インスタ 一時停止。 インスタのアカウントを一時的停止にする方法と、解除して再開する方法!

インスタグラムのアカウント削除(退会)方法・一時停止のやり方

インスタ 一時停止

トラブルやユーザー同士の付き合いなど、様々な理由からSNS疲れを感じている方が多い昨今。 Instagram(インスタグラム)をやめたいと思ったけど、「アプリにアカウント削除の項目がなくてできない」と困っている方もいるのではないでしょうか。 本記事では Instagramアカウントを削除するやり方を、画像付きでわかりやすく解説します。 インスタのアプリをアンインストールしたり、ログアウトしたりするだけでは、データが完全に消えることはありません。 正しい手順で、しっかりと削除することが大切です。 また、 復帰の可能性もある方向けに「一時停止」についてもご紹介。 アカウント削除と同様の状態にでき、再開も可能という機能です。 違いを理解して、インスタを利用しましょう。 「一時停止」の特徴 ・ログインするだけで復帰できる ・データはサーバー上に残り、復帰したら今まで通り見られる ・同じユーザー名で復帰できる 大きな違いは 復帰できるかどうかです。 「アカウント削除」の場合はInstagram上のデータはすべて削除され、ユーザー名も二度と登録できず、復帰できません。 一方「一時停止」は、他ユーザーからはアカウント削除と同じ状態に見えますが、Instagram内にデータは残っています。 復帰したくなったら、ログインするだけで一時停止前と同じ状態で再び利用可能です。 「アカウント削除」はとても強力な対処なので、復帰の可能性があるかどうかをしっかり考えてから手続きを行いましょう。 Instagramアカウントを削除(退会)する方法 アカウントの削除方法は、スマホ(iPhone・Android)もパソコンも流れはほぼ同じです。 instagramのアカウント削除ページへブラウザでアクセス 少々面倒ですが、Instagramアプリ内からは削除できません。 まずは専用のアカウント削除ページへChromeやSafariなどのWebブラウザでアクセスし、ログインしてください。 削除はこちらから 注意! アカウントを削除すると復帰できない アカウントを削除するとInstagram上のデータ(投稿した画像・動画、いいね、DMなど)はすべて失われ、復帰できません。 もし少しでも復帰の可能性があるなら、以下に紹介する「一時停止」を使いましょう。 復帰の可能性があるなら「一時停止」を Instagramには投稿した写真や動画、いいね、コメントなどを非表示にする 「一時停止」機能があります。 ユーザー名で検索されても出てくることはなく、フォロワーなど他ユーザーから見ると退会したときと同じ状態です。 アカウント削除の場合はInstagram上からデータが完全に失われて復旧できず、ユーザーネームも再利用できません。 一方「一時停止」の場合は、 再ログインするだけで停止前と同じ状態に戻すことができます。 もし復帰する可能性があれば、「一時停止」を利用してください。 「アカウント削除」と「一時停止」の違いをしっかり理解しておきましょう。 「一時停止」の利用手順 こちらも手順は、スマホ(iPhone・Android)・パソコンどちらもほぼ同じ流れです。 なお、一時停止は アプリ版からはできません。 Webブラウザで手続きを行ってください。 ブラウザ版Instagramで自分のプロフィールページへ まずはにアクセス。 自分のプロフィールページを開きます。 「プロフィールを編集」をタップ 「アカウントを停止する理由」を選択して、パスワードを再入力。 「アカウントの一時的な停止」と書かれたボタンをタップすれば、アカウントを停止完了です。 他のユーザーからはアカウントが存在しないかのように見えます。 「一時停止」をやめる・復活する方法 難しい手順は一切なく、一時停止したアカウントでログインするだけでOKです。 ただしこちらはブラウザ版ではなく、アプリの方でログインする必要があります。 停止して間もない場合は復活できないので注意してください。 復旧には停止してから数時間は必要なようです。 やめる前に写真・動画・ストーリーを一括保存する方法 やめるのはいいけど、今までにシェアした画像などがなくなってしまうのは少々さみしいと思う方もいるでしょう。 Instagramには、自分がこれまでシェアしてきた写真・動画・ストーリーやダイレクトメッセージ(DM)などの情報を、まとめて保存する機能があります。

次の

インスタのアカウントを一時的停止にする方法と、解除して再開する方法!

インスタ 一時停止

Instagramのキラキラした世界に疲れて、見るのも嫌になることありませんか? そんな時は「アカウントを削除してしまおう」なんて思うこともありますが、 Instagramのアカウントを削除すると二度と復活できないので、後悔してしまうこともあります。 そこで、アカウントを削除する前にやってほしいのが、アカウントの一時停止。 一時停止であればデータが消えることなく、もう一度ログインするだけで復活させることができますよ。 Instagramのアカウントを一時停止する方法と、再開できるようになるまでの時間について解説します。 一時停止中はこのように、退会したかのように存在を消すことができますよ。 インスタのアカウント一時停止から再開までの時間 Instagramのアカウントを一時停止させると、しばらく再開できなくなってしまいますのでご注意ください。 すぐにログインしようとしても、このように「数時間待ってください」というメッセージが出ます。 実際にどのぐらいの時間がたてば再開できるのかというと、今回の実験では 約2時間半後に再開できました。 もっとかかる場合もあるとは思いますが、Instagramも「数時間」と言っているので、遅くとも24時間以内には再開できるのではないでしょうか。 勢いで一時停止してしまって、「やっぱやめた」ってなることもあると思いますが、ちょっと待てば再開できますのでご安心ください。 一時停止してそのまま再開する気にならない時は削除しよう インスタのアカウントを一時停止して、そのまま再開する気にならなかったのであれば、アカウントを完全に削除してしまうのもありです。 Instagramのアカウント削除も、一時停止と同じようにアプリではなくブラウザから行います。

次の

【Instagram】アカウントを完全非公開(一時停止)にする方法(PC/iPhone/Android)

インスタ 一時停止

左:相手が投稿のURLをブラウザで開いたとき。 一時停止前 右:一時停止後 インスタグラムの投稿にはURLがありますが、これをブラウザで開いた場合でも、一時停止後はページが無効になっています。 リンクが無効になっている、または削除の可能性があると表示される仕組みです。 Instagramアカウントを一時停止する方法 インスタグラムのアカウント一時停止は、 アプリ版からはできません。 SafariやChromeなどのブラウザからWeb版インスタグラムにアクセスし、設定をおこなっていきます。 ブラウザでインスタにアクセスしてログイン SafariやChromeなどのブラウザからにアクセス。 ログイン情報入力画面が表示されたら、ユーザーネーム(電話番号・メールアドレス)とパスワードを入力し、[ログイン]をタップします。 2段階認証を設定している場合、次の画面でセキュリティコードが求められます。 電話番号などでコードを取得し、2段階認証をおこなってください。 プロフィール編集画面から一時停止ボタンをタップする ログインすると、自分のプロフィールページが表示されます。 [プロフィールを編集]を開き、画面をスクロールして[アカウントを一時的に停止する]をタップします。 画面表示に従って一時停止設定を完了させる アカウントを停止する理由を、下に表示されるフォームから1つ選び、一時停止するアカウントのパスワードを入力後、[アカウントの一時的な停止]をタップします。 一時停止についてもう一度確認されるので[はい]を選ぶと、Web版インスタグラムのログイン画面に戻ります。 これで、アカウントの一時停止は完了です。 なお、 アカウントの一時停止は1週間に1回しかできません。 アプリ版インスタグラムを開くと、ログアウトした状態の画面になっています。 アカウントの一時停止では相手だけでなく自分も、自身のアカウントが見られなくなります。 一時停止からインスタアカウントを再開させる方法 一時停止中のInstagramアカウントの再開は、アプリ版インスタグラムからでも簡単におこなえます。 もちろん、PCからWeb版インスタグラムで復活させることも可能です。 すぐに自分のアカウントが再開され、一時停止前の元の状態に戻っているはずです。

次の