グリル クッキング シート。 クッキングシートで簡単料理!使い方アイデア&100均おすすめ商品も紹介

【徹底比較】クッキングシートのおすすめ人気ランキング19選

グリル クッキング シート

クッキングシートとフライパンで焼き魚を美味しくグリル! みなさん。 魚は好きですか? 僕はね。 大好きです。 魚は好きだけど食べる機会は少ない人も多いハズ そんな僕ですが、魚食べてる?って言われると、そこまでもないと思う。 もちろん、全然食べない人に比べると食べてますけど。 笑 そんな好きな魚。 「なんであんまり食べないのか?」という疑問。 答えはみんな知ってると思います。 「魚は調理が面倒!」だから。 これに尽きると思います。 魚を楽に食べるといえば刺身がベスト? なので魚を食べると言っても、刺身の盛り合わせを買ってくるか、 もうちょい前の行程として、柵(さく)になってるのを買ってきて食べるのが多くないですか? つまり刺身が多い。 じゃないです? でもホラ。 食べたいじゃないですか。 刺身以外にも。 魚を楽に食べる次点は焼き魚?だけど? そうなると、やっぱ候補の筆頭は焼き魚ですかね。 だと思うのですが、焼き魚って調理自体は、簡単にできる割に実はハードルが高い。 煙が出たり、グリルが必要だったり。 そもそもグリルの掃除が面倒だったり。 ってイメージ。 焼き魚がフライパンで美味しく焼けるとしたら? でも焼き魚。 フライパンで焼けちゃいます。 って言うと、一応焼けるけど、「なんかベチャっとしそう」ってイメージですが、 ある物を使うと、カリッと綺麗に美味しく焼けます。 フライパン焼き魚の救世主はクッキングシート そのある物というのが、クッキングシート。 お菓子用とか肉とかをオーブンで焼く時に敷くヤツですね。 落し蓋とかにも使えますけど。 クッキングシートとキッチンペーパーの違い 何となく語感が似てますが、キッチンペーパーじゃないです。 そっちはペーパータオルです。 こっちも落し蓋に使えるしロール紙なので、より混同しやすい。 笑 クッキングシートはパリパリした紙素材 えーっと。 ザックリ言うとパリパリした紙のヤツです。 アルミホイルの紙っぽいヤツ。 あのクッキングシートをフライパンに敷いて、上に魚を乗せて焼けば、 グリル感覚にかなり近い焼き魚が焼きあがります。 水蒸気を通すのに水を通さないという大変ありがたい構造で、 水は出ていく一方で戻らないそうです。 便利! 考えた人にノーベル賞あげてください。 ちょっと動かさないとやっぱりくっ付く なのですが、ちょっと失敗。 皮がシートにくっ付いちゃった。 なるべく目立たない側を上にしてますが、所々皮がはがれてます。 まぁ味には問題はないのですが、なんだかちょっと残念。 ちょっとしたコツとしては。 焼き始めて、皮が硬質化する直前くらいに、 箸でチョイチョイと動かしてやると、くっ付かずに綺麗に焼けます。 別の機会に秋刀魚を焼く時に解決しました。 カリッと焼けるのに煙も少なめ で。 逆にグリルっぽく焼けるなら、 「煙出るんじゃない?」って感じですが、何かねあんまり出ません。 っていうか、ほとんど出ません。 換気扇さえちゃんとしてれば全然大丈夫な感じです。 カリッと焼けるのに煙も少なめ 今回のメニューでは、焼いた秋刀魚は土鍋に入れて炊き込みご飯風にしましたが、 もちろんそのままでも大丈夫。 大根おろし乗せて、すだち絞って醤油タラーで、間違いなく美味いヤツになります。 笑 秋、店頭で秋刀魚を見かけた時に、「秋刀魚食べたい。 でも魚を焼く環境が…」とお嘆きの方。 クッキングシートを一緒に買ってみて下さい! ほかにも焼き魚にできる魚全般大丈夫だと思います。 この間も、シャケのハラス焼いても美味しかったですよ。 あんなに脂っこい部位でも大丈夫だったし、たぶん何でも焼けます。 笑 逆に脂の少ない魚の場合はどうなんだろ?サラダ油とか塗った方がいいかも。 今回は秋刀魚を焼きましたが、その時はもちろん油なんて使ってません。 ま・と・め! クッキングシートを敷いて魚を焼くと水分が飛んでサックリとジューシーな焼き上がり。 秋刀魚の皮が固くなる前にお箸でちょっと動かすと皮がくっつかない。

次の

クッキングシート人気比較ランキング!焼き魚やグリルにもおすすめなのは?

グリル クッキング シート

オーブントースターでの調理だけでなく、汚れや焦げ付きを防ぐためにフライパンに敷いたり、さらには電子レンジでも使用できたりと、活用法の多い便利なキッチングッズですよね。 スーパーやホームセンターだけでなく100円均一ショップでも購入できる身近な商品ですが、実はそれぞれ特徴があり、ネット通販でしか購入できないようなものも。 そこで今回は、クッキングシートの選び方のポイントや効果的な使い方、さらに人気のクッキングシートをランキング形式でご紹介していきます。 商品選びの参考にしてみてくださいね。 クッキングシートの選び方 身近なお店でも購入できるクッキングシートですが、実は多数のメーカーから色々な種類のものが販売されているキッチングッズ。 頻繁に使用する必需品なので、どうせなら賢く選びたいですね。 お気に入りの商品を見つけるためにも、クッキングシートの特徴や選び方のポイントを押さえておきましょう。 形状で選ぶ クッキングシートというと、アルミホイルのように筒状になったものを想像する方が多いのではないでしょうか?実は他にも、ティッシュのように1枚ずつ取り出すBOXタイプや、同じシートを何度も洗って繰り返し使えるタイプのものなど、以下のようなタイプに分けられるのです。 タイプごとに特徴を見ていきましょう。 ロールタイプ• BOXタイプ• カットタイプ• 丸型タイプ• 穴あきタイプ• 繰り返し使えるタイプ ロールタイプ ラップやアルミホイルと同様、筒に巻き付けているタイプです。 最もメジャーで、スーパーやドラッグストア、ホームセンターなど身近なお店でよく見かけるタイプでしょう。 使いたい分だけその都度繰り出して使用できるので、好きな大きさにして使うことが出来ます。 また、細長い形状なので、キッチンの引き出しなどに収納しやすいのが特徴です。 BOXタイプ ティッシュのように、紙箱から1枚ずつ取り出すタイプです。 100円均一ショップでも多く扱われているクッキングシートで、ラッピングにも使用できる柄入りのものなどがこのタイプに当たります。 サンドイッチや手作りのお菓子を包んだり、ランチョンマット代わりに使用したり、おしゃれに使いたい方におすすめです。 カットタイプ スチコンやオーブンの天板に合わせたサイズに、既にカットされているタイプです。 箱の形状はロールタイプと同じものも。 価格的には割高ですが、自宅の調理器具に合ったサイズを選べば、いちいち図ってカットする必要も無く無駄なく使用できるでしょう。 また、ノコ刃がないので箱の廃棄も簡単です。 丸型タイプ 丸くカットされているクッキングシートです。 蒸し器やホットプレート、フライパンで使用するのに最適です。 また、ケーキ型に合ったサイズを選べば、ケーキ作りの際に型に合わせてカットする手間も省けて便利です。 耐熱温度や表面加工は一般のクッキングシートと変わらない性能なので、安心して使うことができます。 穴あきタイプ 丸型のクッキングシートに、さらに適度に穴を開けたものです。 こちらはセイロを使った蒸し料理専用のものですが、オーブンや陶板焼きにも使用できます。 シュウマイや肉まんを蒸しても、底にくっつかずに調理することができます。 繰り返し使えるタイプ 水洗いして繰り返し使用できるタイプです。 好きな大きさに切って使えるため、ケーキの型に合わせてカットするなど、お菓子作りに重宝します。 コスパの良さもさることながら、使い捨てでないのでゴミも減りエコの観点からもおすすめ。 汚れが付いても、水に濡らしたふきんでさっと拭くだけできれいになります。 両面加工か片面加工か クッキングシートは表面をシリコーン加工でツルツルに仕上げ、食材がくっつかないようにしたものですが、この表面加工を両面に施したものと片面にだけ施したものがあります。 それぞれ特徴を確認しておきましょう。 両面加工 表裏なく使用できる両面加工のクッキングシート。 一般的にこちらのタイプのものが多く販売されています。 間違って使用して食材がシートにくっついてしまう心配が無く、便利です。 蒸し料理や、フライパンに敷いて使う際にはこちらの両面加工がおすすめです。 しかし、どちらもツルツルして滑りやすいため、天板に敷いたときに滑りやすいのがデメリットです。 片面加工 表はシリコーン加工でツルツル、裏は紙のままというタイプのクッキングシートです。 裏側は手触りもさらっとしていて滑りにくく、扱いやすさがあるでしょう。 裏側に食材が触れたまま調理してしまうと、シートにくっついてしまうのがデメリット。 使用の際には注意が必要です。 しかし天板に敷く際に滑りにくくなるので、お菓子作りにはこちらのタイプが使いやすいという方も。 ノコ刃は紙製か金属製か クッキングシートをカットするノコ刃には、紙でできたものと金属でできたものがあります。 それぞれ特徴を確認しておきましょう。 紙製ノコ刃 最近主流なのが、紙でできたノコ刃です。 手を傷つける心配も少なく、使い終わって捨てるときにも分別を気にせず処分でき楽なのがメリットです。 金属製ノコ刃 昔からある金属でできたノコ刃です。 最近は減ってきていますが、業務用の商品などに使われていることも。 特に両面のクッキングシートはツルツルして、カットするときにも滑りやすいので、金属製ノコ刃だとストレスなく楽にカットできるのがメリットです。 使い終わって捨てる際には、取り外して分別しなくてはいけないので、手を傷つけないように注意が必要です。 巻きの長さ クッキングシートの巻きの長さは短いものだと5m~10mほど。 中くらいの長さのものでは20m程度のもの。 業務用などの長いものだと、30m~50mほどのものが販売されています。 たまにしか使用しない方や、色々な商品を試してみたい方は短い巻きのものを購入するとよいでしょう。 お菓子作りなどで大量に使うことが多い方は、断然業務用の長い巻きのものがおすすめです。 ただ50mくらいの長いものになると、梱包サイズも少し大きくなり、重さも出てくるので、ネット通販などで現物を見ずに購入する際は注意が必要です。 いざ届いたら重くて使い勝手が悪かった、ということのないように気を付けましょう。 クッキングシート人気おすすめ商品TOP10 ここからは、クッキングシートの人気商品をランキング形式で紹介していきます。 さきほどのポイントも押さえつつ、商品選びの参考にしてみてくださいね。 画像出典: 参考価格:¥ 726 日立化成のクッキングシート。 両面シリコーン加工で、少し大きめサイズの長い巻きです。 耐熱温度は250度で20分と一般的です。 巻き芯を省いたWエコタイプで、化粧箱もコンパクトにしたエコロジーな商品です。 表裏を気にせず使用でき、油や水を通さないので、天板や調理器具が汚れず後片付けも省力化できます。 蒸気を適度に通し、食材がクッキングシートにくっつかないので、蒸し料理にもおすすめ。 オーブン、電子レンジ、スチコンと多目的に使えます。 芯が無いので、使い終わって捨てるときにも大きなゴミが出ず便利。 環境に配慮した商品といえるでしょう。 画像出典: 参考価格:¥ 1,047 日本製紙クレシアの中国産のクッキングシート。 耐熱温度は250度で20分。 両面シリコン樹脂加工のグラシン紙です。 ノコ刃はシートをカットしやすい金属刃を使用。 表面がかなりツルツルしており、しっかりした紙質のクッキングシートです。 皮がはがれやすい青味魚等も、型崩れすることなくきれいに仕上がります。 業務用の長い巻きのため、コスパの良さも人気の理由です。 フライパンで魚を焼く際に敷いたり、電子レンジで使用しているという方も。 滑りの良い表面加工なので、お菓子作りよりも蒸し料理やグリル料理に向いているようです。 電子レンジやスチコンでも使用できます。 画像出典: 参考価格:¥ 1,170 ライオンから販売されている日本製のクッキングシートです。 業務用なので、大きめサイズで巻きも長い仕様です。 平滑性に優れた高級紙を使っており、食材がこびりつかずにさらっとはがせる優れもの。 両面コーティングなので、使い間違いも無く安心です。 油を通さず蒸気だけ通す、特殊構造が魅力のクッキングシートです。 食材を包んで調理しても水気が残らず美味しく仕上がります。 蒸し料理、オーブン料理、電子レンジなど、あらゆる料理に向いているオールマイティな商品。 安心の品質と、長い巻きのためすぐに買い替えなくてよい点が好まれているようです。 リピート購入している方も多い印象の商品です。 画像出典: 参考価格:¥ 1,249 フランスのMatfer社のフランス製クッキングシートです。 ガラスの繊維であるグラスファイバーをテフロン加工した、特徴的な表面加工を施しています。 何度も洗って使えるタイプで(揉み洗いは不可)、お菓子作りに特に重宝します。 耐熱温度も260度と他のクッキングシートよりやや高めです。 よく家で焼き菓子を作るという方におすすめのクッキングシート。 剥離性が高いので、表面に汚れがこびりついても、さっとひと拭きで元通りのきれいな状態に戻ります。 好きな大きさにカットして使用することが出来るので、いつも使っているケーキ型に合わせてカットしておくと便利ですね。 両面シリコン加工で、耐熱温度は230度とやや低め。 薄茶色でおしゃれな英字の柄のクッキングシートです。 耐油性、剥離性に優れた商品です。 大きなサイズなので、ホールのケーキをぐるっと包んでラッピングすることも出来ますし、小さなサイズに切り分けて使うことも可能です。 もちろん調理用としても活用できます。 ラッピングにも最適なクッキングシートなので、バレンタインなど手作りお菓子をプレゼントするときに使っているという口コミが多く寄せられています。 こちらは10枚入りですが、同商品の500枚入りのものもあるので、大人数にお菓子を配ることの多い方はそちらもおすすめです。 いつもの調理にクッキングシートを足すだけで、後片付けが楽になったりと便利なキッチングッズです。 簡単な活用法から使用時の注意点までを見ていきましょう。 フライパンで使う フライパンに敷いて使用することで、こびりつかずに焼きおにぎりや焼き魚を調理することが出来ます。 また、フライパンに少し水を入れておき、クッキングシートで食材を包んだ上から蓋をして加熱すると、簡単に蒸し料理を作ることが出来ます。 調理の手間も省けて、後片付けもラクチンですよ。 高温に注意 クッキングシートは表面はコーティングしてありますが、素材は紙です。 耐熱温度以上の高温で使用すると、燃えてしまうことがあるので注意しましょう。 また耐熱温度を守っていても、長時間加熱すると発火してしまうこともあります。 使用の際は、パッケージに記載されている耐熱温度を守ること。 また、オーブントースターに入れて加熱する際は、クッキングシートが熱源に触れないように気を付けましょう。 アイロンがけにも使える キッチン用品であるクッキングシートですが、ツルツルの表面加工を活かしてアイロンがけのあて布代わりにも使用できるんです。 耐熱性もしっかりしているので焦がしてしまう心配も無く、また何度も使うことも出来ます。 まとめ オーブン調理だけでなく、フライパンや電子レンジでも使えるクッキングシート。 ラッピング用のかわいいものが出てきたりと、活用法も広がっています。 あまり使用することがないという方は、この機会にクッキングシートを使った料理に挑戦してみるものいいかもしれませんね。 クッキングシートをいまいち活用できていないなと感じている方は、色んな商品を試してみてはいかがでしょうか?自分に合ったお気に入りを見つけると、日々の調理シーンも楽しくなるかもしれませんよ。

次の

オーブントースターでクッキングシートを使うのは危険?燃えるの?

グリル クッキング シート

タグ 100均 DIY IH アイデア アイテム アク抜き インド おしゃれ おすすめ お弁当 お手入れ カット カレー かわいい キッチン キッチンカウンター ケトル コツ コップ コップ袋 こぼれない コンロ ご飯 サイズ シンク スッキリ ステンレス スパイス スペース タンブラー つけっぱなし デザイン テフロン デメリット ナス フライパン プラスチック プルタブ プレゼント プロ ベーキングパウダー ペットボトル ポイント マグカップ まな板 マンション メリット ラー油 ラック ランプ リメイク レイアウト レシピ レンジ 予防 代用 作り方 使いやすい 使いやすさ 使い方 便利 保存 保温 入れ物 再利用 冷凍 冷蔵庫 匂い 北欧 危険性 原因 収納 吊り下げ 名前 向き 器 固い 固くなる 基本 壁 夏 大きめ 天日干し 子供 安全 家電 対策 小鉢 工夫 布巾 幼児 床 弁当 御飯 扉 手入れ 掃除道具 排水 接着剤 揚げ物 換気 換気扇 料理 方法 旦那 時短 時間 木製 材料 栄養 梅干し 棚 毎日 水分 水切り 汚れ 油 注意点 洗い方 洗剤 温度 漂白 焦げ 焦げる 焼き方 焼き鳥 焼肉 煙 照明 熱湯消毒 特徴 献立 理由 由来 節約 簡単 米 米びつ 缶 美味しい 肉 自宅 臭い 茶碗蒸し 蓋付き 袋 調理 買い方 選び方 酢 重曹 金継ぎ 鍋 開け方 食器 魚 目次• フライパンで作る焼き魚はクッキングシートを使って お魚を焼くといえば使われるのが、魚焼きグリルですが、コンロには大抵ついていますよね。 しかし、焼きグリルは使ってしまうと後片付けが面倒で敬遠したくなってしまう調理場です。 ですが、お魚は魚焼きグリルを使わなくても調理ができます。 魚焼きグリルを使わずにお魚を焼きたいときには、『クッキングシート』と『フライパン』を使いましょう。 もし普段からお使いのフライパンがセラミック製のものであれば、もしかすると魚焼きグリルで焼くよりも美味しく出来るかもしれません。 グリルでお魚を焼くと煙やニオイが気になりますが、フライパンでお魚を調理すると煙も軽減できますし、ニオイも底まで気になるほどたちません。 余分な油を取り除くことも出来るため、カロリーを気にする方にもおすすめの調理法です。 メリットだらけのフライパンでのお魚調理、早速やり方を覚えてお魚をパリッと焼いていきましょう。 フライパンにクッキングシートをひくと焼き魚の皮がパリッとなる フライパンでお魚を焼くときに必要なものは、クッキングシートです。 アルミホイルで代用することも出来ますが、クッキングシートのほうがより魚がくっつきにくく美味しく焼けるため、クッキングシートをおすすめします。 まずはお魚の下処理を行いましょう。 鱗やぬめりが気になる場合は取り除き、焼く前には塩を振るのを忘れないようにしてください。 焼く前に塩を振ると魚から水分が出ていき、焼いた際の身崩れを防ぐことが出来ます。 下処理が終わったら早速焼いていきましょう。 クッキングシートをフライパンに敷いて、魚を乗せます。 中火で数分、様子を見つつ両面をこんがりと焼いていきます。 両面に色がついたら中までしっかりと日が通ったことを確認します。 しっかり焼けていたら出来上がりです。 ポイントは下処理のお塩と、クッキングシート敷くのを忘れないことだけ。 魚焼きグリルを使わなくても、フライパンだけで簡単にお魚が焼けましたね。 クッキングシートをのせたフライパンで焼き魚を美味しく焼くコツ クッキングシートを使って焼く方法を行うときには、いくつかのコツで美味しく仕上げることが出来ます。 先程のお塩の下処理もそうですが、それとは別にいくつかのコツがあるのでご紹介します。 クッキングシートとフライパンで焼くお魚を美味しく仕上げるコツ• シートを敷いてから火にかけるのがポイント 下処理が終わったお魚を約ときには、必ずフライパンにクッキングシートを敷いてから火にかけましょう。 そうすることでお魚がシートにくっつくのを防ぐことが出来ます。 きれいな焼き上がりの秘訣は6:4 お魚を約ときに見極めが難しい点が、表面の焼け具合です。 その時の比率が、表6割:裏4割が焼けている状態を目指すのです。 焼き目がそのくらいついていれば、美味しく焼けているということの目安になります。 両面の水分を飛ばしてパリッと焼き上げるには、この目安に合わせて焼いていくのが上手くいくコツです。 上記の2つと、クッキングシートとお塩がフライパンでうまくお魚を焼くコツです。 気をつけることはそんなに多くないですが、ちょっとしたことを気をつけておくだけで簡単に成功できますよ。 クッキングシートを使った鮭の包み焼き この方法を使えば包み焼きなども簡単にできます。 下処理やコツは同じです。 気をつけながら以下のレシピを作ってみましょう。 【材料4人分】• 生鮭…400g 4切れ• 玉ねぎ…1コ• 生椎茸…1パック• しめじ…1パック• バター…大さじ1• 塩コショウ 具材や調味料は適量、お好みの量や味でお使いください。 指定している数はあくまで目安です。 鮭の包み焼きの作り方• みりんとしょうゆをからめて、下処理をした鮭に下味を付けます。 置き時間は10分ほどで、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ2を目安に味を作ります。 玉ねぎときのこの準備をします。 玉ねぎはスライスし、きのこ類は石づきを取り外して小房に分けたり、食べやすい大きさにしていきます。 クッキングシートで具材を乗せて焼くための、船のような形を作ります。 クッキングシートを鮭と具材をそれぞれ乗せて包めるくらいの大きさに切ったら、具材を乗せて包みます。 具材を包むときはバターを塗った、クッキングシートの上に玉ねぎやきのこ類を下に敷き、その上に鮭を乗せます。 包めるくらいにフタになる部分も残しつつ作ってください。 具材を乗せたらクッキングシートを折っていき、船のような形にして両端をホチキスで止めましょう。 フライパンで焼いていきます。 鮭に塩コショウをかけたら、弱めの中火にかけて焼きます。 クッキングシートでしっかりと包んで、フタを閉め10分前後蒸し焼きにします。 包んだ状態のまま盛り付けて、出来上がりです。 お好みですだちをかけたり、焼く前にマヨネーズをトッピングして焼いたりしても美味しく出来ます。 アレンジも加えやすいので、いろいろな味付けをしてみましょう。 焦げやすい漬け焼きはフライパンがおすすめ お魚の照り焼きや味噌漬け焼きなどは魚焼きグリルよりも、フライパンでの調理のほうがうまく仕上げられます。 しっかりと漬け込んだお魚をクッキングシートを敷いたフライパンで焼くと、焦げ付きも少なく、きれいに仕上げられるのでお魚を焼いて美味しく食べたいときにはフライパンでの調理がおすすめです。 フライパン調理がおすすめのメニュー• 味噌漬け焼き• 西京焼き• 竜田揚げ• 照り焼き この他にもお魚の調理はフライパンで行うほうが、簡単に行えるというものが多くあります。 ちょっとお魚が食べたいな、と思ったときはフライパンでの調理方法を思い出して、簡単に美味しく出来る方法でお魚を食べましょう。 クッキングシートを活用して楽に美味しくお魚が食べられるといいですね。

次の