フランス 辻仁成。 辻仁成の息子(名前は十斗)愛が素敵!南果歩との子供も早や成人に

中山美穂の離婚理由は一体何だったのか?やはり元旦那(夫)の辻仁成との関係が原因?

フランス 辻仁成

作家、ミュージシャン、映画監督といくつもの顔を持つ辻仁成さん。 近年は、パリで一人息子を育てながら精力的な創作活動を続けている。 そんな辻さんの9作目となる映画監督作『TOKYOデシベル』が公開中だ。 原作は、『音の地図』という小説で、1996年には三島由紀夫賞の候補にもなった。 映画の公開にあわせて日本に戻った辻さんは、原作小説を執筆した当時のことをこう振り返る。 「バンドを始めた20代の頃、深夜にボーッと窓を開けていたら、波の音が聞こえたんです。 『あれ、海なんかあったっけ……』と窓の外を見たら、遠くに高速道路があって。 深夜、車が1台サーッと走ると、波みたいに聞こえるんですよ……」。 パリに拠点を移して15年。 海外生活を経て、今の辻さんの目に映る東京の姿はどう変わったのだろうか。 映画について、パリでの生活について、子育てと仕事の両立について、ざっくばらんに語ってくれた。 今、なぜ『TOKYOデシベル』の映画化だったのでしょうか? 『TOKYOデシベル』ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて公開中 (C)「TOKYO DECIBELS」製作委員会 【辻】2011年の東日本大震災のとき、停電で東京が真っ暗になりましたよね。 すごい事態になったなと思いながら、昔のようにホテルで東京の音を聞いたんです。 『音の地図』を思い出して、「これ、今撮らなきゃダメだな」と思ったんですよ。 もう15年パリに暮らしています。 だから、日本に帰ってくるたびに異邦人みたいな感覚になっていて……。 25年くらい前の、函館から出てきた辻青年が見て「カッコいい」と思った東京と、今パリから帰ってきて僕が見る東京は違うんですよ。 パリに住んでいると、フランス人の友人たちが「東京はカッコいい!」って言うんですよ。 僕は「どこがいいの? あんなごちゃごちゃした街?」と思うんだけど(笑)。 新宿・歌舞伎町のごちゃごちゃした感じなんかを、みんな「すごくカッコいい」って言う。 でもこの感覚が、だんだんわかるようになってきたんですよね。 きっと日本人が気づかない、東京人が知らない東京みたいなものがあって、それを撮りたかった。 でもできてみると、「日本人に向けた、東京を新しく発見する映画」になったんじゃないかなって思います。

次の

辻仁成の息子(名前は十斗)愛が素敵!南果歩との子供も早や成人に

フランス 辻仁成

辻仁成の子供は何人?息子の母親は南果歩?中山美穂? 辻仁成さんは子供がいることでも有名ですが、 現在は何人の子供がいるのでしょうか? 辻仁成さんは、1995年に渡辺謙さんの元妻である南果歩さんと結婚しています。 辻の書いた小説『クラウディ』がきっかけといわれている。 彼の作品に惹かれた南は、徐々に辻との距離を詰めていったそう。 南果歩さんは、辻仁成さんの作品に惹かれたことがきっかけで辻仁成さんと交際を開始しています。 そして、 1996年に一人目の息子が生まれています。 この時、南果歩さんは帝王切開で子供を出産しています。 南果歩さんとは、 2000年の子供が4歳の頃に離婚しました。 ちなみに離婚の原因は辻仁成さんの不倫だったそうです。 わずか5年の結婚生活に終止符を打った南果歩さんと辻仁成さんですが、その離婚原因は辻仁成さん側の不倫でした。 不倫相手は、なんと2013年に三谷幸喜さんが再婚した元女優のyumaさんです。 親権は、南果歩さんが持ち、その後渡辺謙さんと結婚した際には養子として渡辺謙さんが引き取っています。 辻仁成の子供の年齢は? 1996年に生まれているので、南果歩さんとの間に生まれた 息子は現在22歳になっている年齢ですね。 ただ、芸能界デビューなどもしていませんので一般人として生きているようです。 その後、南果歩さんと離婚した辻仁成さんは、女優の 中山美穂さんと再婚します。 2人は、辻仁成さんが離婚した1年後の2001年に出会い、意気投合したそうです。 その後、なんと8カ月というスピード交際の末に結婚しています!8ヶ月は早いですね。 結婚後は、フランスのパリで新婚生活を送っていたそうです。 そんな中、2004年には息子も誕生しています。 2004年に生まれているので、現在中山美穂さんとの間に生まれた息子は15歳になっています。 しかし、結婚生活も長くは続かず10年目を迎えたあたりから、こじれてしまったそうです。 その後二人は離婚。 中山美穂さんは、他の男性と交際していた噂もありました。 辻仁成さんは、過去の南果歩さんとの離婚で息子の親権を渡したことを強く後悔していたそうで、中山美穂さんとの離婚では親権を争う形となり、 辻仁成さんが息子の親権を獲得しました。 「今後は息子とふたりで生きていくことになります」と10歳の長男の親権は辻が持つこまた「ぼくと生きたいと望んでくれた息子の気持ちにこたえられるよう、父親としても頑張りたいと思います」と決意をつづった。 ということで、辻仁成さんには 現在子供が2人いました。 子供達の母親は、南果歩さんと中山美穂さんでした。 スポンサーリンク それが、こちらの男の子です。 こちらが、辻仁成さんの息子ではないかと言われていますが 実は息子ではないようです。 こちらは辻さんの著書を自ら監督した映画「ACACIA」に出演した 「林凌雅」君。 お間違いなく。 役者の男の子だったんですね。 残念ながら、辻仁成さんの 2人の息子の顔は一切公開していません。 辻仁成の子供(息子)の名前とフランス語の関係 辻仁成さんの息子の名前は明らかになっているのでしょうか。 一般人ということですからあまり情報は少ないですが、 名前に関しては明らかになっているようですね。 本物の辻さんの息子さんの名前は 十斗と書いて「じゅうと」君と言います。 これは、フランスで生まれ、これからもフランスで育って行くだろうという息子を思い、フランス語の発音でもしすいことを考えてつけられた名前だそうです。 残念ながら、南果歩さんとの間に生まれた息子の名前は公表されていませんが、中山美穂さんとの間に生まれた子供の名前は「じゅうと」くんだそうです! じゅうとくんと、フランス生まれのフランス育ちです。 なので、フランス語は第一言語でしょうね。 中山美穂さんが辻仁成さんと離婚したとき、じゅうとくんは10歳。 10歳で、日本に帰るお母さんを選ぶか、フランスに残るお父さんとの間で決断しないといけない状況だったそうです。 中山美穂さんは、この離婚で「子供を捨てた母親」としてのレッテルを張られてしまったそうですが、中山美穂さん自身もフランスで生まれ、フランスで育った息子はフランスに残るべきだと決意したと言われています。 真実は、本人たちにしか分かりませんが、これが事実であれば中山美穂さんも自分の子供を思っての決意だったのではないでしょうか? 辻仁成の子供(息子)は福岡の学校に? 辻仁成さんの息子について検索していると 【福岡】というワードが出てきますが、これはどういうことでしょうか? もしかしたら息子さんの学校が福岡にあるの?ということで調べてみましたが、これは、現在福岡に辻仁成さんが住んでいるわけではなく、 辻仁成さんの出身が福岡で、辻仁成さんは一度インタビューに「両親が介護を要したときに、福岡に戻りたい」と言ったことからだそうですね。 辻仁成さんは、現在も息子と2人でフランスに暮らしています。 息子さんの学校も福岡ではありません。 こちらのお弁当は色鮮やかですよね! 辻仁成さんは、他にも作ったお弁当などもインスタで紹介しています! 辻仁成の子供(息子)との「手紙」エピソード ちなみに息子想いの辻仁成さんですが、子供のプライベートに関してもしっかりとフォローしているようです。 息子との手紙のエピソードがあるようですね。 息子が我儘な親友にメールで超長い手紙を送ろうとしてる、慌てて止めた。 なんで? 親も甘やかしてるし誰も何も言わなきゃあの子は一生あのままで、皆に嫌われる。 ぼくの親友なんだから僕が言わなきゃ、と息子くん。 いや、待て、と父ちゃん。 正月早々、難題である。 しかし、息子と親友の関係にまで心を配っており、 手紙のエピソードを見る限り、とても「 息子想いで優しいお父さん」という印象を受けましたね。 いかがでしたか?今回は作家の辻仁成さんの子供達について詳しく紹介してきました。 現在も異国のフランス・パリで息子と2人暮らしで頑張るシングルファーザーの辻仁成さんを応援したいですね。

次の

パリ在住の辻仁成、コロナ蔓延の世界に危機感「かつての時代には戻れない」

フランス 辻仁成

このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。 公式の表記では 「 辻」の 「 辶 」()の点が二つです。 この項目に含まれる文字 「 辻」は、やなどの環境により表示が異なります。 辻 仁成 (つじ ひとなり) 誕生 1959-10-04 (60歳) ・日野町(現) 職業 言語 国籍 最終学歴 活動期間 - ジャンル ・ 代表作 『』(1997年) 『白仏』(1997年) 主な受賞歴 (1989年) (1997年) 外国小説賞(1999年) デビュー作 『ピアニシモ』(1989年) 配偶者 一般人(1979年) (1995年-2000年) (2002年-2014年) 公式サイト このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。 公式の表記では 「 辻」の 「 辶 」()の点が一つです。 辻 仁成(つじ じんせい) 出生名 辻 仁成(つじ ひとなり) 生誕 1959-10-04 (60歳) 出身地 学歴 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - 共同作業者 公式サイト 辻 仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい、 - )は、の、、、。 所属は。 「仁成」は、本名は「ひとなり」、作家活動では「ひとなり」(辻のしんにょうの点は二つ )、歌手・映画監督の場合は「じんせい」(辻のしんにょうの点は一つ )と読む。 バンド『』での活動時は「Zinc White」もしくは単に「Zinc」と称する。 童話作家のの英子夫人と辻の母親が従姉妹同士。 女優のと再婚、一児を授かるが、後に離婚。 2002年に女優のと3度目の結婚をしたが2014年7月8日に離婚が成立した。 ・を拠点に創作活動を続けている。 観光大使でもある。 略歴 [ ] 日野町(現)に生まれる。 少年期は父親の仕事の都合で、、と各地を転々とした。 卒業し、経済学部に進学するも中退。 にの「(エコーズ)」のボーカリストとしてデビューする。 、『ピアニシモ』で第13回を受賞し作家デビュー。 1991年、5月東京・日比谷野外音楽堂でのライブを最後に、10年に及ぶバンド活動にピリオドを打ちECHOES解散。 その後、ソロ活動へ。 、本格的に作家としての活動を始める。 、『母なる凪と父なる時化』で候補、『ミラクル』がになる。 に、女優の南果歩と結婚、1男をもうけたが、3月に離婚 、『アンチノイズ』が候補に。 、『』で第116回芥川賞を受賞(『家族シネマ』と同時受賞)。 同年に受賞。 、『白仏』の仏語翻訳版 Le Bouddha blanc(仏語翻訳者:Corinne Atlan)でフランスの五大文学賞の一つであるの外国小説賞を日本人として初めて受賞。 『白仏』は祖父、今村豊をモデルとした作品。 6月、女優の中山美穂と結婚。 2004年1月に長男が誕生するも7月8日、協議離婚が成立。 、渡仏。 拠点をフランスに置き、創作活動を続けている。 から9年間芸術表現・アートプロデュース学科クリエイティブ・ライティングコース教授を務めた。 より塾長を務める人間塾開講。 2013年9月1日 のマルチメディア開発部 エグゼクティブプロデューサーに就任。 にはに新バンド、ZAMZA N'BANSHEE(現・)で出演し、約20年ぶりにテレビで『』を披露した。 、中山美穂との離婚の騒動を問題視され、当時所属していたレーベルから「ライブツアーの中止」を求められるも、それを不服として「自腹でのツアー」を決行。 そのツアーに運営窓口として協力したに同年9月より正式に移籍した。 2016年10月21日、辻仁成が編集長を務めるウェブマガジン「」を立ち上げた。 2017年4月11日、の客員教授に就任した。 2017年5月14日、ラジオ番組『』にコメント出演し、自身の「映画ベスト3」として監督の『』、監督の『』、監督の『』を自身の映画ベスト3に選んだ。 2018年2月27日、歌と自身の手料理を振る舞う初のディナーショーを行った。 2018年4月11日、同年10月開校のタイタンの学校の特別講師になることが発表された。 2018年5月8日、息子と2Gの名義でとなる。 2018年9月22日、ギルド・ジャパンのプロテクトゥール ド ラ ギルドを叙任した。 や、、建築家のと交友が深い。 受賞歴 [ ]• - 第13回(『ピアニシモ』)• - 第116回 (『海峡の光』)• - 外国小説賞(『白仏』) 著書 [ ] 現在までにフランス、ドイツ、スペイン、イタリア、トルコ、中国、台湾、韓国、タイなど世界各国で翻訳され紹介されている。 小説 [ ]• 第13回受賞• ミュージカル『ミラクル』原作• 本作はの高校3年の、の中学2年国語の教科書に掲載されている• 第110回芥川賞候補作• 映画『オープンハウス』原作• 映画『Tokyo デシベル』原作• 仏語翻訳版でフランスの文学賞「フェミナ賞・1999年外国小説賞」を日本人として初めて受賞• 『冷静と情熱のあいだ Rosso』は著• 映画『』原作• TVドラマ『嫉妬の香り』原作• TVドラマ『』原作• 映画『サヨナライツカ』原作• 映画『目下の恋人』原作• ミュージカル『青空の休暇』原作• 舞台『99才まで生きたあかんぼう』原作• 対する韓国側作品「愛のあとにくるもの」は孔枝泳著• 対する女性側「左岸」を江國香織が描く。 『ダリア』(新潮社、2009年)のち文庫• 『アカシアの花のさきだすころ Acacia』(新潮社、2009年)• 映画『』原作• 『クロエとエンゾー』(小学館、2010年)のち文庫• 『ぼくから遠く離れて』(幻冬舎、2011年)のち文庫• 『ラペのくにでは』(絵 海竜社、2011年)• 『永遠者』(文藝春秋、2012年)のち文庫• 『まちがい』(集英社、2012年)• 『その後のふたり』(アップリンク、2013年)• 『醒めながら見る夢』(角川書店、2014年)• 映画『醒めながら見る夢』原作• 『日付変更線 The Date Line』(上・下)(集英社、2015年)のち文庫• 『父 Mon Pere』(集英社、2017年)のち文庫• 『エッグマン』(、2017年)• 『真夜中の子供』(、2018年)• 映画『真夜中の子供』原作• 『愛情漂流』(、2019年) 今村恭子名義 [ ]• 『月族』(海竜社、2006年)「月族1 プラリネの物語」小学館文庫• 『月族 - 月光の導き ルーンの物語』(海竜社、2006年)「月族2 ルーンの物語」小学館文庫• 『月族 - 真実の愛 運命の時』(海竜社、2008年)「月族3 トマの物語」小学館文庫 詩集 [ ]• 本作に収録されている「はしくれ」はの中学2年国語の教科書に掲載されている• 本作に収録されている「新聞少年の歌」はの中学1年国語の教科書に、「そこに僕はいた」はの中学1年国語の教科書に掲載されている• 本作に収録されている「プライド」は第一学習社の高校1年国語の教科書に掲載されている• 『そこに君がいた』(新潮文庫、2002年)• 『オルセー印象派ノート』(世界文化社 2010年)• 『ECHOES-木霊-』(幻冬舎 2011年)• 『不屈』( 2014年)• 『息子に贈ることば』(文藝春秋 2016年)• 『パリのムスコめし~世界一小さな家族のための~』(光文社 2016年)• 『50代のロッカーが毎朝せっせとお弁当作ってるってかっこ悪いことかもしれないけれど』( 2016年)• 『立ち直る力』(光文社 2018年)• 『人生の十か条』( 2018年)• 『84歳の母さんがぼくに教えてくれた大事なこと』( 2019年) 共著 [ ]• 『ことりちゃんとんだ! 生まれ変わるとしたら(1996年)(ポエトリー・リーディング)• virtual trip PARIS セーヌの休日 Les vacances a la Seine(2015年)(監修・ナレーション)• 誰かの思惑• かつて• ディス・イズ・ザ・ワールド(パートI)• ラブ スクエア• どの方角から誰が来るのか分からないから全部開いてる• バラバラ• この頃(NYC Mix)• 偽りの微笑• オープンハウス• いっそ裸足で生きる• ルーズ・マイ・メモリー• ディス・イズ・ザ・ワールド(パートII) Passaggio Discsよりリリース 初回盤は三方背ボックス入り・全40ページフォトブックレット+書下ろしエッセイ のメンバーだった井ノ部裕子が数曲コーラスで参加している オープンハウスは、映画「」主題歌 ライブ 2006年2月22日 JINSEI CONCERT IN PARIS - EP• Alone Live 2015• ZOO Live 2015• 故郷 Live 2015• コトノハナ Live 2015• Strange People Live 2015• ガラスの天井 Live 2015• アンカーマン Live 2015• Someone Like You Live 2015• Shining Starman Live 2015 THE JINSEIZ• Sunshine Days Live 2015 THE JINSEIZ• ZOO Live 2015 THE JINSEIZ• Sunshine Days Studio Recording - Bonus Track THE JINSEIZ タイタンレコードよりされ後に化された 6th 2017年7月30日 命の詩• SORRY,I LOVE YOU• 孤独をラッタッタ• 詩人の声• MOONLIGHT• 君に似た誰か SOMEONE LIKE YOU version 2017• 命の詩 君に似た誰か SOMEONE LIKE YOU version 2017 はCDと配信では歌い方が異なり、 配信版が自身が脚本のドラマ「忘れてしまう前に思い出してほしい」主題歌である 【LIVE DVD】• SNIPER NEVER RESTS ~疾走する狙撃手~(VHS・1993年、)• 嵐の夜に生まれて~CONCERTTOUR '94 LIVE at 日比谷野外大音楽堂~(VHS・1994年、DVD・2008年、)• 辻/JINSEI TSUJI(2008年、HANNA MUSIC)• パリの空の下で 人生を語り歌う Jinsei Tsuji live in Paris(2019年、) 【ユニット】 ECHOES OF YOUTH(ECHOESのギタリスト、伊藤浩樹とのユニット)• 「恋するために生まれた」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント)• 「REAL」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント)• 映画「フィラメント」主題歌収録• 「SLOW」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント)• テレビドラマ「嫉妬の香り」主題歌 クレモンティーヌ with Jinsei Tsuji• 「二人でゆっくり〜Tous deux tout doux」MAXIシングル (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント) 辻仁成 with 息子• 「トワエモア(toi et moi)」(歌詞:辻仁成、作曲:共作、2019年、配信) 【サウンドトラック】• 「夜来香~映画「ほとけ」の世界~」 (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント) - 人生仮面名義で「」「」「」 【イメージアルバム】• 「冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース」 (2001年、ソニーミュージックエンタテイメント) 【バンド】 (2008年、バンド「ZAMZA N'BANSHEE」現・ZAMZA結成)。 ボーカルとギター担当。 メンバーはベースでリーダーの(元)、ドラムに(元)。 ギターは伊藤浩樹 エコーズ。 11月29日、渋谷 Duo Music Exchangeにてファーストライブを行う。 2010年、6月12日「WOMB」にてLive 2010〜月族〜を行う。 MANGA(1st )2009年5月13日発売。 月族(2nd )2010年5月19日発売。 MANGA ROCK(USバージョン)2009年11月19日発売。 Paris Tokyo Paysage O. (映画『その後のふたり-Paris Tokyo Paysage-』の主題歌「L'arc-en-ciel d'hiver」収録)2011年12月22日発売。 楽曲を提供・プロデュースしたアーティスト [ ]• - 「」(作曲)• - 「」(作詞・作曲・プロデュース)・「」(プロデュース)• - 「」(作詞)• - 「ワイルドフラワー」(作詞・作曲)• - 「1999」(作曲)• - 「」・「」・「からっぽのフィルム」・「RUSSIAN BLUE」・「WINTER MUTE」(作詞・作曲・プロデュース)「真っ白な月-Moon On The Destiny-」・「365日の戦争」・「KIDS」・「PARADISE CITY BLUES」・「YOU VE GOT A FRIEND」(作曲・プロデュース)• - 「」(作曲)• - 「」(作詞・歌唱)• - 「」(作詞)・「」(作曲)• - 「耐えられない愛の軽さ」(作詞・作曲)• - 「I AM WITH YOU とおくはなれてても 」(作曲)• - 「Crossroad Again」(作詞・作曲)• - 「サンシャインデイズ」(作詞・作曲、タイタン社歌)• - 「St. Jone's crusedes」(共作曲)• - 「」・「ときめきを どうもありがとう」(作詞、ダダ・ジョナサン名義)• - 「想い出を盗まないで」・「なぜならぼくは恋している」・「めりーごーらんど・わんだーらんど」・「愛と死」(作詞・作曲、音楽劇「」劇中歌)「」(作詞・作曲、映画「醒めながら見る夢」主題歌)• () - 「」(作詞・作曲・プロデュース、自身脚本のドラマ「」挿入歌)• - 「風になれ」(作詞・作曲)• - 「愛が走る」(作詞)• - 「に捧ぐ」(プロデュース、アルバム「」収録)• - 「」(作詞・作曲)• - 「犬たちの詩」・「太陽が死んだ朝に」(作詞・作曲、映画『ラストソング』挿入歌)• - アルバム「光の子供」・シングル「Aria」・「見つけてね」(作詞・作曲・プロデュース)• - 「キャラヴァーン/日本語ヴァージョン」(作詞)• - 「キレイ」(作詞、映画『目下の恋人』エンディング)・「目下の恋人~MY CURRENT BOY FRIEND~」(作詞・作曲) 楽曲をカヴァーしたアーティスト [ ]• - 「サボテンの心」• - 「」• - 「」• - 「」• 天使のわけまえ(1995年)- 自主制作• (1999年)- 第56回、批評家週間へ正式出品• (2001年)- にて最優秀イマージュ賞受賞・第27回シアトル国際映画祭へ出典• (2002年)- 第37回チェコ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭にてコンペティション部門「THE INTERNATIONAL ECUMENICAL JURY OF THE CHRISTIAN CHURCHES」を受賞• (2002年)• (2008年/2010年6月12日公開)- のコンペティション部門にノミネート• 2011年/2013年2月9日公開 - 原作、監督、脚本、編集、出演• 2014年5月17日公開 - 原作、監督、脚本、編集 - のコンペティション部門にノミネート• 2017年5月20日公開 - 原作、監督、脚本、編集 - 第19回アジア国際映画祭のコンペティション部門「学生審査員賞」を受賞 原作の提供・脚本 [ ] テレビドラマ [ ]• (原作・脚本/系)• (原作の提供/系)• (原作『目下の恋人』・脚本・監督/2002年3月系)• (脚本/2017年12月) 映画 [ ]• (原作の提供:辻仁成&江國香織/監督:/2001年11月・東宝系にて公開)• (原作の提供・監督:行定勳/2003年12月・池袋シネリーブルにて公開)• (原作の提供・監督:イ・ジェハン/2010年1月・全国公開) 漫画 [ ]• (原作)• (原作/・漫画/) 舞台 [ ]• 演劇「フラジャイル」(作:演出)• 音楽劇「」(作:演出:音楽/2011年9月16日 - 25日:・10月10日:・14日:・15日:・21日 - 23日:)• リーディングドラマ「」(作:演出/2013年4月6日 - 14日:・5月3日 - 5日:)• 再演(2014年7月19日 - 21日:)• 演劇「」(作:演出/2014年4月11日 - 29日:)• 演劇「」(作:演出/2018年2月22日 - 3月4日:よみうり大手町ホール・6日 - 7日:・20日:・24日:) オンラインリーディング [ ]• ピアニシモ(2020年6月13日 - 7月7日) 出演 [ ] 本人による手料理&弾き語り [ ]• 「食って歌って愛せよ。 ~マンジャーレ・カンターレ・アモーレ~vol 1」(2018年2月27日、GRAPES KITASANDO)• 「食って歌って愛せよ。 ~マンジャーレ・カンターレ・アモーレ~vol 2」(2018年7月26日 - 27日、GRAPES KITASANDO) テレビ [ ] テレビドラマ [ ]• 「冷やす女」(監督:豊川悦司/テレビドラマ出演) トーク番組 [ ]• (司会、 - ) バラエティ番組 [ ]• (1997年4月4日)• (NHK)• (系)• (系)• (制作・)• (2013年6月18日、)• (2014年7月17日、TBS系)• (2014年7月24日、2015年7月30日、日本テレビ系)• (2014年9月2日、10月28日、2015年3月3日、5月5日、12日、7月28日、8月4日、11月24日、2016年3月8日、TBS系)• (2014年12月18日、2015年1月22日、3月5日、12日、5月7日、8月6日、11月12日、日本テレビ系)• 2014年世界が選ぶ今年の顔アワード!! (2014年12月31日、フジテレビ系)• (2015年1月3日、)• (2015年1月10日、日本テレビ系)• (2015年1月11日、日本テレビ系)• (2015年1月12日、5月4日、11日、11月9日、16日、テレビ朝日系)• (2015年1月26日、テレビ朝日系)• (2015年2月23日、フジテレビ系)• (2015年3月6日、日本テレビ系)• (2015年3月25日、10月20日、日本テレビ系)• (2015年5月21日、フジテレビ系)• チョイ住みinロンドン(2015年6月27日、NHK BSプレミアム) ラジオ [ ]• ・金曜日(12月 - 1988年3月 )• ・月曜日・2部(10月 - 10月 )• ・水曜日(10月 -? ・水曜日・1部(1月 - 4月 )• 火曜(7月15日、3月1日 TBSラジオ)• (2014年3月30日・12月28日、2月22日・8月23日、2016年7月24日、2月12日、2月25日、TBSラジオ) ニコニコチャンネル [ ]• (2012年11月-2014年6月30日)-ニコニコ公式ブロマガ・生放送・映像配信 関連項目 [ ]• - 函館市ゆかりの文学者として執筆に使用した道具などが常設展示されている。 脚注 [ ]• - ORICON NEWS・2008年12月9日• - M-ON! MUSIC編集部・2017年3月2日• 日刊ゲンダイDIGITAL. 2014年4月21日. 2018年1月10日閲覧。 - 東京スポーツ・2014年7月10日• - ORICON STYLE・2014年10月16日• - 日本経済大学・2017年4月11日• テックインサイト. 2018年2月27日. 2018年3月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年4月11日. 2018年4月12日閲覧。 ヨミドクタープラス. 2018年5月15日. 2018年5月15日閲覧。 Guilde Club JaponFacebook. 2018年10月30日. 2018年10月31日閲覧。 ステージナタリー. 2019年10月9日. 2019年10月10日閲覧。 合同会社シザーブリッツ・公式BLOG 2020年6月22日. 2020年7月14日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 TsujiHitonari -• tsujihitonari -• - 辻仁成編集• - チャンネル• - チャンネル• 第43回 「夜と霧の隅で」• 第44回 「」• 第45回 該当作品なし• 第46回 「」• 第47回 「美談の出発」• 第48回 該当作品なし• 第50回 「感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ」• 第52回 該当作品なし• 第53回 「玩具」• 第54回 「北の河」• 第55回 該当作品なし• 第56回 「夏の流れ」• 第57回 「カクテル・パーティー」• 第58回 「徳山道助の帰郷」• 第60回 該当作品なし• 第62回 「」 1970年代• 第64回 「杳子」• 第65回 該当作品なし• 第69回 「鶸」• 第71回 該当作品なし• 第73回 「祭りの場」• 第75回 「」• 第76回 該当作品なし• 第80回 該当作品なし• 第82回 「モッキングバードのいる町」• 第83回 該当作品なし• 第84回 「父が消えた」• 第85回 「小さな貴婦人」• 第86回 該当作品なし• 第87回 該当作品なし• 第89回 該当作品なし• 第90回 「杢二の世界」、「光抱く友よ」• 第91回 該当作品なし• 第92回 「青桐」• 第93回 該当作品なし• 第94回 「過越しの祭」• 第95回 該当作品なし• 第96回 該当作品なし• 第97回 「鍋の中」• 第99回 「尋ね人の時間」• 第101回 該当作品なし• 第103回 「村の名前」• 第104回 「」• 第106回 「至高聖所アバトーン」• 第107回 「運転士」• 第108回 「犬婿入り」• 第109回 「寂寥郊野」• 第110回 「石の来歴」• 第112回 該当作品なし• 第113回 「この人の閾」• 第114回 「豚の報い」• 第115回 「蛇を踏む」• 第117回 「水滴」• 第118回 該当作品なし• 第120回 「」• 第121回 該当作品なし• 第125回 「中陰の花」• 第126回 「猛スピードで母は」• 第127回 「パーク・ライフ」• 第128回 「しょっぱいドライブ」• 第129回 「ハリガネムシ」• 第131回 「介護入門」• 第132回 「グランド・フィナーレ」• 第133回 「土の中の子供」• 第134回 「」• 第135回 「八月の路上に捨てる」• 第136回 「ひとり日和」• 第137回 「アサッテの人」• 第138回 「」• 第139回 「」• 第140回 「」• 第141回 「終の住処」• 第142回 該当作品なし 2010年代• 第143回 「」• 第145回 該当作品なし• 第147回 「冥土めぐり」• 第148回 「」• 第149回 「爪と目」• 第150回 「穴」• 第151回 「」• 第152回 「九年前の祈り」• 第155回 「」• 第156回 「」• 第157回 「」• 第159回 「送り火」• 第161回 「むらさきのスカートの女」• 第162回 「背高泡立草」.

次の