単身引越し 最安値。 【単身パック比較】おすすめの単身引越しが安いプランと業者別料金見積もりの相場

最安値はいくら?単身引越しの見積もりをしたいあなたへ|100円引越しセンター

単身引越し 最安値

引越し業者には『 単身パック』と呼ばれるプラン、荷物が少ないひと(目安としてダンボール20箱程度)を対象とした格安プランがあります。 単身パックは、新生活を始める学生や独身で荷物が少ない一人暮らしの人がよく利用するプランで、特徴としては引越し業者の通常プランよりも、 圧倒的に料金が安い点です。 例えば、近距離の引越しでダンボール20箱の場合、通常の引越し料金プランでは3万円かかるところを、単身パックを利用すれば半額の1万5千円で引越しできます。 ちなみに、単身パックは引越し業者の空き状況によって、各社ともに料金が大幅に変動します。 つまり、一概に『ヤマトの単身パックが最安値!』や、『アートやサカイが1番オススメ!』と断言できるものではありません。 つまり、タイミング次第で最安値の引越し業者が変わるので、ネットの一括見積もりサイトを使って、3〜5社の引越し業者へ、まとめて単身パックの料金の見積もりをすることが安い引越し業者を探す秘訣なのです。 は簡単に一括見積もりができるサイトなので、私が引越しをするときは必ず使っています。 もちろん、他にも引越し侍、ズバット引越し、ホームズ、SUUMOなどの無料引越し一括見積もりサイトはあります。 しかし、本音を言うと、 どの引越し一括見積もりサイトを使ってもあまり大差がない ので、個人的に1番使いやすい引越し価格ガイドを利用するようにしています。 もし引越し業者選びで悩んでいるなら、まずは一括見積もりでシミュレーションをして、 単身パックの相場を把握し、複数の引越し業者を比較することから始めましょう。 間違っても引越し業者のホームページから直接電話をするのは避けてください。 単身パックの料金相場が分からないまま電話をすると、相手の都合の良い条件で進められてしまう可能性があり、思ってた以上に割高で引越しをしてしまい後悔してしまうことも・・・。 単身パックがオススメではない人 単身パックを使えば最安値で引越しできますが、実は 単身パックがオススメではないひともいます。 例えば、ダンボールで35箱以上あって、シングルベッドや液晶テレビ、洗濯機や冷蔵庫などの大型家電があり、すべて運ぼうと考えているひとです。 荷物が多い場合、単身パックを使うとトラックに荷物が積みきらない可能性が高く、往復をしてしまうと 通常の引越しプランよりも、かえって割高になってしまうため、単身パックはオススメできません。 ちなみに単身パックは近距離〜長距離まで、全国対応のプランが多いため、県外へ引越しをするひとも問題なく利用できます。 今回は単身パック選びで悩んでいるひと向けに、日通とクロネコヤマト、アリさんマークの引越社の単身パックの料金の相場を徹底的に比較してまとめてみました。 日本通運(日通)の単身パック 日通の単身パックはS、L、Xサイズの3種類と 単身パック当日便があります。 荷物量に合わせて単身パックの種類を選べるので、往復せずに一度に荷物を運べるように調整ができるので、追加料金がかかることもありません。 近距離で少量の引越しなら日通のワンルームパックがオススメです。 近距離の場合、平日で 16,000円前後とみてよいでしょう。 もちろん引越すタイミングによって料金は変動はしますので参考価格となります。 日通は時間帯を2、3時間区切りで指定できるので忙しいひとは平日の夜遅く(21時)に作業をお願いすることも可能です。 ただし18時〜21時の夜間帯は割り増し料金として追加で2,000円がかかるので注意が必要です。 また、ベッドの解体や洗濯機の給水ホースの設置、エアコンの取り外し、ウォシュレットの取り外しなどもお願い可能ですが、追加料金がかかります。 通常、引越しは軽トラックや2トントラックで運送しますが、日通は長距離引越しをするひと向けに、鉄道コンテナ輸送や海上コンテナ輸送があります。 つまり、北海道から沖縄への引越し、東京から福岡への引越しなどといった長距離でもリーズナブルに引越しができる仕組みがあるのです。 短期間であれば荷物も一時保管して預かってくれるので、入居日と退居日に時間差があるひとは一時保管して入居するタイミングで荷物を引き取ることも可能です。 日通の長所は、楽天スーパーポイントが100円につき2ポイント付与されたり、ANAやJALのマイルが貯められたり、ポンタのポイントをつけることができる点です。 引越し料金は高いので、ポイントが付与される特典はでかいですね。 私は楽天のヘビーユーザーなので、楽天ポイントを貯めて引越しができるのは嬉しいところです。 新生活で家具を揃える時に、貯まった楽天ポイントでお得に買えますからね。 さらに日通の場合、ダンボール箱を無料でもらえ、ふとん袋やハンガーボックスも無料でレンタルできるので、自分で揃える手間が省けて楽チンです。 クロネコヤマトの単身パック クロネコヤマトの単身パックは、単身引越サービスと呼ばれています。 ヤマトの単身パックなら、 15,000円程度で引越しができます。 平日の引越しで2,000円割引や、2週間前の予約で1,000円の割引サービスがあるので、 上手に活用できれば12,000円で引越しができます。 単身パックが安い引越し業者として評判が高いです。 またヤマトの単身パックは、WEB割引もあるので電話で見積もりをするよりも、WEBで見積もりをした方がお得です。 クロネコヤマトはヤマト運輸の宅急便が有名ですが、宅急便のネットワークを駆使して引越しの搬送ができる分、引越し料金を低価格に設定できる仕組みになっています。 ヤマトの単身パックプランは、大学入学や新社会人になるタイミングで地方から東京や大阪へ単身引越しをするひとがよく利用する傾向にあり、好評価な口コミがネット上では多いです。 私も新社会人になるタイミングで、ヤマトの単身パックを利用しましたが、安さだけでなく対応スピードの速さにも驚きました。 壁や床の養生、ベッドの解体、食器や鏡などの割れ物の搬送、粗大ゴミの処分まで、ヤマトのスタッフはテキパキ作業をして、所要時間は開始からたった3時間でした。 安くスピーディーに引越し作業を完了させたいひとは、ヤマトの単身パックがオススメです。 アリさんマークの引越社の単身パック アリさんマークの引越社の単身パックは、 ミニ引越しプランと呼ばれています。 超ミニ、特ミニ、ミニの3種類あります。 ダンボールが10箱、15箱、20箱でプランが変わってきます。 日通と同様に、楽天スーパーポイントが貯まるのでお得です。 近場の引越しで 20,000円程度になります。 大手業者ということもあり価格交渉が難しいため、料金の値下げは柔軟に対応をしてくれない可能性が高いです。 とはいえ、丁寧でスピーディーな対応をしてくれるので、引越し料金分の価値はあります。 またアリさんマークの引越社で契約をすると、クイックルワイパーのハンディタイプなどのお役立ちグッズがもらえるのでお得です。 単身パックの料金が具体的に各ホームページに載っていない理由 最安値の単身パックを探そうと、各引越会社のホームページで調べていても具体的な料金はわかりません。 なぜなら、引越す時期や荷物量、運送距離によって料金が変動するからです。 実際に体験したひとの口コミやレビューを参考にするしかないのですが、調べていると 思った以上に時間がかかってしまいます。 日通VSヤマトVSアリさん、3社のうち最安値の単身パックをすぐに見極める方法は、一括で見積もりをとることが最短でかつ失敗しないやり方です。 で複数の引越し業者へ見積もりをして事前にシミュレーションをして単身パックの相場を把握しましょう。 ちなみに上記で紹介した引越し業者以外にも、格安プランを提供する業者は多くあります。 サカイ引越しセンターのご一緒便コース• フクフク引越しセンターのフリータイムプラン• カルガモ引越しセンターの子ガモ便• クジラのマークのJRC日本引越センターのとくとくプラン• アート引越しセンターのおまかせパック ここまでくると引越し業者が多過ぎて、正直どこの単身パックを選べばいいか悩んでしまいますね。 単身パックの名前は違いますが、どこの業者でも格安プランはもちろんあります。 また距離によっても単身パックの料金は大幅に差がでますが、長距離引越し(100km以上)を得意としている業者なら、単身パックで2〜3万円で引越し可能です。 もし明日引越す予定のひとや、急な引越しで当日中に作業をしなければいけないといった緊急事態でも、ネットで一括見積もりをすれば即日対応OKの最安値の業者がすぐに見つかります。 事前に単身パックの引越し料金をシミュレーションして選択肢を絞りましょう。 単身パックでも各引越し業者によって、大幅に料金が違うことにアッと驚くかもしれません。 事前に単身パックの相場を把握することで、電話で対応する時間が省けて、かつ値引き交渉をすることができるので時間とお金が節約できて便利です。 1社だけ見積もるのではなく、複数社に相見積もりをすることが最近では主流になってきた気がします。 無防備の状態で引越し業者のホームページから見積もりを依頼すると、他社と比較する材料がないので交渉がしづらいです。 事前に価格交渉する上での武器を持った状態でいることが重要なポイントです。 また、一括見積もりをした結果、どれも納得がいかない金額であれば、単身パックをそもそも利用しないという選択肢もありますね。 そもそも引越し業者を利用せずに、軽トラックやハイエースを借りて自力で引越しをする、軽貨物輸送業者の赤帽を利用する、便利屋に搬送作業を手伝ってもらい費用を極限まで抑えるという方法も有りですね。 単身パックは引越しの閑散期(5月〜12月)は安くなりますが、繁忙期(1月〜4月)は 閑散期の2倍以上の価格設定になることもあります。 繁忙期に引越しをするひとは、料金が高い分、節約できる幅が広いです。 今回オススメした3社以外にも、中小引越し業者が提供する単身パックはたくさんあるので、ネットで相見積もりをして単身パックの料金を徹底的に比較してみることをオススメします。 以上、単身パックを賢く選ぶ方法でした。 これから引越しをするひとは上記内容を参考にして、引越し料金を大幅に節約しましょう。

次の

引越し料金、引越し代金の最安値、底値

単身引越し 最安値

このページの目次 CLOSE• ヤマトの単身サービス(単身パック)が安い!荷物少ないなら最安値 荷物が少ないならクロネコヤマトの単身サービス(単身パック)です。 東京から単身パック最安値1. 7万円〜最大値旭川4. 1万円 4月上旬の繁忙期は+5000円 東京都23区(港区)から 値段 旭川 4. 1万円 札幌 3. 8万円 秋田 2. 6万円 郡山 2. 4万円 宇都宮 2. 1万円 港区高輪(同一区内) 1. 7万円 横浜 2. 1万円 金沢 2. 6万円 長野 2. 4万円 静岡 2. 3万円 名古屋 2. 6万円 京都 大阪 神戸 西宮 2. 8万円 松江 3. 2万円 岡山 3万円 広島 3. 2万円 高知 3. 3万円 福岡 3. 6万円 熊本 大分 3. 7万円 鹿児島 3. 9万円 単身サービスの最大金額 旭川〜鹿児島(最長距離):5. 6万円 クロネコヤマト単身サービスを使えば、旭川〜鹿児島の引越しが5. 6万円でできる計算です。 単身パックと赤帽 どちらが安いか? 日通とクロネコヤマトの単身サービスvs赤帽。 どちらが安いか? 最安値としては、以下の表のとおりです。 日通の単身パック ヤマト 単身サービス 赤帽 最安値 1. 6万円〜 1. 7万円〜 1. 3万円〜 最安値はこのとおり。 距離で料金が変わります。 新居に直行してくれるのは赤帽です。 ベッド・自転車がある場合 ベッド、自転車は単身パックだと運べません。 単身パック+別送で送る必要があります。 荷物がある程度多いと単身パック用のカーゴに入り切りません。 赤帽の軽トラ1台で行けるとなると、赤帽のほうが安いことになります。 近所の引越しの場合 赤帽は新居に直行してくれます。 単身パックは直行の場合もありますが、基地に寄って積み替えする場合もあります。 赤帽は貸し切り、単身パックは相乗りです。 引越し業者の都合によるので見積もりのときに聞いたほうがよいです。 長距離の引越しの場合 赤帽は個人事業主なので、その事業主によります。 多くは日帰りできる距離を扱います。 東京からですと200kmを目処に遠くて静岡までです。 長距離を扱う赤帽もいます。 一括見積もりライフルに申し込んでおけば対応できる赤帽が返信をくれます。 単身パックは長距離輸送をしています。 日通は全国回りますが、クロネコヤマトの単身サービスは取扱地域があります()。 全国を回るわけではありません。 単身パックと赤帽は荷物量、距離で最安値が変わります。 ので、確認することをおすすめします。 単身パックの注意点 ・ ベッド、自転車は単身パックに積めません。 観葉植物、ソファーのようなかさばる家具があると場所を取るので単身パックに積み込めない可能性が高いです。 その場合は+別送品(2万円前後)として送る必要があります。 ・ 到着が翌日、翌々日になることがあります。 家電がほぼない独身一人暮らし男性(学生、独身男性)に向いているのが単身パックです。 ・ 当日積み込めないと、別に引越し業者を頼まないといけなくなり、かえって高くなります。 注意が必要です。 積み切れれば安いです。

次の

東京都民の引越しは格安13200円の【株式会社単身引越し.com】

単身引越し 最安値

引越し料金比較. com 〜最安値の見積もりはいくら?〜 引越し料金比較. com 格安・激安・安いをテーマにだいたいの相場・目安・時期などについて。 単身(一人暮らし)でも家族でも簡単に最安値を引き出すには? 引越し一括見積もり(無料)で最安値を提示してくれる引っ越し業者を探そう! 引越し料金の相場・平均はだいたいいくらくらい?3月は高い?カレンダーはどうなっているの?単身者(一人暮らし)の場合は?家族の場合は?これから引越し業者に見積もりを依頼する方にはいろいろな疑問があると思います。 また、できるだけ相場より安い金額で、と誰しもが思うものですよね。 決まった値段があるわけじゃないですから。 このサイトでは、引越し業者の概算価格を比較する前に知っておきたいコツや、評判のいいおすすめネット引越し一括見積もりサービスなどを簡単に紹介しています。 引越し業者に見積もりを依頼する前にぜひ読んでいってくださいね。 1番最初にするのが、依頼先探し 業者さんにお願いするとなると、やっぱりそれなりのお値段がするもの。 費用を安く済ませるには、複数社を比較することが大切です。 損をしないように、じっくり検討してみましょう。 ただ、あんまりのんびりしていると、荷造りなどが間に合わないなんてことも…!当日になってあわてないよう、用意に必要な時間も考慮に入れて、余裕を持って見積もりを依頼するようにしてくださいね。 もし、期日が迫ってきているなら、いますぐ、ゴーです! 一括見積もりについて 引越しを考えているのなら、一括見積もりが便利です。 一括見積もりというのは、複数の業者に同時に見積もりを出せるサービスのことです。 引越しの時は、なにかと費用がかかるものです。 少しでも引越しにかかる費用を減らすことにより、他のことに資金を振り分けられるようになります。 そのためには、なるべく多くの業者から見積もりをとって、比較検討することが大切です。 引越し業者に見積もりをとる場合、いちいちその業者に連絡して、必要事項を書類に記入するなり、スタッフに伝えるなりしないといけません。 それが終わったらまた別の業者と連絡を取ります。 必要事項の伝達は、また一からやり直しです。 こうした作業にうんざりしている人も少なくないはずです。 そうしたストレスを解消するために、活用したいものこそ一括見積もりです。 専用のサイトを通じて、同じ情報を一括で複数の業者に送信できるので、手間がかかりません。 とても便利なサービスです。 一括見積もりの良いところ 引越しをする前に、一括見積もりを利用するケースが増えています。 なぜかというと、一括見積もりにはメリットが多いからです。 一括見積もりの一番良いところは、面倒な作業を減らせることです。 引越しというと、とにかく大変です。 役場への各種届出があったり、公共料金の届出があったり、延々と続く荷造りがあります。 引越し先がまだ決まっていない場合は、それも探さないといけません。 これ以上、面倒な作業を増やしたくありません。 しかし、だからと言って、引越し業者の比較検討は省いてはいけません。 引越し業者に見積もりをとると、同じような内容であっても料金に幅があることが多いからです。 知らないで、1つのところにすぐ決めてしまうと、損をしてしまうかもしれません。 面倒な作業はしたくない。 しかし比較検討して、損になるのは回避したい。 そうした願望をかなえてくれるのが一括見積もりサービスです。 一括で複数の業者に見積もり依頼できるので、比較検討の手間が省けます。 一括見積もりの精度 一括見積もりを利用すると、非常に高い精度の比較検討をすることができます。 引越し業者から見積もりをとると、同じ内容であっても、料金に差が出ることが多いです。 だから引越し業者を選ぶときは比較検討が大切だと言われています。 その差は、見積もりを出す時期も影響してきます。 つまり、その業者にある日に見積もりをとった金額と、別の日にとった見積もりの金額が異なる場合があるということです。 これには引越し業界全体の理由がからんでくることもあるし、その業者独自の事情がからんでくることもあります。 だから、一度に、同じ状況で見積もりをとることがベストなわけです。 1社1社に、見積もりをとっていると、必然的にインターバルが生まれます。 まずパンフレットを取り寄せて、必要事項を記入して、ポストに入れて、ということをやっていると、「今日は疲れたから、残りはまた別の日にしよう」となるわけです。 このことで、比較検討の精度が落ちてしまいます。 一括見積もりなら、同時期に見積もりをとるので精度は高くなります。 一括見積もりの方法 引越しの一括見積もりをするには、いくつかの方法があります。 それぞれのスタイルに合わせて、一番しっくりくる方法を選ぶのがいいでしょう。 一番オーソドックスというか、利用しやすいのがインターネットによる一括見積もりです。 これは、専用のサイトを通じて、フォームに記入し、送信すると、複数の業者から見積もり結果が返ってくるというものです。 ネットなのでいつでもどこでも、好きな時にできます。 電話での方法もあります。 インターネットで申し込むと、いつでもどこでも行えますが、結果が出てくるまで少し待たないといけません。 電話をかければ、その場ですぐに見積もり結果を知ることができます。 電話での一括見積もりは、結果をすぐに知りたい人、急いでいる人向けです。 訪問による一括見積もりもあります。 これは、申込時に訪問日を指定して、自宅にスタッフを呼ぶという方法です。 家財が多い人、また値引き交渉をやってやろうという人にはおすすめです。 早期割引 引越しの予約をするときは、なるべく早めにするようにしましょう。 早く予約をすると、早期割引が適応されて、引越し料金が値引きになります。 値引きされる金額は、業者によっても違いますが、1,000円〜1,500円といったところです。 これは少なくない金額です。 予定が決まっている人は、早めに予約しておいた方が断然お得になります。 ただし、早期割引を行っていない業者の場合、いくら早く予約をしても、割引料金にはならないので注意が必要です。 サイトを確認したりして、早期割引があるかどうか調べておきましょう。 早期割引は、どちらかというと、大手で実施されていることが多いようです。 引越し業者が早期割引を設定するのにはわけがあります。 業者側としても、予定が空いているよりは、埋まっているほうが安心できるわけです。 これは自営業の人ならわかる心理かもしれません。 先の予定が決まっていれば、車の手配も計画的にできるし、業者側も都合がいいのです。 こうした業者側の思惑を徹底的に利用しておくと、得になります。 予約を入れやすい日 せっかく引越しの予定を決めたのに、引越し業者の予約を入れられなかったら意味がありません。 引越しの予定を立てるときは、引越し業者に予約できるか、という観点からも考えていかないといけません。 引越し業者のスケジュールというのは、要するに早い者勝ちで決まってきます。 引越しを頼む側が予約を入れて、業者の方が空いていれば予約成立となり、全ての時間帯ではありませんがその日は埋まります。 そんな風にして、どんどん予定が埋まってきます。 人気のある日はすぐに埋まってしまうし、人気のない日は直前まで空いている、ということになります。 すぐに予定が埋まってしまう日は、土日、祝日などです。 多くの人が、学校やお仕事がお休みになるので、そういう時に引越しを済まそうとします。 また、2〜4月というのは引越しシーズンにあたるので、予約がすぐに埋まってしまいます。 休日や祝日、2〜4月といった繁忙期に引越しを考えているのなら、早めに予約しておいた方が無難です。 空き枠を確認 引越し業者では、空き枠を公開しているところがあります。 タイムテーブルを公開しているということです。 ホームページ上で日時を指定したりして、確認できます。 いつ空いているのかわかるので、こちらも予定を立てやすいです。 引越しの予定を立てるときは、まず自分の中で引越しの日時や時間帯を決めて、それから業者に見積もりをとって、という順番になりがちですが、逆に、向こう側の都合を聞いてから引越し日を決めた方がものごとがスムーズに進むものです。 せっかく予定を決めても、すでに枠が埋まっていたら、受け付けてくれません。 お手頃な料金で、良質な引越しをしてくれる業者を見つけて、予約しようとしたとしても、すでに可能な日は埋まっていて、頼めないということもあります。 料金がリーズナブルで質も高い引越し業者というのは、たいていはひっぱりだこです。 すぐに予定が埋まってしまうものです。 このようなことから、先に空き枠を確認しておく方がいいでしょう。 一括で探して予約する 引越しの予約をとる場合、いちいちその業者の公式サイトに行って、空き枠を確認して、という風にやっていくと面倒です。 一括見積もりサービスを利用すれば、簡単な入力フォームに記入して送信すると、複数の業者から返答が返ってきます。 引越しを予定している日で、空き枠があるのかどうかすぐにわかります。 空き枠があるかどうかを探せるだけではなくて、料金比較もできるので便利です。 また、一括見積もりサービスを利用すると、同じ日にちにいっぺんに予約できるので、相場がわかってきます。 同時にその日は予約が埋まりやすい日なのか、そうでないかというのもわかります。 一回そうしたサービスを利用して状況を把握しておくと、その後にまた比較検討が必要になったときでも、予備知識があるので、有利な条件で予約しやすいでしょう。 一括見積もりで見積もりを取ったところに決める、決めないは別として、予備知識を得るという意味で、利用価値は大いにあります。 相場について 引越し料金の相場について語るのは難しいです。 特定の月の、特定の場所への相場というのなら、まだ語りやすいですが、全体像としての相場というと難しいです。 なぜかというと、引越し料金というのは、非常に幅のあるものだからです。 引越し業者の一括見積もりサービスを利用してみるとよくわかります。 同じ日にち、同じ条件で予約をしてみても、料金にけっこう幅があります。 倍近く開きがあったというケースもあります。 だからこそ一括見積もりをして、少しでもお得な業者を探した方がいいということになるのです。 それぞれの業者で引越し料金に差が出るのでは、その業者がインチキをして水増ししているわけではなく(そういう業者もいるのかもしれませんが)、繁忙期であるかどうか、予約日、その業者でトラックの都合がつきやすいかどうかなどの様々な理由が影響してきます。 前者はまだしも、後者の要因というのは本当に水もの、いつトラックの都合がつくかなんて、その近辺になってみないと予測できません。 だから相場を知るよりは、比較検討でその時ベストな料金を探す方がいいでしょう。 比較検討の大切さ 何事も1つの物事にこだわっていたら視野は広まっていきません。 面倒だからと、外に目を向けるのを拒んでいたら、すごく損をしてしまうかもしれません。 引越し業者を決めるときに、1社だけに決めてしまって、すぐ契約してしまう人がいますが、あれはすごくもったいないです。 たとえばコマーシャルを見て、なんとなくいいイメージを持ったのでとか、大手だから安心だろうとか、そういう軽い気持ちで決めてしまうと、あとで他の業者について調べてみたところ、もっとお得に利用できる業者を発見して、すごく悔しい思いをすることになります。 決断を下す前に、複数の業者から見積もりをとってみて、心を平らにした状態で比較検討してみることをおすすめします。 きっと、違いにびっくりするはずです。 引越し業者の料金というのは、それぞれでけっこう異なるものです。 一括見積もりを利用したことのある人ならわかるはずですが、かなり開きがあります。 まずは比較することを前提にしましょう。 基礎知識 ・ ・ ・ 見積もり依頼の注意点 ・ ・ 料金の値引き交渉 ・ ・ 引っ越し関連リンク ・ - 単身パックの比較。 ・ - 単身パックの解説。 com 2010.

次の