ボス ミルク ティー 回収。 クラフトボスミルクティーの健康被害は?回収理由や返品方法も調査!|nabe's craft blog

クラフトボス ミルクTEA 商品情報(カロリー・原材料) サントリー

ボス ミルク ティー 回収

サントリー「クラフトボス ミルクティ」約170万本自主回収中 まずはソースをどうぞ。 ミルクティー170万本回収へ サントリー食品インターナショナル サントリー食品インターナショナルは、 ペットボトル入りのミルクティーの成分が分離して味が変化した商品が見つかったとして、およそ170万本を自主回収すると発表しました。 これまでに健康被害は確認されていないとしています。 自主回収するのは「サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル」です。 青いキャップの下の部分に賞味期限が「2020年08月」、末尾の製造所固有記号が「/JJ」と記載されている商品が対象です。 会社によりますと、 先月、商品を購入した人から店舗を通じて味が「酸っぱく感じる」という指摘があったということです。 調べたところ紅茶と乳成分が分離し味が変化していたということで、ペットボトルまたはそのフタに微生物が残っていたことや、商品の製造を委託していた工場で殺菌が不十分だったことが原因と考えられるとしています。 これまでのところ健康被害に関する報告は無いとしていますが、対象のおよそ170万本を回収します。 サントリー食品インターナショナルは「多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを深くおわび申し上げます」としています。 問い合わせ先は「サントリー食品インターナショナル特設お客様対応窓口」で、電話番号は、0120-774-310です。 nhk. html 異物混入で回収はよく聞きますが、「微生物」が残存していたという内容を私は聞いたことがありません。 どういうことなのでしょうか。 製造は株式会社日本キャンパックの群馬工場 原料原産地明記が義務になったこともあり、製造工場などはその固有番号で検索できます。 今回は「JJ」と「サントリー」と入力して調べました。 ただし、キャップは青色のもので、オレンジの蓋になっているホット商品は対象外です。 suntory. html 原因 サントリーは「包材」の微生物残留と製造工程の衛生管理の不備が今回の商品異常の原因と考えています。 しかし食品ではパッケージ後に加熱処理するなどの衛生管理が徹底されているのが当たり前ですから、工場はどうなっていたのかを調べました。 日本キャンパックの工場で行われている「ペットボトル充填」の案内ページを見てみると、「ペットボトル」への充填は2種類あります。 1つは充填後に加熱処理をしない「ペットボトルライン(ホットパック)」で、もう一つは内容物の完璧な無菌、梱包物の完璧な無菌、充填する空間の完璧な無菌で行う「ペットボトルライン無菌(アセプ)充填」です。 このことから今回リコール対象になったサントリーのミルクティは、微生物が検出される可能性がある「ホットパック」で充填されたと考えたのですが、当該商品の製造工場は「無菌(アセプ)充填」しか行っていない利根川工場です。 ということは、日本キャンパックに大きな責任があります。 なんのために「無菌(アセプ)充填」を頼んでいるのか。 サントリーは怒っているでしょう。 回収方法 回収の方法は2つあります。 1つはサントリーの登録フォームで住所と氏名を登録し、後日サントリーの業者が回収に来た際に商品を渡し、代替品についての連絡を待つか、回収商品をサントリーに直接送付することです。 どちらにしても現段階では回収商品を購入した人に対しての対応ははっきりしておらず、代替の対応をしますという記載です。 商品の送り先や登録フォームなどの詳しくはサントリーの回収についてのお詫びページへ。 今日の人気記事• 33件のビュー• 24件のビュー• 20件のビュー• 16件のビュー• 8件のビュー• 6件のビュー• 6件のビュー• 5件のビュー• 5件のビュー• 5件のビュー 人気記事• 68,828件のビュー• 49,973件のビュー• 39,528件のビュー• 32,496件のビュー• 31,771件のビュー• 30,190件のビュー• 17,956件のビュー• 17,264件のビュー• 15,480件のビュー• 13,816件のビュー カテゴリー•

次の

サントリー/「クラフトボス ミルクティー」170万本回収

ボス ミルク ティー 回収

飲料水への異物混入の疑いで回収を呼び掛けています。 サントリー食品インターナショナルは5日、紅茶飲料「サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル」を自主回収すると発表しました。 理由として、微生物の一種であるセレウス菌が混入したものが見つかり、対象本数は約170万本にものぼります。 同社の広報部は「おなかを壊す恐れがある」として飲まないよう呼び掛けているようです。 そこで今回は「 サントリー クラフトボス ミルクティーに微生物混入?健康被害やお問い合わせでクオカード?」と題しまして、サントリーが飲料水に微生物の一種であるセレウス菌の混入による健康被害やお問い合わせ特設窓口、さらには返金方法について調査しました。 それでははじめていきます。 まず、青いキャップで賞味期限が2020年8月、末尾の製造所固有記号が「/JJ」と記載されたものになります。 回収となる本数は、約170万本。 発見までの経緯として、同商品の購入者が10月、「味が酸っぱい」と販売店へ連絡したと言います。 そして、乳成分と紅茶が分離していたため調べたところ、一部商品から微生物の混入を確認したようです。 今のところ、健康被害は出ていないことから大事には至らなかったようで一安心です。 しかし、なぜそのような微生物が混入したのでしょうか。 報道によると、製造委託先の工場で容器を洗浄する際、一部商品で微生物が残留した可能性があるとしています。 なぜ、微生物が発生したのかですよね。 製造過程が不衛生だったりするのではと考えてしまいたくなります。 ですが、言い変えれば「食中毒」と同じことです。 健康被害は最低限に留めたものの下痢などの症状って後味も悪過ぎます! はっきりとした原因が究明されるよう、メーカーも最善をつくして頂き、二度とこのような「事故」を起こさぬよう衛生管理を徹底して欲しいと願います。 お詫びの品と言うよりかは、返金対応といった感じですね。 問い合わせ先は特設窓口…0120-774-310 対象者は対象商品を用意してこちらの番号へおかけください! サントリーも安全第一を念頭に誠意ある対応を試みています。 くれぐれも、冷やかしやデマなどのご連絡は絶対にしないよう、よろしくお願いします。

次の

サントリー『クラフトボス ミルクティー500mlペットボトル』自主回収のお知らせ

ボス ミルク ティー 回収

スポンサーリンク サントリーは「クラフトボス・ミルクティー」およそ170万本を自主回収することを発表しました。 先月、商品の購入者から購入店舗に「酸っぱく感じる」という指摘があり、調査の結果回収に至ったようです。 —— 目次 ————————— ・対象商品は? ・回収理由と症状 ・問い合わせ先 ————————————— 大人気のクラフトボスシリーズの中でも「ミルクティー」は私も大好き商品で、回収のニュースがあって「え~当分?ずっと飲めないの??」と即反応してしまいました。 私と同じ思いの人は沢山いるはずです! そんな、ボスクラフトミルクティーのファンが気になる、対象のミルクティーによる健康被害や返却方法など調べてみました^^ もし、あなたが対象商品を買いだめしていたとしても、この記事を読めば安心?です 笑 Contents• 対象商品は? 自主回収されるのは「サントリー クラフトボス ミルクティー 500ml ペットボトル」です。 青いキャップに記載されている賞味期限が2020年08月で末尾の製造所固有記号が「/JJ」の商品が対象となります。 ちなみに、ホット飲料は対象外のようですが、 気になる方は下記でお知らせする連絡先へお問い合わせください。 クラフトボス シリーズはミルクティーの他にストレートTEA(無糖)やコーヒーがありますが、これらについて回収の情報はありません。 現時点で健康被害に関する報告は無いようですが、飲んだ場合に下痢などの症状が出る可能性があるということです。 サントリーによると、万が一の場合に備えて今回の回収に踏み切ったようです。 このたび、「サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル」に、中味成分が分離し、香味変化が認められた商品があることが判明しました。 これまで健康被害は確認されておりませんが、万全を期すために、対象ロットを自主回収することとしました。 今回の原因は、包材における微生物の残留および製造工程の管理状況等が複合的に関連し、ごく一部の商品に微生物が残存したことによるものと考えております。 出典:SUNTORY 問い合わせ先 「サントリー食品インターナショナル特設お客様対応窓口」です。

次の