今泉俊輔 実写。 弱虫ペダル映画エキストラ募集!出演者キャストと小野田はイケメン主人公、今泉や鳴子、実写化でのロードバイクの再現度とエキストラについても

『弱虫ペダル』実写映画化 永瀬廉が“小野田坂道”に 伊藤健太郎&橋本環奈も共演

今泉俊輔 実写

今泉発表するなら、鳴子も一緒でそ! 信号機トリオを崩すんじゃない! レース描くなら、ライバル校いるでしょ? まさかハコガクなし、京伏いないなんてことは・・?! 確かに登場人物多すぎるくらい出てきますよ、弱ペダは。 レースには100人以上参加しますからね。 キャストを小出しにして発表して、徐々に盛り上げていくっていうマーケティングもわかります。 にしても、発表のしかた変、いびつです。 ストーリーがひん曲げられている予感しかしない。 メインキャラが消されている嫌な予感・・ \スポンサーリンク/ 弱虫ペダル実写映画の第1弾キャストで浮かぶのは裏門坂レース 弱虫ペダルがトレンドに入ってるから何やろって思ったら実写映画化するんや! 普通にどんな風になるのか楽しみ。 1つだけ疑問がある、自分の間違いならあれやけど小野田くんのライバルって真波くんだよね?今泉くんやっけ? — 黒郁〜Kurofu〜 kurobane0801 今泉と幹ちゃんと坂道、といえば、裏門坂のレースが一番に思い浮かぶわけです。 永瀬演じる坂道の良きライバル・今泉俊輔 いまいずみ・しゅんすけ 役は伊藤健太郎が担当 確かに、裏門坂レースまでは、今泉は坂道のライバルっぽかった。 てか勝手に今泉が坂道を敵視してただけですが。 それも1巻の序盤も序盤、 坂道はまだ自転車部に入部すらしていませんよ。 幹ちゃんの自転車ヲタクっぷりが最大限見られる見せ場の一つではあるので、橋本環奈さんに光当てるにはいいところになりそうですが。 同じ序盤までなら、せめて1年生レースは入れてくれないと。 \スポンサーリンク/ 実写映画では原作のどこまで描かれるのか? 映画の時間は90分からせいぜい2時間、その尺の中でどこまで描いてくれるのか? 気になりますね。 原作は64巻までで坂道2年目のインターハイの決着まで行っていますが、そこまで全部、そんなの無理なのはわかっています。 そうすると1日目クライマックスの東堂&巻ちゃんの山岳賞がキリがいい、すると主人公が東堂な錯覚を覚える人が出てくるかもしれないし、難しいですね。 本当に序盤しか描かれないのでは?と不安を掻き立てるのが、原作者渡辺航先生のこのコメントです。 坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。 ボクも楽しみにしています!! 坂道が自転車と出会い、友達と出会い、新しい自分と出会っていく、というのは確かに全体を通して間違ってないんですけど、それが一番印象的なのは、ロードバイクを知って、自転車競技部に入るまでの序盤だったりするんですよね。 自転車ってすごい!と坂道が気づく場面。 内気でヲタクで、友達欲しいけどなかなか友達できない坂道の心の叫びのこの名ゼリフ。 僕は友達いないから! 裏門坂レースだけで終わるってのもそれはそれでまとまりがいい気もするので、それだけで終わってしまう可能性がゼロではない気がしてブルブルしてます。 このキャスト発表のしかたから、どうしてもそう思えてしまうんですよね・・・ライバル今泉ww 6月29日に公開された予告ムービーから、原作のどこまで描かれるのか、さらにストーリーを考察してみました。 試してみたいと思ったんだ は屋上で言うセリフですが、入部を決めて、部室で今泉とあったときに言う台詞になってるみたいですね。 (どうでもいいんですが、金城さんが、ただのガラ悪い人に見えるのは気のせいでしょうか?) そして。 おまたせ! これが君のロードレーサーだよ はい、幹ちゃんのこのセリフ! 1年生レースの見せ場の一つがやってきます。 が、 幹ちゃんの言い方がのんびりしているのがすごく気になります。 1年生レースの開始までに間に合わず、坂道はママチャリでレースに参加することになります。 もともとの実力差に加えて、自転車の性能の違いを見せつけられ、絶望している坂道にそんなのんびりした口調で言わないでほしいんですけど! ぜんぜん違う場面に設定が変わっているような気がします。 ブルブル・・ そのロードレーサーを受け取ろうとしている坂道は、総北ジャージ着てますしね。 予告の切り貼りの都合であればいいのですが、もし「総北ジャージを着た坂道」が「はじめてのロードレーサー(ロードバイク)」を受け取るとなると、かなり違和感があります。 1年生レースの時点で、総北ジャージなんて着てるはずないんですから。 あの総北ジャージ、インハイメンバーしか着られないはずです。 その次の場面は、おそらく1年生レースの山場、峰ケ山の登りと思われるのですが、並びがおかしい。 坂道が今泉に並ぶとき、鳴子は横にいないはずです。 この頃の鳴子はまだ全然登れませんw 今泉を抜け! と鳴子の根性注入を受けて送り出されるのに、なんで鳴子、横におるん??? バンの中の会話も、相当おかしい。 天性のクライマー! と喜んでるの、田所さんじゃないですか?! なんでスプリンターの田所さんが、坂道のクライマー資質を喜ぶの???? そこは、巻ちゃんでしょう!!! 巻ちゃんが、ライバルである箱学の東堂さんとの勝負ができるかどうか、はもうひとりチームにクライマーがいるかどうかにかかっているのです。 だから、新入生の坂道がクライマーの素質を持っていることに驚き喜ぶのに、なんか設定がいろいろ不安です。 細かいところを言うと、 坂道、ハイタッチ自然でうますぎる。 この子、ハイタッチなんて今までの人生でしたことないはずですよ、そんな自然に笑顔でハイタッチできるはずないんだけどな・・・。 今泉と思いっきり対等に接してるのも変。 に加えて、設定とか演出も不安になってきましたよ・・・ \スポンサーリンク/ 【予告ムービー考察】インターハイは描かれない、合宿は? 【実写映画】永瀬廉主演『弱虫ペダル』、主題歌はキンプリ新曲! 主題歌は新曲「Key of Heart」に決定。 予告編とポスタービジュアルも解禁された。 — ライブドアニュース livedoornews 予告の27秒あたりのレースっぽい場面で、画面右手の 「40km」地点を表す看板の下には「CYCLE ROADRACE CHIBA」の文字がありました。 えええええええええええええ〜〜〜〜? インターハイちゃうんかいっ??!! 海沿いで全力スプリントしている鳴子の姿は、インターハイ1日目のスプリント勝負のようにも見えますが、 【千葉】って見えちゃったし、箱学の「は」の字も出てこないので、インハイではないですよね。 その後、 坂道が「ボクの役割」とハイケイデンスで疾走している場面も、原作通りであれば箱根の山の100人抜きのはずですが、「CYCLE ROADRACE CHIBA」の文字を見てしまったので、これも箱根ではないのでしょう。 ライバル校らしき姿、青いジャージやら紫のジャージがどこにも見当たらないことから、インハイではなく千葉予選か、千葉の全く架空の大会を作ったのではないかと考えられますね。 と思って、公式サイトを再確認したら載ってました・・・・! 千葉予選のようです。 そして迎えた県大会。 レギュラーメンバーに選ばれた坂道は、初めて出来た「仲間」とともに、 インターハイ出場を懸けたレースに挑む。 予告の1分06秒あたり、 背中を押されて送り出される場面、これはインハイ1日目、小田原歩道橋付近のクランクで集団落車に巻き込まれた坂道を、T2が背中を押して送り出すところを思い出させます。 でも、幹ちゃんいるし、ここもおそらく、千葉県大会の中での新しい場面なのでしょう。 パーマ先輩らしき姿も見えないので、背中を押してくれたのは杉元なのか? 箱学メンバーと御堂筋を揃えられなかったんでしょうか?まあこのメンツを揃えるのは、相当ハードルが高いので、諦めたのは懸命だったと思います。 御堂筋くんも、消されるよりは最初から登場しないほうがましです。 今泉をライバルとか書いちゃうってことはレギュラー争い編までってことかな? — あわなつ natsunikaeritai 弱ペダ実写化するのかぁ。 どこまでやるんだろ。 ヒメヒメやるのかな — 彗 オプティミスト sui1998 おはようございます。 朝起きたら弱ペダ実写映画化だと? キャストみてうーん。 どこまでやるんかな?インハイは無理やろ。 実写ならばWOWOWでやってたのがよかったなあ。 もう無理なのは重々承知だけどね — みづき🍆インテ新刊通販中です mizukiakina 弱ペダもヒロアカも実写化にはあんまり興味ないので舞台も映画もスルーしてきましたが、応援のつもりで予定が合えば行くかも〜!でもどこまでやるんだろ?合宿まで?インハイまでは尺的に無理だよね? — ちょり:ライジング🍊出番20H37a derosa412 序盤までかな、という予想している方多いですね。 そりゃそうか。 合宿までという声もちらほら(となるとパーマ先輩と無口先輩のT2は誰になるのか?) 映画オジリナルはない、と信じたいので原作をどこまでなぞれるか、ですが相当はしょることになるのは間違いなさそうです。 たぶん回想はほとんど着られるんだろうな。 できれば 初見の皆さんには、アニメ1期と2期を予習してから映画を見ていただきたい。 アニメは、原作にほぼほぼ忠実で、ラブヒメの番外ストーリーまでついてくるので、 ヒメヒメの歌の予習もできますよ! 【追記】予告ムービーから公開後、ネットのみなさんはストーリーをどう予測しているのか拾ってみました。 実写映画は弱虫ペダルという名を借りたオリジナルストーリーだと思ってる — あおはる aaaaaharuooooo 弱虫ペダルとは別物で別のロードレース青春映画やと考えたら普通にストーリー面白そうなんやけどなぁ〜 せめて鳴子と巻ちゃんよ — のりたま mmmog66 実写映画はオリジナルストーリーみたいですね。 弱ペダ見ると元気もらえますよね。 私もです。 1年生レースは、かなり原作の要素を入れてくるようなので、原作・アニメもチェックしておきましょう。 マンガもアニメもいっぺんに楽しめるU-NEXTでチェックしておきましょう! まとめ 原作はクッソ長いことで有名(褒め言葉)で、1日のレースを描くのに15巻ぐらい平気で使われます。 それを2時間そこそこの映画の尺に収めるのがどだい無理な話なので、どこかを切り取って光をあてることになるのはわかるのですが・・・ 弱ペダの見せ場はやっぱりガチのレース! それもインターハイ! やっぱりインターハイ描いて欲しいです。 新しく弱ペダに触れるご新規さんにも、インターハイぐらいは見せてあげてください。 ・・・・ と思っていましたが、どうやら1年生レースのあとは、インハイも合宿もなしのオリジナルストーリーとなりそうな感じですね。 橋の上を集団で走っていくシーンがとても美しかったのは、実写の良さが出てるなと思いました。 ロードレースだぁって感じがします。 レース見に行きたくなりますし、ロードに乗ってお出かけしたくなります。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

弱虫ペダル実写映画化のキャストがひどい?主役はキスマイ宮田がいいとの声も

今泉俊輔 実写

大人気アニメ漫画の「弱虫ペダル」がついに実写映画化しますね〜!! 舞台 弱虫ペダルも2020年2月より上演するし、さらに盛り上がりそうな予感がします! 弱虫ペダルファンにとってはかなり嬉しいことなのですが、、 ただ、、 実写映画化するにあたって「弱虫ペダル」のあらすじやストーリーが大きく変わるのでは!? どっちだろう!? と、個人的には心配しています。 おそらく、、、 おそらく! インターハイ2日目までのストーリーを実写化するのでは!? という訳で、 まだ、現時点では弱虫ペダルのストーリーやあらすじについては 全く公表されていないのですが、、、 個人的には実写映画化するにあたって、 原作やアニメとは全く違うストーリー・あらすじになる可能性が高いのではと思っています。 坂道のライバルが今泉俊輔!? そもそも!!! 今泉って坂道のライバルだったっけ!?!?!?!? 笑 違うよね!? チームメイトでしょ〜〜が!!!!笑 しかも、今泉のライバルって御堂筋だし、 坂道のライバルって真波くんだよね!?!?!? 主人公の小野田坂道くんは生粋のアニヲタなのですが、 通っている学校の坂を登る時はかならず「恋のヒメヒメぺったんこ」を歌うシーンがあります。 笑 ちなみに、 自転車乗りながらこれ歌うとかなりテンション上がります。 今回、自転車競技部のマネージャーの寒咲幹役に抜擢された橋本環奈ちゃん。 個人的にはとっても好きな女優さん!? アイドルだから応援したい気持ちはあるんですが、、 完全に集客目的で橋本環奈ちゃんを起用しているんじゃないかな?? ってことで、 寒咲幹は橋本環奈仕様になりそうだから 必然的にあらすじやストーリーも変化してくるのでは?と思ってます。

次の

実写ドラマ『弱虫ペダル』出演者20名を大発表

今泉俊輔 実写

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画を実写化した今作で、CGナシで挑戦した自転車シーンなど過酷な撮影の裏側にカメラが迫る。 また主人公・アニメ好きの高校生・小野田坂道を演じた永瀬、新人エース・今泉俊輔役の伊藤健太郎との2ショットオフショットも公開された。 解禁された映像は「過酷な環境での撮影でしたが、それを乗り越えたからこそ画面越しで伝わるものがある」という永瀬の言葉通り、倒れ込んでしまうほど坂を全力で駆け上がったり、疲れ切って仲良く寝そべる永瀬と伊藤の様子が映し出される。 2人は、番組収録や舞台、ドラマ撮影などの過密スケジュールの中、本作のクランクイン前より自転車練習を開始。 特に主人公の坂道を演じた永瀬は、自転車競技経験者のトレーナーから「上るのはプロでもキツイ」という坂を一発で上り切るなど、坂道らしいガッツを見せている。 そして、鳴子章吉役の坂東龍汰も「ガチンコの自転車アクションで熱量の強い作品になったと思います」と熱く語り、マネージャー・寒咲幹役の橋本環奈も「何よりも原作ファンに楽しんでもらえる作品になったらいいなと思います」と展望する。 チーム総北メンバーもみな全力で自転車競技に向かい合ったレースシーンへの期待も高まる。 「頑張る気持ちを思い出させてくれる、体感できる作品になっている」と自信を持って語る永瀬の言葉にも裏付けられるように、苦難を乗り越えて、本気で自転車競技に挑んだキャスト達の全力疾走と仲間との熱い絆にも注目だ。 なお、今回のオフショットは過酷な練習を乗り切り、撮影終盤原作にも登場する激坂シーンの前後で撮影されたもの。 ふたりの爽やかで晴れやかな表情が印象的な一枚となっている。

次の