ヤギ 肉 名前。 ヤギ料理(やぎりょうり)

意外と多い山羊の種類

ヤギ 肉 名前

噛むほどにあとから旨味があふれてきます! 濃厚で甘みのある深い味わい!南信州のヤギ肉! メスヤギなので、オスヤギよりはクセがなく匂いもしません。 マトンのような味わいで、少々歯ごたえがあります。 ご了承くださいませ。 ヤギ肉の美味しい食べ方 遠山郷ではメスヤギの肉はジンギスにしたり塩コショーであっさり食べたりスキヤキでも食べます。 胡椒も少々、塩加減もお好みで調整してください。 ヤギ肉は、あまり焦げすぎないように羊肉を炒めるような 感覚で炒めてください。 炒めているさきから、香りが漂って食欲をそそります。 南信州は日本一のヤギの産地で、オスヤギは沖縄県に出荷し、メスヤギは乳を搾り、地元で消費されます。 羊(ひつじ)は平地を好み、草を食べますが、ヤギ(山羊)は文字通り山岳を好み、木の芽や木の葉も食べます。 ベトナムなど東南アジアでは低脂肪、高タンパクな高級食材として食されています。 このカテゴリの売れ筋ベスト5はこれ!• 昭和32年、信州の秘境「遠山郷」にて、精肉店として誕生した肉の鈴木屋。 総合食肉の製造加工販売一貫メーカーとして「遠山ジンギス」「遠山ジビエ」の2ブランドを中心に、創業以来60余年、伝統の味と技を守り続けています。 肉の鈴木屋はHACCPに準拠した食肉加工施設をもち、温度管理・品質管理の徹底を図り、安全・品質・鮮度の高い、商品をお客様にお届けしています。 自社加工工場で加工から味付けまで衛生管理を徹底し、肉の品質や安全性を厳しくチェックしています。 肉の鈴木屋は、肉のプロフェッショナル集団です。 目利きから、解体・製造・加工、調理・食べ方の提案、販売まで携わっています。 だからこそ、肉屋としての覚悟や使命感が生まれ、お肉への愛情、お客様への思いは人一倍であると自負しています。

次の

牛肉はビーフ、豚肉はポーク、子羊はラム、大きな羊はマトン、ではヤギ

ヤギ 肉 名前

142• 197• 202• 233• 293• 270• 158• 345• 159• 136• 299• 220• 171• 136• 206• 152•

次の

ヤギ

ヤギ 肉 名前

ミスター沖縄関東代表のT氏とめぐる 沖縄本島、続きです。 激カワシェフに激ウマ和牛を焼いてもらうという稀有な経験をした我々、もはや夢見心地ですが、実はもう一軒予約してあるのです。 T氏「えっ?もう食えないよ!」 ほんの2品なのでおつきあい願います。 実は今回私、コレのために 沖縄まで来たのです。 T氏「で、場所は?」 モノレール 安里駅から近いらしいです。 ここから歩くと15分・・20分・・ T氏「モノレールに乗ろう」 わーい、モノレールだ。 乗りたかったのです。 そこそこ混んでいましたが、私とT氏のまわりだけ空間ができていたのは気のせいと思いたいところ。 グーグル先生で店の場所を確認・・えーと現在地、安里駅から・・あら、徒歩1分? ああ、1分もなにも駅の階段から見えますね。 いわゆるガード下ポジションにありました! イカすみ汁、瑞泉、山羊料理・・看板、赤提灯全てにおいて、泡盛ドランカーの心をそそる要素しかありません。 T氏「 ヤギ料理かー!俺苦手だぞ!!」 一応2品だけしか頼んでおりませんので、おつきあいください。 T氏「食べたいアレ?」 まあ入ったら即出てくると思いますので、入りましょう! おおー、一杯飲み屋と小料理屋のハイブリッドな感じですね。 好みです。 あ、奥にお座敷がある。 実は結構広いのかな。 えーと、ママさんはどの方かしら・・ カウンター席の真ん中に座っていた女性が「いらっしゃーい!」と言ってくれます。 あの方かな?やあ、ママさんたら思い切り飲んでいますね! ママさん「ここは初めてかしら?」 初めてといいますか、えーとそのー、予約していたオーヤマです。 すみません、大幅に遅れまして・・ ママさん「えっ、オーヤマさん?もう来たの?ゴメンねー、今すぐ席空けるからねー」 8時に予約して今8時40分・・これが 島時間というやつか!! ママさん「アレは今用意するからね。 あ、飲み物は?」 瑞泉の30度あたりでお願いします。 T氏「俺はお茶でいいや」 空けてもらった席、ママさんが座っていた席なのですが、食パンとか置いてありますね・・・もしかしてママさんの指定席なのでは・・? T氏「絶対に10時くらいに来ると思ってたんだろうな。 これこそ 島時間だ」 ママさん「はい、予約のアレね!」 ゴトリと何か置かれました。 メニュー名を「 ヤギのタマちゃん」 T氏「ぐげ〜〜〜!!」 タマと聞くとアレですがホラ、こうして見ると豚足にも見えませんか? T氏「そもそもヤギのタマなんて食わせる店があったのか」 実は私の愛読書、「 世界屠畜紀行」に 沖縄にヤギの玉ちゃんを出す店があると書いてありまして、またその絵がツヤツヤしてウマそうで、ほら。 さらに元沖縄在住の知人が「このへんの店ならありそう」と教えてくれまして・・というわけで、その数軒の候補のうち、名前で選んで電話してみたこちら「 美咲」さん、「来るのは何日?ああ、それなら大丈夫。 あんまり量はないけどいい?」なんて案外軽く引き受けてくれました。 早めに連絡すればバッチリもいでおいてくれるみたいですね。 T氏「もぐって言うな」 こちら側から撮るとタマだか棒だか・・あ、隣の席のうら若き女性が興味深そうに見ております。 写真撮りますか? ママさん「そうだよね!めったに出ないからみんな撮った方がいいよ!」 というわけで、カウンターを巡っていくタマキン。 ママさん「みんな撮った?こちらのお兄さんにお礼言ってね。 玉きゅん!って」 ママさん「あと 山羊さしみも食べるんだったねー。 お待たせね」 おおー、夢にまで見た ひーじゃー刺し!!バラの如き美しき色! えーと、ではまずは あなたに会いに群馬から来ました、 玉ちゃんから。 ポン酢で食べるのですね?おお、箸で持ち上げるとフルフルと。 よくできた刺身こんにゃくみたいです。 では・・パクリ。 プニプニして、舌の上でとろりと溶けます。 甘みがあって濃厚で、ほんのちょっとだけナマグサ感・・この味はどこかで食べた気が・・ああ、タラの白子を洗練させたような、フグの白子に近いような。 そうか、白子って魚のタマですもんね。 あらら、皮が分離しちゃった。 見た目はミミガーのようなのでコリコリしているのかと思いきや、クニュクニュとした・・豚足の外側みたいな感じですね。 少しケモノな香りがしますが、これがいわゆる山羊肉の風味かしら? では肉の方を食べてみましょう。 色からして血の味が濃そうですが、肉そのものはむしろ淡白で、やはり皮にケモノのような、山羊が苦手な人が苦手とするであろう風味があるのですね。 私には非常にウマく感じます。 添付の フーチバー(ヨモギ)がピッタリですが、九州のフンドーキンみたいな甘い醤油とニンニクでも食べてみたい。 そしてタマタマは結構大きいので、左右の席の方にもおすそ分けがいったようです。 若い女性の方は即パクッと食べて「おいしー!」とか喜んでおりましたが、男性の方はしばらく考えていましたね。 T氏「タマがキュンキュンしてたんだろう」 ・・・ん?そういえばT氏 もずくの天ぷら(500円で巨大なもの3つ!)を注文してムシャムシャ食べていますが、山羊もタマもまるで食べていないのでは?玉キュンですか? T氏「いや、えーと、ああそうだ、さっき隣の女の子と話してたじゃん?その時1つもらったよ。 うん」 本当かなあ?どんな味でした? T氏「うん、まあほら・・なんともいえない・・独特な味だよな」 ・・・怪しいなあ。 まあいいや、念願もかないましたので帰りましょう。 山羊さしみ1300円、もずく天ぷら500円、泡盛とタマタマでおいくらでしょう? ママさん「三千円ねー」 やあ、タマは三千円ですか。 貴重なモノにしては安い! ママさん「全部で三千円ね。 玉ちゃんは今日はサービス。 遠くから来てくれたんでしょ?」 なっ・・・あらやだ、ママさんたら沖縄一いい女!!絶対また来ますよ!次回は 山羊じゅーしーと 血いりちーも頼みます!! ママさん「山羊はあっちに効くからね!がんばってね!」 ・・・そっちに効くのですか?いやー困ったなー。 でも確かに、今夜はT氏もいないし ホテルのベッドがなんでかダブルだし、何か呼んじゃいますか?沖縄の夜は短いが長い・・・ ・・・・あれっ?もう朝だ!横になったと同時に寝てしまったようです。 に 凡さん より• に センセイ・オーヤマ より• に 凡さん より• に センセイ・オーヤマ より• に hm より 現在マッピング中!• 180• 4 栄光の戦歴• 14 カテゴリー.

次の