マカ サプリメント。 マカの効能とは? 効率的に摂取できる時間や摂取量・注意したい副作用

マカと亜鉛の効果・効能|併用して副作用とか大丈夫?

マカ サプリメント

マカとは? マカとは、南米ペルーに生息している多年草のことで「アンデスの女王」とも呼ばれているほど、 高い栄養価を持つ植物なんです。 標高4000メートル以上のアンデス高地の厳しい環境で力強く育つマカは、栄養をたっぷりと蓄えるんです。 根は、かぶのように丸みを帯びた形をしていて、この 根の部分を食用として用います。 また、マカの皮の色は効能によって色が変わるため、皮の色で得られる効能が判断できるんです。 実はこのマカ、栽培するのにとても時間がかかるんです。 というのもマカは、生息している土地の成分をすべて吸収するため、 マカを収穫した後の土地には有効成分は残っていないんです。 そんな場所でマカを栽培することはできないため、また5年ほど土地を休ませて栄養を蓄えさせなければいけません。 このように、いつでもどこでも栽培できる、というわけではないんですね。 マカの成長には、時間がかかるからこそ、豊富な栄養価を持つことができるんです。 マカの栄養素や成分 マカの主成分は炭水化物で、たんぱく質が豊富に含まれています。 マカには、アルギニンが配合されています。 アルギニンは、滋養強壮や男性の活力を増強させる効果がある栄養素として有名ですよね。 その他にも、 体内で作る事ができない必須アミノ酸や鉄、カルシウム、銅などのミネラル類が豊富に配合されています。 健康維持に欠かせない、ビタミンC・E・B群なども含まれています。 こういった成分が掛け合わさって、さまざまな効果を発揮するんです。 マカの女性に嬉しい効果・効能 マカにはアルギニンが含まれていて、男性の精力を増強させる効果があります。 では、女性にはどんな効果をもたらすのかを見てみましょう。 ホルモンバランスの調整 マカには、アミノ酸とミネラル類が豊富に含まれています。 それぞれの 成分の含有量バランスも絶妙で、整ったバランスの栄養素がホルモンバランスを調整してくれます。 生理痛や生理不順を緩和する効果 女性ホルモンの一つに、エストロゲンというホルモンがあります。 マカは、その エストロゲンにとてもよく似た作用を持っている「植物性エストロゲン」なんです。 生理痛や生理不順などはホルモンバランスの乱れから引き起こされるため、 ホルモンバランスを整えることで生理痛や生理不順を改善することができます。 不妊症の改善効果 マカは男性の精力を増強させる効果がありますが、女性には不妊を改善する効果があるんです。 不妊の原因は数多くありますが、原因の一つとしては、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。 もし、ホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされている不妊症の場合は、 マカを摂取してホルモンバランスを整えることで不妊症を改善することができます。 更年期障害に効果 更年期障害は、45歳~55歳の間に引き起こしやすいです。 この時期は閉経が近いため、だんだんとエストロゲンが分泌されにくくなって分泌量が減少します。 エストロゲンが、分泌されにくくなることで女性ホルモンのバランスが大きく傾き、イラだちやめまいなどといった症状を伴う更年期障害を引き起こすんです。 更年期障害はホルモンバランスを整えれば症状を改善することができ、 「植物性エストロゲン」のマカは女性ホルモンのバランスを整えることができます。 美容・美肌効果 アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進するといった働きがあり、この 成長ホルモンは新陳代謝を促進する作用を持っているんです。 成長ホルモンは歳を重ねるにつれて減少していく傾向にあるため、マカのようにアルギニンが配合されている食品から摂取する必要があります。 新陳代謝が促進されると肌のターンオーバーが正常に行われ、 肌を作り替えられやすくなって、美しい肌を保つことができるんですよ。 ダイエット効果 アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進する働きだけでなく、 筋肉の生成を促進する働きもあるんです。 筋肉が増えれば、それだけ日常生活で消費するエネルギーの量は増加し、普通に日常生活を送っているだけで多くのエネルギーを消費してくれるのです。 マカからアルギニンを摂取すれば筋肉量が増え、普段の日常生活で エネルギーと脂肪を燃焼されることでダイエット効果が期待できます。 抗酸化作用 マカは、美容に欠かせない抗酸化作用も持っています。 肌が酸化するとシワやシミなどといった、さまざまな肌トラブルを引き起こします。 抗酸化作用を持つマカは、 肌が酸化するのを防ぐことで肌の老化を予防改善してくれるんですよ。 マカの1日の摂取量は? マカの摂取量の目安は、 1日1,500mg~4,000mgとされています。 健康を目的として摂取する場合は、1日1,500mgからはじめ、少しずつ増やしていくようにしましょう。 ただ、ホルモンバランスの調整や不妊症などの改善としてマカを摂取する場合は4,000mgずつ摂取していくと効果を実感しやすいです。 マカの副作用 そもそもマカは健康食品のため、 多くても4,000mg以上摂取しなければ副作用が現れることはほぼありません。 ただ、体質によっては下痢を引き起こす可能性があります。 また、マカはアブラナ科の植物です。 キャベツや芽キャベツ、ブロッコリーやカリフラワーなど他のアブラナ科の食品でアレルギーが現れる場合は摂取を控えた方がいいです。 マカと亜鉛の関係性 マカのサプリメントの成分表示を見たことはありますか? マカのサプリメントには、亜鉛が一緒に配合されていることが多いです。 実は、 マカは亜鉛と一緒に摂取すると相乗効果を発揮するんですよ。 マカ自体に亜鉛も含まれていますが、マカと亜鉛が一緒に配合されているサプリ等もあります。 マカと亜鉛が一緒に含まれているサプリメントは、より高い効果を得られるため、おすすめです。 おすすめのマカサプリメント では、マカが配合されているサプリメントには、どういったものがあるのでしょうか? DHC「マカ」 マカ10倍濃厚エキス配合のDHCのマカサプリメント。 女性のリズム調整や活力あふれる毎日をサポートします。 さらに、亜鉛、冬虫夏草、ガラナ、セレンも配合。 着色料に、が使われているので、比較的安価です。 マカ以外にも、ママと赤ちゃんの健康を考えた葉酸やピニトール、亜鉛酵母などの成分を配合。 合成着色料など無添加で安心。 マカは、国産マカで安心・安全・高品質。 ビタミンやミネラルも摂れるオールインワン妊活サプリです。 合成着色料・香料・保存料未使用の安心の無添加。 ホルモンバランスの調整や更年期障害、美容や美肌にも効果が期待できます。 副作用も基本的には、アブラナ科の食品にアレルギーがある方は気を付けましょう。 また、マカは亜鉛と一緒に摂取することで相乗効果を発揮するため、マカサプリメントを選ぶ際は、亜鉛が一緒に配合されているものを選ぶようにしましょう。

次の

マカとは・効果を知って失敗しないサプリの情報を知る

マカ サプリメント

亜鉛の効果• 体内酵素の活性化• 味覚機能の維持• 免疫力の向上• 活性酸素の除去• 新陳代謝• 精神安定• 胎児の成長• アルコールの分解• 美白効果• 男性・女性ホルモンの分泌 マカと亜鉛の効果を見てみると特有の効果もありますが、 似た効果があることが解ります。 マカにも亜鉛にも人間が生きていく上で大切な機能を維持したり、向上する効果があります。 特に 性機能については、どちらも男女関係なく、 効果があることから 不妊症、 EDなど性機能に障害を持っている人に注目され、マカや亜鉛の配合されたサプリメントを摂っている人も多くいます。 マカと亜鉛を一緒に摂った方が良い理由は、 同時に摂取することで相乗効果が期待できるからです。 元々それぞれを摂るだけでも十分効果がありますが、さらに同時に摂ることでそれぞれの効果以上の効果を上げることが出来ます。 マカには、亜鉛が含まれており、亜鉛と一緒に摂ることで亜鉛の吸収を高めるという嬉しい効果もあります。 マカと亜鉛を同時に摂った方が良いことが解りました。 マカと亜鉛を効率的に摂るのに一番いい方法は、 『マカと亜鉛が配合されたサプリメントを飲む』ことです。 マカと亜鉛が配合されたサプリメントを飲むことのメリットは、• 面倒くさくない• 経済的でお財布に優しい• 続けやすい• マカと亜鉛の相乗効果を実感できる です。 マカのサプリメントや亜鉛のサプリメントがたくさん発売されていますが、別々の商品を飲むよりも 一つのサプリで同時に2つの成分を摂った方がとても効率的です。 サプリメントというものは、即効性は無く、継続して摂り続けることで効果を実感するものなので、続けやすいことも重要なポイントになります。 忘れずに長い期間、飲み続けるためには、面倒くさくないことも重要です。 2種類、3種類、違うサプリメントを飲むというのは、とても面倒くさいし、経済的じゃありません。 1つのサプリメントで2種類、3種類のサプリメントを飲む効果と同じ効果があるのならば、 たくさんの有効成分の入ったサプリメントを選びましょう。 その際、特に気を付けたいポイントは、 『天然の成分の入ったものを選ぶこと』です。 天然の成分を配合しているのか、亜鉛の多く含まれる牡蠣エキスの 牡蠣の原産地などにもこだわって選ぶことで、安全でより効果を実感することが出来ます。 またマカについては、マカがどのような状態で配合されているか製法によっても変わって来るので確認した方がいいでしょう。 一日の目安量や形状によっても飲みやすさは、変わって来ます。 ソフトカプセルの方が錠剤に比べると においも気にならず飲みやすく、一日の目安量が少ない方が続けやすいです。 サプリメント選びの参考にしてみて下さい。 亜鉛の過剰摂取 亜鉛は、基本的には副作用の少ないミネラルです。 しかし、 を起こしますが、 過剰摂取した場合にも不調を引き起こします。 過剰摂取による不調は、• 発熱、頭痛• 腎臓障害• 神経障害• 倦怠感• 免疫力低下 などです。 上記の症状は、あくまでも長期にわたって過剰摂取した場合に起こる不調です。 また1日に20,000mg以上の亜鉛を摂取してしまった場合は、急性中毒になる危険性もあります。 普段、食事やサプリメントなどでいつもより多く亜鉛を摂取した場合、余分な亜鉛は、尿や便となって排出されるようになっています。 しかし、毎日大量の亜鉛を摂取し続けて、長期間摂り続けてしまった場合には、不調が起こります。 せっかく体調を良くするために摂取しているのにこれでは全く意味がありません。 サプリメントに記載の一日の目安量を守って飲むことで副作用の危険性から体を守ることが出来ます。 何事も「継続は力なり」です。 効果を期待して焦って大量に飲んだりせず、正しい用法を守って継続して飲み続けることで、理想の効果を得ることが出来ます。 いつまでも若々しく、元気な身体を手に入れましょう!.

次の

マカサプリメントの効果とは|副作用やおすすめの飲むタイミングも紹介

マカ サプリメント

マカとはどのような植物か マカとはペルー原産のアブラナ科の植物(大根と同じ種)で、蕪(かぶ)に似た形態をしており、主にその根の部分が食用として利用されています。 別名でアンデス人参と呼ばれることもあります。 マカが育つアンデスの高地は1日の温度差が30度近くあり、自然環境が過酷なため、植物や樹木がほとんど育ちません。 そのため土壌にはミネラル分が豊富に含まれたままになっています。 そんな土壌でマカは大地の栄養をたっぷり吸収して成長します。 一度成長したマカを収穫すると、その土地ではその後5年はほかの植物が育たないとされるほど、マカは大地の栄養を吸収して大きくなるのです。 このマカの生育状況からわかるように、マカは大変栄養価が豊富で、現地では貴重な食料であり、ひとびとの栄養源になっています。 現地では男女問わずにマカが食されていますが、特に身体能力を向上させる食材、健康長寿食材として重宝されています。 そして元気な子供を授かるためにもマカが重要な野菜と考えられているのです。 ちなみにマカにはいろいろな種類があります。 白マカ、赤マカ、黒マカ、黄マカなど、さまざまです。 そして色の違うマカごとに効果効能も異なることが報告されています。 中でも黒いマカは収穫量が大変少なく「幻のマカ」とされています。 現地でも乾燥させて粉末にしたマカが利用されていますが、これはマカが保存食にも適していると考えられているからです。 また粉末にする前の乾燥マカは野菜や肉との煮込み料理として食されています。 マカジュースも現地ではポピュラーな飲み物だそうです。 マカの効果・効能 マカには以下のような効果・効能が期待されています。 例えばマカに含まれるアルギニンによる血流促進作用、ビタミンEによる抗酸化作用、亜鉛の新陳代謝促進作用などが美肌に不可欠です。 どのような作用(作用機序・メカニズム)があるのか マカの根にはリノレン酸、パルミチン酸、オレイン酸を含む脂質、必須アミノ酸、鉄、カルシウム、銅、亜鉛といった栄養素やミネラルが豊富に含まれるため、まずは食品として栄養価が高く、栄養補給になる、ということがいえるでしょう。 特にアミノ酸の中でも、アルギニン、プロリン、リジン、ギャバといった、機能性が高く報告されている成分の含有が高いこともメリットです。 これらの栄養素が一度に摂取できるというのはマカの素晴らしさであり大きな特徴です。 そして、摂取した複数の有効成分が複合的に働き合うことで、滋養強壮、疲労回復、美容効果、更年期障害の緩和などに役立つのではないかと考えられています。 マカに特徴的に含まれる機能性成分として「ベンジルグルコシノレート」があります。 マカのさまざまな効果効能はこのベンジルグルコシノレートによるものではないか、といわれるほどの強力な成分です。 ベンジルグルコシノレートには成長ホルモンの分泌を促す作用、抗肥満作用、持久力向上、抗疲労作用あると考えられており、この成分の研究にも注目が集まっています。 ちなみに同じアブラナ科の大根やブロッコイリー、からしなどにもグルコシノレートが含まれていて、こちらもファイトケミカル(抗酸化物質)として知られています。 どのような人が摂るべきか、使うべきか マカは、妊活や男性機能のサポートなどを目的に摂取するものと思っている人が多いようですが、実は中高年以降の男女に有効な成分です。 仕事が忙しく、食事からの栄養摂取が不十分でバランスが悪い人、疲労感が強い人、若々しさを保ちたい人、病気の後の体力回復に、産後の体力回復に、更年期の不調を緩和させたい人などに特におすすめです。 むしろ、妊娠を促したり性機能を改善したりするための「薬」ではありませんし、即効性もありません。 しっかりとした食生活や運動といった健康維持を行った上で、体質改善、体力向上のためにマカを併用するのであれば、妊活などにも有効かもしれません。 現地のペルーでもあくまで老若男女の健康維持のための日々の食事の中で利用されているものです。 マカの摂取目安量・上限摂取量 マカは一般の食品と野菜と同じ位置づけですから、摂取量の決まりはありません。 しかしサプリメントで摂取する場合には、信頼できる製品を選び定められた用途・用量を厳守する必要があります。 また医薬品のような即効性もないので、過度に効果を期待し、大量摂取や過剰摂取をしないように注意しましょう。 安全性については、1日3gまで12週間の継続摂取での安全性が確認されています。 マカのエビデンス(科学的根拠) マカの効果効能については多数のエビデンスが報告されています。 これによると一定のストレスを与えたメスのラット2つのグループに分け、ひとつのグループには餌にマカを、もうひとつのグループには通常の餌のみを与え、卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモン FSH と黄体刺激ホルモン(LH)について変化の測定を行っています。 すると、マカ入りの餌を食べていたメスのラットチームはFSH、LHともに優位に上昇し、マカがストレスを緩和させ、ホルモンバランスを正常にしたことを示唆する、と報告しています。 またこのメスのラットは妊娠しやすい状態であることも確認され、これらについてイギリスの学術誌で論文発表されています。 これら2つの研究からも、マカに含まれるベンジルグルコシノレートだけが効果的というより、マカそのものに大きな健康パワーが秘められていることが示唆されます。 研究のきっかけ(歴史・背景) 2000年以上も前にインカの原住民によってマカの栽培が開始されたことや、200年以上前の現地の記録には家畜の繁殖能力を高める目的でマカが利用されていたという記録が残されています。 マカは1980年頃に生産地のペルーで絶滅の危険に直面したそうです。 しかし、ペルーの政府の指導によって「健康増進植物」と位置づけられ、栽培強化が推進されたため、1994年頃には生産耕地が40ヘクタールまでに改善したそうです。 さらに1994年頃にはアメリカに滋養強壮、体力向上などの健康機能がある食品として紹介されたことで各国から注目を集めることとなり、1999年には1200ヘクタールの敷地で栽培されるようになったといいます。 日本には1998年にペルーの特産品として、当時のフジモリ大統領によって紹介され、健康ブームとの相乗効果もあり注目を集めるようになりました。 当初は強壮の効果ばかりが注目されていましたが、現在に至るまで幅広い研究が行われるようになり、マカのすぐれた栄養価や多岐にわたる機能性に再び注目が集まっています。 現在では、アメリカや日本だけでなく、欧州でも需要が伸びています。 ペルーとしては国の重要な作物としてマカを守るために、マカの原料の輸出は禁止しています。 そのため国産などのマカは存在せず、現地で乾燥・加工といった処理が行われたものが日本やその他の国へ輸出されています。 つまり、マカを野菜として食べてみたくても、このような事情から日本ではサプリメントやパウダーで摂取するしか方法がないのです。 しかし近年、日本では不可能とされていた国産のマカ栽培に成功した企業もあります。 ペルー政府が禁止する前に輸出したマカの種を20年以上の歳月をかけて国産マカとして誕生させたそうです。 そのため国産マカも入手できるようになっていますが、現地のマカと栄養価などに違いがあるようです。 専門家の見解(監修者のコメント) 鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科の研究において、更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害に対し行われるホルモン補充療法のひとつとして、マカの効果が十分期待できるものと考えられると発表(「医学と生物学」第145巻・第2号・2002年8月10日)。 ただ、マカに対する効能について、日本ではエビデンスが希薄であると考えている専門家が多いようです。 ただ株式会社アイロム医学顧問の田部井徹氏は、医学専門誌『産婦人科治療 2』に掲載された論文の最後に 「日本では、更年期障害などの更年医学を扱う医療従事者が機能性食品あるいは医用食品(Medical Food)による補完代替医療に関する知識が希薄であり、マカの更年期障害に対する臨床効果を熟知していないと推測される」 「日本の更年期女性における科学的な臨床データがない点は遺憾であるが、今後、Maca-GOによる臨床的な有効性/安全性が、科学的な視野から検討されることを期待する」 と述べています。 日本ではまだ専門家の認識にもばらつきがありますが、今後更なる研究が進み、科学的根拠が示されることを期待します。 マカを多く含む食べ物 マカは天然の野菜であり、わずかに国産があるとはいえ、マカを野菜として食べることは一般的には難しいでしょう。 マカの栄養を取り入れたい場合は、サプリメントやマカパウダーといった加工されたものを摂取するしかありません。 しかしながらマカの商品には多数あり、どれを選んだらいいかわからない、という問題に直面します。 しかも摂取量も決まっていませんから、選ぶポイントが定めにくいでしょう。 マカの選び方のポイントとしては、含まれる有効成分を明確にしていることと、できればそれぞれの含有量まで記載していることを一つの基準とすることが望ましいといえます。 マカの商品を提供する主要メーカーはマカの生産地、商品化までのプロセス、現地での収穫や加工の様子など、メーカーごとにホームページで紹介しています。 成分含有量についても各社が実施し提供したものに頼るしかありませんが、報告している企業がほとんどです。 当然このような情報がないよりはあった方が信頼できるでしょう。 逆に、妊活の効果や性機能改善だけを強調するような表示をしたり、即効性を謳ったりしているものは不誠実な商品の可能性が考えられますので、よく調べるようにしてみてください。 1か月程度継続してみて、何も体感するものがなければ、違うメーカーのものに変えるか、他の成分を探すのもひとつです。 相乗効果を発揮する成分 マカと他の健康成分の相乗効果に関する研究はほとんどありません。 マカを他の成分と摂ることで、相乗効果がある場合もあるいは相殺されてしまうこともあるかもしれませんし、何より、摂取したサプリメントでの体感がわかりにくくなるので、まずはマカを摂取する場合は単独で試した方が良いでしょう。 ただし、大手メーカーなどから、マカに亜鉛やコエンザイムQ10を配合した商品も多数登場しています。 それぞれの商品のコンセプトを理解し、何を目的にしているのかを理解した上で、自分に必要なものであれば試してみるのもひとつです。 マカに副作用はあるのか 基本的にマカは野菜=食品ですから安心して摂取できます。 しかしサプリメントや健康食品として精製されたマカエキスの場合、含有量や原材料にこだわって商品を選ぶ必要があります。 またマカ以外に入っている成分についても確認する必要があります。 一番注意すべき商品は、あたかも医薬品のように仕立てている商品です。 副作用の恐れも考えられますから注意が必要です。 また妊娠中の方と授乳中の方の摂取は、どのような影響があるかわからないので、避けた方が良いでしょう。 医薬品との相互作用については、関節リウマチなどで処方されるロキソプロフェンを服用中の73歳の男性が、マカを4日連続摂取し(摂取量は不明)息切れを感じ、医療機関を受診したところマカ加工食品が原因の薬剤性肺炎と診断されたケースがあります。 医薬品を摂取している人は主治医にも必ず相談しましょう。

次の