モノタロウ株価。 目標株価まとめ

モノタロウの快進撃が止まらない、6期連続最高益を支えるIT基盤とマーケティング |ビジネス+IT

モノタロウ株価

このランキングは、「Innovation Premium」と呼ばれる独自の指標により算出されたもので、時価総額が20億~100億ドル(約2200億~1兆1200億円)と中堅の公開会社を対象としています。 ちなみに、日本企業では同社以外に、5位にエムスリー(2413)、21位にカカクコム(2371)、25位に日本M&Aセンター(2127)が選ばれていました。 そもそもモノタロウとはどのような会社か? では、モノタロウ(3064)とはどのような会社でしょうか。 2016年12月期売上高は約696億円、連結従業員数は約336名と、比較的小規模なサイズです。 モノタロウの最大の特色は、「間接資材」を商材として取り扱っていることです。 間接資材という言葉はあまりなじみがないかもしれませんが、言い方を変えれば、「モノを作るときに使われる金属やプラスチックなど原材料以外の資材」ということになります。 具体的には工具、軍手、安全靴、保護用品、梱包用ガムテープなどです。 これらの商品は、もちろんホームセンターで買うこともできますが、モノタロウの場合、取り扱いアイテム数は1,000万点と大量の商品を取り揃えていることや、即納体制が整っていることが強みとなっています。 ちなみに、現時点での当日出荷品は50万点、翌日出荷品は40万点強に達しています。 こうした便利さが評価され、2017年3月時点の顧客口座数は233万口座と10年前に比べて約10倍に拡大しています。 モノタロウのどこがすごいのか? 「現場の味方」であるモノタロウは、株式市場でも注目度が高い銘柄です。 実際、直近の株価は2006年12月の上場初日と比べて約21倍に上昇しており、上場来高値(2016年6月の4,025円)にあと一歩の水準にまで近づいています。 また、上場当初は約270億円に過ぎなかった時価総額も、直近では4,900億円弱にまで拡大しています。 ちなみに、株価パフォーマンスについては、今回の革新的な成長企業ランキングで日本企業としてはトップに立ったエムスリーを上回るものです(エムスリーの直近の株価は2004年9月の上場初日比で約16倍)。 参考:『』 では、このように評価されてきた背景はどこにあるのでしょうか。 まず第1は、高い成長性と高い収益性の両方を実現してきた実績です。 同社の創業は2000年10月、上場は創業から6年後の2006年12月ですが、上場初年度と比較すると直近の2016年12月期の売上高は7. 6倍、営業利益は20. 5倍にまで成長しています。 この間、売上高は毎年増収を続け、営業利益については2009年12月期を除き増益を確保しています。 また、営業利益率も2010年12月期は7%でしたが、2016年12月期には14%に達しています。 さらに、ROEは過去2年間、40%超という極めて高い水準を確保しています。 第2は、持続的な成長に向けた先進的な取り組みが行われていることです。 具体的には、AI(人工知能)を活用したマーケティングの強化、ロボットを活用した物流の省人化の推進などです。 こうした取り組みにより、豊富な商品点数や短い納期などで顧客満足度を高めることで新規顧客を獲得し、また既存顧客からはより多く買ってもらうといった好循環が実現されていくことが期待されています。 今後の注目点 最後に、今後注意すべきポイントについて考えてみたいと思います。 まずは、最近のEC業界で起こっている「宅配クライシス」の問題を乗り越えられるかということです。 ご承知のように、運送業界の人手不足は深刻であり、ヤマト運輸がアマゾンの当日配送から撤退するという事態にまで発展しています。 同社もヤマト運輸を配送業者として使っているため、今後、倉庫内ピッキング作業の自動化を強力に推進するなどの自助努力で、運送コストの上昇が吸収可能かを注視したいと思います。 また、「BCP(事業継続計画)」の動向についても注目したいと思います。 最近のアスクル倉庫の大規模火災の例を持ち出すまでもなく、EC事業者にとって物流倉庫は事業の生命線です。 その一部がなんらかの事態によって使えなくなった時に、すみやかに別の倉庫で対応できる体制が構築されているかについては、常に注意が必要ではないかと考えられます。

次の

【通販モノタロウ】

モノタロウ株価

(出典:プレスリリース) モノタロウは、兵庫県に本社を置く事業者向け工業用間接資材の通信販売会社である。 2015年にはテレビCMの放映などでメディアへの露出も増えており、目覚しい成長と株価の伸びに注目した人も多いことだろう。 モノタロウの販売商品は多岐にわたり、製造業・工場業・自動車整備業などの中小企業が中心顧客となっている。 取扱商品は900万点を超え、2015年5月からは医療・介護用品の取り扱いも開始。 登録会員数は177万口座を突破した。 急成長を遂げているモノタロウ。 2015年度決算によると、売上高は約556億円(前年比26. 2%増)、純利益は約47億円(前年比65. 9%増)と2014年に打ち出した計画通り、順調に推移している。 驚くべきは、ROE(株主資本利益率:出資に対する利益率)は30%を超えていることだ。 株式投資の際には12~15%以上が望ましいとされるROEにおいて、30%超は非常に優れた数値で、競合企業とROEを比較してみると、アスクルが6. 8%、トラスコ中山が8. 3%、ミスミグループが11. 5%となっている。 モノタロウがいかに効率よく利益を上げているかが分かる。 モノタロウでは、ITを使った購買プラットフォームを構築することで、これまでの間接資材調達の形を変えてきた。 創業当時から、日本ではほとんど利用されていなかったプログラミング言語「Python」に着目。 ユーザー向けのECサイト「monotaro. com」から、顧客管理、商品管理、在庫管理、受発注などの基幹システムまで、ほぼすべての領域においてPythonで構築されている。 このため会社全体の正社員のうち、2割以上(約230人のうち50人以上)がIT部門である。 2015年4月に入社した新入社員も、30%がIT部門に配属されるなど、エンジニアを積極的に採用している。 Pythonのユーザーカンファレンス「PyCon JP 2015」にも協賛するモノタロウ。 最近の大きな取り組みとしては、お客様が商品をバスケットに投入した後の注文画面から注文完了までのステップ数の削減や、類似商品を一覧から効率よく絞り込む機能の追加などを行った。 小規模な開発を含めれば、月に約10件以上はWebサイトの機能改善を行っているという。 テレビCMによるマスへの認知度向上は会員増に結びついたのか 売上を伸ばすためには顧客数の獲得が必須となるため、戦略的なプロモーション施策が重要になる。 モノタロウは、オンラインとオフラインの両面からプロモーションを盛んに行っている。 オンラインでは、インターネット広告の出稿と検索エンジン最適化(SEO)を軸とした宣伝を盛んに行なった。 また、スマートフォンからのトラフィックに対応するため、スマートフォンアプリも提供している。 オフラインで特筆すべきは、テレビやラジオでCMを放送してプロモーション活動を行ったことである。 放映エリアは2015年を通して徐々に拡大し、最終的には一部地域を除いて日本全国での放映となった。 もちろん、それ以外にもFAX・Eメール・郵送チラシによるDM、カタログ発刊などによっても宣伝活動を展開した。 これらの宣伝が功を奏して認知度が順調に向上している。 月間新規獲得口座数の推移を見ると、2014年の平均が24. 3万口座であったのに対し、2015年では平均32. 45万口座へと増加。 なお、2015年の1Q平均は30. 2万口座、2Q平均は31. 6万口座、3Q平均は34. 0万口座、4Q平均は34. 0万口座と増加していることからも、1年を通して宣伝効果がはっきり表れてきたことが分かる。 また、オンラインとオフライン両面からの宣伝活動の結果、現在受注方法の約90%はオンラインでの受注となっている。 10年以上前の2003年はオンラインの受注が30%以下、FAXの受注が約70%を占めていたというから大きな変化だ。

次の

モノタロウ株価116倍神話崩壊か…と思いきや驚異の株価復活!!

モノタロウ株価

【領収書について】 クレジットカードをご利用の場合のみ発行させていただいております。 領収書発行をご希望の際は、下記の問い合わせフォームにて「お問い合わせ内容」欄にご注文番号・宛名・送付先住所をご記入の上、ご連絡ください。 [ ] その他のお支払方法によるご注文ついては下記の通りです。 ・商品代引:配達時にドライバーより手渡される、代引金領収書が公的領収証となります。 ・NP後払い:(株)ネットプロテクションズより送付されます請求書に貼付の「払込受領書」をもって公的領収証とさせて頂いております。 ご利用者が未成年の場合、法定代理人の利用同意を得てご利用ください。 【配送料】 3,850円(税込)以上のご注文で配送料無料です。 3,850円(税込)未満の場合は配送料550円をご請求いたします。 何卒ご了承下さいますようお願いいたします。 【ご注文の変更・キャンセルについて】 ・ ご注文は速やかに受注・出荷処理致しますので、原則、変更・追加・キャンセルはお受けできません。 ・出荷作業に入りましたご注文に対する変更・キャンセルは、返品扱いとなり費用をご負担いただくこととなります。 ・また追加のご注文は新規ご注文としてお受けすることとなり、注文後に同梱手配をご依頼頂いてもシステム上お受けできかねます。 送料等追加費用が発生いたしますので、ご注文確定前に内容を十分ご確認ください。 【お届けについて】 各商品ページにて、発送日数をご確認ください ・出荷目安が、翌営業日以内出荷〜6営業日以内出荷の商品につきましては、全て揃い次第出荷致します。 日数を要する商品や、出荷元が異なる商品に関しましては分納させて頂く場合がございます。 ・商品をお受け取りになれない場合は、配送業者からの不在連絡にてご対応お願い致します。 ・配達日時指定、配達店止め、宅配BOX指定のご要望は当ストアではお受け致しておりません。

次の