ちゃんと 類語。 サブちゃんと歌仲間

きちんとの類語・言い換え

ちゃんと 類語

「きちんと」「ちゃんと」「しっかり」についてです。 「きちんと」と「ちゃんと」... 「きちんと」「ちゃんと」については、かつて同様の質問があり、私は以下のように回答しました。 このときの質問は、パンの包装袋に書かれた「朝食をちゃんととりましょう」という例について、 「きちんと」のほうがよいのではないか、という内容です。 「ちゃんと」のほうは、基本的に話し言葉ですので、パンの袋に印刷されている文を「書き言葉」と、とらえれば、 「きちんと」の方が適切に感じるかもしれません。 意味上は、まったく同じように使われることもありますが、微妙な差異はあります。 「きちんと」は、 「整然と」「順序よく」という概念が強く、 「ちゃんと」は、「完全に」「間違わないで」という概念が強い というところが、その違いでしょう。 「きちんとした人」 (礼儀正しく、まじめで常識的 )と「ちゃんとした人」(信頼できる、社会的に認められている)の 違いを考えると、その性質の違いが具体的に感じられると思います。 「朝食をきちんと食べよう」ですと、その目指すところは、「毎朝、規則的に正しく」と「習慣」を重視していると感じられますが、 「ちゃんと食べよう」ですと、もちろん「規則正しく」とも取れますが、むしろ「忘れずに」「残さずきれいに」とか「バランスよく」といった 一回ごとの朝食の「とり方」「内容」に重点があると感じられます。 ・・・・・・・・・・・・・・ これに加え「しっかり」ですが、こちらは、「きちんと」「ちゃんと」ほどには、類似していないように思います。 「朝食をしっかりとりましょう」・・・ となると、ポイントは、規則性や「とり方」より、「内容重視」になりますね。 毎朝トースト1枚とコーヒー、という朝食だとすると、「きちんと」や「ちゃんと」とは言えるかもしれませんが、 「しっかり」となるとこれでは物足りないかもしれません。 せめて卵か牛乳をプラスしなくては、できれば野菜も・・という ニュアンスが出てきます。 「しっかり」には「ゆるぎない、ぬかり・手抜きがない」う意味が込められているので、 本格的で、気合いが入っている、という感じが強まります。 机の上を「きちんと・ちゃんと」片づけなさい、は、どちらも同じくらいよく使われますが、 机の上を「しっかり」片づけなさい、というのは、前者に比べれば一般的ではありません。 しかし、片付けが苦手、あるいは手抜きをする子どもに、いいかげんではなく、徹底してやるのですよ、ということを 強調したい場合などには「しっかり」が合っています。 これもやはり、「内容重視」ですし、 「本格的に・気合いを入れて」という心掛けが必要になってきます。 「しっかりした人」は「考え・行動などが安定し、意志が強く、信頼できる人」といった意味ですから、 前出の「きちんとした人」「ちゃんとした人」と比べると、さらにそのニュアンスの違いがはっきりするでしょう。

次の

「きちんと」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

ちゃんと 類語

「大変申し訳ございません」の意味と敬語 「大変申し訳ございません」の意味は「済まない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」 「大変申し訳ございません」は 「済まない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」といった気持ちを丁寧かつ強調して相手に詫びる際に用いる表現です。 「大変」には「程度が甚だしいこと」といった意味があり、「申し訳ない」という気持ちの度合いがとても強くなります。 「大変申し訳ございません」は敬語のため目上の相手に使える 「大変申し訳ございません」は正しい敬語になります。 そのためビジネスシーンで目上の相手に使うことができます。 また、「大変申し訳ございません」は相手に直接伝えるときもメールなど書面でもどちらでも使うことができます。 「大変申し訳ございません」のビジネスでの使い方・例文 「大変申し訳ございません」は会話でもビジネスメールでも使う 「大変申し訳ございません」は、相手に迷惑をかけたり損害を与えてしまった場合に使います。 上司や取引先、顧客相手に直接謝罪するときにも使うことができます。 またビジネスメールで謝罪するときも使うことができます。 例文 ・遅刻してしまい、大変申し訳ございません。 ・先日はご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。 「大変申し訳ございませんが、よろしくお願いします」は依頼・お願いをするときに使う こちらの都合で依頼するときや、相手に手間を取らせてしまうお願いの場合にクッション言葉として「大変申し訳ございませんが」を使います。 その他にクッション言葉として「お手数をおかけしますが」「ご多用とは存じますが」を使います。 例文 ・突然の依頼で大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 ・ご指摘いただいた点ですが、添付した資料を再度ご確認いただきたく存じます。 大変申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。 「大変申し訳ございません」と「大変申し訳ありません」の違い 「大変申し訳ございません」の方が「大変申し訳ありません」よりも丁寧 「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の意味に違いはなくどちらも謝罪するときに使う言葉ですが 「申し訳ございません」の方が丁寧な表現です。 「ありません」も「ございません」もどちらも丁寧語なのですが、「ございません」は「ありません」をより丁寧にした表現となっています。 ビジネスシーンで 取引先やお客様など目上の相手には使う場合は「申し訳ございません」を使いましょう。 ただ日頃から関わっている上司や、社内での小さなミスなどに対して「申し訳ございません」と使うとくどい印象を与えてしまうことがあります。 慇懃無礼にならないよう、「申し訳ありません」と使い分けるようにしましょう。 「大変申し訳ありません」の例文 ・成沢さんにはご不便をおかけし、大変申し訳ありません。 ・体調が悪いので病院に寄ってから出社します。 大変申し訳ありません。 ・今回の報道で皆様にご心配をおかけしてしまいました。 大変申し訳ありませんでした。 ・お忙しいところ大変申し訳ありませんがよろしくお願いします。 「大変申し訳ございません」の類語・言い換え 「大変申し訳ございません」の他の謝罪表現をいくつか紹介いたします。 誠に申し訳ございません 「申し訳ございません」を強調するビジネスシーンで使える言葉は「大変」の他にも「誠に」があります。 「誠に申し訳ございません」も相手に詫びる際に申し訳ない気持ちが強いことを表すことができます。 また「誠に」は誠意や真摯な気持ちを伝えることができる表現です。 ただ、社内での小さなミスや相手に迷惑をかけていないことなどで使うと慇懃無礼になることもあるため、日頃からの多用は避けましょう。 例文 ・納期が遅れてしまい、誠に申し訳ございません。 ・この度は、多大なるご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございません。 復旧の目処が立ち次第ご報告いたします。 お詫び申し上げます 「お詫び申し上げます」は、謝罪するときに述べる表現、公の場で謝罪の意を示す場合に用います。 「お詫び」は、「謝ること」「謝罪すること」を意味しています。 「お詫び申し上げます」の「申し上げる」は、「言う」の謙譲語ではありません。 「お〜申し上げる」は「お待ち申し上げます」や「お願い申し上げます」といったように、謙った表現として使用します。 「お詫び申し上げます」はビジネスシーンでは頻繁に使われます。 ミスをしたり損害を与えてしまったときの謝罪の言葉として「お詫び申し上げます」を用います。 「お詫び申し上げます」はかしこまった表現であるため 取引先の相手や顧客といった社外の人だけではなく、上司や先輩といった社内の人に対しても使います。 例文 ・この度は私の不徳の致すところ大変ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 今後はこのような事が無いよう善処いたします。 ・弊社の社員の配慮に欠ける振る舞いについて、幾重にもお詫び申し上げます。 無礼いたしました 「無礼」は「礼儀にはずれること」を意味しています。 相手や自分が怒る、悲しむといった感情になるほど、礼儀にはずれた振る舞いをするときに使います。 例えば「今回のようなご無礼をお許しください」などといったように、「無礼」は自分が相手に対して失礼な行動をしてしまったことをお詫びする場合に使うことが多いです。 「無礼」は「失礼」よりも程度が悪いことを表します。 例文 ・先日の飲み会では酔いにまかせて、無礼をいたしました。 ・この度は大変とんだ無礼をいたしまして、本当に申し訳ないです。 陳謝いたします 「陳謝」は、「事情を述べて詫びること」を意味しています。 「陳」は音読みだと「チン」、訓読みだと「つらねる」「のべる」と読みます。 「陳」には「申し述べる」という意味があります。 「陳謝」は謝罪に加えて、事情や経緯を説明することが必要な言葉になります。 「いたします」は「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」なので、目上の人に対して使うことができます。 「陳謝」は「謝罪」と非常に似た言葉ですが、事情や経緯について述べていない場合は「謝罪」、一方でしっかり経緯を説明する場合には、「陳謝」を使う方が良いでしょう。 例文 ・事故の防止対策を進める方針を示すとともに、陳謝いたします。 ・今回の件は私どもの調査が不徹底なため起こったものであり、心より陳謝いたします。

次の

「きちんと」「ちゃんと」「しっかり」につい

ちゃんと 類語

ちゃんと しかと充分に。 正しく しっかりとを表す副詞です。 「何をしたかちゃんと知っている」「時間どおりにちゃんとやってくる」と使います。 きっちり 正確に。 過不足なくを表す副詞になります。 「きっちり一時に開会する」「言われた仕事はきっちりやる」と使います。 きちんきちんと 規則正しく正確にを表す副詞です。 「家賃をきちんきちんと納める」と使われます。 確実の「きちんと」には上記の副詞以外にも、 「確かに」「確実」「正確」という名詞と形容動詞の類語があります。 「はっきりして間違いがないこと」を表す言葉になりますが、「確かに」は主観的に間違いが無いと判断する場合に多く使われ、「確実」はこれが実体とはっきり認識することに意味があり、「正確」はある規範に照らして間違いないと認める場合に使われるという用法上の違いがあります。

次の