》等の各種ループ用クリーチャー を利用してループします。 (詳細ループ方法は別記事に記載) RP-12 で登場した各種自壊能力持ちGRクリーチャーの性能により安定感や柔軟性が非常に増しています。 キルターンも最速4ターンであり、ループデッキとしての完成度は非常に高いです。 《解罪 ジェ霊ニー》等のハンデスや、 《奇天烈 シャッフ》等の呪文メタ、《テック団の波壊Go!》等の受けトリガーを無理なく積める点も優秀です。 《BAKUOOON・ミッツァイル》は最早動きの中心でなく、サポート的な役割で搭載されています。 非常に高いデッキパワーを持つこのデッキは猛威を振るっており、文句なしのTier1として活躍しています。 対抗馬の【シータバーンメア】がメタクリーチャー 《洗脳センノー》を搭載するなどして不動のトップとはならなくなりましたが、依然として非常に強力かつ弱点の薄いデッキです。 《バーンメア・ザ・シルバー》の登場により《ミッツァイル》に代わる新たな強力な攻め手が追加されました。 GRゾーンから登場した 《せんすいカンちゃん》や《無限合体ダンダルダBB》はSA化しているため、攻撃時効果を使用して更なる打点追加が狙えます。 《灰になるほどヒート》等の受け札も充実しており、ビート耐性もあります。 対呪文デッキには《奇天烈シャッフ》が十分な働きを見せてくれます。 《ジェイ-SHOCKER》は《「本日のラッキーナンバー!」》制限後のGRクリーチャーメタとして唯一無二の働きをしてくれます。 《BAKUOOON・ミッツァイル》を失った穴を補完できているデッキであり、ハマった時の脅威的な展開力と殺傷力が魅力のデッキで、デッキパワーはかなり高いです。 また、カラーリングに闇文明を加えて除去やハンデスを搭載した【デアリバーンメア】と呼ばれるタイプや【ドッカンデイヤーループ】対策に 《洗脳センノー》を搭載したタイプなど、メタに合わせて多彩なチューニングが行える点も特徴の一つです。 入賞数2 最速2ターンキルという驚異的速度な速攻デッキ あらゆる手段で 《滅亡の起源 零無》を《零龍》へと卍誕させ、その圧倒的なフィニッシュ性能で焼き尽くす、コンボに近い速さを持つビートダウンデッキです。 その都合上、手札を墓地に送るデメリットクリーチャーを初動とするのが特徴です。 デッキ全体が《零龍》を卍誕させるために作られているため最速2ターンという速さで成立し、うまく回ったこのデッキに速度で勝てるデッキは事実上存在しません。 ただし動き全体を《零龍》にオールインしていることは同時に弱点でもあり、トリガーや墓地メタなどで一度躓くと何も出来ないまま負けてしまうこともあります。 いわゆる受け札もやメタカードもほぼないため、環境次第で立ち位置が激変するデッキでもあります。 うまく回ればトップメタの【ドッカンデイヤーループ】をはじめあらゆるデッキに打ち勝てる速度を持つ点から、この位置に浮上しました。 まとめ 先週と変わらず【ドッカンデイヤーループ】の入賞数が1位! やはり様々なルートを確立しており、対策が難しいのも勝因の一つと思われます。 そして新たにランクインした【零龍ギャスカ】! 最速2ターンキルという驚異的な速度でゲームを終わらせる速攻デッキ どのデッキにも勝ち筋が残っている為、プレイ要求がかなり難しいデッキとなっております。 上手く使いこなせばかなり強力なデッキです。 今週から2020年度のDMPランキング始動です! ランキングを走り抜く事を考えているプレイヤーの皆さん頑張ってください!! ただ、流行り病等ありますので、マスクやアルコール除菌等は徹底しましょう!! 入賞デッキレシピページ一覧.

次の

【デュエマ 2020年3月 殿堂環境】最強デッキランキング!

デュエマ 水 ジョーカー ズ

By まつがん 皆さんこんにちは。 その全貌をお知りになりたい方はぜひ本誌を購入して読んでいただくとして、今回はその中でも 私の心を強烈に掴んで離さなかった2枚のカードをご紹介させていただこう。 《タイク・タイソンズ》と《天体かんそ君》だ。 この圧倒的なインパクトたるや……ゼロ文明から始まり、火文明の力を獲得してきたジョーカーズが、ついに自然文明に進出。 自然ジョーカーズ爆誕と相成ったのだ。 だが、驚くべきポイントはそれだけにとどまらない。 「マイク・タイソン」でもなければ「体育・体操ズ」でもない、この《タイク・タイソンズ》のテキストをよく読んでみて欲しい。 見慣れない一文があるはずだ。 なになに……? 新能力、「Jチェンジ」登場だ! 「JチェンジX」とは具体的には、 「Jチェンジを持つクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコストX以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい」という能力。 ちょうど火文明のジョーカーズが「B・A・D」から「J・O・E」を得たように、自然文明のジョーカーズは《最強虫 ナゾまる》が持っていたような「マナゾーンからクリーチャーを呼び出す能力」から「Jチェンジ」を得た、といったニュアンスなのではないかと思われる。 さらに《タイク・タイソンズ》は バトルゾーンを離れた時にマナブーストする能力も持っているので、相手が「Jチェンジ」を嫌がって除去しようとしてもアドバンテージを取られてしまうことはもちろん、《ジョット・ガン・ジョラゴン》のために手札に戻してもマナブーストするという、2マナ域のクリーチャーとしては破格のスペックを持っている。 他方、BUMP OF CHICKENではない《天体かんそ君》の方はマナ加速とドロー補助を兼ね備えたいぶし銀の能力だが、 《タイク・タイソンズ》の「Jチェンジ」から出てくると世界が一変する。 2ターン目《タイク・タイソンズ》から3ターン目にマナゾーンの《天体かんそ君》と「Jチェンジ」するプランなら、3ターン目の3マナをフルに使用しつつ、《天体かんそ君》の能力で4ターン目のビッグアクションへの布石を打つことが可能になるのだ。 自然ジョーカーズと「Jチェンジ」。 ジョーカーズが手に入れた新たな力で、はたしてどんなデュエマが実現するのか。 本日12時更新のvol. 1-2ではこの2枚を使ってデッキを作ってみることにしよう。 それではまた次回! ライター:まつがん フリーライター。 クソデッキビルダー。 論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。 オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

次の