すり合わせ る 意味。 「すり合わせ」とは?意味や使い方!「すり合わせ」のメリット!

「すり合わせ」とは?意味や使い方!「すり合わせ」のメリット!

すり合わせ る 意味

「いくつかの案や意見を、突き合わせて調整すること。 」 という意味でビジネスシーンでもよく使われる表現です。 ただ、単なる「調整」ではなく、「調整が比較的難しい案件」について使われる場合が多いです。 たとえば会議の時間について、「こちらは12時から開始したい。 相手側は11時から開始したい。 」というような場合。 相手に合わせることが容易なら、「相手の希望に合わせて、開始時間を11時に調整したいと思いますがいかがでしょうか」のように使う。 相手に合わせることが比較的難しそうなら、「相手は11時希望のようですが、わが社のA 部長が到着するのは11時前後。 開始時間について少しすり合わせる必要がありそうです」のように使う。 A ベストアンサー 方言 匂いをかぐ。 《におう》京都府葛野郡631島根県725岡山県真庭郡747広島市785山口県729山口市791徳島県811高知県864熊本県天草郡936大分県941鹿児島県種子島054《にゆう》大分県大分郡・大分市941《におぐ》京都市621大阪市638 しかし、実は他動詞としての用法もあったわけです。 【二】〔他ハ四〕 1 香りを発散させる。 *古今和歌集〔905〜914〕冬・三三五「花の色は雪にまじりて見えずともかをだににほへ人のしるべく〈小野篁〉」 2 匂いをかぐ。 かぎわける。 におわせる。 *万葉集〔8C後〕一六・三八〇一「住吉の岸野の榛(はり)に丹穂所経(ニホフれ)ど匂はぬ我や匂ひて居らむ〈作者未詳〉」 関西語は古い伝統を守り続けていて、それが現在では「方言」と見なされていることになります。 A ベストアンサー A. うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という必然の構図。 うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という継起の構図。 うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という反復・必然の構図。 うちへ帰ったら、すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 もし A ならば B。 という仮定条件。 というニュアンス。 A ならば B。 という確定条件。 (必ず家へ帰る場合) A. うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という必然の構図。 うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という継起の構図。 うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴び... A ベストアンサー #2です。 補足拝見。 なので相手の行為を丁寧に言うのが尊敬になるのは分かりやすいでしょう。 謙譲については全くの推測になってしまうのですが、たとえば、 新元号を天皇陛下にご報告する。 という例で考えてみます。 「ご報告」という部分だけを取り上げてみれば、これも基本的には丁寧表現だと思います。 そして、本来丁寧に言わなくても良い自分の動作を(相手に向かう行為だからという理由でわざわざ)丁寧に表現する。 という点で自分を低くしていることになるのかな、という気はします。 ただ、相手に向かっているのかいないのかということは、シチュエーション次第で微妙に異なってくるので謙譲表現の使いどころは難しいということは言えるかもしれません。 A ベストアンサー 「位」と「相」を漢和辞典で引くと意味が出てきますが、あまり役に立たないでしょう。 これが「位相」という形になった途端に難しくなります。 一応引用しておきましょう。 日本大百科全書(ニッポニカ) 位相 数学と物理学の二義がある。 1 数学用語 集合の点の間の遠近を表すのに、距離や近傍(きんぼう)などを用いるが、問題に応じてこれらの概念が定義されたとき、位相あるいはトポロジーtopologyが定義されたという。 位相は、位相数学あるいはトポロジーとよばれる数学の新しい分野の略称としても用いられる。 その発生は20世紀になってからである。 二つの図形A、Bの間に1対1の対応があり、これが双方から連続なとき、AとBは同位相であるという。 位相数学は同位相な図形に共通な性質や量を研究する学問であるといわれている。 最近は代数学や解析学とも関連して、位相代数学、関数解析など新しい分野としても発展している。 [洲之内治男] 2 物理学用語 単振動において、経過した時間に比例して増大する量で、時間が1周期だけ経過して同じ運動が繰り返されるたびに、振動の位相phaseは360度だけ増大する。 この平面波では、x軸に垂直な平面上では位相の値が等しい。 [飼沼芳郎] 位相幾何学について(余談) 話としては面白いですが。 例えば、軟式テニスのボールに小さな穴を空けて、そこから全部を引っ張りだすと、どうなるか。 完全に裏返すことができるでしょうか? あるいは、人間の頭の毛をある程度短くすると、一カ所以上の「つむじ」が出来ます。 バスケットボールの表面に、一面の毛が生えたと仮定して、その「つむじ」は幾つ出来るでしょうか。 と言うようなことを真面目に考えるのも、位相幾何学のホンの一面です。 「位」と「相」を漢和辞典で引くと意味が出てきますが、あまり役に立たないでしょう。 これが「位相」という形になった途端に難しくなります。 一応引用しておきましょう。 日本大百科全書(ニッポニカ) 位相 数学と物理学の二義がある。 1 数学用語 集合の点の間の遠近を表すのに、距離や近傍(きんぼう)などを用いるが、問題に応じてこれらの概念が定義されたとき、位相あるいはトポロジーtopologyが定義されたという。 位相は、位相数学あるいはトポロジーとよばれる数学の新しい分野の略称としても用いら... A ベストアンサー 日本語で表見した方が言葉数も少なく且つ適切に伝わる言葉も多いのにカタカナ語をわざわざ使う理由が解りませんね。 カタカナ語の方が定着して居て日本語にすると固いと言う言葉もありますし、そこはカタカナ語でも良いとは思いますが、何でも カタカナ語にしたがる。 特に国のお偉い人達が使いたがるし、今の行政のトップは最も使いたがる。 それが偉い賢いと思い込んで居るのでしょうが。 自ら国の文化を壊していると言うのに一方では文化を守るなどと何の説得力も無いし。 多様性に満ちていると言えば良いと言う風潮も有るみたいですが、それは多様性じゃ無く「かぶれ」だろうとツッコミを入れたくも なりますが。 (笑).

次の

【すり合わせ】はどういう意味ですか?

すり合わせ る 意味

「いくつかの案や意見を、突き合わせて調整すること。 」 という意味でビジネスシーンでもよく使われる表現です。 ただ、単なる「調整」ではなく、「調整が比較的難しい案件」について使われる場合が多いです。 たとえば会議の時間について、「こちらは12時から開始したい。 相手側は11時から開始したい。 」というような場合。 相手に合わせることが容易なら、「相手の希望に合わせて、開始時間を11時に調整したいと思いますがいかがでしょうか」のように使う。 相手に合わせることが比較的難しそうなら、「相手は11時希望のようですが、わが社のA 部長が到着するのは11時前後。 開始時間について少しすり合わせる必要がありそうです」のように使う。 A ベストアンサー 方言 匂いをかぐ。 《におう》京都府葛野郡631島根県725岡山県真庭郡747広島市785山口県729山口市791徳島県811高知県864熊本県天草郡936大分県941鹿児島県種子島054《にゆう》大分県大分郡・大分市941《におぐ》京都市621大阪市638 しかし、実は他動詞としての用法もあったわけです。 【二】〔他ハ四〕 1 香りを発散させる。 *古今和歌集〔905〜914〕冬・三三五「花の色は雪にまじりて見えずともかをだににほへ人のしるべく〈小野篁〉」 2 匂いをかぐ。 かぎわける。 におわせる。 *万葉集〔8C後〕一六・三八〇一「住吉の岸野の榛(はり)に丹穂所経(ニホフれ)ど匂はぬ我や匂ひて居らむ〈作者未詳〉」 関西語は古い伝統を守り続けていて、それが現在では「方言」と見なされていることになります。 A ベストアンサー A. うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という必然の構図。 うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という継起の構図。 うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という反復・必然の構図。 うちへ帰ったら、すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 もし A ならば B。 という仮定条件。 というニュアンス。 A ならば B。 という確定条件。 (必ず家へ帰る場合) A. うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という必然の構図。 うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という継起の構図。 うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴び... A ベストアンサー #2です。 補足拝見。 なので相手の行為を丁寧に言うのが尊敬になるのは分かりやすいでしょう。 謙譲については全くの推測になってしまうのですが、たとえば、 新元号を天皇陛下にご報告する。 という例で考えてみます。 「ご報告」という部分だけを取り上げてみれば、これも基本的には丁寧表現だと思います。 そして、本来丁寧に言わなくても良い自分の動作を(相手に向かう行為だからという理由でわざわざ)丁寧に表現する。 という点で自分を低くしていることになるのかな、という気はします。 ただ、相手に向かっているのかいないのかということは、シチュエーション次第で微妙に異なってくるので謙譲表現の使いどころは難しいということは言えるかもしれません。 A ベストアンサー 「位」と「相」を漢和辞典で引くと意味が出てきますが、あまり役に立たないでしょう。 これが「位相」という形になった途端に難しくなります。 一応引用しておきましょう。 日本大百科全書(ニッポニカ) 位相 数学と物理学の二義がある。 1 数学用語 集合の点の間の遠近を表すのに、距離や近傍(きんぼう)などを用いるが、問題に応じてこれらの概念が定義されたとき、位相あるいはトポロジーtopologyが定義されたという。 位相は、位相数学あるいはトポロジーとよばれる数学の新しい分野の略称としても用いられる。 その発生は20世紀になってからである。 二つの図形A、Bの間に1対1の対応があり、これが双方から連続なとき、AとBは同位相であるという。 位相数学は同位相な図形に共通な性質や量を研究する学問であるといわれている。 最近は代数学や解析学とも関連して、位相代数学、関数解析など新しい分野としても発展している。 [洲之内治男] 2 物理学用語 単振動において、経過した時間に比例して増大する量で、時間が1周期だけ経過して同じ運動が繰り返されるたびに、振動の位相phaseは360度だけ増大する。 この平面波では、x軸に垂直な平面上では位相の値が等しい。 [飼沼芳郎] 位相幾何学について(余談) 話としては面白いですが。 例えば、軟式テニスのボールに小さな穴を空けて、そこから全部を引っ張りだすと、どうなるか。 完全に裏返すことができるでしょうか? あるいは、人間の頭の毛をある程度短くすると、一カ所以上の「つむじ」が出来ます。 バスケットボールの表面に、一面の毛が生えたと仮定して、その「つむじ」は幾つ出来るでしょうか。 と言うようなことを真面目に考えるのも、位相幾何学のホンの一面です。 「位」と「相」を漢和辞典で引くと意味が出てきますが、あまり役に立たないでしょう。 これが「位相」という形になった途端に難しくなります。 一応引用しておきましょう。 日本大百科全書(ニッポニカ) 位相 数学と物理学の二義がある。 1 数学用語 集合の点の間の遠近を表すのに、距離や近傍(きんぼう)などを用いるが、問題に応じてこれらの概念が定義されたとき、位相あるいはトポロジーtopologyが定義されたという。 位相は、位相数学あるいはトポロジーとよばれる数学の新しい分野の略称としても用いら... A ベストアンサー 日本語で表見した方が言葉数も少なく且つ適切に伝わる言葉も多いのにカタカナ語をわざわざ使う理由が解りませんね。 カタカナ語の方が定着して居て日本語にすると固いと言う言葉もありますし、そこはカタカナ語でも良いとは思いますが、何でも カタカナ語にしたがる。 特に国のお偉い人達が使いたがるし、今の行政のトップは最も使いたがる。 それが偉い賢いと思い込んで居るのでしょうが。 自ら国の文化を壊していると言うのに一方では文化を守るなどと何の説得力も無いし。 多様性に満ちていると言えば良いと言う風潮も有るみたいですが、それは多様性じゃ無く「かぶれ」だろうとツッコミを入れたくも なりますが。 (笑).

次の

【すり合わせ】はどういう意味ですか?

すり合わせ る 意味

「いくつかの案や意見を、突き合わせて調整すること。 」 という意味でビジネスシーンでもよく使われる表現です。 ただ、単なる「調整」ではなく、「調整が比較的難しい案件」について使われる場合が多いです。 たとえば会議の時間について、「こちらは12時から開始したい。 相手側は11時から開始したい。 」というような場合。 相手に合わせることが容易なら、「相手の希望に合わせて、開始時間を11時に調整したいと思いますがいかがでしょうか」のように使う。 相手に合わせることが比較的難しそうなら、「相手は11時希望のようですが、わが社のA 部長が到着するのは11時前後。 開始時間について少しすり合わせる必要がありそうです」のように使う。 A ベストアンサー 方言 匂いをかぐ。 《におう》京都府葛野郡631島根県725岡山県真庭郡747広島市785山口県729山口市791徳島県811高知県864熊本県天草郡936大分県941鹿児島県種子島054《にゆう》大分県大分郡・大分市941《におぐ》京都市621大阪市638 しかし、実は他動詞としての用法もあったわけです。 【二】〔他ハ四〕 1 香りを発散させる。 *古今和歌集〔905〜914〕冬・三三五「花の色は雪にまじりて見えずともかをだににほへ人のしるべく〈小野篁〉」 2 匂いをかぐ。 かぎわける。 におわせる。 *万葉集〔8C後〕一六・三八〇一「住吉の岸野の榛(はり)に丹穂所経(ニホフれ)ど匂はぬ我や匂ひて居らむ〈作者未詳〉」 関西語は古い伝統を守り続けていて、それが現在では「方言」と見なされていることになります。 A ベストアンサー A. うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という必然の構図。 うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という継起の構図。 うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という反復・必然の構図。 うちへ帰ったら、すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 もし A ならば B。 という仮定条件。 というニュアンス。 A ならば B。 という確定条件。 (必ず家へ帰る場合) A. うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という必然の構図。 うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。 というニュアンス。 という継起の構図。 うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。 : うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴び... A ベストアンサー #2です。 補足拝見。 なので相手の行為を丁寧に言うのが尊敬になるのは分かりやすいでしょう。 謙譲については全くの推測になってしまうのですが、たとえば、 新元号を天皇陛下にご報告する。 という例で考えてみます。 「ご報告」という部分だけを取り上げてみれば、これも基本的には丁寧表現だと思います。 そして、本来丁寧に言わなくても良い自分の動作を(相手に向かう行為だからという理由でわざわざ)丁寧に表現する。 という点で自分を低くしていることになるのかな、という気はします。 ただ、相手に向かっているのかいないのかということは、シチュエーション次第で微妙に異なってくるので謙譲表現の使いどころは難しいということは言えるかもしれません。 A ベストアンサー 「位」と「相」を漢和辞典で引くと意味が出てきますが、あまり役に立たないでしょう。 これが「位相」という形になった途端に難しくなります。 一応引用しておきましょう。 日本大百科全書(ニッポニカ) 位相 数学と物理学の二義がある。 1 数学用語 集合の点の間の遠近を表すのに、距離や近傍(きんぼう)などを用いるが、問題に応じてこれらの概念が定義されたとき、位相あるいはトポロジーtopologyが定義されたという。 位相は、位相数学あるいはトポロジーとよばれる数学の新しい分野の略称としても用いられる。 その発生は20世紀になってからである。 二つの図形A、Bの間に1対1の対応があり、これが双方から連続なとき、AとBは同位相であるという。 位相数学は同位相な図形に共通な性質や量を研究する学問であるといわれている。 最近は代数学や解析学とも関連して、位相代数学、関数解析など新しい分野としても発展している。 [洲之内治男] 2 物理学用語 単振動において、経過した時間に比例して増大する量で、時間が1周期だけ経過して同じ運動が繰り返されるたびに、振動の位相phaseは360度だけ増大する。 この平面波では、x軸に垂直な平面上では位相の値が等しい。 [飼沼芳郎] 位相幾何学について(余談) 話としては面白いですが。 例えば、軟式テニスのボールに小さな穴を空けて、そこから全部を引っ張りだすと、どうなるか。 完全に裏返すことができるでしょうか? あるいは、人間の頭の毛をある程度短くすると、一カ所以上の「つむじ」が出来ます。 バスケットボールの表面に、一面の毛が生えたと仮定して、その「つむじ」は幾つ出来るでしょうか。 と言うようなことを真面目に考えるのも、位相幾何学のホンの一面です。 「位」と「相」を漢和辞典で引くと意味が出てきますが、あまり役に立たないでしょう。 これが「位相」という形になった途端に難しくなります。 一応引用しておきましょう。 日本大百科全書(ニッポニカ) 位相 数学と物理学の二義がある。 1 数学用語 集合の点の間の遠近を表すのに、距離や近傍(きんぼう)などを用いるが、問題に応じてこれらの概念が定義されたとき、位相あるいはトポロジーtopologyが定義されたという。 位相は、位相数学あるいはトポロジーとよばれる数学の新しい分野の略称としても用いら... A ベストアンサー 日本語で表見した方が言葉数も少なく且つ適切に伝わる言葉も多いのにカタカナ語をわざわざ使う理由が解りませんね。 カタカナ語の方が定着して居て日本語にすると固いと言う言葉もありますし、そこはカタカナ語でも良いとは思いますが、何でも カタカナ語にしたがる。 特に国のお偉い人達が使いたがるし、今の行政のトップは最も使いたがる。 それが偉い賢いと思い込んで居るのでしょうが。 自ら国の文化を壊していると言うのに一方では文化を守るなどと何の説得力も無いし。 多様性に満ちていると言えば良いと言う風潮も有るみたいですが、それは多様性じゃ無く「かぶれ」だろうとツッコミを入れたくも なりますが。 (笑).

次の